タグ:創成川 ( 2 ) タグの人気記事

石川啄木は「創成川」の名を聞いて、「うれしき名なり」と書いている

b0103470_6162097.jpg

札幌は秋意漸く深さなり、
函館の如く市中を見下す所なければ市の広さなど解らず、
程遠からぬ手稲山脈も木立に隠れて見えざれば、
空を仰ぐに頭を圧する許り天広し、
市の中央を流るゝ小川を創成川といふ、うれしき名なり、
札幌は詩人の住むべき地なり、なつかしき地なり静かなる地なり、

「丁未日誌」石川啄木(1907年)

札幌へ到着した翌日に、啄木は市内を散策している。
啄木の目に、秋の札幌は随分お気に召したらしい。
様々な文章に、札幌がいかに詩的な街であるかが残されている。

この市内散策のときに、啄木は「創成川」を発見している。
どんなルートを辿ったか不明だが、意外と東側まで歩いていたことは分かる。
もっとも、当時は西側に向っても、何もなかっただろうけれど。

啄木は「創成川」の名を聞いて、「うれしき名なり」と書いている。
そして、「詩人の住むべき地なり」と書いている。
弱冠21歳の青年天才詩人の胸に響いたものは、札幌の何だったのだろうか。

さて、創成川は、エリアによって様々な表情を見せてくれる川である。
中心部は公園までできてきれいになったけれど、北へ向かうと、また違う表情がある。
何となく昔の創成川の面影を探して歩くのも楽しいかもしれない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-14 06:32 | 文学 | Comments(0)

今夜は、札幌の創成川公園でささやかな冬のキャンドル・イベントが開催されていました

b0103470_020635.jpg

ああ 雪のあらしだ。
家々はその中に盲目になり 身を伏せて 埋もれてゐる。
この恐ろしい夜でも そっと窓の雪を叩いて外を覗いてごらん。
あの吹雪が 木々に唸って 狂って 一しきり去った後を
気づかれない様に覗いてごらん。
雪明りだよ。
案外に明るくて もう道なんか無くなっているが しずかな青い雪明りだよ。

伊藤整「雪夜」(1926年)

釧路では、石川啄木に因んだ冬のキャンドル・イベントが始まりました。
その名も「「啄木・雪あかりの町・くしろ」」。
もちろん、「さいはての駅に下り立ち/雪あかり/さびしき町にあゆみ入りにき」の作品に由来しています。

小樽の「雪あかりの路」の釧路版といったところでしょうか。
伊藤整とか石川啄木とか、古い文人に因んだイベントって大好きです(笑)
それに、冬に文学って何だか合いますから。

ところで今夜は、札幌の創成川公園でささやかな冬のキャンドル・イベントが開催されていました。
その名も「創成川 まちの灯り」。
うーん、「文学」のないのが寂しい(個人的な嗜好ですが)笑

会場の創成川公園は、さっぽろテレビ塔や狸小路に近く、いかにも都会的な夜景に囲まれています。
札幌のキャンドル・イベントらしくていいなあと思います。
創成川も流れていたりと周辺環境も良いし、意外と穴場的なイベントかもしれませんね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-24 00:40 | 冬のこと | Comments(0)