さっぽろラーメン共和国

札幌エスタの上にある「さっぽろラーメン共和国」は、すっかり観光地して定番のスポットになっているようです。
これまで、何度か訪ねたことはあったのですが、実際に食事をしたのは、なんと今回が初めてでした。
ラーメンは大好きなのですが、外すと大きいので、なかなか新しい店に入ることができない正確なのです。
今回は、関東からやって来たお客さんの要望に応える形で、初めてらーめん共和国のラーメンを食べました。

それにしても、ずいぶんとレトロな空間作りになっています。
デジカメを持っていなかったので、写真がないのが残念。
昭和30年代の街並みを再現して、屋台のラーメン屋の雰囲気を作りだしています。

らーめん共和国には、何件ものラーメン店が入っているのですが、問題はどのお店に入るかということ。
旭川にも「ラーメン村」というラーメン店の集合体のようものがあり、ここで食事をして思い切り外したことがあります。
店選びはかなり深刻な問題なのです。

今回は、お客さんの要望が「麺が縮れているサッポロラーメン」ということだったので、伝統的なサッポロラーメンを食べさせる店を選びました。
僕も個人的に、麺が太くて、縮れている黄色いやつが好きです。
結果ですが、麺はそこそこに美味しかったのですが、スープがかなり甘めで、ちょっと飲む気にはなれないものでした。

でも、懐かしい街並みを歩いていると、けっこう心が和みますよ☆
# by kels | 2006-05-01 21:50 | 旧・紳士のおもちゃ箱 | Comments(0)

豊平神社の骨董市

いよいよ今日から豊平神社の青空骨董市が始まりました。
毎月1回、豊平神社で開催される、札幌でもっとも規模の大きな、定期的青空骨董市です。

朝9時前に到着するようにしたのですが、既になかなかの人出です。
神社に向かう道路で、「カバシマヤ」の店長さんが、早くも帰っていくところにすれ違い。
さらに、神社の敷地に入ると、「喫茶と雑貨 十一月」の店長さんが大量の荷物を抱えて帰るところ。
さすがに皆さん、行動が早いですね~。
ちなみに、札幌の骨董市は内地のように「日の出から」といったようなことはありません。

「彩古堂」さんが並べていた大量の「おみやげこけし」。
もう家には飾る場所がないな~と思いつつも、「じゃー、全部ください」。
全部で50箱近くあったんじゃないのかな☆

足寄の「小山田輪盛館」さんは、昭和レトロな雑貨が豊富で、波長が合います。
東京土産の灰皿と、「根性」の文字と地球儀が付いたペン立て(一応、阿寒湖)を買いました。
最近は昭和のスーベニールがマイブームです☆

「アンティーク・トム」さんが並べていた「おみやげこけし」。
「本水晶」で作ったという「水晶こけし」と、貝殻細工のラテンこけし(一応、洞爺湖)、買っちやいました。
ついでに、なんだかよくわからない蝋細工のバンビも一緒に。
あと、買わなかったけれど、蒐集対象の「ままごとセット」で、カニの絵がプリントされているものが、ちょっと気になりました。
同じシリーズで、ハチとかヒツジのものは持っているのですが、カニは初めて(笑)
ほしかったけれど、部品が欠けていたりしたのと、値段が折り合わなかったので、残念ながら今回は見送り☆

「クレイドル」さんの壺の中に、マッチラベルのスクラップブックを発見。
なぜに、壺の中?
マッチラベルは、昭和30年代前半の札幌のものが中心で、戦前のものや東京のものが時折混在していました。
マッチラベルは蒐集のメインにもなっているので、嬉しかったです☆

ということで、なんだかんだで、持っていったお金をほとんど使ってしまいました。
普段から用心して、決して多くの現金は持ち歩かないようにしていますが、本当に持っていると持っている分だけ、使ってしまうんですよね~。
我ながら、恐ろしい病気です(笑)
# by kels | 2006-04-30 21:50 | 旧・紳士のおもちゃ箱 | Comments(0)

東急ハンズのお宝市

札幌東急ハンズで、今日からゴールデンウィークお宝市が始まりました。
ということで、早速チェック。
2Fの「大正・昭和骨董市」では印判皿など食器を中心とした生活雑貨がメイン。
和ガラスを期待していたのですが、ガラスはほとんどなし。
印判皿は1枚200円から。
結構人だかりができて、高齢の方達がお皿を買っていたようです。

3F「アンティーク雑貨特集」では、昭和の船舶部品など。
特に、いいなと思えるものはなし。

5F「ビンテージ・インテリア特集」では、ファイヤーキングのマグカップなどが中心。
我が家で使っているマクドナルドのマグカップが3客もありました。
3,000円くらいだったかな。
ファイヤーキングのマグは2,000円からなので、気軽に入手できそうです。

結局、本日の買い物はなし。
明日の豊平神社の骨董市に期待ですね☆

ところで、東急ハンズの1Fには、北海道のローカルキャラクターというコーナーがあって、巨大な「テレビ父さん」がいました。
それにしても、聞いたことないようなローカルキャラって、たくさんあるんですね~。
今度、じっくり研究してみようかな☆
# by kels | 2006-04-29 21:55 | 旧・紳士のおもちゃ箱 | Comments(0)

北大植物園がオープンしました

札幌の都心部にある広大な植物園、北海道大学付属植物園が本日オープンしました。
今日は開園記念で無料解放なので、早速お弁当を持って遊びに行ってきました。
この植物園は、北海道大学がまだ札幌農学校と呼ばれていた時代の、明治19年に創設された歴史のあるものです。
園内には、貴重な植物が保存されているだけではなく、明治期の歴史的建造物も一緒に保存されています。
写真は現存するものとしては国内最古の博物館です。
動物標本が中心で、極めて貴重なエゾオオカミの剥製や、南極犬タロの剥製なども展示されています。

今年は春が少し遅めということもあって、水芭蕉がちょうど見頃となっていました。
例年だと、もっと成長しているような気がしたのですが。
園内にはカメラを持った人たちが多くて、特にこの水芭蕉は格好の被写体となっていたようです。

園内の熱帯コーナーにあったバナナ。
バナナの青い実が鈴なりになっています。
北海道でこういう植物を見ると、なんだか感慨深いですね~。

アウトドアでは、やはりお弁当が一番。
芝生の上で食べるお弁当は、特に美味しいんですよね。
今日は太陽の光が差して、気温も高く、例年になく気持ちの良い開園となったみたいですね☆
# by kels | 2006-04-29 21:54 | 旧・紳士のおもちゃ箱 | Comments(0)

さっぽろジンギスカン

b0103470_21521876.jpg

連休中どこに行くという予定もないので、とりあえず久しぶりにジンギスカンを食べに行きました。
すすきのにある「さっぽろジンギスカン」は地元客にも観光客にも人気のあるジンギスカンのお店です。
カウンターのみの狭いお店なので、開店直後を目指して行きました。
午後5時過ぎに入ったのですが、それでももうお客さん達が食事しています。
子供連れで入ったのですが、最初にオレンジジュース、最後にアイスクリームのサービスがありました。
ということは、子供連れのお客さんを大切にしているということなんでしょうね。
今まで知らなかったです☆

食事が終わった後は、ぶらぶらとすすきのを散歩。
ススキノ交差点の象徴、ニッカ・ウヰスキーのネオンが光り輝いています。
久しぶりに石川書店に行って、じっくり古本を眺めました。
学生時代から、このお店では郷土史の本なんかを随分と探したものです。
2Fはやっていなかったので、1Fだけを入念にチェック。
古い「骨董ファン」が1冊500円だったので、これだけ買ってきました。

b0103470_21531045.jpg

ススキノの夜空を見上げると、ビルの上に大きな観覧車が。
5月3日にオープンする商業ビル「ノルベサ」の観覧車です。
札幌都心部の風景が、また変わっていきますね☆
# by kels | 2006-04-29 21:51 | 旧・紳士のおもちゃ箱 | Comments(0)