<< 夏の空 ワンダフル・ワールド >>

フォークゲリラ

b0103470_20581295.jpg
 
暇があると、ギターを持ち出して歌を歌った。
そう言えば、不思議とギターの好きな友人が多かった。
僕は音楽系のサークルに入っていたわけではなく、特にそうした交友関係が広かったわけではなかったから、、おそらく偶然なんだろうけれども、ギターが好きで歌うことが好きだという友人が多かったのだ。

一口にギターが好きだと言っても、音楽の趣味は様々であった。
ブルースの好きな友人がいた。
クラプトンやジミー・ペイジやジェフ・ベックが好きな友人だった。
地下鉄から学校までの道のり、時折一緒になると、彼は最初から最後までヤードバーズの話をしていた。
ヤードバーズは僕も好きだよと、僕は言った。
僕はサンハウスが日本語で訳したヤードバーズの曲から、本当のヤードバーズという音楽に入っていった人間だった。

サンタナの好きな人間がいた。
サンタナのギターは最高だと彼は言った。
小学生の頃、サンタナのギターを聴いていて、俺は勃起した。
官能的なギターだったと彼は言った。
それが本当の話かどうかは僕は知らない。
でも、サンタナの音楽が官能的であるという表現はその通りだと思った。

ストーンズしか聴かない友人もいたし、日本のロックバンドしか聴かない友人もいた。

僕はその頃出会ったばかりの日本の60年代のフォークというのに夢中だった。
60年代の末期に社会的なメッセージを抱えて登場した新しい音楽を、プロテストフォークとか反戦フォークとかアングラフォークとか呼んで、若者たちはみなギターを抱えて歌ったと言われている音楽だった。
新宿公園前広場でのフォークゲリラによって歌われていたような音楽だ。

僕は札幌市内の中古レコードを扱う店で、そうした関係のレコードを少しずつ買い求め、古本屋などで当時のギターブックなどを手に入れて、自分でコピーしたりしてみた。
刺激的な歌詞と素朴なメロディが斬新だった。
社会的な意味よりも、そのスタイルに強く惹かれるものがあった。
僕はいつの間にか何人かの仲間たちと、そうした時代遅れのフォークソングを歌って、時代遅れの時間を過ごすようになっていた。

蒸し暑い夏の夜に、僕たちは街に出た。
ギターを抱えて大通公園やすすきのの路上に座り込むと、心地良い開放感が身体を包んだ。
別に誰かに聴かせたいとか聴いてほしいとかいう気持ちは全くなかった。
僕たちはただ空の下で、あるいは街の中でギターを弾きたかっただけだった。
フォークとは大体そういう音楽だと信じていた。

夜の路上には大抵の場合、何人かの若者たちが歌を歌っているもので、ビートルズやボブ・ディランなどの有名な曲で人目を引きつけてから、自分の持ち歌を歌うというスタイルが多いようだった。
僕たちは誰かに聴かせるためでも何でもなかったから、最初から好きなように好きな歌を歌った。
ほとんどは放送禁止になったような刺激的な歌詞のものばかりだった。
黙っていたって僕たちは注目を集めることになったし、その時代にそぐわない危険な香りのする歌は、新しい時代の人々の目に奇異に映っていたに違いない(もっともな話である)。

それでも時折サラリーマン風の男性が何を思ってか、お金を置いていったりすることさえあった。
そうしたお金で僕たちは酒や煙草や食べ物を買って、好きなようにギターを弾いた。
気楽で日々の生活に困っていないという状況が、僕たちをあんなにのんきにさせていたのだろうとは、当時からわかっていた。

僕はその頃からウディ・ガスリーという人間を知っていたし、シオンというストリート・シンガーも聴いていた。
ただ僕たちは自分を開放したかっただけなのだと思う。
それはコミュニケーションとかメッセージとかいう面倒くさいものではなくて、ただ好きなようにやりたいという、人間としてのわがままだけだったからだ。

今でも僕は当時に買いそろえたレコード盤を時々聴いている。
CDの時代になって、レコードプレイヤーの手入れさえ面倒になってしまったけれども、アナログ盤に針をおろすと、僕の中には当時の様子が浮かび上がってくるということは確かだからだ。
学生時代、僕は相当数のアナログ盤を買い込んだし、相当数の量を売り払ってしまった(生活に困ったときなど)。

それでも、当時のボロボロになってしまったギターを手に取ると、無性に落ち着いた気持ちになってしまうのは性分なのかもしれない。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2008-07-31 21:03 | 小さな物語
<< 夏の空 ワンダフル・ワールド >>