<< 極端な話、カメラを変えるという... 「学生だった僕にうまく愛は語れ... >>

大混雑のさっぽろオータムフェストを楽しむコツを考えてみた

b0103470_658233.jpg

朝から秋晴れの秋分の日、まさしくさっぽろオータムフェスト日和である。
遠くまで出かけるのは大変だけれど、大通公園だったら気軽に出かけることができる。
今日の大通公園も、きっと大変な賑わいになることだろう。

さっぽろオータムフェストの会場に行くと、旅行客の多さに驚かされる。
地元民のささやかなイベントだと思っていたら、いつの間にか札幌を代表する観光イベントになったらしい。
北海道の食が、いかに注目されているかということかもしれない。

もっとも、非常に人気のあるイベントなので、食べたいものをゆっくりと食べるのは至難の業である。
札幌市民の中には、あえて敬遠する人たちも増えてきたけれど、せっかくの秋のイベント。
大混雑のさっぽろオータムフェストを、少しでも楽しむことのできるコツを考えてみた。

ひとつは、できるだけ混雑する時間帯を外すこと。
のんびりと食事をしたいと思ったら、開店直後の午前10時に行くのがベストである。
朝食でも昼食でもないけれど、時間が経つほどに会場は混雑していく。

次に、座席を確保することは最初からあきらめること。
来場者数に対して圧倒的に座席数が少なすぎるので、特に混雑する時間帯は絶対に座ることができないと思った方がいい。
席を探してイライラするよりは、最初から席なんてないのだと思った方が健康に悪くない。

座って食べたい人はシートを持参して、芝生の上に座って食べよう。
札幌の秋の午後は風が気持ちいいし、秋晴れの下で食べていると北海道気分を満喫できる。
特に人数が多いと、芝生の上に車座になって食べた方が楽しいものだ。

大切なことは、買い物をする前に食べる場所を決めておくこと。
会場内は非常に混雑しているから、食べ物を持ったままウロウロするのはもとても危険だ。
ただでさえまっすぐに歩けないことも多いので、落ち着く場所を決めてから買い物をしよう。

会場内には、いろいろなお店がたくさんあるから、いろいろと食べ比べてみたいと思うもの。
だけど、人気の店では並ばなくてはいけなくて、調理に時間のかかるものも多い。
食べ物を持ったまま並ぶのは意外と神経を使って疲れてしまうものだ。

複数の店の料理を食べたいときには、料理を食べ終えてから次の料理を買った方がいい。
難しいのはドリンクで、フードとドリンクをセットにしようと思ったら、2回並ばなくてはならない。
不安定なドリンクは、フードの後に買った方が賢明かもしれない。

会場内の混雑具合は、はっきり言って天候に左右されることが多い。
豪雨の平日なんていうのは誰もいないだろうけれど、秋晴れの休日なんていうのは、いかにも混雑日和である。
だけど、こういうイベントっていうのは、人がたくさんいた方が盛り上がるんだよね(笑)

さて、それでは気合いを入れて「さっぽろオータムフェスト」に出かけましょうか☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-09-23 07:21 | 観光・風物詩
<< 極端な話、カメラを変えるという... 「学生だった僕にうまく愛は語れ... >>