<< 借りてきたネコ 札幌の中のフィンランド >>

ヤクルトの瓶

b0103470_22591622.jpg

今日のラルズプラザの古本市でゲットしてきた戦利品から、「ヤクルト新容器発売のお知らせ」パンフレットです。
パンフレットといっても、中心のヤクトル瓶の写真が立体写真になっていて、手に取って見るとキラキラしてきれいです。
どうも、この時は曜日によって蓋の色が変わるシステムになっていたみたいです。

ヤクルトの容器が、現在のプラスチック・パッケージに変わったのは1968年のこと。
持ちやすくて、中味が一気に口に入らない、落としても壊れないといった、たくさんのメリットを備えた新容器は、優れたインダストリアル・デザインとして高い評価を受けました。
元となったイメージは、「こけし」だったそうです。
あのくびれ具合はただ者じゃありませんからねー(笑
デザイナーはあの剣持勇氏で、こうした日常的な飲料容器にもデザインの真髄があるのだと実感させてくれます。
ちなみに、この容器デザイン、2008年度の「ロングライフデザイン賞」を受賞しました。
なるほど、です。

というような、深い歴史を持つヤクルト容器の始まりが、このパンフレットだったと考えると、なんだかすごいなーと思うのです。

ヤクルト日和
http://yakult-biyori.jp/

2008年度 グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
http://www.g-mark.org/search/Detail?id=35010&sheet=outline


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします
by kels | 2009-01-04 23:10 | 日記・つぶやき
<< 借りてきたネコ 札幌の中のフィンランド >>