タグ:芥川龍之介 ( 4 ) タグの人気記事

芥川龍之介が札幌を訪れたのは、昭和2年5月のことである

b0103470_19323116.jpg

札幌――クリストは上に、大学生は下に、・・・「すすき野」と云ふ遊廓どこですか?
又――あの植物園全体へどろりとマヨネエズをかけてしまへ。
(傍白。――「里見君、野菜だけはうまいでせう。」)
又――孔雀は丁度キヤンデイの樣に藍色の銀紙に包まれてゐる。
又――有島武郎氏はポケツトの中にいつも北海道の地図を持つてゐる。

「東北・北海道・新潟」芥川龍之介(1927年)

芥川龍之介が札幌を訪れたのは、昭和2年5月のことである。
講演旅行で来道した折りのことであり、札幌では、北海道大学と大通小学校で講演している。
植物園を訪れたときの感動は、有名なフレーズとなっている。

もっとも、遠く北海道を訪れた記録としては、あまりに簡単で素っ気ない。
思うに、芥川に札幌の街は、それほど共感を得られなかったのではないだろうか。
「里見君、野菜だけはうまいでせう」という言葉には、芥川の本音があるような気がする。

記録によると、このときの一行のスケジュールは、かなりタイトなものだったらしい。
もしかすると、移動と講演との毎日に、芥川も疲れきっていたのかもしれない。
芥川にとっても、稼ぐための北海道旅行ではあった。

講演にはもう食傷した。当分はもうやる気はない。
北海道の風景は不思議にも感傷的に美しかつた。
食ひものはどこへたどり着いてもホツキ貝ばかり出されるのに往生した。
里見君は旭川でオムレツを食ひ、「オムレツと云ふものはうまいもんだなあ」としみじみ感心してゐただけでも大抵想像できるだらう。

「講演軍記」芥川龍之介(1927年)

久しぶりに、北大植物園へ行こうかと思ったけれど、結局、今週も行かなかった。
札幌の街は瑞々しい新緑に包まれている。
芥川も、この札幌の新緑の中を歩いたことだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-29 20:00 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

今年2016年の札幌の桜の開花日は4月25日、満開日は5月1日である

b0103470_5345988.jpg

もし文芸の鑑賞に志しながら、一種の花木と言ふより外に桜を理解出来ない人があるとすれば、その人は甚だお気の毒ですが、まづ文芸の鑑賞には縁のないものとおあきらめなさい。
これは文字の読めないのよりも、稽古する余地のないだけに一層致命的な弱点であります。
その証拠には御覧なさい。
より文字の読める文科大学教授は往々――と言ふよりも寧ろしばしば、より文字の読めない大学生よりも鑑賞上には明めくらであります。

「文芸鑑賞講座」芥川龍之介(1924年)

今年2016年の札幌の桜の開花日は4月25日、満開日は5月1日である。
平年よりも早い桜の到来で、桜の花と大型連休とが見事にマッチすることとなった。
札幌的には最高の花見シーズンである。

にも関わらず、今年は桜を観る機会が少なかった。
桜の季節の天候が悪くて、気温も低かったからである。
寒い日が続いているせいか、桜の花もグズグズと長持ちをしているようだ。

桜はパッと咲いてパッと散るのが桜らしいと、僕は思う。
降ったりやんだりの曖昧な天気の中で、まるで桜の花が生殺しになっているかのようだ。
こんな桜の季節の季節もあるんだなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-06 05:49 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

昨日撮れなかったので、「ブルックスブラザーズ」前の桜を撮ってきた

b0103470_1928255.jpg

隅田川はどんより曇つてゐた。
彼は走つてゐる小蒸汽の窓から向う島の桜を眺めてゐた。
花を盛つた桜は彼の目には一列の襤褸のやうに憂欝だつた。
が、彼はその桜に、――江戸以来の向う島の桜にいつか彼自身を見出してゐた。

「或阿呆の一生」芥川龍之介(1927年)

昨日撮れなかったので、「ブルックスブラザーズ」前の桜を撮ってきた。
今日もそこそこに気温が高かったので、市内のあちこちで、桜の花が咲き始めている。
今週末には、お花見ができるくらいになっているかもしれない。

今の時期、開花の進んでいる桜の樹はまだ少ないから、市民の注目度も高い。
写真を撮っていると、あっという間に人だかりができてしまった。
みんなで撮れば、スナップ写真も怖くないよね(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-04-24 19:49 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

カフェでお気に入りのBGMを見つけたときにはスマホでお持ち帰りします

b0103470_546563.jpg

何かものを考へるのに善いのはカツフエの一番隅の卓子(テエブル)、
それから孤独を感じるのに善いのは人通りの多い往来のまん中、
最後に静かさを味ふのに善いのは開幕中の劇場の廊下、……

「都会で――或は千九百十六年の東京――」芥川龍之介(1917年)

僕の場合、カフェに行って何か考え事をするということは、あまりない。
どちらかと言うと、何も考えたくないときに利用するのがカフェという空間だ。
日頃、考え事ばかりしているような仕事だから、休日くらいは何も考えたくないのかもしれない。

カフェでの楽しみは、BGMの音楽を聴くことである。
コーヒーを飲みながら、ただ、じっと、BGMの音楽に耳を澄ませている。
そして、よほどお気に入りの曲を見つけたときには、それを持ち帰る。

だから、カフェは、僕にとって、新しい音楽との出会いの場所である。

気に入った音楽の持ち帰り方。

たくさん流れている音楽の中で、「いいな」と思う曲を見つけたら、スマートフォンの「Shazam」というアプリを起動して、その音楽の曲名とアーチストを調べる。
「Shazam」で検索できないものは、ここの時点で終了(あきらめる)。
店内が、客の話し声などでうるさい場合には、検索できないことも多い。

見つけた曲を「Apple Music」で聴く。
「Shazam」は、「Apple Music」と連携しているから、「Shazam」の画面から直接「Apple Music」に行くことができる。
「Apple Music」に曲がない場合は、この時点で終了(あきらめる)。

僕の場合、「Apple Music」には「カフェ」というプレイリストを用意している。
「Shazam」で見つけた曲は、そのまま「カフェ」というプレイリストに入れてしまうのだ。
だから、カフェで「いいな」と思ったBGMは、みんな、このプレイリストの中にまとめられていることになる。

「Apple Music」での整理は、いつでもできるから、とりあえず「Shazam」で検索だけしておくことが大切だ。
検索した曲は、「Shazam」に記録されているので、いつでも「Apple Music」に入れることができる。
「Shazam」で検索した曲は、僕の好きな曲ばかりということになる。

そんな生活だから、BGMがつまらないカフェに入ると、失敗したなあと思うのだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-04-10 06:16 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)