カテゴリ:学ぶ( 5 )

伊藤整の詩集は「小樽雪あかりの路」に行く前に読む

b0103470_17105163.jpg
 
2月となり、北海道は冬のイベントの季節になった。
札幌では雪まつり、小樽では雪あかり。
真冬の屋外イベントくらい、北海道の厳しさを体感できるものはない。

小樽市の「小樽雪あかりの路」は、20回目のメモリアルということで随分盛り上がっている。
さっぽろ雪まつりに比べて、商業主義にまみれていないところが人気らしい。
素朴なキャンドルの灯りが無数に並ぶ様子は、確かに小樽という街に似合っている。

イベント名の「雪あかりの路」というのは、伊藤整の作品に因んでいる。
伊藤整は小樽出身の詩人で、小樽商科大学では小林多喜二の後輩にあたる。
「雪明りの路」は、小樽の冬を詠んだ伊藤整の詩集のタイトルだった。

この詩集には、小樽の冬がたっぷりと詰まっている。
最初に「雪明りの路」が出版されたのは大正15年(昭和元年)である。
大正時代の小樽の街の空気が映し込まれていると言ってもいい。

当時、伊藤整は弱冠20歳で、商大を卒業して小樽市内の中学校の英語教員をしていた。
それまでに作った作品を1冊にまとめたものが、この「雪明りの路」だったらしい。
序文には「十五六の年からもう六七年も私は詩を書いて暮らしてきた」とある。

もしも、小樽の街まで「雪あかりの路」を観に行こうと考えている人がいたら、ぜひ、その前に、この詩集を読んでもらいたいと思う。
大正時代の冬の小樽に思いを馳せたまま、JR北海道に乗って、冬の小樽に向かう。
そこには、期待を裏切らない昔ながらの小樽の詩情があるはずだ。

ちなみに、自分の持っている「雪明りの路」は、戦後の昭和27年に発行されたもの。
最初の詩集が発表されてから25年後に、改めて、この詩集が世の中に登場したということになる。
最初の詩集も欲しいけれど、そんなに簡単に手に入るものではないんだろうなあ。


※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-02-02 20:46 | 学ぶ | Comments(0)

さっぽろ雪まつりの歴史は始まる前に調べておく


b0103470_16111262.jpg
札幌にとって、2月は雪まつりの季節である。
さっぽろ雪まつり抜きにして、札幌の2月を語ることはできない。
良くも悪くも、雪まつりは札幌という街の2月の中に、しっかりと組み込まれているのだ。

旅人ならともかく、札幌市民であれば、雪まつりの歴史くらいは知っておきたい。
もちろん、ネット上でコピペを繰り返されて拡散してきたような歴史を調べたっておもしろくない。
人々が忘れかけているような、埋もれた歴史を掘り起こしてくることが、歴史を知ることの真の楽しさである。

例えば、創設当初の雪まつりは、ずいぶん市民的行事の色彩の強いイベントだったらしい。
歌謡のど自慢コンクールや犬橇レースなど、いかにも微笑ましいプログラムも用意されていた。
花火大会では「ロマンス招待券」なるものが打ち上げられ、これを拾ったカップルを定山渓温泉に招待するという趣向も凝らされていた。

転換期は札幌オリンピックが開催された1972年の第23回雪まつりである。
オリンピック会場であった道立真駒内公園にも史上最大級の雪像が造られ、オリンピック中継とともに世界各国でテレビ放映されたことから、さっぽろ雪まつりの知名度は国際的に高まったと言われている。
大通西8丁目には聖火台が設置され、オリンピックの聖火が雪まつり会場で出番を待ったという時代のことだ。

さっぽろ雪まつりは、戦争で荒廃した人心を、どのように高めていくかという戦後の取組の中で生まれたものだ。
特に、札幌の冬は雪に閉ざされてしまえば孤島と同じであり、明るい街づくりは、札幌市にとって大きな課題である。
おまつりでも開いて、みんなで楽しくバカ騒ぎしようというのが、雪まつり最大の趣旨であり、市民の人々の願いでもあったのだろう。

雪まつりの歴史を調べるながら、街の歴史を少しずつ紐解いていくことで、現代社会は、ずいぶんいろいろなことを忘れてきているということに気付かされるだろう。

ちなみに、写真の本は、狸小路8丁目の古本屋「八光書房」で購入した「さっぽろ雪まつり30年史」。
さっぽろ雪まつりが、まだ市民のためのイベントだった時代の様子が、しっかりと記録されている。
1979年発行。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-22 20:22 | 学ぶ | Comments(0)

北海道への知識欲はHTBまめほんシリーズで満たす

 
b0103470_14382446.jpg
 
世の中には知らないことがたくさんある。
知らないことの方が多いくらいだ。
いや、というよりも、我々は世の中のごく一部のことを、かろうじて知っているに過ぎないのが現実だろう。

それは、北海道に関しても同じことである。
今年2018年は、この島が「北海道」と命名されてから150年目である。
「北海道命名150年」事業で、今年の北海道は盛り上がるはずだ。

そのたった150年の歴史の中には、星の数と同じくらいの物語が詰め込まれている。
どれだけ紐解いたって、その歴史のすべてを手にすることなんてできやしない。
歴史は宇宙と同じくらいに壮大で謎に包まれているのだ。

それでも我々は、歴史の断片に触れずにはいられない。
この北海道という土地で、一体どんな物語が刻まれてきたのか、知りたいと思わずにはいられない。
人には、自分の暮らしている郷土を理解しないではいられない、不思議な本能のようなものがあるのかもしれない。

北海道の歴史に触れるためのひとつの鍵が、この「HTBまめほん」シリーズである。
1970年の第1巻「ひらぎし物語」から、1998年の第60巻「サケ」まで、全60冊。
1970年には、別冊として「すすきの案内」が出ているから、合計61冊の大シリーズである(少なくとも自分の手元にはそれだけある)。

北海道各地域の多様な文化がコンパクトにまとめられているから、旅行に出かける際に、豆知識を仕入れていくには最適である。
もちろん豆本だから、ポケットの中に入れたまま散策することだって可能。
北海道への知識欲を満たしてくれるツールとなること間違いない。

ちなみに、HTBまめほんシリーズは、古書店で入手可能。
価格は店によるが、1冊300円から500円くらいが相場だと思う。
全巻集めても場所を取らないことが気に入っている。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-21 07:52 | 学ぶ | Comments(2)

小林多喜二全集は冬の北海道で読んでおく

b0103470_14382567.jpg
 
小林多喜二は、北海道小樽市出身の作家である。
当然、その作品の中には、北海道の自然や風景が舞台として登場する。
北海道民であれば、「蟹工船」以外の作品にも、少しは触れておきたいものである。

多喜二の作品には、冬の情景を描いたものが多い。
北海道の作家ならではの特徴であるとともに、庶民の中の貧富の差は、冬という厳しい季節にこそ顕在化するといった事情もあるのかもしれない。
夏に遊んで暮らすことができた者も、冬を越すことは容易ではないのだ。

多喜二が生きた時代、貧困が庶民の大きな課題であったことは間違いない。
当時の新聞記事には、貧困にあえぐ人々に関する報道が、頻繁に登場している。
庶民の中の貧困が、社会的に共有され始めた時代こそが、多喜二の時代ということなのだろう。

ちなみに、写真は、新日本出版社の小林多喜二全集全7巻。
全集を買うなら、やはり発行年の新しいものが良いと思う。
新たな発見に終わりはないから。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-18 19:43 | 学ぶ | Comments(0)

北海道文学全集は旅行に出かける前に読んでおく

b0103470_14382493.jpg
 
「北海道文学全集」は、1981年に完成した全23巻の文学全集で、文字どおり北海道文学の集大成である。
いわゆる「北海道を舞台にした文学作品」を読むには、最適の全集である。
札幌のみならず道内各地が登場するので、道内旅行に出かける前には読んでおきたい。

北海道出身の作家のほか、内地からの移住者の作品、果ては内地の作家が北海道旅行をした際の作品まで含まれる。
文学の種類も、小説だけではなく、詩歌や随筆など多岐に渡る。
北海道で暮らす者であれば、ぜひとも一度は目を通しておきたいものだ。

全集ものの貴重なところは、現在入手困難な作家の作品も読むことができること。
この全集以外では、ほとんど読むことさえ困難だというレアな作品も少なくない。
研究者以外には知られていないような、無名の歴史的作家の作品に触れるのも楽しいものである。

難点は、当然のことながら、現代作家の作品が含まれていないこと。
もっとも、現代の流行作家の作品に関しては、この全集を通読してから手を出しても遅くはない。
まずは、明治・大正・昭和初期と、発展途上の北海道を見つめた数々の作品に触れていただきたい。

ちなみに、全集23巻はかなりのボリュームで、場所を取ること、この上ない。
読みたい巻を、少しずつ図書館で借りながら読んだ方が賢いと思う。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-15 19:43 | 学ぶ | Comments(0)

ぶらり札幌ライフ


by kels