タグ:北菓楼 ( 3 ) タグの人気記事

北菓楼「空知郡バタ煎餅(クッキー)」は石川啄木の名作から生まれたお菓子です

b0103470_17483587.jpg

今日で年末年始のお休みも終わりです。
長いお休みもいつもの休みどおりにカフェでまったりとして過ごしました。
お正月も営業しているカフェってすごいです。

さて、今回は北海道のお菓子紹介シリーズ(シリーズ化するのか?)から、北菓楼の「空知郡バタ煎餅(クッキー)」をご紹介したいと思います。
砂川市のお菓子屋さん北菓楼は、旧道立文書館を店舗に改装するなど、文化的な香りが強く、商品名にも北海道の旅情がたっぷりと漂っています。
この「空知郡バタ煎餅(クッキー)」も、分かる人にはたまらない北海道文学の香りがプンプンしていますよね~。

石川啄木が好きな人は、商品名を聞いただけで「なるほどね」と納得してしまうのではないでしょうか。
そうです、キーポイントは「空知郡(そらちごおり)」と「バタ」の2文字。
「空知郡のバタ」と言えば、石川啄木のあの名作ですよね。

明治44年、石川啄木は日記の中に、こんなことを書き残しています。

もう一通は橘智恵子からであった。
否北村智恵子からであった。
送った歌集の礼状である。
思い当たるのがあると書いてあった。

今年の五月とうとうお嫁に来たと書いてあった。
自分のところで作ったバタを送ると書いてあった。
そうして彼女はその手紙の中に函館を思い出していた。

「明治四十四年当用日記」石川啄木(1911年)

石川啄木は、函館の小学校で代用教員として勤務した時に、同僚の教員・橘智恵子と知り合います。
函館大火で焼け出された啄木は、札幌へ引っ越ししてきますが、橘智恵子に対する思いは、相当に強かったと言われています。
代表作「一握の砂」のうち、なんと22首が、この橘智恵子について歌ったものだというからすごいです。

啄木は、札幌の後、小樽、釧路を経て東京へ移住しますが、橘智恵子に対する思いを抱き続けていました。
「人妻にならないうちに、もう一度だけでも会いたい」と書き記していますが、ある年、とうとう名前の変わった智恵子からの手紙を手にします。

初めて苗字の変わった賀状を貰った。
異様な気持ちであった。
「お嫁には来ましたけれど、心はもとのまんまの智恵子ですから」と書いてあった。
そうして自分のところでこさへたバタを送ってくれたと書いてあるが、東北線の汽車雪でおくれてるのでまだ着かない。

「明治44年書簡」石川啄木(1911年)

友人に宛てた手紙の中でも、啄木は「異様な気持ち」を吐露しています。
そして、このとき、非常に重要な役割を果たしたアイテムが「バタ」でした。
空知地方の北村牧場へ嫁いだ智恵子は、自分の牧場で作ったバターを啄木に宛てて送っていたのです。

そうして、一首の有名な作品が完成しました。

石狩の空知郡(そらちごおり)の
牧場のお嫁さんより送り来し
バタかな。

「悲しき玩具」石川啄木(1912年)

北菓楼のこのお菓子は、もちろん、啄木のこの作品をモチーフとしたものです。
北菓楼自体、空知郡(そらちぐん)のお菓子屋さんですので、まさに作品にぴったりのお菓子だったのでしょう。
啄木ファンならずとも一度は口にしていただきたい、北海道銘菓ならぬ「空知銘菓」です。

ちなみに筆者も空知郡出身なので、強い思い入れがあるのかもしれませんね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2017-01-03 18:26 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

札幌市内の建築物を観て、こんなに興奮したのは、実に久しぶりのような気がする

b0103470_1917415.jpg

1926年に北海道庁立図書館として建てられた道立文書館別館という歴史的建造物を保存しながら、新たに菓子店舗とする計画です。
札幌を代表する道庁まわりの景観の一角をなす表通りに面する外壁と階段室を補強・保存して、後ろ側の部分は新しい建物に建て替えています。

新たに建て替えられる店舗部分は、3階分の高さの吹抜けを持つ大空間となっており、この大空間にあたかも宙に浮くようにカフェスペースとなる2階の床を架け渡しています。
その吹抜けに面して、保存されたレンガ壁全面を見ることができます。
天井は細い柱に支えられた連続する白色の繊細なクロスヴォールトとなっていて、元のままに残された南に面する窓から差し込む柔らかな光の中、むき出しのレンガ壁の素材感と緊張感のある対比を見せています。

また、カフェスペースの東西の壁は、かつてここが図書館であったことを継承し全面を北海道の歴史とお菓子の本で埋め尽くされる本棚にしています。
市民の皆さんに永らく親しまれてきたこの旧い佇まいを、“外”だけでなく“内”においても継承しながら、菓子店舗として、そして市民にとっての“サロン”となり得るような空間の実現を目指しました。
2階のカフェスペースではミニコンサートなどイベントも行われます。
北海道の歴史が息づくこの街の一角から、地域の未来へと向かう健やかな力が育まれていくことを期待しています。

「安藤忠雄氏からのメッセージ」北菓楼公式サイトより(2016年)

カフェを出た後、しばらく建物の内部を観察して歩いた。
「北菓楼札幌本館」の話の続きである。
そもそも僕は、この建物の内部を観たくて、ついでにカフェにも寄ったくらいなのだ。

正直に言って、札幌市内の建築物を観て、こんなに興奮したのは、実に久しぶりのような気がする。
館内の隅々まで歩き回り、壁や階段のあちらこちらを触りまくった。
もう、建築フェロモンが放出されまくっているような感じだった(笑)

この建物の元になっているのは、大正時代に建てられた道立図書館である。
図書館時代の様子については、更科源蔵がいろいろと書き残している。
戦後まで、この図書館は、札幌の文化人たちが集まる場所だったらしい。

近年は、道立文書館として(つまり、道庁の別館庁舎として)普通に使われていた。
仕事の関係で、僕は何度か訪れたことがあるけれど、古くて狭くて暗くて汚い建物という印象が強い。
大正時代の建物なんだから、ある意味では当然だと思う。

この古い建物が、安藤忠雄の手によってリノベーションされた。
古い時代を継承した新しい建物の誕生である。
大正建築と安藤建築を同時に楽しめるのだから、こんなに贅沢な話はない。

大正モダンの赤煉瓦とコンクリートの現代建築とのコラボレーションは、まさに見所だと思う。
この建物が、無料で自由に見学できるのだから、こんなに素晴らしいことはない。
お土産に、お菓子のひとつやふたつくらい、買って帰ろうという気持ちにもなるはずだ(笑)

札幌の、新たな観光名所が誕生したと、僕は思う。
そして、それが札幌の古い時代の遺産を活用したものであることを、僕はとても誇らしく思う。
良かった、素晴らしいリノベーションになって。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-04-03 19:41 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

「北菓楼札幌本館」のカフェは、期待以上・予想以上のクオリティだった

b0103470_190120.jpg

菓子製造販売の北菓楼(砂川)は14日、札幌市中央区北1西5に18日開店する旗艦店の札幌本館の完成セレモニーを開いた。
大正期の歴史的建造物を活用し、菓子販売のほか、音楽イベントの開催や絵画展示など文化発信にも力を入れ、地域住民や観光客など幅広く集客する考えだ。

道の図書館や美術館、文書館別館として使われた1926年(大正15年)築の2階建ての建物を同社が買い取り、店舗に改修した。
基本デザインは世界的建築家の安藤忠雄氏が手掛け、外壁の一部や正面玄関を保存し、店内からもれんが造りの壁を見渡せるようにした。
壁の本棚には計約6千冊の本も収蔵し、一部を店内で貸し出す。
延べ床面積は1350平方メートルで、総事業費は約14億1千万円。

1階は店舗で既存の商品のほか、同店限定のシュークリームやクッキーなども扱う。
2階の喫茶スペースではコンサートなども開き、地元住民らの交流拠点とする考えだ。
堀昭社長は「札幌のお客さんに末永く親しまれる店舗を目指したい」と話した。
営業は午前10時~午後7時(喫茶は午後6時まで)。不定休。

北海道新聞(2016年3月15日)

話題の「北菓楼札幌本館」へ行ってきた。
楽しみにしていただけに、もっと早く訪問したかったのだけれど、あまりにも混雑がひどいと聞いていた。
札幌の人たちの、こういう新しいモノの飛びつく感性には凄まじいものがある。

混雑もそろそろ落ち着いた頃だろうと考え、日曜日の朝イチで店を訪れた。
10時開店の3分前に到着すると、女性客が数人並んで開店を待っていた。
10時ジャストに開店。

並んでいた人たちは物販目当てだったらしく、2階のカフェへ向かう人はいない。
古いままの階段を上ってカフェに入ると、すぐに席に案内された。
店内は白を基調とした明るい空間で、古さをまったく感じさせない。

ケーキセットを注文して、しばし館内を見学。
よく観察すると、昔の建物が随所で生かされていることが分かる。
まさに、現代と古い時代との融合だ。

レジの後ろのほか、テーブル席の横にも大きな書棚が据え付けられている。
棚には大量の本が並べられていて、聞けば、館内では自由に読むことができるという。
札幌のブックカフェとしては、まさしく最大規模のものと言えるだろう。

程なくケーキセットと紅茶が到着。
実は、こういう店では恐くてコーヒーを注文しにくいという習慣がある。
しかし、店はかなりしっかりとしていたので、次回はコーヒーを飲んでみようと思った。

店内は少しづつ混雑してきて、10時半過ぎには満席となり、待ち客が並び始めていた。
さすがに話題の店である。
観光客が訪れることを考えると、しばらくはこのような状態かもしれない。

リピートするかと問われれば、ぜひ、また行きたいと思える店である。
スタッフの対応も行き届いていて、おかしな喫茶店に入るより、ずっと満足感がある。
正直に言って、期待以上・予想以上のクオリティだと思った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-04-03 19:15 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)