タグ:円山公園 ( 41 ) タグの人気記事

札幌のお花見で、これほど条件が整う年というのは、きっとそれほど多くはないと思う


b0103470_05523328.jpg


北海道の春から初夏は美しい。
花で言えば、梅と桃と桜が一遍に咲く。
それも東京のように、冬中常緑の木が何かしら残っている土地ではない。
松も杉も南部の一部分の他には見られない。
ほとんど全部の木が冬は落葉して、春には何の木の葉も出ない。
特に、黒い畑や林を背景にして、梅と桃と桜が咲くのである。

「故郷の九月」伊藤整(1953年)


今年の大型連休は天気が良くて、絶好の行楽日和となった。
特に4日は、全国でも北海道が最も暑い一日となったらしい。
25℃を超えると、これはもう夏みたいな気候である。

おまけに、桜の開花もきちんとゴールデンウィークに合わせてくれた。
円山公園の桜も連休中に見頃を迎えて、これ以上ないお花見日和である。
札幌のお花見で、これほど条件が整う年というのは、きっとそれほど多くはないと思う。

あらかじめ、天気予報を確認しておいて、その暑い4日の午後に円山公園まで出かけた。
公園内は予想どおり凄まじい賑わいである。
花よりバーベキューの札幌的お花見は、まさに絶頂を迎えているようだった。

北海道神宮まで足を延ばしてみても、混雑ぶりは変わらない。
外国の言葉が飛び交っているところを見ると、外国人観光客も相当数訪れているらしい。
焼き肉の花見文化を観て、彼らは何を思うのだろうか。




by kels | 2017-05-06 06:34 | 春のこと | Comments(0)

札幌の花見は焼き肉の花見だから、旅行者が見たら驚くかもしれない

b0103470_1894435.jpg

弟が十八九の頃、写真にこった。
家族のものや静物をその父の古いコダックでよくとった。
自分では写真機を余りもたず、外国を旅行したとき伯林(ベルリン)でこんな笑い話を友達からきいた。
ドイツの小学生に先生が質問した。
日本人と米国人とはどこがちがいますか?
子供の答えに曰く。
年よりで、ズボンに筋がなくて、眼鏡をかけて、写真機をもっているのが日本人です。
アメリカやドイツへ行くと、レンズがよいのが魅力で税のかからぬところで誰でも買おうと思うのだろう。

「カメラの焦点」宮本百合子(1937年)

東京の花見には、大勢の外国人観光客が訪れたと言う。
札幌の桜の季節にも、さぞかしたくさんの外国人が訪れるだろう。
新聞は、随分前から、そんな話を書いていたような気がする。

今日、北海道神宮を歩いたけれど、外国人の姿を多く見かけた。
もっとも、札幌の街にも外国人旅行客は普段から多い。
いつもの札幌の風景と言ってしまえば、それまでかもしれない。

札幌の花見は、焼き肉の花見だから、旅行者が見たら驚くかもしれない。
北海道の人間でさえ、円山公園の花見を初めて見た人は驚くくらいだ。
長く札幌で暮らしているうちに、焼き肉がなければ花見がつまらないと感じるようになる。

もちろん、札幌にも焼き肉抜きの花見を楽しみたいと考えている人たちはたくさんいる。
だから、桜の名所である円山公園では、焼き肉をすることのできるエリアが、きちんと指定されている。
好みにあったお花見を楽しむことができるのだ。

天気予報によると、明日から雨になるらしい。
散り際の桜を楽しみたいけれど、果たして、もう一度円山公園に行くことができるかどうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-03 19:39 | 春のこと | Comments(0)

開花の知らせが早かった割には、桜の花は今が見頃である

b0103470_17462728.jpg

水の流れのような、薄いショールを、街を歩く娘さん達がしている。
一つあんなのを欲しいものだ。
洋品店の四月の窓飾りは、金と銀と桜の花で目がくらむなり。

食えなくてボードビルへ飛び込んで、裸で踊った踊り子があったとしても、それは桜の罪ではない。

「放浪記」林芙美子(1928年)

桜が咲いて以降、どういうわけか寒い日が続いていた。
市内のあちこちで桜は咲いていたけれど、寒すぎて、とてもお花見どころではない。
気温が上がらないうちは、テンションも上らないというものだ。

昨日くらいから、ようやく気温が上がり始めて、祝日の今日は夏日の予想。
ちょっと極端な気もするが、絶好の花見日和には違いない。
今年初めて円山公園の桜を観に出かけた。

昼過ぎに到着すると、さすがに円山公園はものすごい人出である。
きっと、みんな同じような気持ちで、暖かい日が来るのを待っていたのだろう。
公園内の至る所から、焼き肉の煙が立ち上っている。

開花の知らせが早かった割には、桜の花は今が見頃である。
個人的には、桜は散り際が一番美しいと思っている。
そういう意味では、連休中は円山公園の桜を楽しむことができそうだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-05-03 18:06 | 春のこと | Comments(0)

ゴールデンウィークと言っても、いつもの週末と変わらない暮らしだ

b0103470_19223764.jpg

ゴールデンウィークは花見をするものだと思っている。
思いがけず桜が早くに咲いてしまうと、連休にすることがなくなってしまう。
そういうわけで、今年の大型連休は手持無沙汰の連休だ。

知り合いの女の子たちが、円山公園でお花見をしようと言う。
桜なんて、もうほとんどないよと言うと、じゃあピクニックにしようと言う。
まあ、お花見だけが出かける口実じゃないからね、と思った。

ゴールデンウィークと言っても、いつもの週末と変わらない暮らしだ。
朝5時に起床して、簡単な筋トレをしてから簡単なジョギング。
帰ってきて朝風呂に入ってから、簡単な朝食。

部屋の片づけなどしてから、街に出てブラブラする。
今日は札幌パルコで夏用の服をひとつ買ってきた。
買い物をするときは、まだ客の少ない午前中に済ませることが多い。

部屋に戻って、今年初めての冷やしラーメンを作って食べた。
気候が良くなると、無性に食べたくなるのだ。
トマトもキュウリもハムもラーメンも、みんな美味しかった。

特に用事もないのに、午後から再び街に出る。
午後の街歩きは、本当に散策といった感じで、のんびりとゆっくりとブラブラできる。
さすがにゴールデンウィークで、どこに行っても人が少なかった。

連休でセールをやっているというので、つい、スニーカーやらカーディガンやらを買いこんでしまう。
円山公園で昼寝をしている方が、散在しなくて良かったかもしれない。
街に出ると、手ぶらで帰ることのできない性格なのだ。

夕方、みんなでジンギスカンをして食べた。
お花見ジンギスカンをしなかったからというわけではないが、天気が良いとジンギスカンも美味しい。
屋外で食べるジンギスカンは、もちろん家で食べるより何倍も美味しいけれど。

夕食後は、寝るまで音楽を聴きながら本を読んで過ごす。
連休用に買ってある本とCDのストックが、たくさんあるのだ。
天気が悪くなったら、一日中部屋の中で、本と音楽に埋もれて過ごそう。

明日からもまた、こんな感じで大型連休は過ぎていくんだろうな。
カメラを持って街をブラブラしたり、美味しいものを食べさせるお店を探したり、静かで珈琲の美味しいカフェを探したり、本を読んだり、音楽を聴いたり。
それはそれで忙しいゴールデンウィークだ(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-05-02 19:54 | 日記 | Comments(4)

今日から、円山公園でのバーベキューが、期間限定で解禁された

b0103470_20374095.jpg

祝日の午後、円山公園へ行った。
ちょうど正午を過ぎたばかりで、公園はさぞかし賑わっていることだろうと思った。
今日から、円山公園でのバーベキューが、期間限定で解禁されるのだ。

公園は予想を上回る人出だった。
およそ立錐の余地もないと思えるくらいの花見客である。
毎年この時期には円山公園で花見を楽しんでいるけれど、さすがに、ここまでの混雑は初めてのような気がする。

理由はいくつか考えられる。

今年は桜の開花が早くてニュースにもなったから、花見に対する関心が例年よりも高まっていた。
一方で、公園内での焼き肉は、公園側の事情により解禁期間が短縮されて、花見客が短期間に集中しやすい状態にある。
今日がその初日で、しかも、桜の見頃は既にピークを過ぎつつあった。

天候も最高に良かった。
ここ数日間、気温の高い日が続いていて、雲一つない快晴である。
今日花見をしないで、いつやるの?というくらいに、最高の花見日和だったのだ。

予定どおり、公園内にはバーベキューの煙が立ち込め、騒然とした空気に包みこまれている。
内地の人が見たら、とても花見をしている風景だとは思えないことだろう。
それが、北海道伝来の花見風景というやつなのだ。

ところで、肝心の桜はと言うと、見頃を既に過ぎて、花はかなり散りつつある。
この週末まで花が持つかどうかは、相当に微妙。
まあ、遅くに咲いた樹がいくつかあるので、花見客はそうした樹に殺到するのかもしれない。

いずれにしても、札幌の花見は、今が最後のチャンスだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-04-29 20:40 | 春のこと | Comments(0)

この街で桜の花は、春の始まりではなく、春の終わりを示しているのだ

b0103470_2095187.jpg

不思議なものだ。
ようやく桜が咲いたばかりだというのに、僕らはもう夏のことばかり考えている。
この北の街にも、ようやく春らしい風が吹き始めたばかりだというのに、僕らはもう、新しい季節を探し始めている。

つまり、そういうことなんだと、僕は思う。
桜の花が散ってしまえば、もう、そこは次の季節の入り口なんだって。

桜の花が咲いて、札幌の春はピークに達している。
そして、わずか数日間で、この札幌の春のピークは、潔くその幕を閉じてしまうのだ。
鮮やかな散り際の光景を、人々の目に焼き付けたまま。

中途半端で長かった春も、これで終わりだ。
新緑が街を包み始める頃、札幌の季節は東京の季節に追いついて、初夏という名前の長い季節に入る。
それが、札幌で最も美しくて、最も過ごしやすい、最も素晴らしい季節だ。

不思議なものだ。
桜の散っていくのが終わりではなくて、新しい季節の訪れを表しているなんて。
そうして、僕らは今、季節の境目に立ちながら、桜が散っていく様子を眺めようとしている。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-04-27 20:12 | 春のこと | Comments(0)

円山公園の桜は、もう少しで満開になるところだった

b0103470_20353881.jpg

ちょうど昼少し前に円山公園に着いた。
朝から青空の日曜日である。
まさしくお花見日和の一日だった。

そんな快晴だから、円山公園はさぞかし混雑しているだろうと思った。
何しろ、ここは、札幌随一、北海道随一の花見の名所なのだ。
混乱を極めた花見の狂乱が繰り広げられるのが、桜の季節の円山公園である。

環状線に沿って北へと歩き、南一条の通りから円山公園へと上っていく。
桜目当ての人たちが少しづつ増えていくが、混乱というほどの混雑ではない。
南一条の渋滞が、ちょっと気にかかるくらいのものだ。

円山公園の桜は、もう少しで満開になるところだった。
細かいことを言わなければ、もう満開だと言ってもいいかもしれない。
ここ数日で花の重たさがピークに達するのは、明らかだった。

公園内をたくさんの人が歩いているが、敷物を敷いたお花見組は意外と少ない。
やはり、バーベキューができないから、花見客も少ないのだろうと、僕は思った。
花が咲いていなくたって、ベーベキューさえできれば、公園は「花見客」でごった返す。

桜が咲いているのに、花見客がほとんどいない。
ある意味で、これは奇跡みたいなものだ、と僕は思った。
内地流のお花見をやろうなんていう考えは、ここ北海道では通用しないのだ。

それでも、南一条通りを渡って、野球グラウンドの横へ出ると、さすがにお弁当を食べている人たちが増えた。
もともと、ここは、お弁当組定番のお花見スポットなのだ。
今年はバーベキューの煙もないから、落ち着いてお弁当を食べることができる。

のんびりとした良い花見だなと、僕は思った。
たまにはこういう落ち着いたお花見も悪くない。
たまには。

4月29日からはバーベキューが解禁されて、あの狂乱の伝統的なジンギスカン花見が再開される。
札幌的オーセンティックに満ち溢れた、煙と嬌声と混乱の円山公園的花見。
そして、多くの人々が待ちわびているのは、その狂乱だ。

ジンギスカンがなければ、札幌のお花見は始まらないんだからと、僕は思った。
ジンギスカンがなければ、何も始まらないし、何も終わらない。
それが札幌という街なのだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-04-26 21:00 | 春のこと | Comments(0)

今見ている光景が、未来も当たり前の光景だとは限らない

b0103470_1915761.jpg

雪融の泥濘と寒風一杯の四月が過ぎ、五月の中頃になると、待ちかねたように桜と桃とが咲く。
札幌神社の境内には紅白の幕を張り廻して、わざわざ内地から移植した桜の寒い花見をするのである。
夜などは篝火にやっと暖をとりながら、凍えた指先に盃をあげる群がおそくまで残る。
そして、破れ三味線の旅芸人が、朔風に傷れた顔を紫色にして、その間を歩き回るのである。

「札幌」中谷宇吉郎(1960年)

2015年の桜は、4月下旬に咲いた。
稀には、こういう年があるのだ。
季節というのは、データどおりに動くものではないらしい。

それにしても、破れ三味線の旅芸人の闊歩する花見とは、一体どのようなものだったのだろうか。
すべては、今となっては伝説の彼方である。
あるいは、伝説にすら残っていないかもしれない。

そして、円山公園には、いつでも新しい伝説が生まれつつある。
今見ている光景が、未来も当たり前の光景だとは限らない。
「そんな時代があったね」と、いつか懐かしむ時代が来るかもしれない(笑)

とにかく、今だ。
古い伝説に触れるたびに、いつも僕はそう思う。
とにかく、今だ、と。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-04-26 19:44 | 春のこと | Comments(0)

【まとめ】札幌円山公園でのお花見(ジンギスカン)の注意事項

b0103470_20123325.jpg

札幌にも、いよいよお花見の季節が近づいている。
早ければ、今週末には、円山公園での花見を楽しむことができそうな感じである。
一年に一度の桜なので、悔いのないように楽しみたい。

ただし、円山公園のお花見には一定のルールがあるので注意したい。
マナー違反が続くと、取り締まりが厳しくなるのが世の常というもの。
いつまでも、円山公園の花見を楽しむことができるよう、みんなで頑張りましょう(笑)

まず、公園内は、原則として火気厳禁。
ただし、一定の期間内に限り、火気使用が認められている。
今年(2015年)の場合は「4月29日~5月6日」までの「9時から20時」まで。

また、火気が使用できる場所も限定されている(図を参照)。
特に、坂下グラウンド横は、今年から火気が使用できなくなったので要注意。
火気が使用できない場所では、お弁当を持って行って楽しみましょう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-04-22 20:26 | 春のこと | Comments(0)

どれだけ写真を撮っても終わることがない、と僕は思ったくらいだ

b0103470_19283593.jpg

大通公園に行くと、桜の花はほとんど散ってしまっていた。
札幌の街の桜の季節は、本当に終わったのだ。
それにしても、桜の季節というのは、まるで嵐みたいに過ぎていく。

もっとも、北海道神宮の桜は、まだ頑張っていた。
咲き始めるのが遅かったから、散るにももう少し時間があるらしい。
花見客は、参道の桜並木をバックに写真を撮っている。

円山公園へ降りていくと、相変わらずの大宴会が繰り広げられている。
桜の花は、もうほとんど散ってしまっているのに、そんなことは関係ないといった風情だ。
バーベキューを楽しむことができる間は、楽しみつくそうと思っているのだろう。

僕自身、大型連休後半は、毎日のように出かけては、桜の写真を撮って歩いた。
特に花見客で賑わう円山公園には、毎日足を運んだ。
どれだけ写真を撮っても終わることがない、と僕は思ったくらいだ。

桜の見頃が、ここまで連休ときちんと重なるというのは、実は珍しいことである。
おまけに、おしなべて天候にも恵まれていた。
まるで桜の神様がいて、僕たちにお恵みを与えてくれたかのようだ。

幸運にも僕は、桜の花の始まりから終わりまでを、きちんと見届けることができた。
本当に幸せだったなあと、今は思っている。
何より、たくさんの写真を撮ることができたことに、僕は感謝したい。

いいね、桜の季節っていうやつは(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-05-06 19:38 | 春のこと | Comments(3)