タグ:宮本百合子 ( 2 ) タグの人気記事

長年札幌に暮らしていてさえ、雪の朝の景色の美しさには感動するくらいだ

b0103470_665761.jpg

十一時の汽車にて札幌に来る。
小樽より雪尠く、ゴム輪の車通ず。馬橇はやはり沢山あるが。
八重さんにあげる切符を買い、父上の代理にて宮部氏のところを訪ねる。
家移り、北小路というところ、小さい教授連の家らしいもの多くあるところ、
令嬢嫁し、博士全く独り、雇人と暮される由、或感動を与えられた。
樹木多き札幌の雪は、小樽より風情多し。

「日記(1926年2月1日)」宮本百合子(1926年)

樹の多い札幌の街は、殊更に雪化粧が美しいと思う。
長年札幌に暮らしていてさえ、雪の朝の景色の美しさには感動するくらいだ。
生活の不便さと引き換えにある札幌の冬の風景だろう。

ただ、美しい雪景色を見るチャンスというのは、意外と少ないような気がする。
雪が積もると街が真っ白に包まれて、この一面銀世界の都市風景が一番美しい。
しかし、樹木の雪は、いつまでも樹木を白く包み込んでいるわけでもない。

厳寒の季節に降る雪はサラサラとした雪で、樹木や電線には積もりにくい。
強い風でも吹けば、雪はあっという間に飛ばされてしまうから、雪景色は一瞬である。
真冬でも昼近くには気温が上がるから、太陽の光でも浴びると樹上の雪はすぐに溶けてしまう。

結局、美しい雪景色を見ようと思ったら、夜の間に雪の降った翌日の早朝が一番である。
それも多少気温が高くて湿った雪が降った翌朝には、雪が風に飛ばされることもない。
そういう朝が、季節に何度かはきっとある。

今回の大雪は、まさにそんな風景を見せてくれる大雪であった。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-25 06:45 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

札幌の花見は焼き肉の花見だから、旅行者が見たら驚くかもしれない

b0103470_1894435.jpg

弟が十八九の頃、写真にこった。
家族のものや静物をその父の古いコダックでよくとった。
自分では写真機を余りもたず、外国を旅行したとき伯林(ベルリン)でこんな笑い話を友達からきいた。
ドイツの小学生に先生が質問した。
日本人と米国人とはどこがちがいますか?
子供の答えに曰く。
年よりで、ズボンに筋がなくて、眼鏡をかけて、写真機をもっているのが日本人です。
アメリカやドイツへ行くと、レンズがよいのが魅力で税のかからぬところで誰でも買おうと思うのだろう。

「カメラの焦点」宮本百合子(1937年)

東京の花見には、大勢の外国人観光客が訪れたと言う。
札幌の桜の季節にも、さぞかしたくさんの外国人が訪れるだろう。
新聞は、随分前から、そんな話を書いていたような気がする。

今日、北海道神宮を歩いたけれど、外国人の姿を多く見かけた。
もっとも、札幌の街にも外国人旅行客は普段から多い。
いつもの札幌の風景と言ってしまえば、それまでかもしれない。

札幌の花見は、焼き肉の花見だから、旅行者が見たら驚くかもしれない。
北海道の人間でさえ、円山公園の花見を初めて見た人は驚くくらいだ。
長く札幌で暮らしているうちに、焼き肉がなければ花見がつまらないと感じるようになる。

もちろん、札幌にも焼き肉抜きの花見を楽しみたいと考えている人たちはたくさんいる。
だから、桜の名所である円山公園では、焼き肉をすることのできるエリアが、きちんと指定されている。
好みにあったお花見を楽しむことができるのだ。

天気予報によると、明日から雨になるらしい。
散り際の桜を楽しみたいけれど、果たして、もう一度円山公園に行くことができるかどうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-03 19:39 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)