<< トイデジ日和 夜逃げする人々 >>

アウトドア雑誌

b0103470_19324472.jpg

アウトドアのホームページをやっていた頃は、いろいろな方面からいろいろなことを頼まれたりしたけれど、その中で、雑誌の記事と写真を任されるというのが結構楽しい仕事だった。
ほとんど無報酬に近い仕事だったけれど、こっちも趣味みたいなことを書いたり撮ったりしていたから、十分に楽しませてもらったと思っている。

アウトドアの中でも、一応釣りをメインにしていたから、道内各地の釣り情報と自然保護の状況みたいなことをテーマにしていた。
観光振興を中心に考える地元の人や釣りの愛好家にとっては、おもしろくない記事も多かっただろうと思う。
(たとえば、ニジマスの放流は在来生態系に良くないからやめましょう、みたいな)
どうせ、部数の少ないローカル雑誌だったから、あんまり影響はないんだけど。

でも、そうやって物事をじっくりと考えたり、自分の知らないことを勉強したり、実際にフィールドに出て取材したりという一連の作業は、いろいろな仕事に共通するなあとつくづく思う。
今は趣味で街に出るだけで、十分楽しいんだけれど。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2008-07-28 19:35 | 日記・つぶやき
<< トイデジ日和 夜逃げする人々 >>