<< きっと、僕は街で一番早くコート... 最近は、風物詩としてのハロウィ... >>

樹の葉の色が変わっただけで、こんなにも楽しいんだから、人生って良いよね

b0103470_20543186.jpg
久しぶりに、一眼レフカメラを持って街に出た。
紅葉の写真を撮りたいと思ったのだ。
色づく街を見ると、じっとしていられない性分らしい。

この感覚は、春の桜の季節に似ている。
桜の花びら舞う街を見ていると、じっとしていられない。
つまり、春と秋になると、僕は非常に落ち着きがなくなるわけだ。

そう言えば、しんしんと雪の降る冬の日も、何となくそわそわする。
季節の風景というのは、何かしら人の心に働きかけるものがあるのだろう。
美しい四季を持つ日本に生まれた故の性というものなのかもしれない。

単純に考えて、樹の葉の色が変わっただけで、こんなにも楽しいんだから、人生って良いよね。

by kels | 2017-10-28 21:19 | 観光・風物詩 | Comments(0)
<< きっと、僕は街で一番早くコート... 最近は、風物詩としてのハロウィ... >>