<< 江ノ島の海で遊んだというだけで... 久しぶりに仕事以外で札幌を離れ... >>

旅に出たとは言っても、撮っているものはいつものと何も変わらない

b0103470_5264638.jpg

8月13日から17日まで夏の旅行に出かけた。
旅行と言っても、要はお盆の帰省である。
帰省の途中に、ちょっと寄り道するのが、僕の夏の旅行である。

今回は珍しくデジタル一眼レフカメラを持って出かけた。
荷物になるのが嫌なので、旅行のときは、ほとんど一眼レフを持ち歩かない。
今年の夏は、いつもの夏以上に写真を撮ることができた。

その代わり、レンズは50mm単焦点を付けっぱなしである。
街歩きをしながら、一眼レフがもっと小さかったらなあと何度も思った。
だけど、旅が終わった今、一眼レフを持って行って良かったと感じている。

旅に出たとは言っても、撮っているものはいつものと何も変わらない。
自分の歩いた街を、ただ撮るだけである。
記録とも記念とも言えないようなスナップ写真ばかりだ。

特別な写真はないけれど、この夏の足跡をたどるには十分な写真だ。
せっかく撮った写真なので、文章を付けて残しておきたいと思っている。
誰のためにもならないけれど、将来の僕のためにはなるかもしれない。

子供が付ける夏休みの絵日記みたいな気持ちで書いてみようか(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-08-18 05:39 | 日記・つぶやき | Comments(2)
Commented by ko1hdylw at 2014-08-18 21:22
久しぶりのコメント失礼します。

お帰りなさいませ。もの凄く暑かった(特に蒸し暑かった)のでは?
でもちょうど天気が良かった日に当たったのではないでしょうか。

自分もデジイチに単焦点1つで出かける勇気が欲しいです(苦笑)
Commented by kels at 2014-08-19 19:26
ko1hdylwさん、こんにちは。
まさしく蒸し暑い夏を満喫することができました(笑)
でも、本当に楽しかったです。
体力があればレンズも持ち歩きたいところなのですが☆
<< 江ノ島の海で遊んだというだけで... 久しぶりに仕事以外で札幌を離れ... >>