タグ:札幌駅 ( 21 ) タグの人気記事

随分昔のことだが、深夜の遠軽駅を訪れたことがある

b0103470_7292110.jpg

雪の国の停車場は人の心を何か暗くする。
中央にはストーヴがある。
それには木の柵がまわされている。
それを朝から来ていて、終列車の出る頃まで、赤い帽子をかぶった駅員が何度追ツ払おうが、又すぐしがみついてくる「浮浪者」の群れがある。

雪が足駄の歯の下で、ギユンギユンなり、硝子が花模様に凍てつき、鉄物が指に吸いつくとき、彼等は真黒になつたメリヤスに半纏一枚しか着ていない。
そして彼等の足は、あのチヤツプリンの足なのだ。
――北海道の俊寛は海岸に一日中立つて、内地へ行く船を呼んでいることは出来ない。
寒いのだ!

「北海道の「俊寛」」小林多喜二(1929年)

随分昔のことだが、深夜の遠軽駅を訪れたことがある。
氷点下20℃にもなろうかというほど寒い真冬の夜だった。
僕は札幌に帰る一人の女の子を夜行列車に乗せるために、この駅まで送り届けに来たのだ。

深夜の駅は静かだった。
待合室の真ん中にストーブがあって、やかんのお湯がシャンシャンと沸騰している。
どれだけストーブを焚いたところで、待合室が暖かくなるような夜ではなかった。

ストーブの周りには、4、5人の待合客がいた。
客はどれも中高年の男たちばかりで、みんな身体を崩して眠っていた。
ベンチの上に寝転がっている者もいた。

僕と彼女は切符を購入した後、ストーブから少し離れたベンチに座った。
なんて寒い夜なんだろうと思った。
どれだけ身体をくっつけあっても、二人はいつまでも寒いままだった。

正直に言って、真冬の深夜の駅が、これほどまでに寂しいということを、僕は知らなかった。
ストーブの周りで倒れている男たちを眺めながら、僕は小林多喜二の古い文章を思い出していた。
昭和初期の駅の空想が、頭の中から離れなかった。

「帰りたくない」と、彼女は言った。
あまりにも寂しすぎる別れだと、彼女も感じていたのだ。
列車が到着するまで、まだ時間はたっぷりとあった。

誰も何も言わなかった。
ストーブの上のやかんだけが、シャンシャンと鳴っていた。
部屋はいつまで経っても暖まらなかった。

僕は買ったばかりの切符を持って窓口に行った。
「払い戻しをお願いします」
駅員は何も言わずに、無表情のまま、キャンセル料を差し引いて金を返してよこした。

駅を出ると、夜はいよいよ寒さを増していた。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-18 07:49 | Snap Short Stories | Comments(0)

悪くないものだ。何の予定もない三連休というやつも。

b0103470_22141247.jpg

「そのとおり」と私は言った。
「私はしゃべりすぎる。孤独な人間はいつもしゃべりすぎる。しゃべりすぎるか全然しゃべらないか、どちらかだ」

「リトル・シスター」レイモンド・チャンドラー/村上春樹・訳(1949年)

世の中的に三連休の始まりを告げる土曜日だ。
夏の、上機嫌な気候の、三連休の始まり。
どおりで札幌の街にも、自動車や買い物客の姿が少ないはずだ。

もちろん、三連休だからといって、特別に予定のない者にとっては、いつもの土曜日と何も変わりはない。
つまり、僕だ。

スターバックスコーヒー、バリスタートコーヒー、プランテーション。
カフェまで出かけて本を読み、本を読むために、またカフェまで出かける。
それだけで、一日は十分に忙しいし、十分に充実した気持ちになる。

悪くないものだ。何の予定もない三連休というやつも。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-16 22:21 | 日記 | Comments(0)

石川啄木の札幌生活は、既に肌寒い札幌の秋の夜の雨から始まった

b0103470_5115414.jpg

わが宿の姉と妹(いもと)のいさかひに
初夜(しよや)過ぎゆきし
札幌の雨

「一握の砂」石川啄木(1910年)

石川啄木が札幌に到着したのは、明治40年9月14日の土曜日の午後のことである。

この日の日記には、次のようにある。

夕刻より酒を初め豚汁をつつく。
快談夜にいり十一時松岡君と一中学生との室へ合宿す。

「丁未日誌」石川啄木(1907年)

下宿屋の姉妹の喧嘩の話は、記録には残されていない。
女学校に通う女の子たちだから、仲が良ければ口げんかくらいはあったに違いない。
若い女の子たちと同居することに、あるいは、啄木の強い関心が向けられたのか。

気象庁の古い記録によると、この日の札幌では、深夜から未明にかけて雨が降っている。
傘を必要としないくらいの弱い雨だったらしい。
既に肌寒い札幌の秋の夜の雨から、啄木の札幌生活は始まった。

ところで、札幌には啄木の文学碑がいくつかあるが、この作品が刻まれた碑は、まだない。
下宿屋を詠ったものは、この歌だけだから、下宿屋跡あたりに、この歌を刻んだ文学碑があってもよいと思うのだけれど。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-07 05:47 | 文学 | Comments(0)

今の僕に残された冬支度と言えば、自動車のタイヤを交換することくらいだ

b0103470_22383244.jpg

やがて来る冬の支度に、冬の間、雪に降り込められている間中に焚く薪を買い込むときが来た。
どこの家でも薪を買う。
安い、しかも質の良い薪を買うには、朝早く、まだ夜の明けない中に、大通りの外れに毎朝開かれる朝の市へ出かけて行かなくてはならぬ。

「私の青春物語」宇野千代(1947年)

時代が変わったなあと思うのは、冬の準備の少なくなったことである。
かつて、北海道で冬を迎えるということは、想像を絶するくらいに重大なことであった。
文字どおり命を賭けて、人々は冬を乗り越える準備をしたものだ。

僕の記憶にある北海道は、もちろん既に、そんな開拓時代ではなかった。
それでも、山峡の炭鉱街で暮らす祖父母の暮らしの中には、古い時代の名残が、まだいくらかは残っていたらしい。
祖父母の暮らしは、冬の北海道と真剣に戦っているように思えた。

木造の粗末な小屋で暮らしていた僕の祖父は、冬が近くなると、家中の窓にビニールのシートを貼った。
隙間風を防ぐと同時に、積雪で窓ガラスが割れるのを防いでいたのだ。
透明とは言え、ビニールで包まれた祖父の家は、昼間でも薄暗くなったような気がした。

同時に祖父は、石炭ストーブに煙突を付けた。
その頃はどこの家も石炭ストーブで、冬以外の季節には、煙突は外して片付けておいた。
冬の来る前に煙突を付けるのが、ひとつの風物詩だったのだ。

家の前には石炭庫があって、秋の終わりにはひと冬分の石炭が届けられた。

祖母は、たくさんの野菜を買い込んできて、漬物を付けた。
冬の北海道では、どうしても野菜が不足するから、どこの家でも野菜を漬物にして冬をしのいでいた。
漬物とは店で買うものではなく、我が家で漬けるものだったのだろう。

冬は買い物が容易ではなくなるから、買いだめできるものは買いだめするようにしていた。
夏の間、物置の奥に仕舞われていた除雪道具が、家の前に並んだ。
雪かき用のスコップが出てくると、雪はもうすぐそこだった。

今の僕に残された冬支度と言えば、自動車のタイヤを交換することくらいだ。
石炭庫も隙間風の入る窓も漬物樽も、僕の家にはない。
僕はただ、雪が降る前にタイヤを交換しなければならないのだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-11-14 23:13 | 冬のこと | Comments(2)

当時、1980年には新幹線の札幌乗り入れが実現すると、みんな信じていたのだろうか

b0103470_547412.jpg

札幌駅は明治13年、札幌~手宮間の鉄道開通とともに開業し、今年は95周年になる。
新橋~横浜間(明治5年)、京都~神戸間(明治7年)についで、日本では3番目の鉄道であった。
その当時、札幌の人口は8千に過ぎなかった。

新幹線の乗り入れが昭和54、55年頃までに実現すると見られるが、これに対処して、いま「札幌ターミナルビル」の建設と、駅前地下街の拡張などが計画されていることは、まことに喜ばしいことと思う。
札幌駅開設100周年に当たる昭和55年には、駅周辺は大きく変容していることだろう。

「さっぽろ昨今」西條正人(1976年)

上の文章が書かれたのは、1976年のことである。
当時、1980年には、新幹線の札幌乗り入れが実現すると、みんな信じていたのだろうか。
まさか、2015年になっても、札幌までの新幹線開通が実現していないなんて、夢にも思っていなかったことだろう。

ちなみに、札幌に「そごう」が進出したのは1978年。
札幌駅周辺の大変容を象徴する出店だったのかもしれない。
将来に夢を持つことができる素敵な時代だったのだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-10-24 05:58 | 札幌のこと | Comments(2)

今年も札幌駅のJRタワーがピンク色に輝いている

b0103470_21192172.jpg

今年も札幌駅のJRタワーがピンク色に輝いている。
ピンクリボン・キャンペーンが始まっているのだ。
ピンク色の札幌駅は、10月の風物詩としてすっかりと定着したらしい。

JRタワーがピンク色になる演出が始まったのは2007年のこと。
この年は、10月12日までの期間限定キャンペーンだった。
現在は、10月いっぱい、JRタワーはピンク色に染まっている様子を見ることができる。

ちなみに、2007年のレポート記事はこちら。
http://poros.exblog.jp/7540751/

ところで、このブログ、当時は、札幌市内の歴史的建造物の紹介がメインになっていた。
なんだかんだ、このブログも長いなあ(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-10-13 21:33 | 秋のこと | Comments(2)

北海道新幹線の札幌駅ホームの設置場所が話題になっている

b0103470_22302489.jpg

札幌市電のループ化工事が、いよいよ本格化しているらしい。
「西4丁目」と「すすきの」の停留所が、工事のために一時移転しているのだ。
こういう光景は、街の転換期に立ち会っているみたいで、何だかうれしい(笑)

一方、最近の地元新聞を賑わせているのが、札幌駅の新幹線ホーム案である。

当初計画では、現在の駅のホームを活用する予定だった。
それが、ここに来て、現在地より西側300メートルに設置する案が、有力になってきた。
地下鉄など他の交通機関との接続を考えると、利便性は悪くなる。

そういう問題が、何の根回しもなく出てきたので、話がややこしくなっているらしい。
留萌線の廃止といい、最近のJR北海道は、隠し玉を次々に打ち出してきている。
ある意味、勝負に出てきていると言うのか(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-07-07 22:43 | 札幌のこと | Comments(2)

春節と札幌駅のアイヌ像

b0103470_6255533.jpg

さっぽろ雪まつりが終わって、札幌の街も静かになるのかなと思っていたら、全然そんなことはありませんでした。
これが観光のオフシーズンなの?と思うくらいに人が多いです。
中国の旧正月「春節」で、たくさんの旅行者が北海道にもやってきているのだとか。

デパートや量販店などは、もう春節特需という感じで、すごい盛り上がりです。
セレクトショップのレジに並んでいたら、「ハロー」と声がして、台湾の女の子が店員にシャツのサイズを訊ねています。
人気ブランドの商品なんか、あっという間になくなってしまいそう(笑)。

スタバに行っても、旅行者がすごく多いような気がします。
みんな、桜シリーズのグッズを買って、テンション高くなっているみたい。
桜だから、やっぱり日本限定品なのかな。

札幌駅を歩いても、大きな荷物を持った旅行者が溢れています。
列車待ちなのか待ち合わせなのか、あちこちに少人数のグループの姿が目に付きます。
こういう風景って、旅の情緒が凄く感じられて楽しい(笑)

西コンコースのアイヌ像の前にも人が集まってきます。
札幌駅って意外とモニュメントが多くて、待ち合わせ場所にも便利なんですよね。
アイヌの長老(アイヌ語でエカシ)の像って、存在感あります、やっぱり。

僕は人混みが好きなので、休日になると、こういうところばかり散策して旅行気分を楽しんでいます☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-02-22 07:04 | 冬のこと | Comments(0)

久しぶりに仕事以外で札幌を離れて、好きなだけ写真を撮り歩く予定だ

b0103470_19224728.jpg

夏休みが近いせいなのか、いろいろと飲み会が続いた。
お盆休みを前にして、仕事に一段落付けるところが多いのかもしれない。
普段はなかなか会えないような仲間からも声がかかって、随分といろいろな店を覗いた。

ブログなんかやっていると、おもしろい店に行くと、思わず写真を撮って記事にしたくなる。
世界への発信というよりは自分の覚え書ということだが、ブログの記録は意外と役に立つことが多い。
僕の場合は、半分以上は自分のための日記みたいなものである。

もっとも、仕事で関わったようなものについては、どうにも記事を書くことができない。
出張とか仕事仲間の集まりとか業界の飲み会とか。
オンとオフとの区別を付けたいということなのか、その手の話でブログを書くことはほとんどない。

部屋に戻ってきたときくらい、仕事のことを忘れていたいことは確かだ。
わざわざ出張や仕事の飲み会のことを記事にして、仕事のことを思い出す必要もないし。
考えてみると、仕事をしているときと部屋に戻ってきているときとでは、全然に違う自分がいるのかもしれない。

さて、明日からいよいよ夏休み。
久しぶりに仕事以外で札幌を離れて、好きなだけ写真を撮り歩く予定だ。
ビジネスのことなんかすっかりと忘れて遊ぶことができたらいいのだけれど。

オンとオフとの使い分けが下手なのは、僕自身も例外ではないんだよね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-08-12 19:26 | 日記 | Comments(2)

みんな、夏のバーゲンセールを待っていたのだ

b0103470_21553912.jpg

夏のクリアランスセールの季節である。
いつもの街は、いつもの週末以上の賑わいぶりを見せている。
みんな、夏のバーゲンセールを待っていたのだ。

なにしろ、毎週末のように街へ出てはブラブラする日常である。
街の息遣いを感じるかのように、その賑わいや静けさを、僕の体は敏感に感じ取っている。
街はやっぱり生き物なのだと、いつでも僕は思う。

もっとも、夏のセールが始まったからといって、特別に買い物があるわけではない。
僕の場合、季節の始まる前には、必要なものを一通り揃えるようにしているからだ。
何が怖いといって、色やサイズがなくなってしまうことが一番怖い。

だから、セールのときは、のんびりと掘り出し物を探して歩く。
気に入ったデザインの、気に入ったカラーの、ちょうど良いサイズの掘り出し物。
そして、そんなものは、ほとんどないと思った方が良い。

最初からあきらめていると、バーゲンセールもストレスにならない。
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり。
というわけでもないけれど、欲がないと意外と掘り出し物が見つかるものである。

一日札幌ステラプレイスを歩き回って、いくつかの買い物をした。

10年間洗いざらしたように褪せた色合いの半袖ポロシャツ。
ずっと欲しかった濃紺色のリネン七分袖シャツ。
デッキシューズを街スタイルに変化させたデッキローファーのモカ。
夏の旅行用に探していた小さなボストンバッグは、麻綿の白いやつ。

いずれも半額セールの中から見つけたので、金額的にはかなりお買い得感があった。
セールでの買い物に慣れてしまったら、定価での買い物なんてバカバカしくてできないだろう。
まあ、いずれも偶然の出会い、一期一会の掘り出し物である。

実際、欲しいと思うものがあっても、サイズや色の在庫がなくて、あきらめたものも多かった。
本当に欲しいものであれば、セール前に買っておくのが鉄則ということだろう。
そうでなければ、定価の意味なんてないんだし。

さて、夏のセールは、7月の終わりごろまで、札幌の街を賑わわせてくれる。
商品は限られてしまうかもしれないけれど、お買い得感はもっと高まっていくかもしれない。
この夏の間に、もう一度くらいは行こうかな、クリアランスセール(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-07-12 22:41 | 夏のこと | Comments(2)