タグ:船山馨 ( 5 ) タグの人気記事

女子学生が大学講師に御礼の手紙を書いたところ、自身のメールアドレスを記した返信が届いた

b0103470_1931463.jpg

遅くなって店を出てみると、まだ降り続いている粉雪に風さえ少しまじって、人通りの疎らになった夜の街は、古いフィルムのようにかすれて煙っていた。
仙子はコートの襟を合せながら、ふと、あの男はこの大雪でも、銀行の前に立っているだろうかと思った。

「凍原」船山馨(1955年)

新しいカフェでコーヒーを飲んでいるとき、隣の大学生の会話が聴こえてきた。
カフェと名乗っているけれど、店内はファーストフード店のように小さなテーブル席が並べられている。
両隣の客の会話が、本を読んでいる自分の耳にも、否応なしに飛び込んでくる。

二人の女性は、同じ大学に通っている学生らしい。
ゼミの仲間たちの話やサークル活動の話で盛り上がっている。
どんな話題でだって盛り上がれる年代なのだろう。

話題は、ふと、ゼミの講師の話になった。
ゼミ生の女子学生が講師に御礼の手紙を書いたところ、自身のメールアドレスを記した返信が届いたのだという。
何でも相談してくださいと、講師からの手紙にはしたためられていたらしい。

「どん引きだよねー」と、彼女たちは笑った。
大学講師の心の奥深くに潜む下心に、彼女たちは実に敏感らしかった。
「やっちゃダメだよね、そういうこと」

昔、僕たちは手当たり次第に女の子たちの電話番号を訊ね、自分の電話番号を配って歩いた。
あるいは、そこから何かが始まるかもしれないと、淡い期待と幻想を抱きながら。
もちろん、彼女たちは、そんな時代があったことなんて何も知らない。

やがて、大学講師はすぐに彼女たちの関心から外れ、話題は人気ドラマの筋書きへと移っていった。
大学講師が、本当に下心を抱いていたのかどうか、それは誰にも分からないだろう。
確かなことは、講師のそんな行為を許すことができないという、彼女たちの潔癖な思いだけだ。

時代が変わった今、僕たちも現代風に生きなければいけないらしい。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-11 19:57 | Snap Short Stories | Comments(0)

ホワイト・イルミネーションは、冬の夜の札幌を楽しむのに最高のイベントだと思う

b0103470_725646.jpg

初めて札幌へ出かける人に、どこを見ればいいかと訊ねられた場合、私は必ず植物園とビール園と創成川畔だけは指摘する。
大通公園や中島公園は全国的に知れわたっていて、いまさら指摘の必要がないと思えるからである。
もっとも、その大通公園にしても、内地からの旅行者の殆んどが、三、四丁目あたりだけを眺めて通りすぎてしまうらしいが、本当の大通の姿は西へ入るほど深まってゆく。
三丁目四丁目あたりは、今では人工的になりすぎた。

「札幌の中の札幌」船山馨(1971年)

先日、ホワイト・イルミネーションを観るために、大通公園まで出かけた。
札幌テレビ塔からスタートしたのだけれど、大通公園の広さを改めて実感した。
どこまで行ってもイルミネーション会場が続いているのだ。

札幌テレビ塔は、大通公園の東端である西一丁目の東隅にある。
大通公園は、ここから西に向って整備されている。
突きあたりは、西13丁目の札幌資料館だ。

普通の市民が、大通公園の東端から西端までを歩く機会というのはほとんどない。
ジョギングや犬の散歩をしている人たちくらいのものである。
稀に、季節の写真を撮り歩いている物好きな人間もいたりするが(笑)

今回、イルミネーションは、西一丁目から西八丁目まで用意されている。
それぞれの区画ごとにテーマが設けられて趣向が凝らされているから、飽きるようなことはない。
冬の札幌の夜を楽しむには最高のイベントだと思う。

もちろん、八区画も観て歩けば結構な時間もかかるし、それなりに疲れるし、何より寒い。
合間にカフェタイムなども入れて、のんびりと札幌の夜を楽しむことをお勧めしたい。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-03 07:43 | 冬のこと | Comments(0)

今年の札幌の1月は、どうやら穏やかに過ぎ去ったと言っていいようだ

b0103470_6552717.jpg

翠が送って出て扉を開け、「まあ、ひどい雪ですわ」と弾んだ声をあげた。
羽毛のような、大きなやわらかい雪が、いちめんに真っ白く降っていた。
ふわふわと空に浮いているような静かなゆっくりした降りかたで、しかもたちまちのうちに地に積もる、綿のような雪であった。

「私の絵本」船山馨(1940年)

今年の札幌の1月は、どうやら穏やかに過ぎ去ったと言っていいようだ。
真冬日こそ続いたとは言え、ひどい「ドカ雪」がなかった。
真冬の札幌として、これはある意味奇跡だと思う。

それに、真冬日が続くと言っても、ひどい寒さの日が少ないような気がする。
「水道凍結に注意してください」というテレビのテロップを、ほとんど見ていない。
もっとも、テレビを観ない生活だから、実際にはテロップも流れているのかもしれないが。

太陽の光が射すと、凍結路面も溶けてしまい、乾いたアスファルトが現れる。
中心部では歩道にも雪がないから、普通のスニーカーで歩くことができる。
おかげで、今年の冬は、スニーカーを履いて出かけることが多い。

地元民にはありがたい冬だが、観光客には物足りない冬かもしれない。
JRの運休が少なくなっただけ、幸運な冬だったと考える方がいいだろうけれど。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-31 07:34 | 冬のこと | Comments(0)

船山馨の「北国物語」は、札幌を舞台に繰り広げられる青春物語である

b0103470_1813624.jpg

「きむら」のからの帰り道、衣子と真岐はわざと電車に乗らずに、雪の山になっている大通公園に沿うて歩いていった。
月がますます冴えてきて、地上いちめんの雪は青い虹を敷いたようになって見えていた。
片側街の家々の軒におびただしく吊り下がっている氷柱に、よく見るとひとつひとつ小さな円い月が映っているのだった。

「北国物語」船山馨(1941年)

船山馨の「北国物語」は、札幌を舞台に繰り広げられる青春物語である。
美しいロシア人少女が登場する札幌は、いかにもエキゾチックなムードに包まれている。
昭和初期の札幌が持つ雰囲気が織り成す物語と言っていいかもしれない。

実際、この作品では、当時の札幌の街並みが、随所に描かれていて興味深い。
現在から70年以上も昔の札幌だから、風景が変わっていないはずがない。
それでも、現在の札幌につながる原風景みたいなものは、決して変わらないように思う。

上の引用部分は、真冬の大通公園を二人の若い男女が歩いて帰るシーンである。
大通公園の両脇はビルではなく、まだ普通の民家が並ぶ時代だった。
そして、木造平屋建ての民家の軒先には、びっしりと氷柱がぶら下がっていたことだろう。

二人は「わざと電車に乗らずに」歩いて帰る。
札幌に市電が導入されたのは、開道50年を迎えた大正7年(1918年)のことである。
昭和初期、市電はすっかりと市民の足として定着していたのだろう。

昔の小説を読んでいると、「昔」という時代が、決して突飛な時代ではないことが分かる。
昭和初期であれ、大正時代であれ、そこが札幌であるという事実に変わりはない。
時代が違えども、街の営みはそれほど大きくは変わらないということなのかもしれない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-10 18:36 | 文学 | Comments(0)

街歩きをしていると、撮りたいと思える瞬間って、たくさんあるんだけれどね

b0103470_22595941.jpg

北海道百年だとか、人口百万都市が出現したとか言ってみても、百年などという歳月は知れたものだという思いが、ひとたび札幌を離れると、動かしがたい実感となる。
ここでは、いまもって時間が空間に追いつけないでいる。
伝統もない。
それが北海道の弱点でもあるが、同時に魅力でもあるのだろう。
底は浅いが、自由で陰湿な影がない。

「北海道の風物」船山馨(1969年)

今週は隙間なく忙しい一週間だった。
週末に休みを取ることができたのが、奇跡的に感じるくらいである。
貴重な休日だから、仕事をしているよりもブラブラしている方が、もちろん良いに決まっている(笑)

別に、休みだからと言って、特別な用事があるわけではない。
洋服屋や本屋を覗いては衝動買いをして、喫茶店で一服するくらいのものである。
もっとも、その街歩きそのものが、僕には貴重な楽しみとなっている。

ただ、気持ちに余裕がないからか、カメラを持って、街をふらつく時間は、随分減ってしまった。
もう少し仕事が落ち着かないと、写真に集中することは難しいかもしれない。
街歩きをしていると、撮りたいと思える瞬間って、たくさんあるんだけれどね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-09-05 23:36 | 写真・カメラ | Comments(0)