樹の葉の色が変わっただけで、こんなにも楽しいんだから、人生って良いよね

b0103470_20543186.jpg
久しぶりに、一眼レフカメラを持って街に出た。
紅葉の写真を撮りたいと思ったのだ。
色づく街を見ると、じっとしていられない性分らしい。

この感覚は、春の桜の季節に似ている。
桜の花びら舞う街を見ていると、じっとしていられない。
つまり、春と秋になると、僕は非常に落ち着きがなくなるわけだ。

そう言えば、しんしんと雪の降る冬の日も、何となくそわそわする。
季節の風景というのは、何かしら人の心に働きかけるものがあるのだろう。
美しい四季を持つ日本に生まれた故の性というものなのかもしれない。

単純に考えて、樹の葉の色が変わっただけで、こんなにも楽しいんだから、人生って良いよね。

# by kels | 2017-10-28 21:19 | 秋のこと | Comments(0)

最近は、風物詩としてのハロウィンが、すっかりと定着しているようである

b0103470_20543325.jpg
午後、街を歩いていると、南2条通りが歩行者天国になっていた。
仮装をした人々が集まっている。
どうやら、ハロウィンのイベントだったらしい。

最近は、風物詩としてのハロウィンが、すっかりと定着しているようである。
カフェに行けばハロウィンを意識した期間限定メニューもある。
街はもちろんハロウィンムードでいっぱいだ。

何だかよく分からないけれど、活気あふれる街というのは悪くない。
何より、普通に一般市民が、気軽に参加できるところがいい。
時代は、体験参加型のイベントを求めているのだ。
# by kels | 2017-10-28 21:10 | 秋のこと | Comments(0)

戦後間もない時代の新聞を読むと、毎日のように住宅問題が取り上げられている

b0103470_18144488.jpg


建設すすむ市営住宅 板壁ながら引揚者には龍宮

解体材をめぐり紛糾に紛糾をつづけた授産博覧会資材は、ついに札幌市の手に帰したが、市ではこれで市営住宅八棟七十戸を総工費二百十万円で建設することとなり。
いま◆◆を押し分けて北二十四西五の市有地に来月完成を目ざして建築を進めている。
この市営住宅はアパート式で壁もない板張りの超耐乏住居ではあるが、家のない引揚者たちにはこれでも龍宮のような嬉しい存在。
市ではさきごろ行った住宅困窮調査に基ずき家のない人々に貸付けることになっている。

「北海道新聞昭和23年1月11日付け」(1948年)

戦後間もない時代の新聞を読むと、毎日のように住宅問題が取り上げられている。

増える人間に対して物理的に住宅が足りないという状況で、しかもその数は中途半端なものではなかった。
昭和21年だけで、引揚者数1万5千人(5600世帯)、戦災者数5500人(2000世帯)の受入れである。
東京のような大規模な空襲被害を受けたわけではない街としても、極端な住宅不足は明らかだった。

当初は、日本政府が収容施設の確保を図り、昭和23年以降は、札幌市としても、新たな国庫補助制度を活用して庶民住宅の建設を開始した。
昭和23年に市が募集した八十戸の住宅には、1500件近い申し込みがあったという。
市営住宅への入居は、まさしく夢のような暮らしであった。



# by kels | 2017-10-15 18:15 | 札幌のこと | Comments(3)

北24条周辺が本格的に発展したのは、昭和20年代後半からだ

b0103470_21372605.jpg

「北の都心」とまでいわれる北24条周辺が本格的に発展したのは、昭和20(1945)年代後半から。
それまでは、一面にツクシやスギナが広がり、羊や牛が見られたという。
この北24条に「幌北引揚者住宅」が建ったのは昭和23(1948)年ころから25(1950)年にかけてで、入居者のほとんどが樺太など外地からの引き揚げ者だった。
北25西2に1戸13.5坪の建設省規格の建て売り住宅が、北25西3と北26西3に市営の木造平屋住宅40戸が相継いで建築された。

しかし、粘土質の軟弱な地盤で井戸を60センチも掘り抜くと赤い水があふれてくるなどの悪条件に苦労は尽きなかった。
建設省規格住宅を建て、昭和23(1948)年から約20年間、北26西3に住んでいた本間正二さん(64)は「北18条電停までは道路らしい道路もなく、夏でも泥だらけの道をゴム長靴で歩いたものです。春でしたかねえ。棟上げの終わった市営住宅の屋根が突風で道路1本越えた向こう側まで吹っ飛んだこともありましたよ」と当時を回想する。
この地区は、道路が悪いことや札幌市の最北部に位置していたため、まだ行政の手が届かず早くから住民の連帯意識が強く、市内で戦後初の町内会が発足したところでもある。

昭和27(1952)年9月の市電鉄北線の延長は、人の流れと街並みを変えた。
北24条電停付近は利用者が集中し、西5丁目通りには商店や市場が立ち並び始めた。
とくに昭和46(1971)年地下鉄南北線開通以来、飲食店が急増した。

「広報さっぽろ北区版昭和52年5月号」(1977年)


現在も残る幌北団地は、1棟のみとなった。
建て替えられたとは言え、戦後の歴史を物語る建物のひとつには違いない。
それにしても、人口減少が深刻化する現代では、戦後の人口増加問題はちょっと想像しにくいものがある。

昭和20年代の札幌市の人口急増は、社会的な背景が大きかった。
終戦間際では、本州での空襲激化を避けて疎開する戦災者が、終戦直後は、樺太からの引揚者や復員兵の受入れが、その大きな要因となっているらしい。
加えて、戦後のベビーブームで、人口の自然増も同時に進んだ。

それまで「人が住めない」と言われていた地域も、こうした事情を背景として次々と宅地化されていった。


# by kels | 2017-10-14 22:58 | Comments(2)

幌北地区では市営団地の解体が進んでいる

b0103470_21371905.jpg


引き揚げ者多く住んだ「樺太団地」姿消す 札幌 年内に1棟に

戦後、サハリン(樺太)から引き揚げてきた人が多く住み、かつて「樺太団地」とも呼ばれた札幌市北区北24条周辺の市営住宅が、老朽化による取り壊しで姿を消しつつある。
かつて23棟あった建物は現在3棟まで減り、年内には1棟のみとなる見通し。


この地区の発展は、戦後間もない1948年ごろから建設された引き揚げ者住宅が原点だ。
辺りは舗装路もない湿地で、住民たちはぬかるむ道を夏でもゴム長靴で歩いたという。

引き揚げ者住宅は61年から順次建て替えられ、引き揚げ者以外も住むことができる市営住宅「幌北団地」となったが、継続して住む人も多く「樺太団地」と呼ぶ人もいた。

「北海道新聞」2017年8月5日付け


久しぶりに北24条界隈を歩いた。
夏に読んだ新聞記事のことが気になっていたからだ。
団地の解体作業は順調に進んでいるらしい。

今となっては、この街が戦後に生まれた新しい街だとは、誰も思わないだろう。
北大前から続く大通りが中心を走り、地下鉄さえ通っている。
70年前には飛行場だった土地は、見事な住宅街として生まれ変わっている。

幌北団地は、この街が戦後に誕生した街であることを物語る生き証人のような建物だったような気がする。
急激な人口増加に住宅供給が追い付かなかった時代。
市内の至る地域が宅地化されて、団地やらアパートやらが次々と建てられていった。

将来発展する大札幌の住宅地区を建設するため、市ではこのほど旧札幌飛行場跡地約五万八千坪を購入。
近く融雪を待って土地整備に乗り出すことになった。
市ではかねてから北二十四-二十七、西五-十一、旧札幌飛行場跡地五八、六二十坪の国有地払い下げについて財務局と交渉中であったが、このほど一千万円で購入することに決定。
団地を発展する市の一部として分譲住宅地とする計画を立てており、さしあたり本年度事業として二千万円の予算で歩道、車道、排水管の敷設など土地整備を行い、二十七年度には電車路線を敷設、車庫を建設し、小公園、防風林など緑地帯をつくり、理想的な住宅地として市民に分譲するほか、道立高校、消防学校、聾学校用地として道に分譲することも予定している。

「北海道新聞」1951年4月5日付け


こうして、昭和26年、市営住宅を中心とする戦後の街づくりが始まった。




# by kels | 2017-10-14 22:13 | 札幌のこと | Comments(0)