北24条周辺が本格的に発展したのは、昭和20年代後半からだ

b0103470_21372605.jpg

「北の都心」とまでいわれる北24条周辺が本格的に発展したのは、昭和20(1945)年代後半から。
それまでは、一面にツクシやスギナが広がり、羊や牛が見られたという。
この北24条に「幌北引揚者住宅」が建ったのは昭和23(1948)年ころから25(1950)年にかけてで、入居者のほとんどが樺太など外地からの引き揚げ者だった。
北25西2に1戸13.5坪の建設省規格の建て売り住宅が、北25西3と北26西3に市営の木造平屋住宅40戸が相継いで建築された。

しかし、粘土質の軟弱な地盤で井戸を60センチも掘り抜くと赤い水があふれてくるなどの悪条件に苦労は尽きなかった。
建設省規格住宅を建て、昭和23(1948)年から約20年間、北26西3に住んでいた本間正二さん(64)は「北18条電停までは道路らしい道路もなく、夏でも泥だらけの道をゴム長靴で歩いたものです。春でしたかねえ。棟上げの終わった市営住宅の屋根が突風で道路1本越えた向こう側まで吹っ飛んだこともありましたよ」と当時を回想する。
この地区は、道路が悪いことや札幌市の最北部に位置していたため、まだ行政の手が届かず早くから住民の連帯意識が強く、市内で戦後初の町内会が発足したところでもある。

昭和27(1952)年9月の市電鉄北線の延長は、人の流れと街並みを変えた。
北24条電停付近は利用者が集中し、西5丁目通りには商店や市場が立ち並び始めた。
とくに昭和46(1971)年地下鉄南北線開通以来、飲食店が急増した。

「広報さっぽろ北区版昭和52年5月号」(1977年)


現在も残る幌北団地は、1棟のみとなった。
建て替えられたとは言え、戦後の歴史を物語る建物のひとつには違いない。
それにしても、人口減少が深刻化する現代では、戦後の人口増加問題はちょっと想像しにくいものがある。

昭和20年代の札幌市の人口急増は、社会的な背景が大きかった。
終戦間際では、本州での空襲激化を避けて疎開する戦災者が、終戦直後は、樺太からの引揚者や復員兵の受入れが、その大きな要因となっているらしい。
加えて、戦後のベビーブームで、人口の自然増も同時に進んだ。

それまで「人が住めない」と言われていた地域も、こうした事情を背景として次々と宅地化されていった。


# by kels | 2017-10-14 22:58 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

幌北地区では市営団地の解体が進んでいる

b0103470_21371905.jpg


引き揚げ者多く住んだ「樺太団地」姿消す 札幌 年内に1棟に

戦後、サハリン(樺太)から引き揚げてきた人が多く住み、かつて「樺太団地」とも呼ばれた札幌市北区北24条周辺の市営住宅が、老朽化による取り壊しで姿を消しつつある。
かつて23棟あった建物は現在3棟まで減り、年内には1棟のみとなる見通し。


この地区の発展は、戦後間もない1948年ごろから建設された引き揚げ者住宅が原点だ。
辺りは舗装路もない湿地で、住民たちはぬかるむ道を夏でもゴム長靴で歩いたという。

引き揚げ者住宅は61年から順次建て替えられ、引き揚げ者以外も住むことができる市営住宅「幌北団地」となったが、継続して住む人も多く「樺太団地」と呼ぶ人もいた。

「北海道新聞」2017年8月5日付け


久しぶりに北24条界隈を歩いた。
夏に読んだ新聞記事のことが気になっていたからだ。
団地の解体作業は順調に進んでいるらしい。

今となっては、この街が戦後に生まれた新しい街だとは、誰も思わないだろう。
北大前から続く大通りが中心を走り、地下鉄さえ通っている。
70年前には飛行場だった土地は、見事な住宅街として生まれ変わっている。

幌北団地は、この街が戦後に誕生した街であることを物語る生き証人のような建物だったような気がする。
急激な人口増加に住宅供給が追い付かなかった時代。
市内の至る地域が宅地化されて、団地やらアパートやらが次々と建てられていった。

将来発展する大札幌の住宅地区を建設するため、市ではこのほど旧札幌飛行場跡地約五万八千坪を購入。
近く融雪を待って土地整備に乗り出すことになった。
市ではかねてから北二十四-二十七、西五-十一、旧札幌飛行場跡地五八、六二十坪の国有地払い下げについて財務局と交渉中であったが、このほど一千万円で購入することに決定。
団地を発展する市の一部として分譲住宅地とする計画を立てており、さしあたり本年度事業として二千万円の予算で歩道、車道、排水管の敷設など土地整備を行い、二十七年度には電車路線を敷設、車庫を建設し、小公園、防風林など緑地帯をつくり、理想的な住宅地として市民に分譲するほか、道立高校、消防学校、聾学校用地として道に分譲することも予定している。

「北海道新聞」1951年4月5日付け


こうして、昭和26年、市営住宅を中心とする戦後の街づくりが始まった。




# by kels | 2017-10-14 22:13 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

喫茶カルメル堂は、森彦本店で店長を務めていた女性が、独立して開店したお店です

b0103470_06475866.jpg
「喫茶カルメル堂」がオープンして、もうすぐ3か月ですね。
開店早々人気店となっているので、既に来店済みの方も多いはず。
札幌日和下駄では、これが初登場です。

喫茶カルメル堂は、森彦本店で店長さんを務めていた女性が、独立して開店したお店です。
古いビルの一室で、ひっそりと営業している隠れ家カフェ。
というイメージですが、積極的に情報発信されているので、全然クローズドなお店ではありません。

店内は、カウンター席とテーブル席のほか、窓際に3人掛けのカウンター席があります。
テーブル席は、いずれも2人掛けで、3人以上のグループでは使いにくいと思います。
そもそも、お一人様のためのお店なのかもしれません。

コーヒーは深煎りと中煎りの2種類あって、深煎りは森彦、中煎りは新琴似の神野喫茶店のもの。
紅茶は、国産うきはの山茶。
自家製レモネードも、人気ドリンクみたいです。

ドリンク以上に大人気なのが、自家製の各種フード。
フレンチトーストをはじめとする軽食類は、開店当初からの人気メニューだとか。
季節で変わるタルトなど、デザート系も充実しているので、リピーターが多いのも納得です。

最近は、自家製のラムレーズンのどら焼きも登場。
和菓子とコーヒーの組み合わせがお好きな方には、ぜひお勧めしたい一品です。

店内は、振り子時計の音が響くくらいに、基本的に静かな雰囲気。
2人連れのお客さんが入ると、会話が店内に響き渡る感じです。
経験的には、9割以上が大人の女性だと踏んでいます(笑)

ちなみに、ホール担当の女性も森彦本店で勤務されていた方です。

人気がありすぎると、自分がお店に入れないので、これまでレポートを控えていました(笑)
今週はカフェ特集のポロコ発売もあるので、カルメル堂の注目度は、ますます高くなりそうですね。

# by kels | 2017-09-18 07:19 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

今、渡辺つゆについて、詳しく知る術は何もない

b0103470_07153174.jpg


おつゆさんの命日にふさわしい雨だ。
あなたは春を知らずに過ぎた、秋の寂しい女だった。

「つゆ女伝」吉屋信子(1963年)

昔、渡辺水巴という俳人があった。
「紫陽花や白よりいでし浅みどり」という有名句がある。
大正から昭和初期を代表する人であった。

この俳人には、つゆという妹がいた。
生涯独身で、兄・水巴の世話をし続けたという。
己の女性としての幸せよりも、兄への献身に生きがいを見出していたというのか。

今、この渡辺つゆについて、詳しく知る術は何もない。
ただ、彼女の残したいくつかの俳句を読むことができるくらいだ。
それが僕には、何だか寂しいような気がしている。

圧し鮨の笹の青さや春の雪 渡辺つゆ女

つゆは、太平洋戦争が始まる直前の10月10日、兄より先に帰らぬ人となった。
58歳だった。
つゆの好物は、笹巻鮨だったという。

# by kels | 2017-08-27 07:02 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

あんなに好きだったお店だけれど、それ以来、このお店を訪れることはなくなった

b0103470_07143449.jpg


東京ではコーヒー、大阪ではコーヒ。
中身は同じだが、カフェ、カフィーということか。
会社員というか、サラリーマンというか、この人たちは、商談と称して一日何杯コーヒーを飲むのだろう。
理解に苦しむのは、なんで番茶や水で商談ができぬか。

「わたしの自由席」森繁久彌(1975年)


居心地の悪いカフェについて考えてみた。
人は楽しい思い出以上に、楽しくない思い出を、いつまでも抱き続けるものらしい。
嫌な記憶を払拭するのは並大抵のことではない。

僕の最も苦手な店は、窮屈な店である。
室内空間にびっしりとテーブルが詰め込まれている店には行かない。
ファストスードの店に行かない最大の理由は、窮屈だからである。

以前、お気に入りの店があった。
小さな店だが、カウンター席のほか、ソファ席やテーブル席が用意されていた。
いつも、人の少ない時間帯に行っていたので、ゆったりとしたソファ席を好んで利用していた。

ある日、どうした事情か忘れたが、珍しく混雑しそうな時間帯に店を訪れた。

ソファ席が空いていたが、これまで座ったことのないテーブル席に座ってくれという。
店内空間は入口を入って左右で分かれていて、左が窓際席とソファ席、右側がテーブル席となっているらしい。
右側のテーブル席の空間を利用するのは、それが初めてだった。

テーブル席は、想像以上に窮屈な空間だった。
小さなテーブルに椅子が2つずつ組み込まれている。
ひとつのテーブル席を除いて、席は満席の状態だった。

テーブルに合わせて、椅子まで小さかった。
おまけに、隣の客との距離が異常に狭い。
人間が一人、横になって歩くことのできる最低限の隙間を確保しているようだ。

オシャレなカフェだから、客は若い男女か若い女性同士だった。
みんな話したいことがたくさんあるのだ。
両隣の客席の声は、まるで僕たちに話しかけているみたいに、響き渡ってきた。

窮屈な空間だから、荷物を置く場所もない。
人が歩くのがやっとだから、荷物を入れる籠を置くことなんて不可能なのだろう。
鞄は膝の上に置くのが、この店のテーブル席の流儀らしい。

きっと、あのテーブル席は、一人客を想定して作ったものだろうと思う。
それとも、狭い空間に最大限効率的に客を収納するために、ファストフード店を真似たのだろうか。

あんなに好きだったお店だけれど、僕はそれ以来、このお店を訪れることはなくなった。
わざわざお金を払ってまで、もう二度と、あんなに窮屈な目に遭いたくないからだ。
それは、インテリアや食器がオシャレだとか、ドリンクやフードが美味しいとか、お店の人たちの人柄が良いとか、そういうものを超えたお店としての本質的な問題だと僕は思う。

# by kels | 2017-08-20 07:44 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)