タグ:村上春樹 ( 77 ) タグの人気記事

「No Book No Life 」、本があってこその人生だ

b0103470_6402461.jpg

「No Music No Life」という言葉があるように、人生には欠かせないものというのが、人には何かしらある。
「酒」や「釣り」などは、その代表格みたいなものだ。
「酒を飲めないなんて、人生の楽しみを半分なくしているようなものだ」とか、「釣りをしないことは、人生の半分を死んでいるようなものである」といった格言は、酒や釣りに対する人間の愛情の深さを表現している。

もちろん、酒や釣りに限らず、その対象物は人それぞれによって違う。
ある人は、クラシック音楽やオペラ音楽をなくして生きることはできないかもしれないし、ある人にとっては、競馬やパチンコなどのギャンブルがなければ、人生ではないと言うかもしれない。

僕にも、そんな人生の楽しみがいくつかある。
その中でも、特に、これなくして人生ではないと言えるものは、やはり「読書」である。
雑誌であれ、文庫本であれ、何かしらの本がなければ、僕はきちんと生きていくことができないのではないだろうか。
まさしく、「No Book No Life」、本があってこその人生である。

若い頃は小説ばかり貪るように読んでいたけれど、最近は、エッセイやコラムなどを中心に読むことが多い。
雑誌には、短いコラムが付きものなので、特集記事よりもこうしたコラムの方が楽しみな場合もある。
もちろん、部屋には常に未読の本を何冊かストックしておかないと、何となく落ち着かない気持ちになる。

僕の場合、自分より年上の人の作品ばかりを好んで読む、という特徴がある。
知らない作家の場合、まずは著者の略歴を確認して、自分より年上の人であれば安心して読むことができるのだ。
人生の先輩から何かを得たいという気持ちが強いのかもしれない。

これは、別に若い人が嫌いだとか先入観だとかによるものではない。
自分自身の経験則で、年上の人たちの作品に、より面白いと感じることができるものが多かったのだ。
若い作家の作品を読まないこともないが、強い感銘を受けることは少ないような気がする。

そういう意味では、村上春樹の「ノルウェイの森」に登場する永沢さんの気持ちがよく理解できる。

彼は僕なんかはるかに及ばないくらいの読書家だったが、死後三十年を経ていない作家の本は原則として手にとろうとはしなかった。
そういう本しか俺は信用しない、と彼は言った。
「現代文学を信用しないというわけじゃないよ。ただ俺は時の洗礼を受けてないものを読んで貴重な時間を無駄に費したくないんだ。人生は短い」
(中略)
「他人と同じものを読んでいれば他人と同じ考え方しかできなくなる。そんなものは田舎者、俗物の世界だ。まともな人間はそんな恥ずかしいことはしない。なあ知ってるか、ワタナベ? この寮で少しでもまともなのは俺とお前だけだぞ。あとはみんな紙屑みたいなもんだ」

僕はこの小説を20代前半の頃に読んだけれども、読書に対する一つの考え方のようなものを学んだ。
もちろん、死後30年を経ていない作家の本を読まないということではない。
他人と同じものばかり読んでいては、他人と同じ考え方になってしまうという理屈は、ある意味、正論だと思ったのだ。

永沢さんの言うとおり「人生は短い」。
つまらない本を読んだときくらいに悔しいことはないし、素晴らしい文章に出会えたときの喜びは、何物にも代えがたいものだ。
貴重な人生、もっともっと素晴らしい本に巡り合うことができたらいいな。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-06-22 07:17 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

「グレート・ギャツビー」は、30才になるまでに、一度は読んでおきたい小説だ

b0103470_18564961.jpg

「グレート・ギャツビー」は、30才になるまでに、一度は読んでおきたい小説だ。
なぜなら、男が大人になるまでに、何が必要であって、何が必要ではないのか、そういったことを、この物語は実によく考えさせてくれるからだ。

ここで大切なことは、この物語は、お節介な説教めいた教訓を読者に押し付けるのではなく、あくまでも、「大切な何か」について、僕たちに考えさせてくれる、ということだ。
自ら思考し、悩み、壁にぶつかり、その壁を乗り越えようとする忍耐と自尊心のようなものがあってこそ、男はおとなになったと言えるのかもしれない。

物語の最後で、語り手であるニックは、別れた恋人とこんな会話を交わしている。

「そうだ、あんた覚えてる?」
彼女はつけ加えて言った。
「あたしたちがいつか車の運転のことで話したこと」
「さあ-正確には覚えてないな」
「あんた、へたな運転手は、もう一人へたな運転手と出会うまでしか安全でないって、言ったでしょ。あたしは、もう一人のへたな運転手に出会ったのよね。つまり、あんたの見当はずれの推測をしたのは、あたしの不注意でしたってこと。あたしはね、あんたのことを正直で率直な人だと思ったんだ。それがあんたのひそかな誇りなんだと思ったの」
「ぼくは三十ですよ」と、ぼくは言った。
「自分に嘘をついて、それを名誉と称するには、五つほど年をとりすぎましたよ」

「華麗なるギャツビー」スコット・フィッツジェラルド(1925年)野埼孝・訳

20代から30代へと年を取る、その過程の中で、男は青春の最後の輝きを感じる瞬間がある。
ニックもギャツビーも、その瞬間を、それぞれの価値観の中で通り過ぎ、あの切ない大人へと成長していったのだ。
彼らの生き様が、男たち一人一人の哲学によって、人生に多様なドラマを生み出していることは言うまでもない。

「ギャツビー」というと、華麗なる部分のみが着目を浴びがちだが、実際のギャツビーは決して華やかなだけの人生ではない。
むしろ、華やかなるざる人生の中で、華麗なる一面のみが物語のタイトルとして与えられたにすぎない。
ニックの冷静で、しかし、人間味に溢れた観察眼は、誰にも理解されることのなかったギャツビーの心の渇きさえをも丁寧に汲み取ろうと努力している。

ぜひ、「華麗なるギャツビー」は、30才になる前に読んでいただきたい。
そして、30才になってから、もう一度読み返してみてほしい。
男にとって30才という年齢がどのようなものなのか、それを、この小説から感じ取ることができるかもしれない。

ところで、村上春樹がこの小説をとても愛していることは有名な話で、近年になって、翻訳も果たしている。
「ノルウェイの森」を読んで感動した人間にとっては、村上春樹訳を読みたいところだが、僕は、古くもなじみ深い野崎孝の訳による一読をお勧めしたい。
切ないくらいの優しさが、そこからはにじみ出ていることだろう。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-06-17 19:42 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

そして、僕の夏はいつだって「風の歌を聴け」から始まった

b0103470_214125.jpg

夏について何かを語る時、僕は、まず、村上春樹の小説について語らなければならない。
それは、僕が夏について語るときの、一つの暗黙のルールみたいなものだ。
始まりは、ビーチでもなければビアガーデンでもない、村上春樹の小説だ。

一夏中かけて、僕と鼠はまるで何かに取り憑かれたように25メートル・プール一杯分ばかりのビールを飲み干し、「ジェイズ・バー」の床いっぱいに5センチの厚さにピーナツの殻をまきちらした。
そしてそれは、そうでもしなければ生き残れないくらい退屈な夏であった。

「風の歌を聴け」村上春樹(1979年)

これは、1970年の夏の一瞬を描いた小説である。
ドラマチックなストーリー展開もなければ、胸踊るラブロマンスもない。
あるのは、ただ、気だるい夏を生きる、控えめでささやかな青春群像だけだ。

開け放した窓からはほんのわずかに海が見える。
小さな波が上がったばかりの太陽をキラキラと反射させ、眼をこらすと何隻かのうす汚れた貨物船がうんざりしたように浮かんでいるのが見えた。
暑い一日になりそうだった。
周りの家並みはまだ静かに眠り、聴こえるものといえば時折の電車のレールのきしみと、微かなラジオ体操のメロディーといったところだ。

「風の歌を聴け」村上春樹(1979年)

写真にも言えることだけれど、当たり障りのない文章というのは、意外と貴重なものだ。
そして、当たり障りのない日常風景の中にこそ、僕たちの記憶に強く残るだろう、風景が時に隠されている。
それをきちんと発見し、記録し、誰かに伝えていくことこそが、写真家なり小説家の役割なのだろう。

小説の随所に登場する、この当たり障りない風景が、僕はとても好きだ。

ひどく暑い夜だった。
半熟卵ができるほどの暑さだ。
僕は「ジェイズ・バー」の重い扉をいつものように背中で押し開けてから、エア・コンのひんやりとした空気を吸いこんだ。
店の中には煙草とウイスキーとフライド・ポテトと脇の下と下水の匂いが、バウムクーヘンのようにきちんと重なりあって淀んでいる。

「風の歌を聴け」村上春樹(1979年)

小説はどこまでも真夏のままで進行していく。
なにしろ、この小説は、8月8日に始まり、18日後の8月26日に終わる。
真夏の小説なのだ。

けれども、今日、僕は、この小説の終わりまでを語ろうとは思わない。
2013年の夏は、これから始まろうとしているところだし、古い小説については、いつだって語ることができる。
僕が語るべき夏の話は、まだまだたくさんあるのだ。

そういうわけで、僕にとっての2013年の夏が、今、始まった。
今はまだ6月だし、北国の6月は決して暑い季節ではない。
東京だって、きっと、夏にはまだ早すぎるのだ。

けれど、僕は少しでも早く夏について語りたいし、語るべきだと思う。
時間との戦い。
それほどまでに、北国の夏は短く、あっという間に過ぎ去っていくのだ。

別に背伸びするつもりはないし、特別のことを書こうとしているわけでもない。
いつもの年の、いつもの夏と同じように、僕はただ、夏について語り続けていたいだけだ。
そして、僕の夏はいつだって「風の歌を聴け」から始まった。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-06-13 21:36 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

僕の撮る写真のほとんどは、「使いみちのない風景」なんだろうな

b0103470_21565456.jpg

寝室の書棚をぼんやりと眺めていたら、見覚えのないタイトルの文庫本を見つけた。
「使いみちのない風景」村上春樹・文、稲越功一・写真と書いてある。
奥付を見ると、1998年発行とあった。

おかしな話だけれど、全然読んだ記憶がないのだ。
村上春樹のエッセイは好きだったから、ずいぶんいろいろと読んだことは確かである。
小説よりもエッセイの方が好きだと言っても、嘘にはならないだろう。

もちろん、エッセイの中にも、おもしろいものがあるのと同じように、つまらないものもあった。
だけど、読んだことを覚えていない本というのは、そんなには多くないような気がする。
つまり、この文庫本は、僕にとっても数少ない「記憶に残らなかった村上春樹」なのではないか。

そこから何かの物語が始まるかもしれないと僕は思う。
アリクイの夫婦の姿から、あるいはギリシャの若い水兵の目から。
でも、何も始まらない。
そこにあるのはただの風景の断片なのだ。
それはどこにも結びついていない。
それは何も語りかけない。
僕はそういう風景を「使いみちのない風景」と名付けている。
昔そんな題のアントニオ・カルロス・ジョビンの曲があった。
原題は「Useless Landscape」といったと思う。
歌詞の内容までは知らない。
でもそのタイトルの語感は僕を奇妙にひきつけた。
「使いみちのない風景」、なんて素敵なタイトルだろうと僕は思った。
僕らの中に残っている幾つかの風景、いくつかの鮮烈な風景。
でもそれらの風景の使いみちを僕らは知らない。

「使いみちのない風景」村上春樹(1998年)

考えてみれば、僕の撮る写真のほとんどは、「使いみちのない風景」なんだろうと思う。
どこにも行かないし、何も始まらない。
ただ、きっと自分の記憶に残るだろう、一瞬の鮮烈な風景を、無意識のうちに撮り続けているだけだ。

そう考えると、僕は自分の写真が、とても切ないものであるかのような気がしてくる。
だって、それらの写真からは何も始まらないし、どこへ行き着くこともないのだから。
写真は、ただ、「使いみちのない風景」として、僕の中にとどまり続けていくだけだ。

もちろん、だからといって、僕は写真を撮るという自分の行為を止めたりはしないに違いない。
たとえ「使いみちのない風景」であっても、それは、僕にとってとても大切な風景であり、鮮烈な記憶には違いないからだ。
何も始まらなくても、何も語りかけてこなくても、それらの風景は、僕の中でずっと生き続けてくれる。

「日常的な普通の風景を写真として撮る行為」というのは、きっとそういうことなのだろうと、僕は思う。
結局のところ、何かを始める必要も、どこかへ辿りつく必要も、最初からないのだ。
そういう写真の本当の「使いみち」というのは、誰だって自分自身だけが知っていれば、それでいいということなのだろう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-06-08 22:30 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

ビール的な感覚に溢れた小説はないだろうか

b0103470_22193784.jpg

1980年2月発行の「ポパイ」を読んでいたら、村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」が紹介されていた。
今やノーベル文学賞の筆頭候補とも言われる村上春樹が、まだ無名だった時代のことだ。
ウイスキーのイメージを借りて讃えられる小説というのはあるけれど、ビール的な感覚に溢れた小説はないだろうか、というのが、記事の趣旨だった。

「グリーニッシュ・イエローのビールを思わせるその軽快な文体」と表現されている、この小説は、「新鮮なビールの感覚」であり、「クリーンでマイルドな良質のビールの味わいがある」のだそうだ。
なんだか分かるようで分からない文章だ。

今でこそ重鎮の村上春樹だが、デビュー当時は、読み手側の方が村上春樹の登場をどのように受け止めていいのか、測りかねているような雰囲気だった。
それほどまでに、既存の日本文学という枠の中で説明することが難しかったのだろう。
結局、解説する方も、よく分からない表現でお茶を濁すしかなかっのかもしれない。

ただ、こうしてシティボーイのための雑誌「ポパイ」で紹介されているあたり、「風の歌を聴け」が、若者の感覚に響く、オシャレな小説であるという認識は、既にあったはずだ。
わざわざ「25メートル・プール一杯分ばかりのビール」などという引用を持ってきているのは、村上春樹独特のレトリックが評価されているということでもある。

ところで、この「ポパイ」、2月号なのに、特集は「気分はもう夏」。
冬も2月になると、夏が恋しくなるのは、いつの時代も同じようなものらしい。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-03-13 22:37 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

生まれて初めて、僕は目に見えない何かに対して強く祈ろう

b0103470_22482646.jpg

「願掛け」という言葉がある。
目に見えない何か偉大なものに対して強く祈るという風習は、「お百度参り」や「千人針」「雨乞い」など、日本では古くから庶民の間で継承されてきた。

強く念じることによって願いが成就すると信じていた庶民の気持ちには、切羽詰った悲壮感さえ感じられることが多い。
多くの伝統的な風習が廃れた現代社会だが、目に見えない何かに対して強く祈るという気持ちは、今も多くの日本人が持っているのではないだろうか。

村上春樹の古いエッセイに、大学受験のときの願掛けに対するエピソードがあった。
村上春樹の大学受験を祈願して、母親が破魔矢を買ってきてくれるのだが、神頼みを信じない村上春樹は、それを折ってしまうという話だったように記憶している。
(内容を確認していないので確かではないが)

これを読んだとき、願掛けを一切気にしたことのない自分自身の話のように感じたものだった。
けれど、今、僕は何かに対して強く祈るという気持ちを、少し理解できるような気がしている。
それは、自分自身の欲望のために祈るということではなく、「誰か他の大切な人のために祈る」という気持ちのことだ。

考えてみると、日本の伝統的な願掛けの多くは、誰か大切な人の無事を祈るために行われてきたものではなかったか。
そう考えると、僕は、目に見えない偉大な何かに対して強く祈るという、非科学的な「願掛け」の意味が、少しは理解できるような気がする。

なぜなら、今、僕は大切な誰かのために強く祈りたいと思っているからだ。
そのために、僕は、何か自分の好きなものを断っても構わないとさえ考えている。
根拠も理屈もない非科学的な話だと思うけれど、せめて、そうすることでしか、僕は自分自身の気持ちを納得させることができないように思える。

だから、せめて一年間だけでいいから、僕は強く祈ろうと思う。
おそらく生まれて初めて、目に見えない何かに対して強く祈ろう。
強く祈ることで新しい道が開かれるのであれば、僕は何だって断つことができるような気がする。

大切な人のことを思うって、きっと、そういうことなんだろうな。
これが自分のためだったら、こんなにも強く祈ったりはできないはずだもの。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-01-28 23:04 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

反省と教訓の意味も込めて、僕は1980年代の世界に浸ってみよう

b0103470_20314757.jpg

村上春樹に「'THE SCRAP'―懐かしの1980年代」という本があった。
タイトルでも分かるとおり、1980年代について書かれたエッセイ集である。
Amazonの紹介文には、次のようにある。

アメリカの新聞雑誌から選んだ、おいしい話題がいっぱい。
「近過去トリップ」を楽しむうち、ふとノスタルジックな気分になるから不思議だ。
軽妙酒脱な"話の屑籠"

もっとも、この本が出版されたのは、1987年のこと。
つまりは、1980年代に書かれた、1980年代についてのエッセイなのだ。

「懐かしの1980年代」というタイトルが良かったこともあり、僕はこの本が大好きだった。
ただ、エッセイのネタが洋雑誌であり、外国の話題が中心になっていたことが、個人的には少々物足りなかったような気がする。
もう少し日本の社会風俗が描かれていると、より楽しかったと思うのだけれど。

ということで、本書をリスペクトする僕としては、本書をサンプリングしながらオマージュしてみる必要があるのではないだろうか。
日本語でいえば「パクり企画」みたいなものだけれど、1980年代の日本の雑誌から気になる記事を拾ってきて、当時がどんな時代だったのかを振り返ってみよう、ということだ。

しかし、これは決してただの懐古趣味によるものではない。
2010年代の現在を理解するためには、その原点とも言うべき1980年代を振り返ることが、ぜひとも必要なのではないかと考えているからだ。

ご存知のとおり、現在の日本の経済的低迷はバブル経済の破綻から始まっているが、そのバブル景気が始まったのは、1985年のプラザ合意を契機としていると言われている。

つまり、「1980年代半ばに端を発した好景気が極めて大きな山を描いた反動が、今もって、極めて大きな谷を描き続けている」ということができるわけで、こうした歴史の流れは、決して分断されているのではなく、「一つの大きな波」であると表現することができる。

というような無理な理屈はともかくとして、まだ楽しかった頃の日本を振り返ることで、何か活路を見出せるのではないかという気もする。

反省と教訓の意味も込めて、僕は1980年代の世界に浸ってみよう。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-01-24 20:55 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

クリスマスにはヘンリー・マンシーニのレコードをプレゼントした

b0103470_2234434.jpg

冬のあいだ僕は新宿の小さなレコード店でアルバイトをした。
クリスマスには彼女の好きな「ディア・ハート」の入ったヘンリー・マンシーニのレコードをプレゼントした。
僕が包装し、ピンクのリボンをかけた。
もみの木の絵柄のクリスマス用の包装紙だった。
彼女は僕に毛糸の手袋を編んでくれた。
親指の部分が少し短すぎたが、暖かいことに変わりはなかった。

「蛍」村上春樹(1984年)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-12-17 22:25 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

トルーマン・カポーティの「あるクリスマス」

b0103470_20273343.jpg

何かクリスマスらしい本を読もうと思って、トルーマン・カポーティの「あるクリスマス」(村上春樹訳)を買ってきた。
かつて読んだことがあるけれど、久しぶりに読み返してみようと思ったのだ。
部屋に戻って、なにげなく書棚を見たら、一番前列に「あるクリスマス」が並んでいるのを見て、がっかりした。

同じ本の二度買い、三度買いは、全然珍しいことではない。
図書館でも本を借りているから、どの本を持っていて、どの本を持っていないのか、実は、自分でもよく分かっていないのだ。

父はすでにクリスマス・ツリーを買っていた。
そして僕らは時間をかけて安物雑貨店でツリー用の飾りつけを選んだ。
そこで僕は失敗をやらかした。
僕は母の写真をツリーの下に置いたのだ。
父はそれを目にするや顔面蒼白になり、ぶるぶると震えはじめた。

「あるクリスマス」トルーマン・カポーティ/村上春樹:訳(1982年)

物語の舞台は1930年代のアメリカ。
いわゆる不況の時代だった。

でも、「安物雑貨店で買ったツリー用の飾りつけ」も、今となっては貴重なビンテージ品だろうな。
物語を読んでいても、そんなことばかり考えているんだから(笑)

ほしいなあ、1930年代のアメリカの安物雑貨店で売っていたクリスマス・オーナメント。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-12-06 20:55 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

「ダンス・ダンス・ダンス」と1980年代ロック

b0103470_23163928.jpg

村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」を読んでいることもあって、1980年代の古いロックミュージックばかり聴いている。
マイケル・ジャクソンやデュラン・デュランやヒューイ・ルイス&ザ・ニュースやケニー・ロギンスやフィル・コリンズやデッド・オア・アライヴやジャーニーやヨーロッパやTOTOやシンディ・ローパー。
あまり好きな時代ではなく、あまり好きな音楽ではなかったけれど、そればかり聴いていることで、「見えてくるもの」というものがある。
どれだけ大量消費の音楽であったとしても、流行曲というものは、何かしら得るべきものを抱えているのかもしれない。

僕は猫の死骸をスーパーマーケットの紙袋に入れて車の後部席に置き、近くの金物屋でシャベルを買った。
そして実に久しぶりにラジオのスイッチを入れ、ロック・ミュージックを聴きながら西に向かった。
大抵はつまらない音楽だった。
フリートウッド・マック、アバ、メリサ・マンチェスター、ビージーズ、KCアンド・ザ・サンシャインバンド、ドナ・サマー、イーグルズ、ボストン、コモドアズ、ジョン・デンヴァー、シカゴ、ケニー・ロギンズ・・・
そんな音楽が泡のように浮かんでは消えていった。
くだらない、と僕は思った。
ティーン・エイジャーから小銭を巻き上げるためのゴミのような大量消費音楽。
でもそれからふと哀しい気持ちになった。
時代が変わったのだ。それだけのことなのだ。

「ダンス・ダンス・ダンス」村上春樹(1985年)

そんなわけで、今、僕の部屋には、デッド・オア・アライヴ の「ユー・スピン・ミー・ラウンド」が大音量で流れている。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-11-24 23:34 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)