タグ:北海道新聞 ( 4 ) タグの人気記事

「北菓楼札幌本館」のカフェは、期待以上・予想以上のクオリティだった

b0103470_190120.jpg

菓子製造販売の北菓楼(砂川)は14日、札幌市中央区北1西5に18日開店する旗艦店の札幌本館の完成セレモニーを開いた。
大正期の歴史的建造物を活用し、菓子販売のほか、音楽イベントの開催や絵画展示など文化発信にも力を入れ、地域住民や観光客など幅広く集客する考えだ。

道の図書館や美術館、文書館別館として使われた1926年(大正15年)築の2階建ての建物を同社が買い取り、店舗に改修した。
基本デザインは世界的建築家の安藤忠雄氏が手掛け、外壁の一部や正面玄関を保存し、店内からもれんが造りの壁を見渡せるようにした。
壁の本棚には計約6千冊の本も収蔵し、一部を店内で貸し出す。
延べ床面積は1350平方メートルで、総事業費は約14億1千万円。

1階は店舗で既存の商品のほか、同店限定のシュークリームやクッキーなども扱う。
2階の喫茶スペースではコンサートなども開き、地元住民らの交流拠点とする考えだ。
堀昭社長は「札幌のお客さんに末永く親しまれる店舗を目指したい」と話した。
営業は午前10時~午後7時(喫茶は午後6時まで)。不定休。

北海道新聞(2016年3月15日)

話題の「北菓楼札幌本館」へ行ってきた。
楽しみにしていただけに、もっと早く訪問したかったのだけれど、あまりにも混雑がひどいと聞いていた。
札幌の人たちの、こういう新しいモノの飛びつく感性には凄まじいものがある。

混雑もそろそろ落ち着いた頃だろうと考え、日曜日の朝イチで店を訪れた。
10時開店の3分前に到着すると、女性客が数人並んで開店を待っていた。
10時ジャストに開店。

並んでいた人たちは物販目当てだったらしく、2階のカフェへ向かう人はいない。
古いままの階段を上ってカフェに入ると、すぐに席に案内された。
店内は白を基調とした明るい空間で、古さをまったく感じさせない。

ケーキセットを注文して、しばし館内を見学。
よく観察すると、昔の建物が随所で生かされていることが分かる。
まさに、現代と古い時代との融合だ。

レジの後ろのほか、テーブル席の横にも大きな書棚が据え付けられている。
棚には大量の本が並べられていて、聞けば、館内では自由に読むことができるという。
札幌のブックカフェとしては、まさしく最大規模のものと言えるだろう。

程なくケーキセットと紅茶が到着。
実は、こういう店では恐くてコーヒーを注文しにくいという習慣がある。
しかし、店はかなりしっかりとしていたので、次回はコーヒーを飲んでみようと思った。

店内は少しづつ混雑してきて、10時半過ぎには満席となり、待ち客が並び始めていた。
さすがに話題の店である。
観光客が訪れることを考えると、しばらくはこのような状態かもしれない。

リピートするかと問われれば、ぜひ、また行きたいと思える店である。
スタッフの対応も行き届いていて、おかしな喫茶店に入るより、ずっと満足感がある。
正直に言って、期待以上・予想以上のクオリティだと思った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-04-03 19:15 | Comments(2)

「セイコーマート」が「セコマ」に社名変更するらしい

b0103470_7473951.jpg

道内コンビニエンスストア最大手のセイコーマート(札幌)は25日、会社名を4月1日から「セコマ」に変更すると発表した。
同社は近年、「物流・サービス」と「原料・製造」両部門の成長が著しく、主力のコンビニを加えた3本柱による新事業体制を社内外に示すため、社名を変更することにした。コンビニの店舗名は変更しない。 

同社によると、新しい社名はセイコーマートの略称として広く使われている「セーコマ」も検討したという。
ただ、トヨタ、イオン、ネスレなど著名な企業ブランドにはカタカナ3文字が多いことから「セコマ」にした。
本社ビルの看板や名刺に付ける企業ロゴマーク、プライベートブランド(PB)名も「Seicomart」などから「Secoma」に改める。

セイコーマートはここ約10年ほど、コンビニ各店に商品を供給するための物流システムや厨房(ちゅうぼう)機材の開発に力をいれてきた。
グループ企業の工場で和菓子やアイス、総菜などの食品も製造しており、既にメーカーとして道外小売りへの販売にも力を入れている。
今後、これらの事業をコンビニ事業と並列に置き、新規事業を開拓しながら会社の柱に据える方針だ。
セイコーマートは道内と関東に計1183店(1月末現在)を展開している。

北海道新聞2016年2月26日付け

同じような社名変更の話題がセイコーマートでもあった。
こちらは「セイコーマート」の社名を、愛称である「セコマ」に変更するというもの。
もっとも、店舗名は変更しないらしいから、一般利用者への影響は少ないのかもしれない。

子どもの頃、僕は「セーコーマート」だと信じて疑っていなかった。
「セイコーマート」が真実なのだということを知った時、自分の中で、何だかがっかりしたものだ。
勝手に裏切られたような気持ちになっていたのかもしれない。

「セイコーマート」の略称が「セコマ」だと知った時も、僕はやっぱりがっかりした。
だって、「セイコーマート」に略称があるなんて、僕は全然知らなかったのだ。
「セイコーマート」は「セイコーマート」でしかありえなかったから。

もっとも、「セイコーマート」の略称には「セイコマ」とか「セーコマ」とかもあるらしい。
広域な道内で根付いてきたコンビニだから、地域差みたいなものも大きいような気がする。
愛称というのは、やっぱり文化のひとつだから。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-21 08:02 | 随想 | Comments(0)

「マツジン」が「松尾ジンギスカン」に店名変更するそうだ

b0103470_733128.jpg

ジンギスカン製造販売のマツオ(滝川)は4月から、道内外の直営店に使っている「まつじん」の店名を「松尾ジンギスカン」に統一する。
2005年から新規出店する際の店名を「まつじん」としていたが、道民におなじみの味付け羊肉の商品名とそろえることで、あらためてブランド力を強化したい考えだ。
松尾ジンギスカン名の店としては各地にフランチャイズ店もあるが、今回は「まつじん」名の直営6店舗の名称を変え、4月1日までに看板を付け替える。

05年から直営店に採用した「まつじん」は、もとは本店がある滝川の高校生らが使っていた愛称。
同社はこの頃から札幌や東京への出店を加速し、競争が激しい地域で認知度を上げるため、ひらがな4文字の親しみやすい店名に着目した。
マツオによると、各店の売り上げが落ち込んでいたわけではないが「店と商品の名称が違うことで戸惑う来店客もいた」という。
今月1日で創業60周年の節目を迎えたこともあり、再び名称を松尾ジンギスカンに統一することにした。

北海道新聞2016年3月13日付け

つまり、愛称は愛称のままでよかったということだろうか。
自分的には、子どもの頃から親しんできた「松尾ジンギスカン」が、未だにピンとくる。
「マツジン」は、やっぱり俗名みたいに軽いものなのだ。

それにしても、店名を変更するということは、からり大きな決断である。
顧客認知の問題もあるし、相当の経費負担も生じる。
そういったリスクを考えても、このタイミングで変更すべし、ということなんだろうな。

関係ないけれど、送別会シーズンに入って、ジンギスカンを食べる機会が増えた。
たまたま、ジンギスカンの好きな知人が多いということなのかもしれない。
先々週などは二晩続けてジンギスカンでのお祝いとなった(メンバーが異なるので)。

まあ、松尾ジンギスカンに関しては、少し寄り道をして、また戻って来たということだろうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-21 07:45 | 食べ物 | Comments(0)

もちろん、生活のことを考えたら、冬らしくない冬は大歓迎である

b0103470_6452685.jpg

2月5日に開幕する第67回さっぽろ雪まつりの雪像作りに使う雪の搬入が7日、札幌市中央区の大通公園で始まったが、関係者は雪不足に不安を募らせている。
初日は大通公園から約40キロ離れた場所で雪集めを強いられたほか、雪像の土台に使う同公園内の雪も足りず、公園外からトラックで雪を運ぶ回数が増える可能性も。
実行委員会はこれらの影響で作業が遅れたり、運搬費用が想定より膨らんだりする事態を懸念している。

札幌管区気象台によると、7日午後5時現在の札幌市内の積雪は平年を18センチ下回る24センチ。
最近10年間では、2007年の16センチに次ぎ2番目に少ない。

「北海道新聞(2016年1月8日付け朝刊)」

夕方、妙に空が明るいような気がした。
冬の北海道の夕刻というのは、あっという間に暗くなる。
いつの間にか、体が暗い街に慣れてしまうのだ。

考えてみると、既に冬至を過ぎてから時間が経っている。
昼の長さは、少しづつだけれど確実に長くなっているのだ。
微かな春の兆しみたいで、うれしくなる。

一方で、今年の冬は、実に冬らしくない冬だ。

そもそも、雪が少ない。
それも、一冬の間に何度か訪れる「ドカ雪」が少ない。
ちょっと雪が降っても、昼の間に溶けてしまうから、自動車道路には積雪がない。

それに、気温も低くない。
真冬日が少ないし、真冬日であっても、氷点下をわずかに下回る程度である。
水道管破裂の恐れがある日なんて、ここまでなかったような気がする。

もちろん、生活のことを考えたら、冬らしくない冬は大歓迎である。
雪なんて少ない方がいいし、気温だって暖かい方がいいに決まっている。
こんなふうにして、北海道の冬の暮らしが、どんどん楽になっていくといいなあ。

だけど、こういうことを書いた直後って、けっこう危険なんだよね(笑)
油断禁物。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-10 07:03 | 冬のこと | Comments(0)