喫茶カルメル堂は、森彦本店で店長を務めていた女性が、独立して開店したお店です

b0103470_06475866.jpg
「喫茶カルメル堂」がオープンして、もうすぐ3か月ですね。
開店早々人気店となっているので、既に来店済みの方も多いはず。
札幌日和下駄では、これが初登場です。

喫茶カルメル堂は、森彦本店で店長さんを務めていた女性が、独立して開店したお店です。
古いビルの一室で、ひっそりと営業している隠れ家カフェ。
というイメージですが、積極的に情報発信されているので、全然クローズドなお店ではありません。

店内は、カウンター席とテーブル席のほか、窓際に3人掛けのカウンター席があります。
テーブル席は、いずれも2人掛けで、3人以上のグループでは使いにくいと思います。
そもそも、お一人様のためのお店なのかもしれません。

コーヒーは深煎りと中煎りの2種類あって、深煎りは森彦、中煎りは新琴似の神野喫茶店のもの。
紅茶は、国産うきはの山茶。
自家製レモネードも、人気ドリンクみたいです。

ドリンク以上に大人気なのが、自家製の各種フード。
フレンチトーストをはじめとする軽食類は、開店当初からの人気メニューだとか。
季節で変わるタルトなど、デザート系も充実しているので、リピーターが多いのも納得です。

最近は、自家製のラムレーズンのどら焼きも登場。
和菓子とコーヒーの組み合わせがお好きな方には、ぜひお勧めしたい一品です。

店内は、振り子時計の音が響くくらいに、基本的に静かな雰囲気。
2人連れのお客さんが入ると、会話が店内に響き渡る感じです。
経験的には、9割以上が大人の女性だと踏んでいます(笑)

ちなみに、ホール担当の女性も森彦本店で勤務されていた方です。

人気がありすぎると、自分がお店に入れないので、これまでレポートを控えていました(笑)
今週はカフェ特集のポロコ発売もあるので、カルメル堂の注目度は、ますます高くなりそうですね。

# by kels | 2017-09-18 07:19 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

今、渡辺つゆについて、詳しく知る術は何もない

b0103470_07153174.jpg


おつゆさんの命日にふさわしい雨だ。
あなたは春を知らずに過ぎた、秋の寂しい女だった。

「つゆ女伝」吉屋信子(1963年)

昔、渡辺水巴という俳人があった。
「紫陽花や白よりいでし浅みどり」という有名句がある。
大正から昭和初期を代表する人であった。

この俳人には、つゆという妹がいた。
生涯独身で、兄・水巴の世話をし続けたという。
己の女性としての幸せよりも、兄への献身に生きがいを見出していたというのか。

今、この渡辺つゆについて、詳しく知る術は何もない。
ただ、彼女の残したいくつかの俳句を読むことができるくらいだ。
それが僕には、何だか寂しいような気がしている。

圧し鮨の笹の青さや春の雪 渡辺つゆ女

つゆは、太平洋戦争が始まる直前の10月10日、兄より先に帰らぬ人となった。
58歳だった。
つゆの好物は、笹巻鮨だったという。

# by kels | 2017-08-27 07:02 | 文学 | Comments(0)

あんなに好きだったお店だけれど、それ以来、このお店を訪れることはなくなった

b0103470_07143449.jpg


東京ではコーヒー、大阪ではコーヒ。
中身は同じだが、カフェ、カフィーということか。
会社員というか、サラリーマンというか、この人たちは、商談と称して一日何杯コーヒーを飲むのだろう。
理解に苦しむのは、なんで番茶や水で商談ができぬか。

「わたしの自由席」森繁久彌(1975年)


居心地の悪いカフェについて考えてみた。
人は楽しい思い出以上に、楽しくない思い出を、いつまでも抱き続けるものらしい。
嫌な記憶を払拭するのは並大抵のことではない。

僕の最も苦手な店は、窮屈な店である。
室内空間にびっしりとテーブルが詰め込まれている店には行かない。
ファストスードの店に行かない最大の理由は、窮屈だからである。

以前、お気に入りの店があった。
小さな店だが、カウンター席のほか、ソファ席やテーブル席が用意されていた。
いつも、人の少ない時間帯に行っていたので、ゆったりとしたソファ席を好んで利用していた。

ある日、どうした事情か忘れたが、珍しく混雑しそうな時間帯に店を訪れた。

ソファ席が空いていたが、これまで座ったことのないテーブル席に座ってくれという。
店内空間は入口を入って左右で分かれていて、左が窓際席とソファ席、右側がテーブル席となっているらしい。
右側のテーブル席の空間を利用するのは、それが初めてだった。

テーブル席は、想像以上に窮屈な空間だった。
小さなテーブルに椅子が2つずつ組み込まれている。
ひとつのテーブル席を除いて、席は満席の状態だった。

テーブルに合わせて、椅子まで小さかった。
おまけに、隣の客との距離が異常に狭い。
人間が一人、横になって歩くことのできる最低限の隙間を確保しているようだ。

オシャレなカフェだから、客は若い男女か若い女性同士だった。
みんな話したいことがたくさんあるのだ。
両隣の客席の声は、まるで僕たちに話しかけているみたいに、響き渡ってきた。

窮屈な空間だから、荷物を置く場所もない。
人が歩くのがやっとだから、荷物を入れる籠を置くことなんて不可能なのだろう。
鞄は膝の上に置くのが、この店のテーブル席の流儀らしい。

きっと、あのテーブル席は、一人客を想定して作ったものだろうと思う。
それとも、狭い空間に最大限効率的に客を収納するために、ファストフード店を真似たのだろうか。

あんなに好きだったお店だけれど、僕はそれ以来、このお店を訪れることはなくなった。
わざわざお金を払ってまで、もう二度と、あんなに窮屈な目に遭いたくないからだ。
それは、インテリアや食器がオシャレだとか、ドリンクやフードが美味しいとか、お店の人たちの人柄が良いとか、そういうものを超えたお店としての本質的な問題だと僕は思う。

# by kels | 2017-08-20 07:44 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

僕は小説家以上に随筆家に憧れていたのだ

b0103470_05464723.jpg


学生アルバイトにアイスクリーム売りをしたのは、昭和23年の夏であった。
当時、父の転勤で我が家は仙台に引っ越しており、私と弟は麻布市兵衛町の母の実家から学校へ通っていた。
応分の仕送りはあったのだが、新円切り換えになって間もない時分でもあり、本を買ったりスバル座でアメリカ映画を見たりするには、お小遣いが足りなかったからである。

「学生アイス」向田邦子(1978年)


「アンドプレミアム」で向田邦子の文章が紹介されていた。
旅行に関する文章だったような気がする。
書店で向田邦子の名前を見たとき、無意識のうちに手に取っていた。

向田邦子の随筆は、過去にひととおり読んでいるはずである。
それでも全然記憶にないような話が、次々に出てきた。
「読んだ」と言っても、それは、もう随分昔の話なのだ。

等身大の随筆というのは、読んでいて気持ちが良いものである。
自分も、こういう随筆を書きたいと、昔に思ったことを思い出した。
僕は小説家以上に随筆家に憧れていたのだ。

# by kels | 2017-08-19 07:21 | 文学 | Comments(0)

おめでたいことがあったので、仲間を集めて近所の焼き肉屋へ行った

b0103470_05473960.jpg


夏休みになると、市電(後の都電)に乗って、東京の諸方を見物するのが、私の楽しみだった。
その頃の東京人は、自分が住む町内から、めったに外へ出ない。
どの町にも鮨屋があり、蕎麦屋・洋食屋・中華料理から寄席・映画館も、ところによっては芝居小屋まであった。
全てひとつの町の中で、用が足りたのである。

「私の夏」池波正太郎(1980年)


おめでたいことがあったので、昨夜、仲間を集めて近所の焼き肉屋へ行った。
個室を予約しようと思ったけれど、既にいっぱいだという。
店へ行くと、果たして満席で少し待たされることになった。

金曜日とはいえ、どうして、こんなに混雑しているのだろうと思った。
客を眺めていると、家族連れが多い。
リラックスした父親の姿が、やけに目に付く。

そうか、世の中のお父さんたちは、今、お盆休みなのだと、そのとき気が付いた。
8月15日でお盆は終わったと思っていたけれど、世の中的には、お盆休みはまだ続いていたのだ。
職場で予定を調整して休んでいる場合も多いに違いない。

お祝いだから、普段は注文しないような贅沢な肉ばかり食べた。
普段から贅沢していては、このような感動はないだろう。
つつましい生活の中に、小さな幸せがあるのだと思った。
# by kels | 2017-08-19 06:54 | 日記 | Comments(0)