タグ:寿司 ( 2 ) タグの人気記事

僕は、真イカを食べるためだけであっても寿司屋に行きたい

b0103470_21194081.jpg

好きな食べ物は鮨である。
週に一度くらいは、好きな鮨を食べたいと思う。
極端な話、毎日食べても飽きないくらいに鮨は好きだ。

もっとも、僕の場合、贅沢な鮨である必要はない。
場末の庶民的な寿司屋でも、回転寿司屋でも、格別にこだわりはない。
変に格式の高い店は、かえって面倒くさいから嫌いなくらいだ。

旬の海産物は、特に鮨にして食べると美味しい。
この季節であれば、真イカがそれである。
北海道の真イカは、まさしく初夏の味だと、僕は思う。

昨日も寿司屋で昼食を食べたときに真イカの握りを食べた。
寿司屋でランチを取るときは、生ちらしを選ぶことが多い。
旬のネタは、別にお好みで握ってもらう。

イカなんて高いネタじゃないから、値段を気にするものではない。
高値ではないけれど、北海道の旬を味わうには最高のネタである。
僕は、真イカを食べるためだけであっても寿司屋に行きたい。

難しいことは分からないけれど、真イカが美味しいのは、6月と7月である。
8月に入ると真イカも大きくなって、味も大味になるような気がする。
小樽産が出回り始める6月の真イカが一番好きだ。

僕が6月を好きなのも、真イカの美味しい季節だからかもしれないなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-06-07 21:36 | 食べ物 | Comments(2)

にぎり寿司にもNGな食べ方というのがあるらしい

b0103470_19561488.jpg

にぎり寿司にもNGな食べ方というのがあるらしい。
ネタではなく、飯に醤油を付けて食べたり。
ネタを飯からはがして醤油に付けて食べたり。

僕の死んだ祖母は、寿司ネタを飯からはがして醤油に付けたものを、また、飯の上に乗せてから食べていた。
上品な寿司の食い方はそういうものなのだと、幼いころの僕は信じていた。
最近は、そのような寿司を食べ方をする人もいなくなってしまったのではないだろうか。

そういう僕も、子供の頃は、飯に醤油を付けて食べるのが好きだった。
ネタに醤油を付けていなかったのかどうか、覚えていない。
醤油皿の中にきれいな飯粒が少しづつ残っていく様子だけは、不思議と覚えている。

僕がもっとも嫌いな食べ方は、握られた寿司を放置しておくというパターン。
寿司は握りたてが美味しいから、目の前に出てきた瞬間のやつを、スムーズに口の中に運びたい。
目の前に寿司が置かれたままになっているのを見ると、たとえ他人の寿司でも気になって仕方がない。

酒を飲んでいる人や話に夢中になっている人には多い光景だ。
握られた寿司も気の毒だけれど、寿司を握った職人さんも気の毒である。
他人の寿司のことなんか、気にかける必要もないのだけれど。

をどる程うまきかげんや雀鮨 信徳



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-05-12 20:19 | 食べ物 | Comments(2)