<< こうひいはうす 城下内科医院 >>

モダン住宅

b0103470_2301581.jpg

昭和2年に市営化された市電は、強い需要に応える形で市内各地へと路線を延ばしていくが、西15丁目の通りをまっすぐに南下する「山鼻西線」も、この時期、昭和6年に開業し、山鼻西地区の開発に大きな影響を与えた。
当時は、豊平や苗穂、北大にまで線路が延びるほど、市民の足としての市電の役割は大きなものがあったのだ。

市電の延伸により、伏見・山鼻西地区は新興住宅街としての性格を強く持つようになり、新たな一軒家が次々と建てられるようになった。
時代は文化住宅の全盛期でもあり、洋風のモダンな住宅がこのエリアにも増えていったことが推測される。
この昭和初期に建てられた住宅の一部は、現在でも良好な状態で維持されており、そのため、この地域を散策すると、昭和モダンな建築物を多く見かけることができる。

写真の住宅は昭和7年に建てられたもので、まさしくこの地域が開発されていく中で建てられた住宅のひとつである。
道路から眺めるだけであるが、昭和初期のスマートなデザインが通り行く人達の目を引いている。
住宅街での住宅ウォッチングは、まさしくこの界隈散策のお勧めテーマのひとつ。
円山地区と並んで、チェックしておきたい建築スポットだと言っておこう。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2009-10-13 23:21 | 建築・景観 | Comments(2)
Commented by lairack_0817 at 2009-10-14 19:47
初めまして♪ ネットを徘徊していてこちらにたどり着きました。
私も札幌在住で写真を楽しんでおります(*^_^*)
これからゆっくりと拝見させていただきますね。
どうぞ 宜しくお願い致します。
Commented by kels at 2009-10-14 22:24
lairack_0817さん、こんにちは。
たいした写真はありませんが、時々遊びに来て頂けたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします☆
<< こうひいはうす 城下内科医院 >>