<< 夏の始まり 下宿屋 >>

いまのキミはピカピカに光って

b0103470_21392877.jpg

朝の職場で、僕はぼんやりと古い一眼レフカメラのことを考えていた。
ずっと以前からほしいと思いながらも、なかなか買えないでいるのだ。
「デジイチもずいぶん安くなったよね」と、誰に言うともなく言うと、隣の後輩が、「コニカってミノルタっぽいのかな」と、どうでもいい返事をした。
「ミノルタも、もうないんだよね」と、とりあえず話を返すと、向かい側の席に座った先輩が、「オレ、ミノルタ派だったんだよね」と、突然ぽつりとつぶやいた。
「キャンディーズ・フェアの頃から、ミノルタ・ファンだったんだ」
僕らは、そのキャンディーズ・フェアというのが分からなかったので、ぽかんとしていたのだろう。

先輩は、「ミノルタと言えば、宮崎美子だよね」と、話を少し修正した。
「♪いまの君はピカピカに光って~」と、先輩は調子外れの歌を歌った。
「宮崎美子がジーパンを脱ぐやつですよね」と言うと、先輩はようやく話が通じ合った喜びを感じたらしく、「そうそう!」と、声を大きくした。
後輩は、いまいちピンと来なかったみたいだったけれど、とりあえず宮崎美子という名前だけで仲間に入れたようだった。

太っているのにアイドルになってしまったということで、語り継がれる宮崎美子。
でも、当時の男の子達には、あのむっちり感がたまらなかったのだろうという気がする。
朝っぱらから、そんな話をしたおかげで、今日は一日、斉藤哲夫の「いまのキミはピカピカに光って」が鳴り響いていた。
明るい歌が鳴り響くのは、体調が良い証拠である(笑)

いまのキミはピカピカに光って あきれかえるほどステキ
ぼくの情熱 うけとめて クルクル踊れ
キミがいれば いつだって真昼 月も星も おそれいる太陽

ナインティーン たぶん19の輝きざかり
エイティーン もしや18弾ねざかり
トゥエンティ? ひょっと20の花ざかり

ちなみに、歌詞は糸井重里、曲は鈴木慶一だったっけ。

http://jp.youtube.com/watch?v=a-8GFhYSct0

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2008-07-17 21:48 | 日記・つぶやき
<< 夏の始まり 下宿屋 >>