カテゴリ:カメラ・写真( 38 )

早春の明るさを撮りたくて、僕はLOMOと一緒に街に出かけたのだろう

b0103470_628359.jpg

この半年間は本当に忙しくて、ゆっくりと写真を撮る気持ちにもなれなかった。
ピークを過ぎたかもしれないと感じたのは、つい最近のことである。
ブログの更新が少しづつ復活していることから、そう感じた。

だから、フィルムカメラを使うようになったのも、最近になってからである。
気持ちにゆとりがないときは、カメラを持とうという気持ちにもなれなかった。
写真を撮るということは、僕にとって本当に楽しい遊びなのだろう。

昨日、久しぶりにLOMO LC-Aを持って散歩をしようと思った。
棚の奥からカメラを発見すると、フィルムカウンターが回っている。
フィルムを入れたままの状態で止まっているらしい。

いつ頃にフィルムを入れたか全然思い出せないが、考えても仕方がない。
とりあえず、フィルムを撮りきってから、新しいフィルムを入れることにした。
現像すれば、何を撮ったのかということは分かるのだから。

フィルムを撮り終えて裏蓋を開けると、アグファが出てきた。
随分久しぶりにアグファのフィルムを見て、僕はまぶしいような気持ちになった。
フィルムカメラっていいよなあと、そのとき感じた。

もっとも、現像後に現れた写真は、全体が黄色に染まった写真だった。
長い間、カメラの中で放置したためにフィルムが感光してしまったのだろう。
まるで数十年も昔に撮影されたみたいに、写真はセピア色に見えた。

写真は今年の春に撮影されたものだった。
早春の明るさを撮りたくて、僕はLOMOと一緒に街に出かけたのだろう。
そして、中途半端なフィルムをカメラの中に残したまま、僕の生活は一変してしまったのだ。

僕の中の時間は春で止まったままだったらしい。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-10-18 06:45 | カメラ・写真

あの頃の写真を見ると、トイデジも悪くないなあと、やっぱり思う

b0103470_220387.jpg

2008年春のブログを見て思い出したけれど、当時、僕はトイデジに夢中だった。
世の中にトイデジ人気が溢れている、そんな時代だった。
新しいトイデジをいくつも手に入れては、桜の写真を撮りに出かけた。

あの頃の写真を見ると、トイデジも悪くないなあと、やっぱり思う。
記録じゃなくて記憶みたいな写真だからこそ伝わることも多いのだ。
本当に、どうして廃れてしまったのだろう、トイデジ人気。

当時、大好きだったケンコーDSC517は、接触不良で作動しなくなってしまった。
何度も復活に挑戦したけれど、トイデジは所詮トイデジらしい。
予備にもういくつか買っておけばよかったと、心から後悔している。

スマホでもトイデジ的写真は撮れるけれど、やっぱり違うと、僕は思う。
トイデジはトイデジであり、スマホはスマホだからだ。
DSC517のような写真を撮ることは、もう二度とできないだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-04-16 22:18 | カメラ・写真

「札幌圏大学生合同写真展 EX11th」を観てきた

b0103470_318299.jpg

札幌市民ギャラリーで開催中の「札幌圏大学生合同写真展 EX11th」を観てきた。
いろいろな大学の写真部の作品を同時に観ることができるので、各大学の個性や力量などを比較するのに楽しい企画である。
だけど、全作品を観て思ったことは、写真というのは、やはり、大学差ではなく個人差だということ。

当たり前なんだけれど、高校時代から写真をやってきた人の写真と、大学に入ってから初めたばかりの人の写真では、レベルの差が歴然としている。
そういうことも含めて、たくさんの作品を見比べるというのは、意味があることだと思った。

それにしても、やっぱりということなのか、動物の写真が多いね。
猫の写真とか動物園の写真とかで、かなりの割合を占めているんじゃないだろうか。
逆に、風景写真とかスナップ写真とかは少数派だと感じた。
「写真といえば風景写真」という時代も、きっとあったんだろうな。
そう言えば、ポートレートも少なかったような気がする。

一方で、これも今の時流なのか、フィルムカメラによる作品も発表されていた。
きっと、これからのフィルムカメラの担い手は、より若い世代ということになるのかもしれない。
意外と、写真のベテランの人たちの方が、新しい機材の魅力でデジカメに移行しちゃったりして。
フィルムカメラは古い存在ということではなくて、そこに新しい魅力を発見することで、将来への生き残りの道があるような気がする。

でも、こういう写真展っていいね。
写真を撮って、きちんと発表してという流れの中で、写真が完結しているから。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-03-10 03:32 | カメラ・写真

「ブルーモーメント」一瞬の青い空を眺めて

b0103470_2347394.jpg

「ブルーモーメント」という言葉がある。
青い瞬間。
それは、夜明け前と日没後のわずかな時間だけに訪れる、青い一瞬らしい。

果たして、僕は本当の「ブルーモーメント」を見たことがあるのかどうか分からない。
ただ、快晴の日の朝や夕方に、時々そんな青い世界を見ることがある。
そして、今日の夕方がまさしくそんな青い時間だった。

今日の札幌の日没は、16時12分。
太陽が沈んでからしばらくは残照が街の空を覆っていて、空はぼんやりと白く浮かび上がっている。
「あ、青い」と思ったのは、時計の針が17時近くを差している頃だ。
電車通りに建つ白い教会の上の空は、不思議なくらいに青い色をしていた。

どんよりと曇った空が多い冬の札幌で、日没後の空が青くなる一瞬は意外と多くない。
けれど、真冬の澄み切った空が青く染まる一瞬は、やっぱり美しい。
都会にあって自然の美しさを全身で感じることのできる、数少ない瞬間だ。

壮大な朝日や夕焼けと違って、一瞬だけの青い空を見上げる人は少ない。
夜の闇が完全に街を包み込んでしまう、その一瞬に、ちょっとだけ空を見上げてみよう。
もしかすると、不思議な青い瞬間が訪れているかもしれない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-01-04 00:10 | カメラ・写真

"PHOTO IS"10,000人の写真展2012-『絆ポスト』投函メッセージ

b0103470_1954168.jpg

夕方、帰宅すると、郵便受けに富士フィルムからの郵便物が入っていた。
「「"PHOTO IS"10,000人の写真展2012」『絆ポスト』投函メッセージご送付のご案内」と書かれた書類だった。

この度は、「"PHOTO IS"10,000人の写真展」にご参加いただき、誠にありがとうございます。
「"PHOTO IS"10,000人の写真展」では、『絆ポスト』と題し、ご来場された方々から出展作品へのメッセージを募集いたしました。
札幌会場にご来場いただいた皆さまから、貴殿のご出展作品宛てに、ご投函いただいたメッセージを郵送にてお届け致しますので、お楽しみください。

つまり、写真展にて、気になる写真の作者宛てに書かれたメッセージが、実際に作者の手元に届けられる、というシステムらしい。
そして、僕の写真宛てにもメッセージを書いてくれた人がいるということで、これは凄い驚きだった。
あの、たくさんの写真の中から、自分の写真宛てにメッセージを書いてくれた人がいるなんて、なんだか凄い(笑)

この喜びを忘れないために、そのメッセージをきちんと記録しておこう。

メッセージは全部で2通。

まずは、46歳・男性の方より。

こういう写真大好きです。
ニヤリとしてしまった。

なんだか、本当に、いつものブログのコメントみたいなメッセージ。
ありがとうございます。

次は、19歳・女性の方より。

レトロっぽい写真が好きなので、この写真を見たときに、とても目につきました。
撮り方も上手で、全部が素晴らしいと思いました。

涙が出るくらいにうれしいメッセージ。
ありがとうございます。

自分の写真でさえ、メッセージが届くくらいなんだから、上手な写真を撮っている人たちのところには、本当にたくさんのメッセージが届けられているんだろうなあ。
ネットじゃなくて繋がっている、こういうシステムもおもしろいですね。

また来年もあったらいいな。
そして、来年は、誰かに宛てたメッセージを書いてみよう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-10-27 20:10 | カメラ・写真

「PHOTO IS 10,000人の写真展」札幌会場

b0103470_8125839.jpg

札幌駅で開催されている「PHOTO IS 10,000人の写真展」を観てきました。
コンコースが会場になっており、通りすがりの人たちも足を止めて写真を観たりしているので、なかなかの盛況でした。

僕は、昨年まではフィルムカメラを使った写真を応募していたのですが、今年は、初めてデジタルカメラの写真で参加しました
まあ、自己満足たっぷりの日常写真ですが(笑)

でも、こういう写真展を観ていると、いろいろな被写体があって面白いですね。
時々、思わぬようなものが登場したりすると、これを撮るか~と言う気持ちと、これで応募するか~という気持ちとになります。
何撮ったって、何応募したって、自由なんですけどね。

本日16日(日)が最終日です。
http://photo-is.jp/exhibition/sapporo.html


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-09-16 08:22 | カメラ・写真

鉄道風景写真

b0103470_20112841.jpg

「鉄」というわけでもないけれど、「鉄道風景写真」っていいなあと思う。
ということで、昨日の夜に、わざわざ札幌駅前の「紀伊国屋書店」まで出かけて、「撮り鉄」という本を買ってきた。
こういう本を買っただけで、なんだか「鉄」になったような気がする(笑)

今年の夏は、本格的に鉄道風景写真にでも挑戦してみようかな。
なにしろ、気まぐれな性格だから、こういうことは思い付いたときに取り組まないと、すぐに冷めてしまう。
分かっているだけに、今の気持ちを大切にしないと(笑)

まずは、今夜、「撮り鉄」でも読みながら、「鉄道写真」の世界に触れてみよう。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-07-31 20:23 | カメラ・写真

「Paradiseチカホコ写真展」を観てきました

b0103470_754274.jpg

チカホコ(札幌駅前通地下歩行区間)で写真展をやっていました。
パラダイス」という北区の写真展主催によるものだったようです。
こういう写真展を観ていると、久しぶりに自分でも写真を撮りたいなあという気持ちになりました。

実は、冬以降フィルムカメラにはほとんど触れていなくて、ブログ用の記録写真を撮るのが精々。
仕事のことなんかで気持ちに余裕がないっていうのが、一番大きな理由だと思いますが、写真展を観ているうちに、自分でも撮りたいなあと思うようになったのは、少し心に余裕がでてきた証拠でしょうか(笑)

札幌はこれから1年間のうちでもっとも素晴らしい季節となります。
この季節に写真を撮らないなんて、やっぱりもったいないですよね~。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-20 07:13 | カメラ・写真

永井宏「恋することについて答えを出そう」詩写真展

b0103470_21535266.jpg

永井宏さんの詩写真展「恋することについて答えを出そう」が、狸小路の「FAB cafe」で開催されています。

土曜日の午後に、ちょっと写真展を見せていただこうかなと思って覗いてみると、ランチタイムということもあって、店内は満席。
時間をずらして、改めて訪問することにしました。

そして、土曜日の閉店間際の時間を狙って、再び「FAB cafe」へ。
午後の賑わいも良いですが、僕は人気カフェのこの静かな時間帯が、とても好きだったりします。

展示作品は、上の写真のように、店内いっぱいに飾られています。
ほかのお客さんがいなくなるのを見計らって、一枚一枚の作品をゆっくりと鑑賞させていただきました。

展示作品は、フランスで撮影されたストリートスナップで、共感できる作品が多かったので、とても楽しい写真展でした。
また、それぞれの写真に詩が添えられているのも良いですね。

最近は、自分で詩を書くことなんて全然ないけれど、たまには詩を書くためにペンを持つのも楽しいだろうなあと、そんな気持ちになりました。
以前は、結構書いていたこともあったんですよね。

b0103470_21533728.jpg

レジ横には、写真展についての解説のほか、永井宏さんの著作の販売コーナーも。
売り上げは、東日本大震災の支援金として寄付されるそうです。
僕は、今回の展示作品を収録している「恋することについて答えを出そう」を購入させていただきました。

写真が好きな人、詩が好きな人、いろいろな人に観ていただきたいと思います。

永井宏「恋することについて答えを出そう」詩写真展
4月10日(火)から22日(日)まで
FAB cafeにて(札幌市中央区南2条西8丁目)
011−272−0128
11:20〜21:30(火〜土)
11:30〜20:30(日・祝)月曜定休


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-04-16 22:25 | カメラ・写真

川島小鳥写真展「未来ちゃん」

b0103470_1928615.jpg

札幌パルコで開催されている「川島小鳥写真展『未来ちゃん』」を観てきました。
4月16日(月)で終わりなので、期間中に観ることができて良かったです。

会場には午後の早い時間に到着したのですが、会場入り口はたくさんの人たちで賑わっていました。
受付がグッズ販売スペースにもなっているので、展示を観終えたお客さんと、これから会場に入るお客さんとで、一瞬賑わったもののようです。

グッズは最後に見ることにして、まずは展示会場へ。
入場料は、おとな300円。
老若男女のお客さんで賑わっていますが、やはり中心は若い女性のようです。

b0103470_19282224.jpg

笑顔ではない、少女の自然な表情をとらえた写真が、最初から最後まで並んでいます。
こうして展示を観ていると、この写真集が、なぜ「未来ちゃん」でなければならなかったのか、少し理解できるような気がしました。

帰りに、グッズ売り場でポストカードを2枚チョイスして、自分へのお土産にしました。
ポストカードの種類が、もう少し多かったら良かったなあ(笑)


川島小鳥写真展「未来ちゃん」
4月5日(木)から16日(月)まで。
10:00~20:00(最終日は18:00まで)
※入場は閉場の30分前まで


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-04-14 19:45 | カメラ・写真