<< 「アトリエ・モリヒコ」の夏の夜 風の歌を聴け >>

札幌の夏が来た

b0103470_20433679.jpg

まるで、内地の梅雨みたいにジメジメとした天気。
わざわざ本州から旅行でやってきている人たちにとっては、残念な天候だ。
7月になって、さすがに観光シーズンに入ったということなのか、旅行鞄をガラガラしている人や記念写真を撮っている人の姿を見かけることが多くなった。

本州の夏というのは、梅雨明けから始まるみたいなイメージがあるけれど、梅雨のない北海道では、7月に入ったら即夏である。
もちろん、実際の気候は本格的な夏には遠いかもしれないけれど、少なくとも北海道の人間的には、7月といったら夏なのだ。

もちろん、北海道の夏だから、「海の日」に海へ入ることはできないし、花火大会の夜も半袖では涼しすぎる。
そんな気候条件を議論していたら、北海道の夏なんていつまで経ってもやってこないから、北海道の人間はあっけらかんとして、7月に入ったらもう夏だ、と言い張るのだ。

さあ、夏だ夏だ~(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-07-05 21:32 | 観光・風物詩
<< 「アトリエ・モリヒコ」の夏の夜 風の歌を聴け >>