<< 女の子とデートをするっていうの... 札幌では冬が終わると、すぐにゴ... >>

リニューアルオープンした札幌中央図書館へ行ってきた

b0103470_20361442.jpg

週末、札幌中央図書館へ出かけた。
今月初めにリニューアルオープンしてから、これが初めての訪問である。
図書館は一体どんなふうに変わったのだろうか。

今の部屋で暮らすことになったきっかけも中央図書館だった。
以来、毎月2回は図書館を訪れて、本を借りる生活を続けている。
何度も何度も借りて、まるで自分の蔵書みたいになっている本もあるくらいだ(笑)

開館時間ちょうどに到着すると、既にたくさんの人がロビーに並んでいて、ゾロゾロと入室しているところだった。
世の中には図書館を好きな人たちっていうのが、本当にたくさんいるのだ。
そして、僕もそういう人たちの中の一人なのかもしれない。

さて、今回のリニューアルのポイントは、中央図書館の公式サイトでも紹介されている。

2階に配置している「歴史」「社会科学」に関する本を1階に集約し、1階を一般図書貸出のフロア、2階を調べもの相談対応のフロアにエリア分けを行いました。
また、平成26年度からは試行的に、持参資料を使った自習が可能なスペースを2階読書室及び南側窓席に設置します。
※席数には限りがあり、混雑時には利用をお断りすることがあります。
詳しくは、カウンターの職員までお尋ねください。
※中央図書館1階及び地区図書館や図書室などでは、従来通り、自習については原則お断りしていますので、ご注意ください。

中央図書館の公式サイトより

従前、図書の貸し出しは、1階と2階のそれぞれのフロアで行っていた。
だから、いろいろなカテゴリの本を借りたいときは、1階と2階それぞれで手続をしなければならなかったのだけれど、今後は1階でほとんどの用事が済んでしまうということらしい。
そのため、かつては2階に並べられていた本が、1階へと移動になっていて、図書の置き場自体が大きく変わっている。

1階にもたくさんあった閲覧用の机がかなり縮小されて、本当にたくさんの図書が1階フロアに集約されているといった印象だ。
僕の場合、1階にも2階にも読みたい本があったから、フロアが集約されたのは非常に助かるし便利だ。
とにかくたくさんの本を借りたいと思う人にとっては、なかなか良いリニューアルになったのではないだろうか。

本の場所が変更になっているので、慣れるまでは時間がかかりそうだけれどね(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-04-14 20:42 | 建築・景観 | Comments(0)
<< 女の子とデートをするっていうの... 札幌では冬が終わると、すぐにゴ... >>