<< 壁に貼られた一品料理の名前には... 僕は寒がりだから、一番寒い状態... >>

昨夜放送の「ブラタモリ」は、札幌が舞台だった

b0103470_19333267.jpg

札幌は周囲の土地が広々としてせせこましくないためか、市中の道路のところどころに亭々たる老樹の立っているところなど、まことに美しい都市である。
父の意に従って農学校には学ばずとも、青年時代を東京などではなく、この詩情豊かな都市で青春を暮らさなかったのが、いささか残念なような気持ちさえした。

「北海道吟行」佐藤春夫(1963年)

昨夜放送の「ブラタモリ」は、札幌が舞台だった。
「ブラタモリ」は大好きな番組で、時間のあるときには観るようにしている。
自分の好きな番組に、自分の住んでいる街が登場するというのはうれしい。

内容も、地元の人間が観て十分に楽しいものだった。
自分がいつも歩いている場所が、いくつも登場したからかもしれない。
メムの話とか、いかにも札幌らしいエピソードも紹介されていたし。

「ブラタモリ」のような街歩きは好きだけれど、季節は少し遅すぎた。
写真の撮り歩きをしようと思っても、最近は寒さに心が折れてしまうことも多い。
札幌が好きだけれど、札幌の寒さだけには、いつまでも慣れることができないらしい。

晩秋の札幌はすごく魅力的で、残しておきたい風景は、いくらもあるのにね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-11-08 19:54 | 建築・景観
<< 壁に貼られた一品料理の名前には... 僕は寒がりだから、一番寒い状態... >>