<< 焼きそばは昭和の純喫茶「オリン... 日常の器は郷土の作家の作品を愛用する >>

青空の朝は札幌市役所19階の「パーラーあおぞら」で展望を楽しむ

b0103470_18494448.jpg
 
さっぽろテレビ塔から街を見下ろすことはあっても、さっぽろテレビ塔を真近から見下ろす場面はほとんどない。
もしあるとしたら、それは、この「パーラーあおぞら」くらいのものだ。
「パーラーあおぞら」は、本当に青空の中にある。

「パーラー青空」は、札幌市役所の最上階にある喫茶店だ。
コーヒー一杯で素晴らしい展望が手に入る。
おまけに、札幌市民にも観光客にもほとんど知られていないという、穴場中の穴場だ。

青空の広がる朝、もしも時間があるなら「パーラー青空」へ寄ってほしい。
そして、コーヒーを飲みながらさっぽろテレビ塔を見降ろし、今日一日の計画をゆっくりと練るのだ。
たまには、そんな一日も悪くないと思う。

ちなみに、「パーラー青空」は札幌市役所内の施設なので、土日祝日はお休み。
札幌市役所は建て替えの噂もあるので、今がチャンスかも。

※※※「にほんブログ村」に復活しました。1日1クリックをお願いします!
 
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2018-01-16 19:51 | 建築・景観 | Comments(0)
<< 焼きそばは昭和の純喫茶「オリン... 日常の器は郷土の作家の作品を愛用する >>