カテゴリ:遊ぶ( 5 )

キタキツネのキーホルダーは懐かしい思い出にする

b0103470_17105285.jpg
 
北海道と言えば、キタキツネとヒグマ。
そんなイメージが確かにある。
もちろん、札幌市内に住んでいて、それらの動物と遭遇する機会は滅多にない。

山麓の住宅街であれば、キタキツネを見る機会は珍しくないだろう。
手稲山とか藻岩山とか円山などに近い辺りは、そもそもが自然の豊かな住宅街である。
特に、早朝のジョギング中などに、キタキツネと出くわすことが多かった。

ヒグマは基本的に住宅街で見ることはできない(当たり前だが)。
数年前に藻岩山から降りてきたヒグマが住宅街で目撃されて、大騒ぎになったことがある。
北の大地・札幌にとっても、極めて珍事と言ってよい出来事だった。

ついでに書くと、札幌市内でエゾシカと出会うことも、まずもってない。
早朝の静かな時間帯に耳を澄ますと、山の中から鹿の鳴き声が聴こえる程度のものだ。
ごく稀に、山から降りてきたエゾシカが、豊平河畔を走り回ったりするらしいが(これも珍事)。

札幌市内で当たり前に観察できる野生動物は、北海道神宮のエゾリスくらいのものだろうか。
もっとも、もっと自然の中で過ごす時間を多くすれば、野生動物を見つける機会も多くなるような気がする。
本来、札幌には非常に豊かな自然環境があるのだから。

ちなみに、ファンシーなキタキツネのお土産は、昭和50年代以降に大ブレイク、都会の若者たちに受けまくった。
写真のキーホルダーは、札幌市内のリサイクルショップで発掘した当時モノ。
何に使うのが不明だが、やたらとお土産にキーホルダーをもらった時代である。


※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-30 19:55 | 遊ぶ | Comments(0)

薄野のデュエットは都はるみの「札幌ふたりづれ」を歌う

b0103470_14563606.jpg
  
札幌を舞台にしたご当地ソングは多い。
詩の都・札幌は、歌の舞台として申し分ないということなのだろう。

もっとも、歌の内容は、どの歌も変わり映えしないのが真実である。
札幌市内の観光スポットを織り込んで、男と女の微妙な思いを綴っておけばいい。
ご当地ソングなんて、そうやって気軽に楽しむべきものなのだ。

夜のすすきのでは小さなスナックに行きたい。
そして、店の女の子をつかまえて、ご機嫌気分でカラオケをデュエットしたい。
そのときにお勧めなのは、やはり、ご当地デュエットである。

中でも、都はるみ「札幌ふたりづれ」は、すすきのの夜に絶対歌いたい必須ナンバーだ。
「薄野」とか「北の街さっぽろ」とか「アカシア」とか「時計台」とか、お約束のキーワードたっぷり。
「五番街」とか「中の島」とか、札幌市民には失笑的なキーワードが出てくるのもご愛嬌である。

なにしろノリが良いので、みんなで楽しく歌うにもぴったり。
こういう歌は、ぜひ小学校の授業でも教えて、札幌市民に浸透させてほしい。
薄野のお姉ちゃんたち誰もが歌えるような時代になったらいいな。

ちなみに、「五番街」は札幌中心部の商店街の名称だが、ほとんどの札幌市民には謎だと思われる。
この歌を広めることで、「五番街」も有名になるかも。


※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-27 21:56 | 遊ぶ | Comments(0)

夕刻のデートは道庁赤れんがのプロジェクションマッピングで始める

b0103470_16111226.jpg

道庁赤れんがで、プロジェクション・マッピングが始まった。
北海道150年事業の一環ということで、加森観光が主催らしい。
さっぽろ雪まつりの季節に合わせた、真冬の北海道にふさわしいイベントである。

プロジェクション・マッピングは、赤れんが庁舎をスクリーンに見立てて、動画を投影するもの。
今回はアイヌ文化を背景としてだろうか、鹿やフクロウなど、北海道の大自然がムックリの奏でとともに映し出されている。
雪や森などといった舞台も美しく描かれていて、寒い中、一見する価値あり。

名称:「KAMORI Wonder Lights 大地」
道庁赤れんが庁舎プロジェクションマッピング
期間:2018年1月19日(金曜日)から2月25日(日曜日)まで毎日
時間:18時30分から20時30分(本編・インターバルを合わせて12分の映像を10回放映)


赤れんが庁舎正面がスクリーンになるので、赤れんがテラスでの夕食ついでに、ちょっと寄り道することも可能。
北3条広場のイルミネーションも美しいので、夕刻のデートにさりげなく組み込むと、それなりに気分も盛り上がる。
なにしろ、無料だし、アクセスが便利なので、地元民にもお勧めしたい。

ちなみに、赤れんがの前庭に立った状態で観覧する形だから、当然ながら寒い。
寒いけれど、冬のプロジェクションマッピングは、雪が降っている状態の方が、より美しくて感動的だと思う。
ただし、吹雪だと何も見えなくなってしまうので要注意。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-21 16:31 | 遊ぶ | Comments(0)

青空の朝は札幌市役所19階の「パーラーあおぞら」で展望を楽しむ

b0103470_18494448.jpg
 
さっぽろテレビ塔から街を見下ろすことはあっても、さっぽろテレビ塔を真近から見下ろす場面はほとんどない。
もしあるとしたら、それは、この「パーラーあおぞら」くらいのものだ。
「パーラーあおぞら」は、本当に青空の中にある。

「パーラー青空」は、札幌市役所の最上階にある喫茶店だ。
コーヒー一杯で素晴らしい展望が手に入る。
おまけに、札幌市民にも観光客にもほとんど知られていないという、穴場中の穴場だ。

青空の広がる朝、もしも時間があるなら「パーラー青空」へ寄ってほしい。
そして、コーヒーを飲みながらさっぽろテレビ塔を見降ろし、今日一日の計画をゆっくりと練るのだ。
たまには、そんな一日も悪くないと思う。

ちなみに、「パーラー青空」は札幌市役所内の施設なので、土日祝日はお休み。
札幌市役所は建て替えの噂もあるので、今がチャンスかも。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-16 19:51 | 遊ぶ | Comments(0)

さっぽろテレビ塔エレベーターの間違い探しは、クラーク博士の手に注目する

b0103470_18342076.jpg

ずっと昔から気になっていることがある。
さっぽろテレビ塔の中にあるエレベーターのイラストのことである。

エレベーターの中には、札幌市内の人気スポットの風景が描かれている。
その中に、羊ヶ丘展望台の風景もある。
羊がいて、クラーク博士像がある。

クラーク博士は、札幌の街を指差している。
しかし、本来、クラーク博士が街を指差しているのは右手である。
クラーク博士の向きが本物とは異なっているのである。

どうでもいいと思いながら、エレバーターに乗るたび、毎回気になってしまうのである。

ちなみに、さっぽろテレビ塔の地階から3階お土産売り場まで移動するエレベーターは無料。
3階から展望台に上るエレベーターは有料で、チケットが必要となる。
多くの札幌市民が乗ったことのない、謎のエレベーターである。

3階のお土産売り場は、営業のやる気に満ち溢れていて、なかなか怖い。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-14 07:02 | 遊ぶ | Comments(0)

ぶらり札幌ライフ


by kels