<< 千円札1枚で楽しめるくらいの方... 「思っていたよりも雪がないね」... >>

藻岩山スキー場は、雪不足のため、オープンできないでいるらしい。

b0103470_19353092.jpg

私のエベレスト、七十歳登頂トレーニングの第一歩は藻岩山であった。
我が家から登山口まで二十分、それから山道をゆっくり登って、約一時間で山頂にたどり着く。
実は六十五歳の時、馬の背まで登ったら、のびてしまい、山頂はあきらめて下山した。
これから世界最高峰登頂を夢見る年寄りには、かなりショックなスタートだった。

「北都の大樹海」三浦雄一郎(2006年)

ミュンヘン大橋の「コーチャンフォー」に行った。
駐車場から藻岩山が見える。
冬の夜だというのに、藻岩山は暗いままだった。

藻岩山スキー場にはナイター設備がある。
山裾から見上げれば、明るい光が山の中腹に見えた。
見えるはずの光が見えないので、「あれ?」と感じたのかもしれない。

翌日の朝刊に、藻岩山スキー場の記事が出ていた。
12月12日にオープン予定だったスキー場は、雪不足のため、オープンできないでいるらしい。
どおりでナイターの照明も見えないはずである。

11月に降ったドカ雪は、12月に入ってすっかりと姿を消してしまった。
なにしろ、12月だというのに、毎日5℃以上の暖かい日が続いているのだ。
札幌の積雪がなくなったと、今日の夕刊にも出ていた。

心配しなくても、ちゃんと降るのが冬の雪というやつである。
こんな記事を書いたから、今週末あたりにはドカ雪が来るかもしれない。
さすがに、クリスマスまで雪がないということはないだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-12-16 19:51 | 観光・風物詩
<< 千円札1枚で楽しめるくらいの方... 「思っていたよりも雪がないね」... >>