<< 大通公園を歩いていて、ふと思っ... 森田たまの随筆には、母校である... >>

美香保公園が札幌オリンピックの会場だったことを、どれだけの人たちが知っているだろうか

b0103470_21285652.jpg

美香保公園は1942年(昭和17年)に札幌初の都市計画に定める公園として計画された公園です。
計画決定当時は野球場やグラウンドを積極的に配置する運動公園的な公園とすることが予定されていたほか、空襲の際の避難地となる防空緑地となることが期待されていました。
戦後、グラウンドの整備が始まり、1972年(昭和47年)の第11回冬季オリンピック札幌大会ではフィギュアスケート競技(規定)の会場として使用されました。

「美香保公園の歴史」公園設置の解説版より

札幌オリンピックなんて古い言葉だと思っていたら、最近になって頻繁に聞くようになった。
「夢よ、もう一度」とばかりに、札幌オリンピックの再現に向けた誘致運動が活発化している。
実現したら凄いことだと単純に思ってしまう。

それにしても、以前の札幌オリンピックから既に40年以上が経過している。
当時20歳だった人たちも60歳を超えているわけで、時の立つのは本当に早い。
札幌オリンピックが歴史の一頁になってしまっていたとしても、何の不思議もないわけだ。

逆に言うと、かつての札幌オリンピックを知らない世代が多くなったということでもある。
美香保公園が札幌オリンピックの会場であったことを、どれだけの人たちが知っているだろうか。
公園で遊んでいる子供たちのお母さん世代は、案外知らないかもしれないなと思った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-10-23 21:46 | 歴史・民俗 | Comments(4)
Commented by サラリーマンレポート at 2014-10-25 16:49 x
東京オリンピックから半生記、札幌オリンピックから40年、歳月の積み重ねを感じます。その年月も日々の積み重ね、秒針の一周で分針が動き、分針が一周して短針が時を進めるように。
その間、何度秋色を見てきたことか。正に光陰矢のごとしです。
Commented by kels at 2014-10-25 22:23
サラリーマンレポートさん、こんにちは。
次の東京オリンピックを境に日本は変わるのかどうか、興味深いところです。
そして、新しい札幌オリンピックがどうなるのかも。
Commented by J.W. at 2014-10-27 10:04 x
確かに光陰矢のごとしです。地下鉄工事などで街全体が興奮しているような熱気にあふれていたあの頃。日本の高度成長の始まりと重なってこれから世の中良くなるという期待が持てるものでしたね。
次に札幌オリンピックが行われるとしたら、札幌のみならず、北海道全体の復活というヴィジョンのもとでありたいものです。
Commented by kels at 2014-10-28 20:01
J.W.さん、こんにちは。
街全体が熱気に溢れていた時代というのを、是非とも経験したいなあと思ってしまいます。
伸びゆく社会に憧れてしまいます(笑)
<< 大通公園を歩いていて、ふと思っ... 森田たまの随筆には、母校である... >>