<< 夕刻のデートは道庁赤れんがのプ... お菓子の空き缶は再利用する >>

北海道への知識欲はHTBまめほんシリーズで満たす

 
b0103470_14382446.jpg
 
世の中には知らないことがたくさんある。
知らないことの方が多いくらいだ。
いや、というよりも、我々は世の中のごく一部のことを、かろうじて知っているに過ぎないのが現実だろう。

それは、北海道に関しても同じことである。
今年2018年は、この島が「北海道」と命名されてから150年目である。
「北海道命名150年」事業で、今年の北海道は盛り上がるはずだ。

そのたった150年の歴史の中には、星の数と同じくらいの物語が詰め込まれている。
どれだけ紐解いたって、その歴史のすべてを手にすることなんてできやしない。
歴史は宇宙と同じくらいに壮大で謎に包まれているのだ。

それでも我々は、歴史の断片に触れずにはいられない。
この北海道という土地で、一体どんな物語が刻まれてきたのか、知りたいと思わずにはいられない。
人には、自分の暮らしている郷土を理解しないではいられない、不思議な本能のようなものがあるのかもしれない。

北海道の歴史に触れるためのひとつの鍵が、この「HTBまめほん」シリーズである。
1970年の第1巻「ひらぎし物語」から、1998年の第60巻「サケ」まで、全60冊。
1970年には、別冊として「すすきの案内」が出ているから、合計61冊の大シリーズである(少なくとも自分の手元にはそれだけある)。

北海道各地域の多様な文化がコンパクトにまとめられているから、旅行に出かける際に、豆知識を仕入れていくには最適である。
もちろん豆本だから、ポケットの中に入れたまま散策することだって可能。
北海道への知識欲を満たしてくれるツールとなること間違いない。

ちなみに、HTBまめほんシリーズは、古書店で入手可能。
価格は店によるが、1冊300円から500円くらいが相場だと思う。
全巻集めても場所を取らないことが気に入っている。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-21 07:52 | 歴史・民俗
<< 夕刻のデートは道庁赤れんがのプ... お菓子の空き缶は再利用する >>