タグ:RICOH GRⅡ ( 178 ) タグの人気記事

札幌老舗カフェ「苺館」で名物マトンカレーを食べる

b0103470_19465233.jpg

本当は教えたくない隠れ家的カフェがいくつかあります。
北大近くにある「苺館」も、僕にとってはそんなカフェのひとつです。
いつ訪ねても、昔の記憶そのままのお店です。

今日は、そんな「苺館」で名物のマトンカレーを食べました。
もう何年も昔から食べ続けてきている思い出のカレーです。
僕にとって喫茶店のカレーライスと言えば、「苺館」のマトンカレーなのです。

カフェ文化が発達し、札幌にもいろいろなカフェが増えました。
シアトル系のスターバックスコーヒーも、すっかり定着しました。
自称「オシャレカフェ」が、札幌のあちらこちらにある時代です。

いろいろな「オシャレカフェ」を訪ね歩きながら、最後にはいつも僕はこのお店にいるような気がします。
特別にオシャレというわけではなく、特別に純喫茶というわけでもなく、特別にスペシャリティというわけでもなく。
特別なことと言えば、店内を時間がゆっくりと流れているということくらい。

気が付くと、僕は学生の頃に戻ってカレーライスを食べています。
忘れていた友だちや女の子たちの名前や顔が何となく思い出されます。
青春時代の後悔や心残りが、カレーライスの中に溶け込んでいるのです。

コトコトと長い時間の中で煮込まれた僕たちの青春が、カレーライスの中にあるのでしょうか。
生意気で独りよがりでつくづく惨めだったあの頃の僕。
そんな自分と向き合うために、僕はこのお店を訪れているのかもしれません。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-08-05 20:09 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

「Pokémon GO」札幌老舗カフェ「苺館」がポケストップに指定されました

b0103470_19244332.jpg

貴重な夏休みの一日、普段の週末にはあまり行かないところへ行こうと思い、久しぶりに「苺館」まで行ったのですが、実に驚きました。
苺館が「Pokémon GO」のポケストップに指定されていたのです。
「Pokémon GO」インストール以来の最大の驚きです(笑)

「苺館」は、札幌市内でも老舗の人気喫茶店ですが、観光客の訪れるような店ではありません。
どちらかと言えば、ひっそりとしていて、知る人ぞ知る名店といった雰囲気の店です。
隠れ家的っぽくない隠れ家カフェが、まさしくここです。

そんなカフェがポケストップだったなんて!
おかげさまで、食事の間中ずっとモンスターボールを貯めまくりでした。

以上、「Pokémon GO」に興味のない方には興味のない小ネタでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-08-05 19:44 | 札幌のこと | Comments(0)

札幌大通ビアガーデンで真夏の午後のビールを飲む

b0103470_18514537.jpg

貴重な夏休みの午後、札幌大通公園のビアガーデンへ行ってきました。
平日午後のビアガーデンなんて、実に貴重です。
貴重な夏休みの一日を過ごすには、まさしくぴったりの企画です。

大通公園には各ビール会社のビアガーデンが揃っています。
順番にハシゴするも良し、ひとつの店でゆっくりとやるもよし。
昼下がりの会場に到着すると、思わずテンションが上がります。

ビール会社は幾多あれど、札幌市民としては地元ブランドのサッポロビールを応援したい。
ということで、本日のビアガーデンはサッポロビールに決定。
さすがに平日午後ということで、チケット売り場もスムーズです。

が、あまり食指を動かされるものが見つかりません。
せっかくのサッポロ、何か北海道らしいものはないものか。
結局、現金販売のエビスマイスターを買ってから席に着きました。

一昔前は、ビアガーデンと言えば青空の下というイメージでしたが、最近は屋根付きが定着しました。
快晴の午後には、雨除けというよりも真夏の太陽の陽射しを避けるために必要な屋根です。
青空の下も捨てがたいけれど、やはり直射日光を避けて屋根の下に着席。

平日午後とは言え、それなりにテーブルは埋まっています。
よく見ると小さな子どもづれママが多いようです。
もっとよく見ると、子どもだけで埋まっているテーブル席まであります。

何て健全なんだ、真昼のビアガーデン(笑)

混雑の割に注文はさほどでもないようで、ホールスタッフのお兄さんお姉さんも退屈そうです。
夜にもなれば、ホール係つかまえるだけでも大変なのですが。
平日午後は会場内を走り回る子どもたちに気を配るのが仕事みたいです。

結局、サッポロビールを一杯で切り上げてキリンビールへ移動。
こちらも平日午後の割には、それなりの賑わいです。
混雑というほどでもなく、ゆったりとできそうな賑わいぶり。

サッポロに比べると、子どもたちの姿は随分少ないようです。
そう言えば、こちらの会場にはちょっと落ち着いた雰囲気があります。
小さな子どもの目の前でお酒を飲むのって、何だか抵抗感がありますからね~(笑)

フードはサッポロに比べると、何だか凝っていてオシャレな感じです。
アボガドのサラダでキリンの一番搾りをいただきます。
すごーく時間がゆっくりと流れていくようです。

ビアガーデンは、真夏の午後に行くのが一番好きです。
仕事柄、夜のビアガーデンはビジネス色が強すぎますから(笑)
できれば、平日午後のビアガーデンに行くのが一番好きだなあと思いました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-08-05 19:19 | 夏のこと | Comments(0)

風鈴の音は、蒸し暑い夏の夕暮れを心地良い夏の夕暮れに変えた

b0103470_19451147.jpg

夕方、札幌の街を散策した。
駅前通りのビルの温度計は27℃を示していた。
夕方になっても気温は下がっていないのだ。

蒸し暑い一日だった。
天気予報では、午後から一時雨が降ることになっていた。
結局雨は降らなかったけれど、湿度は高いままだったのだろう。

日曜日の夕方だったけれど、大通公園のビアガーデンは賑わっていた。
平日とは違って、ワイシャツ姿のビジネスマンの姿はほとんどない。
いつもの夕方よりも、ずっと落ち着いた感じがした。

それにしても蒸し暑い夕暮れだ。
札幌は夏でも一日の気温差が大きいから、夕方まで蒸し暑い日は意外と貴重だ。
文句を言いながら、それでも夏らしさをみんな感じているのかもしれない。

突然、風鈴の涼しげな音が鳴り響いた。
風鈴は一つだけではなくて、街のあちこちから聴こえる。
風鈴の音は、蒸し暑い夏の夕暮れを心地良い夏の夕暮れに変えた。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-31 19:58 | 夏のこと | Comments(0)

昭和3年、北海道で初めてのラジオ放送が始まった

b0103470_7373626.jpg

「Pokémon GO」を始めて一週間経った。

このゲームは、モンスターボールをポケモンにぶつけてゲットしていくゲームだが、モンスターボールは、街の中に設定された「ポケストップ」と呼ばれる場所を実際に訪れて入手しなければならない。
ポケストップは主要なモニュメントなどに指定されている場合が多いが、意外なものがポケストップに指定されている場合もあったりしておもしろい。
実際に街を歩くことで再発見できる札幌もあるということだろう。

写真は中島公園に設置されたNHKの放送記念碑である。

日本のラジオ放送が始まったのは大正14年のことで、翌15年には日本放送協会の北海道支部が設立され、昭和3年、北海道で初めてのラジオ放送が始まった。
ラジオ放送に必要な施設である「演奏所」は、中島公園の豊水通り沿いに設置された。
演奏所の隣には中島球場があったらしい。

放送初日のプログラムには、天気予報、ニュース、音楽娯楽、料理放送などがあった。
ちなみに、現在も続いている朝のラジオ体操の全国放送は昭和4年に開始されているが、札幌でのローカル放送は昭和3年から始まっていたそうである。
札幌師範学校の教官が、毎朝体操指導を行ったらしい。

この中島公園の演奏所はテレビ時代が訪れて、大通にNHK放送局が開設されるまで活躍した。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-31 08:05 | 札幌のこと | Comments(0)

街を歩くと、意外なところで昔の札幌の街並みを発見する

b0103470_2230112.jpg

街を歩くと、意外なところで昔の札幌の街並みを発見する。
例えば、道路工事現場の壁を利用した札幌の昔の街並み写真展。
発注側も受注側も頑張っているということだろうか。

だけど、どうして昔の街の写真なんだろうと、素朴に考えてみる。
過去への懐かしさなのか、誇りなのか、あるいは決別なのか。
新しい街を作ろうとしている工事現場に突然現れた昔の札幌の街並みの写真。

昔は良かったね、ということなのか。
きれいで便利な街になったね、ということなのか。
その答えは、きっと人それぞれによって違うはずだ。

大切なことは、過去の積み重ねの中に現在があるということだ。
現在の札幌も未来の札幌も、間違いなく過去の札幌の積み重ねの中にある。
僕たちは積み重ねられた時間の上を未来に向って歩き続けている。

もうひとつ大切なことは、そんな過去の歴史を、決して忘れたりはしないということだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-30 22:39 | 札幌のこと | Comments(0)

札幌は、大通公園のビアガーデンの開幕とともに、本格的な夏を迎える

b0103470_4495349.jpg

札幌は、大通公園のビアガーデンの開幕とともに、本格的な夏を迎える。
締めくくりを告げる盆踊りまでの束の間の夏。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-25 04:52 | 夏のこと | Comments(0)

札幌の夏には、何か1枚薄い羽織物があった方が安心だろう

b0103470_6211150.jpg

東京という町の生活を最も美しくさせるものは夏であろう。
一帯に熱帯風な日本の生活が、最も活々(いきいき)として心持よく、決して他人種の生活に見られぬ特徴を示すのは夏の夕(ゆうべ)だと自分は信じている。
虫籠、絵団扇、蚊帳、青簾、風鈴、葭簀(よしず)、燈籠、盆景のような洒々(しゃしゃ)たる器物や装飾品が何処の国に見られよう。
平素は余りに単白で色彩の乏しきに苦しむ白木造りの家屋や居室全体も、かえってそのために一種いうべからざる明い軽い快感を起させる。
この周囲と一致して日本の女の最も刺戟的に見える瞬間もやはり夏の夕、伊達巻の細帯にあらい浴衣の立膝して湯上りの薄化粧する夏の夕(ゆうべ)を除いて他にはあるまい。

「夏の町」永井荷風(1910年)

この週末は、実に夏らしい天気となった。
雲一つない青空の中に、眩しい太陽の陽射しを浴びている。
大通公園のビアガーデンも始まって、ようやく夏らしい気持ちになった。

もっとも、気温の方は札幌らしく爽やかな夏である。
昨日の最高気温は26.4℃で、札幌としてはまずまずの暑さといったところ。
早朝は17℃台だから、相変わらず朝夕は涼しい。

札幌の夏には、何か1枚薄い羽織物があった方が安心だろう。
昨日一日、僕は半袖Tシャツの上に、リネンの長袖シャツを着て歩いた。
腕をまくっていれば、暑くて過ごせないということは全然なかった。

夏に憧れを持つ自分としては、東京の30℃が恋しい。
多くの東京の人たちは、北海道の涼しさがうらやましいのかもしれないけれど。
人はないものをほしがる生き物らしい。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-24 06:37 | ファッション | Comments(0)

中島公園のボート池の畔には、今年も紫陽花の花が咲いている

b0103470_65286.jpg

ここでは夜明けが僕の瞼の上に直接落ちてくる。
と、僕の咽喉のなかで睡つてゐる咳は、僕より早く目をさます。
咳は、板敷の固い寝床にくつついてゐる僕の肩や胸を揉みくちやにする。
どんなに制しようとしても、発作が終るまでは駄目なのだ。
僕は噎びながら、涙は頬にあふれる。
だらだらと涙を流しながら、隣家の庭に咲いてゐる紫陽花の花がぽつと朧に浮んでくる。
僕は泣いてゐるのだらうか、薄暗い庭に咲き残つてゐる紫陽花は泣かないのだらうか。
死んだお前も、僕も、それから、このむごたらしい地上には、まだまだ沢山、こんな悲しい時刻を知つてゐる人がゐるはずだ……

「魔のひととき」原民喜(1949年)

特に意味のない話だけれど、レイモンド・チャンドラーが「かわいい女」を発表した年に、原民喜は、この短編小説を発表している。
戦争に勝った国と戦争に負けた国との明暗を僕は感じた。
特に意味はないのだけれど。

中島公園のボート池の畔には、今年も紫陽花の花が咲いている。
札幌では夏の訪れを告げる紫陽花の花が。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-24 06:18 | 夏のこと | Comments(0)

りたる珈琲~ジェラテリア クレメリーチェ~RIN COFFEE~BROWN BOOKS CAFE

b0103470_2055653.jpg

彼女の髪はぞんざいに膨らんで、化粧気はまったくなかった。
ローブのほかにはほとんど何も身につけず、むき出しの脚の先には緑と銀のスリッパがあった。
瞳には表情がなく、唇はいかにも高慢そうだった。

「リトル・シスター」レイモンド・チャンドラー/訳・村上春樹(1949年)

「Pokémon GO」で遊んでいるうちに、今日一日で10km以上も歩いた。
真夏のように暑い日で、汗をかき、喉も渇いた。
水分補給のために何度もカフェに入った。

朝一番で「りたる珈琲」。
しばらく歩いて「ジェラテリア クレメリーチェ」。
午後一番で「RIN COFFEE」。
そして、夕方に「BROWN BOOKS CAFE」。

どこの店でも冷たい飲み物(あるいはジェラート)をオーダーし、渇いた喉を癒した。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-23 21:14 | 日記 | Comments(0)