タグ:PEN FT ( 40 ) タグの人気記事

風の歌を聴け

b0103470_2254388.jpg

かつて誰もがクールに生きたいと考える時代があった。
高校の終り頃、僕は心に思うことの半分しか口に出すまいと決心した。
理由は忘れたがその思いつきを、何年かにわたって僕は実行した。
そしてある日、僕は自分が思っていることの半分しか語ることのできない人間になっていることを発見した。

「風の歌を聴け」村上春樹(1979年)


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-29 23:03 | 旧・コラム・随想 | Comments(0)

悲しき自転車乗り

b0103470_20262855.jpg

めっきりと夏が近付き、札幌の街にも自転車が溢れる季節となった。
週末の早朝など、自転車に乗って札幌の都心部を走ると、実に爽快である。
不思議にも、同じような嗜好を持った人たちがいるのか、夏の早朝の大通公園には、自転車でやって来たと思われる人達の姿も多い。
歩行者も自動車もまだ少ない早朝だからこそ、自転車本来の快適さが味わえるのだろう。

実際、午後の札幌の街を自転車で走るには、様々な困難が付きまとう。
なにしろ、歩道には歩行者がいっぱいだし(当たり前だが)、といって札幌の街の車道には、自転車が安心して走ることのできるだけのスペースは確保されていないから、行き場を失って右往左往する自転車の姿を見ることも珍しくない。
都心部では「ポロクル」という貸自転車も定着しているようだけれど、札幌は決して自転車での移動が便利な街ではないと思う、正直に言って。

歩行者の立場になってみると、それが一層理解できる。
人通りの多い街の中を疾走する自転車はかなり危険だし、自転車に対して憎悪を感じている歩行者は相当数に上る。
なにしろ、自転車乗りの交通マナーが良くない街だから、交差点はおろか、一般の歩道でさえ自転車との衝突の危険に満ちているし、まして、携帯電話片手に上の空で自転車の運転をしている連中が、自由に人混みの中を疾走している姿さえ当たり前だというから、ほとんど笑い話である。

自動車を運転していると、自転車乗りの自由気ままな生きざまはより明らかで、およそ公道を走っているとは思われない自由闊達さで、信号のない国道を自動車の隙間を縫うようにして横断していく自転車が次から次へと現れて、まるでアーケードゲームにでも挑戦しているかのようだ。
そんな自転車乗りたちの自由な生き方は、僕に憐れみと惨めさを感じさせてくれる。

考えてみれば、子どものころから僕たちは、まともな交通教育を受けた記憶がない。
まともな交通教育を受けたことがないのだから、交通道徳や交通規範について全然知識がないのは当たり前である。
動物園の猿以上に気ままな自転車乗りが街に溢れているわけで、これが実は、まとな教育を受けなかった代償だと思うと、僕は彼らを憐れんでしまうと同時に、まとな教育を受けることのなかった自分を、これ以上ないほどに惨めに感じてしまう。

せめて、僕たちの子どもの世代くらいには、十分な交通教育を受けさせてあげたいと思う。
そして、野放しにされた無教養な猿みたいな連中が、無教養に自転車を乗り回すような社会だけは、なくしてあげたいと思うのは、僕の我がままだろうか。
札幌には、もう少し自転車の似合う、成熟した街へと成長してもらいたいと、心から願っている。


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-29 20:55 | 旧・コラム・随想 | Comments(2)

風の歌を聴け

b0103470_21281764.jpg

僕は5分ばかりそれを眺めてから車に戻り、シートを倒して目を閉じ、しばらく波の音に混じったそのボールを打ち合う音をぼんやりと聞き続けた。
微かな南風の運んでくる海の香りと焼けたアスファルトの匂いが、僕に昔の夏を想い出させた。
女の子の肌のぬくもり、古いロックン・ロール、洗濯したばかりのボタン・ダウン・シャツ、プールの更衣室で喫った煙草の匂い、微かな予感、みんないつ果てるともない甘い夏の夜の夢だった。
そしてある年の夏(いつだったろう?)夢は二度と戻っては来なかった。

「風の歌を聴け」村上春樹(1979年)


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-28 22:17 | 旧・コラム・随想 | Comments(0)

社会とのすれ違い

b0103470_2231848.jpg

しっくりとしない一日というのが、一年の間には何日かあるものだ。
それがまさしく今日だった。

朝、家を出てから、靴を履き違えていたことに気がついた。
大切な会議がある日だというのに、ついカジュアルなローファを履いて出勤してしまった。
納得できないままで地下鉄駅に着いた時に、腕時計を忘れていることに気がついた。
今日の会議の時間調整役が自分なので、腕時計なしでは話にならない。
朝から、今日はマズい一日だと思わせられた。

そんな具合で一日は過ぎる。
トレーシングペーパーがほんの少しだけズレているように、まるで世の中と自分とが微妙に食い違っているかのような感覚が、自分の周りを包み込んでいる。
自分が違うのか、周囲が間違っているのか、それさえも分からないままに一日は過ぎ去り、夕方から大切な会議が始まった。

腕時計は、昼休みの間にビックカメラで入手済みだったけれど、時計の問題如何ではなく、時間調整がうまくはかどらず、会議は予定を大きく超えた。
朝から晩まで、すれ違いのままで一日は終わったらしい。

新しい朝が来るころには、何もかも元どおりになっているはずなんだけれど。


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-27 22:13 | 旧・コラム・随想 | Comments(0)

夏の旅行計画

b0103470_20523367.jpg

いよいよ季節も夏めいてきたので、そろそろ旅行の計画でも立てたいなと思っている。
一応、仕事を持っているので、そうそう長い休みを取ることは、現実的に難しいけれど、週末を利用したり、海の日の3連休を利用したりして、ささやかな旅にでも出てみたい。

さて、それじゃあ、どこへ行こうかということになると、具体的に行きたいところが思い浮かばない。
昔から旅好きで、ちょっとの隙間を見つけては、あちこちを飛び回っていたくらいなんだけれど、最近は、ほとんど旅らしい旅へ出かけることがなくなってしまった。

北海道といえば、あちこちに温泉やら国立公園やらがあって、旅行プランには事欠かない風土であるはず。
その雄大な大自然とやらが、最近ではあまり心に響かなくなってしまったみたいだ。
大自然の中へ入っていくよりは、ゴミゴミとした街の一隅で写真を撮っていたいと感じる。

これは、やっぱり普通じゃないよなあ(笑)


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-26 21:03 | 旧・コラム・随想 | Comments(0)

朝靄のち夕焼け

b0103470_20482798.jpg

朝、目覚めると、札幌の街は深い靄の中に包まれていた。
午前7時に家を出たときには、空はまだどんよりとした曇り空で、天気予報の「一日晴れ」という予報は、間違いなく外れたと思った。
だって、今にも雨が降り出しそうな空模様だったのだから。
それが、昼前くらいから青空が広がり始めて、仕事を終えて帰宅する頃には、これ以上ないほどの青空が街を包み込んでいた。
人生もこんな調子だったら、もう少し楽しいだろうに。


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-25 20:55 | 旧・コラム・随想 | Comments(5)

神宮マーケット

b0103470_2294727.jpg

今年も「神宮マーケット」が始まった。
北海道神宮を会場にした朝市で、昨年の評判が良かったのか、今年は昨年以上に実施回数が多いらしい。
開場時間の6時30分過ぎに到着したときには、既に、たくさんのお客さんで賑わっていた。

場内では、新鮮な野菜や焼き立てパンの他に、雑貨の店なども並んでいて、早朝というのに物凄い熱気である。
どの店もごった返しているので、しばし熱いコーヒーを飲みながら、場内が落ち着くのを待った。
コーヒーは、電車通りの「Cafe Pan gi」。

コーヒーを飲んでいると、「ブラウン・ブックス・カフェ」の店長さんに声をかけられた。
ちょうど、店の前でコーヒーを飲んでいたらしい。
せっかくだから、「BBC」のコーヒーを飲みたいと思ったけれど、ドリンクの販売はなかった。

何でも、参加店は朝5時集合。
11時の終了後には、店舗に戻って開店するということなので、物凄いハードスケジュールだ。
オリジナルクッキーと有機レモン果汁を購入。

「たべるとくらしの研究所」にてブラウニーを購入。
さすがに凄い人気で、商品が飛ぶように売れていた(すごい!)。

とある店の人の話では、最初に食べ物系が売れてから、後半で雑貨系が売れる流れになっているらしい。
次回は、7月8日(日)。


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-24 22:33 | 旧・札幌散策 | Comments(0)

曇りのち晴れ

b0103470_20543472.jpg

朝早くに起床して、北海道神宮で開催される「神宮マーケット」に出かける。
6時30分過ぎに、北海道神宮へ到着。
ラジオ体操をしている人々の間を通り抜けるようにして、神宮マーケットの会場へ。
会場は、既に、たくさんのお客さんで賑わっていた。

まずは、目覚めの熱いコーヒーを注文して、しばし一服。
寝ぼけ眼で、うつろに会場を眺めていたら、突然後ろから声をかけられて驚いた。
「ブラウン・ブックス・カフェ」の店長さんで、ちょうど店の前にカフェのテーブル席が設置されていたらしい。
せっかくなので、「BBC」のクッキーやらをお土産に購入。

帰り道、マルヤマクラスの「スターバックスコーヒー」に寄り道。
まだ、頭が冴えないような気がしたので、熱いショートラテを喉の奥に流し込む。
ちゃんと、ポツポツと客がいて、スタッフが追い付いていない感じだった。
アイスコーヒー用のドリップコーヒーメーカーが欲しかったけれど、レジが混雑していたので、後日にする。

そのまま、豊平神社の青空骨董市へ向かった。
出店数が先月よりも少なくなっているような気がする。
「十一月」の店長さんと、朝の挨拶。
「アンティーク・トム」にて、戦前の眼鏡、「森良三商店」にて札幌市内の喫茶店などのマッチ箱を購入。

一度、帰宅してから、再び、街へ出かける。
札幌ロフトやらステラプレイスやらで買い物。
すごく久しぶりに、「ディズニーショップ」で買い物をした。

札幌ラーメン共和国にて昼食。
「白樺山荘」へ向かうと、リニューアル工事中のため休みで残念。
「空」にて醤油ラーメンを食べる。

午後、昨日・今日と撮り終えたフィルムの現像。
ペンFTとホルガ120の2本分。

夕方から髪を切りに出かける。
予約時間より少し待たされた。
夕方くらいの予約だと、こういうことも珍しくない。

帰り道、ようやく爽やかな6月らしい青空が広がった。

夕食は、お祝いの手巻き寿司に焼き鳥。
この週末は、どうにも食べ過ぎているような気がするなあ。


◆OLYMPUS PEN FT × F.ZUIKO 38mm F1.8 × NEOPAN 400 PRESTO(自家現像)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-06-24 21:13 | 旧・コラム・随想 | Comments(0)

十勝晴れの夏

b0103470_23131896.jpg

今日の帯広は、真っ青な空が広がり、30℃を超える真夏日だった。
最近の札幌ではありない天候だったから、暑すぎるとは言え気持ちの良い暑さだ。
まさしく十勝晴れ。
カメラを持って一日歩きたい、そんな十勝平野だ。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2011-07-26 23:16 | 旧・札幌散策 | Comments(0)

伯父さんは、水族館好きである

b0103470_022757.jpg

伯父さんは、水族館好きである。
それは、水族館のガラス一枚へだてた水槽の、伯父さんと目が合う魚たちと対峙する時、不思議な安堵を感じるという。
きっと、そんな伯父さんのことだから、今日若者たちがデイトコースとして人気の、そんな小奇麗なところじゃあないのだろうとは思っていた。
人ごみの嫌いな伯父さんはレヂャや享楽を楽しむ家族連れやら恋人たちの、休日の人ごみにあって最も孤独を感じるというのだ。
それは、人恋しさのあまり最も寂しさを増してしまうのである。

ぼくの伯父さんの東京案内 / 沼田元気(2000)求龍堂


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2011-06-24 00:09 | 旧・コラム・随想 | Comments(0)

こだわりの札幌シティライフを実現するために実践している100のこと


by kels