コーチャンフォーに行くと、原田... >>

北海道立文学館で「有島武郎と未完の『星座』」展が開催されている

b0103470_16410169.jpg


 
札幌に来てから園の心を牽きつけるものとてはそうたくさんはなかった。
ただこの鐘の音には心から牽きつけられた。
寺に生れて寺に育ったせいなのか、梵鐘の音を園は好んで聞いた。

上野と浅草と芝との鐘の中で、増上寺の鐘を一番心に沁みる音だと思ったり、自分の寺の鐘を撞きながら、鳴り始めてから鳴り終るまでの微細な音の変化にも耳を傾け慣なれていた。
鐘に慣れたその耳にも、演武場の鐘の音は美しいものだった。
 
「星座」有島武郎(1922年)

 
北海道立文学館で「有島武郎と未完の『星座』」展が開催されている。
言うまでもなく、有島武郎は札幌の文学を語る上で欠くことのできない存在だ。
そして「星座」は、有島と札幌との繋がりを物語るひとつの証のような作品だった。

正直言って、文学館の特別展としては「今さら有島武郎か」的な部分はあるかもしれない。
有島武郎の存在が、道立文学館の設立を後押ししたとさえ言って良いくらいのものだからだ。
もっとも、だからこそ、道立文学館では有島武郎の特別展を開催する意義があるのだとも言える。

道立文学館の館内は、いつだって静かだ。
自分の他には、極僅かに2~3名の来館者がいるのみらしい。
そして、その人たちはいずれも年輩の方々だった。

美術館と違って、文学館は作品を展示する場所ではない。
文学作品は個人が各々好きな時に鑑賞できるものだから、文学館では作家に関する資料を鑑賞する。
そういう意味で、美術館のようには人を集めにくい部分があるのかもしれない。

けれども、文学作品を深く理解しようと思った時は、必ず、その文学者を深く理解しなければならない。
あるいは、その作品に関する丁寧な解説に触れることも、また大切なことである。
文学館は、そういった部分では、非常に重要な役割を担っているのだ。

難しいことを考えなくても、札幌と関わりの深い文学者の人生に触れるだけで楽しいものである。
今回の展示でも、札幌で暮らしていた頃の写真アルバムなど、私生活を知ることのできる貴重な資料があった。
これから、有島を読んでみたいと思っている人たちにもお勧めの展覧会だ。


b0103470_16410088.jpg
 
館内で唯一写真撮影が許されていたのが、この記念撮影コーナー。
「星座」の登場人物たちと一緒に記念写真を撮ることができる。
最近の展示では、こういった仕掛けが必要なのかもしれない。
 
b0103470_16410128.jpg
 
展示を見終えた後は、ミュージアムコーナーをチェック。
 
図録と一緒に、いくつかのお土産を購入した。
上の写真は「おばけのマールとニセコ」のポストカード。
ニセコ町の有島記念館で販売しているものらしい。

 
b0103470_16410000.jpg
 
もうひとつ、ニセコ町有島にある「高野珈琲店」の珈琲豆。
有島記念館には、「ブックカフェ 有島記念館×高野珈琲店」があるらしい。
ちなみに、「一房の葡萄」も有島の作品名に因んでいる。

今年は夏は、ニセコ町の有島記念館を訪ねてみたいな。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-02-24 17:26 | 文学・芸術 | Comments(0)
コーチャンフォーに行くと、原田... >>