<< 富良野と美瑛 バラの終わり >>

ファーム富田

b0103470_2157916.jpg

突然思い立って、早朝から富良野へ向かって出発した。
観光地のラベンダーを見てみたくなったのだ。
どこで見ても同じようなラベンダーだけれど、やはり富良野あたりの雄大な景色の中で見るものはひと味違うはずだ。
ついでに旭山動物園にも寄ろうかと計画は膨らみ、とりあえず一泊しても良いようにキャンプ用具一式を自動車に放り込んでおいた。

霧雨降るような天気の中を走り続ける。
昨日から天気にはどうやら運がないらしい。
中富良野に入って、ようやく青空が顔を出し、ファーム富田に到着する頃には太陽の日差しが眩しくなっていた。
午前8時30分過ぎに到着で、駐車場はボチボチ埋まり始めている。
観光バスはまだ到着していないようで、その分だけ観光地も静かだった。
1年ぶりのラベンター畑だ。

今年から新たにラベンダーイーストというラベンダー畑ができたそうなので、一応そちらもチェックしておくことに。
その前に、朝早かったためにお腹が空いていたので、途中にある「あぜ道より道」というレストランでちょっと早い昼食。
午前10時30分過ぎに店に入ったのだけれど、ランチタイムは11時30分からのようだった。
それでも、11時過ぎにはランチができるということで、それまでアイスコーヒーを飲んでゆっくり待つことに。
人気の野菜カレーでたっぷりと野菜を摂る。
思い出ノートみたいなものが置いてあって、これを読むのがなかなか楽しい(笑)

ラベンダーイーストはちょっと中途半端な印象。

せっかくだから温泉に入ろうということで、白金温泉まで移動。
何軒かの温泉宿があったが、もっともひなびた感じの町営温泉を選んだ。
ところが、浴室は中途半端な改装がされていたみたいで、なんと温泉なのにユニットの浴槽。
温泉でこれほど後悔したのも珍しい。

温泉から出て、美瑛の丘をウロウロして回る。
美瑛駅に寄ると、ちょうどノロッコ号が入ってくる時間で、たくさんの観光客(ツアー客)でホームが埋まっている。

そろそろキャンプ場を探そうかと、美瑛から東川へ向かって農道を走っていたら、なんと行く手に稲妻が走る。
そして、轟く雷鳴。
どうやら雷雨になりそうな感じで、キャンプしようという意欲が失われた。
結局、そこからまた富良野まで戻り、日が暮れるまで丘やラベンダー畑を見て遊んだ。

もう少し7月らしい天候だったら良かったのに。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2008-07-12 22:06 | 日記・つぶやき | Comments(0)
<< 富良野と美瑛 バラの終わり >>