タグ:イルミネーション ( 10 ) タグの人気記事

ホワイト・イルミネーションは、冬の夜の札幌を楽しむのに最高のイベントだと思う

b0103470_725646.jpg

初めて札幌へ出かける人に、どこを見ればいいかと訊ねられた場合、私は必ず植物園とビール園と創成川畔だけは指摘する。
大通公園や中島公園は全国的に知れわたっていて、いまさら指摘の必要がないと思えるからである。
もっとも、その大通公園にしても、内地からの旅行者の殆んどが、三、四丁目あたりだけを眺めて通りすぎてしまうらしいが、本当の大通の姿は西へ入るほど深まってゆく。
三丁目四丁目あたりは、今では人工的になりすぎた。

「札幌の中の札幌」船山馨(1971年)

先日、ホワイト・イルミネーションを観るために、大通公園まで出かけた。
札幌テレビ塔からスタートしたのだけれど、大通公園の広さを改めて実感した。
どこまで行ってもイルミネーション会場が続いているのだ。

札幌テレビ塔は、大通公園の東端である西一丁目の東隅にある。
大通公園は、ここから西に向って整備されている。
突きあたりは、西13丁目の札幌資料館だ。

普通の市民が、大通公園の東端から西端までを歩く機会というのはほとんどない。
ジョギングや犬の散歩をしている人たちくらいのものである。
稀に、季節の写真を撮り歩いている物好きな人間もいたりするが(笑)

今回、イルミネーションは、西一丁目から西八丁目まで用意されている。
それぞれの区画ごとにテーマが設けられて趣向が凝らされているから、飽きるようなことはない。
冬の札幌の夜を楽しむには最高のイベントだと思う。

もちろん、八区画も観て歩けば結構な時間もかかるし、それなりに疲れるし、何より寒い。
合間にカフェタイムなども入れて、のんびりと札幌の夜を楽しむことをお勧めしたい。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-12-03 07:43 | 冬のこと | Comments(0)

この街が誕生した明治以降の時代であれば、札幌が描かれていない時代はない

b0103470_20254472.jpg

札幌開拓の経営は、明治二年十一月十日に始まった。
その年はことのほか積雪が少なく、寒気が過酷であった。
秋が深くなって、例年なら雪が来るのに関らず、深い霜が降り、夜毎に彼等を悩ました。

「札幌開府」寒川光太郎(1941年)

札幌を舞台とした小説は数限りないと思われる。
日本にして日本にあらずの北の島の都市である。
内地の人々を惹き付けるだけの、不思議な魅力を持っていた。

だから、札幌を舞台とした小説は、いつ、どの時代にも生まれた。
明治、大正、昭和初期(戦前)、戦後、そして現代。
この街が誕生した明治以降の時代であれば、札幌が描かれていない時代はない。

その中で、最も古い時代の札幌を描いたものは、開拓時代の札幌を描いたものということになる。
例えば、寒川光太郎の「札幌開府」は、まさしく島判官が札幌の街を築き上げようとする、その瞬間を描いている。
小説の舞台となった「札幌」としては、最も古い部類に属するものだろう。

「静かな夜じゃな、いつもこうかな蝦夷地は」
暫くしてぽつりと判官が口を切った。
「はあ、今宵あたりは雪かもしれませぬ」

「札幌開府」寒川光太郎(1941年)

冬が近づく季節になると、決まって僕は島判官のことを思い出す。
間もなく長い冬が訪れようとしている未開の蝦夷地で、彼は何を見たのだろう。
物語は限りない妄想を、僕たちに与えてくれる。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-11-28 20:44 | 札幌文学散歩 | Comments(0)

橋崎政の「伝記製造業」は、戦後間もない札幌が舞台となっている、興味深い小説だ

b0103470_20501993.jpg

高校を卒業してからの勤め先は、サトホロという北の都会にある、赤煉瓦の行政庁であった。
故郷から汽車で三時間あまり。
カッキリと碁盤割りになったまちなみが、いかにも能率的な健康美にあふれ、田舎ものの三郎兵衛を有頂天にした。

「伝記製造業」橋崎政(1957年)

北見出身の橋崎が北海道庁に就職したのは、昭和21年のことである。
役所勤めは長くは続かなかったが、戦後混乱期の札幌を、橋崎は行政の立場から垣間見ていた。
終戦後の札幌を知る上で、橋崎の作品には数々のヒントがあると言える。

「伝記製造業」はこうした戦後の混乱期を生きた男の物語である。
共産主義者だった橋崎は、戦後社会の不条理を、あえて軽妙なタッチで描こうとしているようにも思える。
家庭の犠牲となって売春婦となってしまった恋人を救うために、ひたすらに金を稼ぎ続けなければならない主人公が極めた道が「伝記製造業」だった。

物語の筋は置くとして、戦後間もない札幌が舞台となっているという意味において、興味深い小説だ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-11-27 21:08 | 札幌文学散歩 | Comments(0)

2日連続の真冬日を含めて、一日の平均気温は3日連続で氷点下だった

b0103470_1933427.jpg

十一月の土曜日の午後、そとは霙まじりの雨が朝からふりしきっていた。
昨夜から気温は急激に下がり、雪一色の季節を迎える前の、天候がめまぐるしく変化する札幌の晩秋が、ここひと月あまり雨や風を盛大にともなって、天気予報を裏切りつづけている。

「恋人よ」藤堂志津子(1989年)

今日の札幌は、久しぶりに暖かい一日だった。
暖かいと言っても、最高気温は9℃そこそこである。
この季節としては、格別に暑すぎるというほどの気温ではなかった。

そもそもは、ここ一週間の気温が低すぎたのだ。
2日連続の真冬日を含めて、一日の平均気温は3日連続で氷点下だった。
最も寒かったのは23日の氷点下7℃で、11月としては異常な寒さである。

考えてみると、今年は秋らしい秋がなかった。
いつの間にか夏が終わり、秋の深まりを待つ間もなく冬が始まっていた。
こんな秋は、きっと、もう二度と経験することがないだろう。

そんな一週間を過ごしたばかりだったから、9℃という気温は相当暖かったのに違いない。
街では薄着の若い人たちの姿が、たくさん見つけることができた。
9℃という気温は、決して暖かいと呼べるような気温ではないのだが。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-11-27 20:43 | 冬のこと | Comments(0)

はっきり言って、今年のホワイト・イルミネーションは地元民ながら驚きの充実度である。

b0103470_7333613.jpg

ミュンヘン・クリスマス市から続いてホワイト・イルミネーションへ。
と言っても、特別な移動を要するわけではない。
東西に長い大通公園のうち、1丁目から8丁目までがイルミネーション会場で、そのうち2丁目がクリスマス市の会場にもなっている。

だから、大通公園を歩いて行けば、自動的にどちらも楽しむことができる。
特に、今年はイルミネーションの大通会場は拡大されているらしい。
はっきり言って、地元民ながら驚きの充実度である。

大通会場では丁目ごとにテーマが付けられていて、それぞれ異なった趣きを楽しむことができる。
例えば、4丁目会場は「ジュエリーパレス」として、ダイヤモンドをモチーフにした光の宮殿が用意されている。
記念撮影スポットもあって、既に多くの人たちが並んでいる。

一番豪華なのは8丁目会場、光に包まれた大型の全天周ドームシアター「クリエイティブシアタードーム」。
ドームの中に入ると、プラネタリウムのようなドームシアターになっている。
会場内にはベッドも並べられているので、寝転がって観賞することも可能だ。

今回は、さっぽろテレビ塔を起点に1丁目会場から観て回ったけれど、規模はかなり大きいと感じる。
すべてをきちんと観て回ると、きっと一晩くらいはかかってしまうだろう。
観光コースに大通会場を組み入れるときは、時間をたっぷりと取るべきだと思う。

そして、ホワイト・イルミネーションは大通会場だけではない。
札幌駅前通りや南一条通りも会場になっているので、全部観るためには相当の距離を歩くことになる。
全部歩いて観て回るだけの価値はあると思った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-11-27 07:57 | 冬のこと | Comments(0)

未来の自分のための覚書として、1か月の買い物記録を書いておこう

b0103470_1819347.jpg

彼女は可愛かった。
背が低く、しまった体つきで、金髪をお下げにしており、スミレ色の目は大きく、唇がちょっと腫れぼったい感じだ。
化粧が濃すぎるし、「私を見ないで」といった感じをたたえていながら、化粧と衣類が「私を見て!」と叫んでいる。

「ペイパー・ドール」ロバート・B・パーカー

最近はファッション関係の写真も、インスタグラムでアップしている。
自分の記録的な意味も含めて、1か月分の記録を、ブログにも書いておこうと思う。
未来の自分のための覚書として。

ということで、今月の買い物を思い付くままに。

正月のセールは、羽田空港まで移動する途中の池袋パルコの「マーガレット・ハウエル」にて。
ボーダーシャツ2枚と靴下を1枚。
時間が限られていたので、とにかく最低限の買い物だけを済ませた。

札幌に戻ってからは、「ナノ・ユニバース」でポケット付きのボーダーシャツ。
「アーバン・リサーチ・ドアーズ」でもボーダーシャツを購入。
毎日ボーダーを着ないと、元が取れない(笑)

「ビューティー&ユース」では、「オーチバル」のタートルネックを、またまたボーダーで。
オリジナルの黒いスエードのスニーカーと、「リーボック」の白いスエードのスニーカー。
B&Yでも、意外とセールで買い物をしていた。

「レイジブルー」で、ネイビーのニット帽と黒いスヌード。
最近は、マフラーよりもスヌードの出番が多くなってしまった。
あと1か月も使えるかどうか。

「ジーユー」で、定番グレーのパーカー。
そう言えば、「ジーユー」で買い物をしたのは、久しぶりかもしれない。

「グラミチ」の黒いニューナローパンツは、ネットで購入。
履き心地が良いので、色違いでの購入を検討中。
A.P.C以外のボトムスを買うのは、実はすごく久しぶりだったりする。

セールでは買い物をしないと言いながら、気がつけばちょこちょこと買い物をしている。
まあ、クローゼットの隙間を埋めるような買い物が中心なんだけれど。
細かいものとは言え、またモノを増やしてしまったと、少し反省(笑)

これからは春物の検討が始まる季節。
実は今日もステラプレイスをフラフラしながら、危なく春コートを衝動買いするところだった。
(「ダントン」のベージュコートがほしいと、ずっと思っている)

まあ、春のコートは、じっくりと慎重に選ぼう(と、自分に言い聞かせて)。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-31 18:46 | ファッション | Comments(0)

今は、白湯、ヨーグルト、季節の果物が、僕の朝食である

b0103470_18163933.jpg

朝食は必ず飯を食べる。
五十年ほど前、アメリカが日本に小麦粉を売りつけるための謀略で、日本のある有名人に「米を食うと馬鹿になる」と宣伝させたことがある。
愚かな日本人はその言葉を信じて、米飯を食うのをやめて、パンを食い始めたのだった。
ぼくはそのことで頭にきて、ムキになって米ばかり食い続けてきた。

「魚党」小檜山博(2004年)

僕も朝食と言えば、和食派の人間だった。
米飯に味噌汁がお約束で、副食は、焼き魚でもハムエッグでも何でもあり。
おかずがなければ、ふりかけだけでも食事ができた。

最近は、すっかりと正しい朝食を取らないようになってしまった。
本格的な肉体改造に取り組んだ際に、食生活も徹底的に見直したからだ。
別に、和朝食が嫌いになったというわけではない。

今は、白湯、ヨーグルト、季節の果物が、僕の朝食である。
最初の頃は、こんな食事で午前を乗り切ることができるわけがないと思った。
慣れてしまうと、これだけの食事でも十分だという気がしてくる。

そもそも、忙しい朝に、ゆっくり食事をしている暇がないという裏事情はある。
毎朝6時半には家を出なくてはならない。
それまでに、簡単な筋トレをして、風呂に入って、朝食を取るのが、僕の朝の日課である。

ゆっくりできる時間があるのだったら、朝の和定食が理想的だと思う。
バタバタしている時間の中で、無理やり米の飯を詰めこんでも、あまり良いことではない。
朝食を取らないのは健康にも良くないから、ヨーグルトと果物の出番というわけだ。

おかげで、毎日きちんと乳製品とフルーツを摂取することができるようになった。
もう2年近くになるが、体調はすこぶる健康で、健康診断もクリアできるようになった。
何より理想的な体重を維持できていることがうれしい(笑)

もちろん、朝のご飯は未だに大好きなので、週末にはきちんとした食事を取ることがある。
旅行に出かけたときなども、朝ごはんは何よりの楽しみだ。
ゆったりとしている時間の中で食事を取るということが、一番大切なことなのかもしれないなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-24 18:36 | 随想 | Comments(0)

昨日東京で雪が降ったと思っていたら、今日は北海道もひどい天気になった

b0103470_2025340.jpg

暁方の三時からゆるい陣痛が起こりだして不安が家じゅうに広がったのは、今から思うと七年前のことだ。
それは吹雪も吹雪、北海道ですら、めったにはないひどい吹雪の日だった。
市街を離れた川沿いの一つ家は、けし飛ぶほど揺れ動いて、窓ガラスに吹きつけられた粉雪は、さらぬだに綿雲に閉じられた陽の光を二重にさえぎって、夜の暗さがいつまでも部屋からどかなかった。

「小さき者へ」有島武郎(1918年)

昨日東京で雪が降ったと思っていたら、今日は北海道もひどい天気になった。
もっとも、札幌あたりはまだ良い方で、道東・道北では、かなり大変な状況になっているらしい。
テレビのニュース番組では、記録的な大荒れを報じ続けている。

有島の長男が生まれたときも、そのようなひどい吹雪の日だったらしい。
「市街を離れた川沿いの一つ家」は、菊水1条1丁目に建っていた。
現在は公園になっているあたりの、本当に豊平川の河畔だ。

当時の住宅は、今でも北海道開拓の村で見ることができる。
古い建物とは言え、よくぞ吹雪の夜を耐えたなあと思わざるを得ない家だ。
吹雪の中で「けし飛ぶほど揺れ動い」たのも当然だっただろう。

有島武郎の小説には、このような北海道の厳しい冬が頻繁に登場する。
それほどまでに、北海道の冬の印象は強烈で、過酷なものだったのだろうと推測する。
当時の冬は、現代の冬とは比べ物にならないくらいに恐ろしいものだったはずだから。

とは言え、今回のような冬の嵐が来ると、人間って非力だなあと、いつも思うわけだけれど。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-23 06:44 | 文学 | Comments(2)

今日の札幌の最高気温は、氷点下5.5℃である

b0103470_19433448.jpg

一月の間、雪はあまり降らなかった。
札幌の大きな通りはよく除雪され、真冬なのに凍てついた舗装道路が露出していた。
主婦たちには過ごしやすい冬だったが、スキーヤーには多少不満な冬だった。

「リラ冷えの街」渡辺淳一(1971年)

「主婦たちには過ごしやすい冬だった」のは、当時、雪かきは家庭の主婦の仕事だったからだろう。
その頃、除雪用の大きなショベルは、「ママさんダンプ」と呼ばれた。
現代の雪かきは、仕事を終えて帰宅した男性の仕事になっているような気がする。

毎朝7時過ぎには、オフィスへ出社している。
今日の朝、街を歩きながら、夜明けがいつもよりも早いような気がした。
何しろ、冬になって以降、夜明けは日ごとに遅くなるばかりだったのだ。

調べてみると、先週まで7時6分だった日の出が、今日は7時5分になっている。
たかが1分だが、遅くなる一方だった日の出が、とうとう折り返し地点を過ぎたのだ。
これから夜明けは、日ごとに早くなっていくことになる。

思ったよりも寒くないとは言いながら、さすがに今日は寒かった。
今日の札幌の最高気温は、氷点下5.5℃である。
氷点下5℃くらいでも、こんなに寒いのだと思った。

頭の中では、氷点下10℃以下にでもならなければ、たいしたものではないと思っている。
旭川や北見では、氷点下25℃を経験したこともある。
氷点下5℃くらいで、寒いなどとは言っていられないはずなのだが。

当分の間、札幌では真冬日が続くようである。
氷点下5℃前後でも、毎日続くと街はいよいよ凍りついたようになっていく。
札幌の冬も、いよいよ本番ということかもしれない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-01-12 20:32 | 冬のこと | Comments(0)

札幌は1年で最も日の入りの早い季節に入った

b0103470_5311127.jpg

十二月の初め、久しぶりに教室に現れた純子は、さらに一回り大人びて見えた。
私は、純子が東京に行ってきて、私のことはすっかり忘れたのではないかと怖れた。
だが、この不安は思い過ごしにすぎなかった。
その三日後、純子は昼休みに私に近づき、
「今夜七時、豊平川の堤の上り口のポプラの下で逢いましょう」と囁いたのである。

「阿寒に果つ」渡辺淳一(1973年)

ホワイト・イルミネーションが始まって、駅前通りにもまぶしい光が灯るようになった。
暗い札幌の冬を照らす光は貴重だと思う。
なにしろ、夕方16時には日没で、札幌の長い夜が始まるからだ。

冬になると、夜の写真が多くなる。
冬の夜が美しいということもあるだろうが、やはり、夜が長いことが、その理由だ。
午後少しモタモタしていると、あっとう間に日は暮れてしまう。

今年の冬至は12月22日だそうである。
気が付けば、夜の最も長い季節に入っているのだ。
夜が長いと感じるのは、感覚的なものではなく、本当に長いのである。

ちなみに、12月22日の日の入りは16時03分である。
一方で、12月4日から15日までの間の日の入りは16時ちょうど。
12月16日以降は、日の入りの時間は少しずつ遅くなっていく。

つまり、1年で最も日の入りの早い季節が、ちょうど今だということになる。
日の出はまだ遅くなるから、夜はこれからも長くなっていく。
ただし、夜の始まりが早いのは、冬至よりも早いこの季節なのだ。

そう考えると、冬も少し楽しいかもしれない。
1年で最も日の入りの早い季節。
ホワイト・イルミネーションを、最も楽しめる季節なのだから。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2015-12-06 06:04 | 冬のこと | Comments(4)