<< とにかく僕は、おばけの顔になっ... 今年新しく購入した洋服の多くは... >>

2015年、ハロウィンはいよいよ大きなイベントとして、札幌に登場してきた。

b0103470_2023648.jpg

10月31日、札幌の中心部で仮装をした女の子たちの姿を見た。
ハロウィンなのだ。
どうやら、新しい季節の催しが、札幌にも定着しようとしているらしい。

昨年の10月31日の夜だっただろうか。
僕はススキノで仲間たちと遅くまで飲み歩いていた。
混雑する真夜中の交差点に、コスプレをした女の子たちが集まっていた。

「なんだろう」と僕が言うと、誰かが「ハロウィンさ」と言った。
10月31日の夜には、仮装をしてパーティーをするのだという。
札幌にもハロウィンがあるのだと、僕は思った。

2015年、ハロウィンはいよいよ大きなイベントとして、札幌に登場してきた。
明らかに昨年以上に、ハロウィンの熱が札幌の街を包み込んでいる。
仮装をした女の子とすれ違うたびに、僕はそう考えていた。

南一条通りの歩行者天国では、ハロウィンのイベントが開催されていた。
ステージの上では地元のアイドルが踊り、会場には仮装をした女の子たちが集まっている。
誰かが盛り上げようとしているのか、みんなが盛り上がりたいと思っているのか。

イベントの黎明期に特有の初々しさも、いずれ洗練されてしまうのだろうな。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-10-31 21:24 | 観光・風物詩
<< とにかく僕は、おばけの顔になっ... 今年新しく購入した洋服の多くは... >>