<   2017年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

小学3年生用副読本「札幌のおいたち」昭和33年版

b0103470_05561605.jpg

「札幌のおいたち(改訂版)」という名前の本を見つけました。
井黒弥太郎著、児童図書研究会編、みやま書房刊、150円。
奥付には、昭和33年4月15日改訂版発行とあります。

三年生になると、社会科で札幌市のことをいろいろお勉強します。
この本は、その時よいお友だちになってくれます。
札幌は北海道で一ばん大きなまちです。日本では9ばん目です。

札幌にすむみなさんは、まちのようすをいつも見ているので、
なんでもよくわかっているように思うでしょう。
けれども何か、ほかの人にきかれると、あんがいわかっていないものです。
そんなことでは、大札幌の子どもとして残念なことです。

りっぱなまちには、自分の町のことをよく知っている子どもがいます。
まちのきまりをまもり、まちをきれいにしようとする子どもがいます。
この本を読むみなさんは、先生やお友だちとじっさいにしらべたりおはなしあいをして、
札幌のことをよく知って、りっぱなまちの子どもになってください。


どうやら、この本は、札幌の小学校3年生用に製作された副読本のようです。
1958年に9才だった人たちなので、現在は68歳の方々が使用された教材ということになります。
そして、来年は、この本が発行されてから60周年になるんですね。

戦後の昭和30年代、札幌の街もどんどん発展していった時代だと思います。
副読本の内容も次々と差し替えなければ、リアルな街の説明が難しかったのではないでしょうか。
副読本を年代順に追いかけていくと、札幌の移り変わりがきっと分かるはずです。

当時の札幌の人口は50万人。
本当の札幌の発展は、この次の時代にやってくるのだということを、9才の少年少女たちは、自分たちの目で確認するとともに、その時代の発展を、自分たちの手で支えていくことになります。
by kels | 2017-12-24 06:20 | 旧・札幌エピソード | Comments(2)

スマホで「写ルンです風の日付入り写真」を撮ろう

b0103470_13295610.jpg
札幌日和下駄でもスマホ写真使ったりして、時代は変わったなあと、本当に思います。
フィルム一眼とかトイカメラとかが中心の時代もあったんですけどねー(遠い目)

最近は、スマホでフィルム風写真を楽しんでいます。
こういうところ、多様なアプリが次々に出てくるので、スマホはすごい。

今日、ご紹介するアプリは、写ルンです風の日付入りフィルム写真が撮れるスマホアプリです。
(ところで、「写ルンです」って日付入ったよね?)

b0103470_13364414.jpg
アプリ名は、その名も「Huji Cam」。
「FUJI」じゃないよ(笑)

上の画像は、既に起動後の画像です。
左上にある小さなファインダーを覗きながら、右下の大きなシャッターを押して撮影します。
撮影後、フィルムの画像が現れて、撮影が成功したことを知らせてくれます。

写真を見るときは、右上の「Labo」から現像しなくてはなりません。
ここで写真を選択して保存すると、写真が完成します。
スマホなのに手間がすごい(笑)

オレンジ色の小さな日付表示を入れることも可能。
以前は「'98」だけだったのですが、今は現在の日付を選ぶことも可能です。
1998年にこだわりがあるってところが楽しいですね。

さあ、スマホを使って、素敵なフィルム写真の世界を楽しみましょう。

ちなみに、「kamon」や「Gudak Cam」っていうのもあります(「canon」とか「Kodak」じゃないよ)。

by kels | 2017-12-10 13:46 | 旧・コラム・随想 | Comments(0)

松尾ジンギスカン「松尾のおいしい食べ方」マニュアル

b0103470_19505401.jpg
御歳暮に松尾ジンギスカンが届いたので、早速夕食に食べました。
北海道で暮らしているのに、御歳暮にジンギスカン!
どれだけ羊肉好きなんだよって感じです(笑)

お肉と一緒に「松尾のおいしい食べ方」マニュアルが同梱されていました。
意外とジンギスカンには、いろいろな流儀があるんですよね。
それぞれの流儀に従うのが、美味しく頂くコツです。

松尾のおいしい食べ方。

鍋のまわりに野菜をしきつめる。
どばっとお肉を豪快に焼く。
以上(笑)

b0103470_19505363.jpg
松尾ジンギスカンは、鍋の中央に肉を乗せて焼くのが流儀です。
肉を漬けこんでいたタレは、野菜にかけ回します。
我が家では、シンプルに1種類の野菜を乗せるのが定番で、今夜はモヤシでした。

毎週末でも食べたいジンギスカン。
ところで、ジンギスカン鍋は、北海道の家庭では、どこでも常備されているものなのでしょうか?
ちなみに、松尾マニュアルには、ホットプレートでの調理方法も紹介されていましたよ。


by kels | 2017-12-09 20:00 | 旧・札幌エピソード | Comments(4)

昨日の札幌は、久しぶりに冬らしい渋滞だった

b0103470_05403722.jpg
昨日の札幌は、久しぶりに冬らしい渋滞だった。
もちろん、雪が降ったせいなんだけれど、感覚的には特別にすごい積もり方ではなかった。
それでも、毎年冬の始まりというのは、渋滞が悩ましいような気がする。

中途半端にザクザクした雪だから、自動車のハンドルを取られやすい。
きちんとまっすぐに走ることが難しいくらいだ。
左右に揺れながら走るから、あまりスピードを出すこともできない。

おまけに、昨日は、雪の下がものすごいアイスバーンだった。
ピカピカの氷の上に、ザクザクの雪が積もっているから、気を許した瞬間にスリップしそうな感じ。
そんなふうに見えないところが罠なんだろうな。

電車通りでは、自動車1台走る分の幅だけは、何とか確保されていた。
けれど、路肩に積もった雪はそのままで、これが非常に危険なトラップになっている。
たいした積雪でもないと思って雪の上に止まってしまうと、スリップして走りだせなくなる。

少し斜めに雪に入ってしまうと、もともと狭い道路だから、あっという間に電車の通行を妨げてしまうことになる。
昨夜は、そんな光景をあちこちで見ながら、いよいよ本格的な冬なんだなと感じた。

by kels | 2017-12-09 05:53 | 旧・札幌散策 | Comments(0)

映画「写真甲子園 0.5秒の夏」

b0103470_20161476.jpg
映画「写真甲子園 0.5秒の夏」を観てきた。
思ったよりも、観客が入っていたことにびっくり(思ったよりもね)。
高校生よりおじさんおばさんの方が、圧倒的に多かったけれど。

こういうのって、きっとドキュメンタリーの方がおもしろいんだろうな。
以前にテレビで観たドキュメントは、本当に緊迫感があった。
毎年観たいくらいなんだけど。

北海道の人間としては、一度くらい写真撮ってる現場を観てみたいと思っている。
仕事があるし、東川町まで行くのは、なかなか簡単じゃないけれどね。

まあ、映画もおもしろかったです(笑)


by kels | 2017-12-06 20:28 | 旧・コラム・随想 | Comments(0)

仕事を終えてオフィスビルを出たとき、ひどく吹雪いていたので驚いた

b0103470_16122552.jpg
仕事を終えてオフィスビルを出たとき、ひどく吹雪いていたので驚いた。
思えば、仕事中は窓の外を見るような余裕もなかった。
雪でも雨でも雷でも、オフィスの中での仕事という意味では大きな影響はない。

11月から「寒い寒い」と言っていたけれど、本格的な冬はやはりこれかららしい。
今日の朝も、アイスバーンの道路で滑って転んだ。
今シーズン早くも2回目の転倒で、先が思いやられる。

覚悟しているつもりでも、北海道の冬はやはり厳しい。
冬を乗り切るということは、決して簡単なことではないのだと、毎年、冬の始まりの季節には思い知らされる。
心も体も少しずつ、この北海道の冬というやつに慣れていくのだけれど。
by kels | 2017-12-05 20:47 | 旧・札幌散策 | Comments(0)

サッポロファクトリーのクリスマスツリー

b0103470_20080154.jpg
久しぶりに、サッポロファクトリーへ行った。
普段の買い物は、JRタワーか大通地区かのどちらかなので、ファクトリーは本当に久しぶりである。
屋外の駐車場がひとつなくなっていることを初めて知ったほどだ(笑)

ついでに、北一条通りに架かっていた歩道橋までなくなっていた。
全道各地の歩道橋は老朽化していて、在り方の見直しが進められている。
いずれ、歩道橋が交通遺産になる時代が来るに違いない。

ファクトリーでは、毎年恒例のクリスマスツリーが輝いていた。
確か毎年11月3日に点灯式をやっているはずだから、もう1か月近くも輝き続けているのだろう。
そろそろ見飽きている人たちもいるのではないだろうか。

自分はここまで、あまりクリスマスに接していないので、何だか新鮮な気持ちでツリーを眺めることができた。
クリスマス一色のスタバにさえ、できるだけ近づかないようにしているくらいだ。
クリスマスは、やっぱり短期決戦で良いような気がする。

なんてことを考えているうちに、クリスマスまで残りわずか。
そろそろ、気持ちを盛り上げていこうかな。

by kels | 2017-12-04 20:18 | 旧・札幌散策 | Comments(0)

森田たまの随筆集「ゆき」の装丁デザインとなった中谷宇吉郎の描いた雪の結晶

b0103470_07095073.jpg

昭和31年12月25日に発行された森田たまの随筆集「ゆき」。
装丁の雪文様が非常に美しい本だ。
この雪の結晶のデザインについて、筆者はあとがきで次のように書いている。

雪は天から送られた手紙である。
世界的な雪の権威者、中谷宇吉郎博士は、雪の結晶の画の上に、必ずそういう賛をなさいました。
つづいて、
 一片の雪に千古の秘密がある。
と記されています。
十数年前、博士から雪の結晶の画をいただいた私は、それを古代紫地の帯に染めました。
この本の装丁に使ったのが、その帯の写しです。

「ゆき」森田たま(1956年)


本書では、秋から冬にかけて読みたい随筆45編が収録されている。
そして、この作品の中でも筆者は、故郷である北海道を偲ぶ文章をしたためている。

例えば、表題作「ゆき」の中には、次のような記述がある。

ふるさとの十二月は、いままでちらちらと降っては消え、降っては消えしていた雪が、本当に腰を据えて降り出し、根雪といって、あくる年の3月まで全世界を雪に埋める季節の始まりです。
北海道の雪は、内地の雪のような脆さも儚さも感じられぬほど、強い力を持って、夜も昼も休みなく振り続けるのですが、その冬の間には、一点の雲もなく、カラリと晴れあがったあを空の日が幾日かあって、ただそのあを空を仰ぐだけでも、生きていることが楽しいと思わせてくれます。
そして、そのあを空はまた、やがて必ず、ゆきの溶ける日のくることを、約束してくれるのです。

「ゆき」森田たま(1956年)


中谷宇吉郎の描いた雪を装丁として用いた筆者の北海道に対する思いが、一つ一つの文章の中に込められているような気がしてならない。



by kels | 2017-12-03 07:31 | 旧・札幌エピソード | Comments(0)

ゆりや食堂のラーメン

b0103470_20490469.jpg

寒い季節に食べたくなるものは熱々のラーメン。鍋焼きうどんじゃない。
札幌の人間だから、ラーメンに思い入れがあるのだろうか。
専門店で食べるラーメンも美味しいけれど、大衆食堂のラーメンも良い。

札幌医科大学の近くにある「ゆりや食堂」に向う。
13時半過ぎで、ランチタイムのピークは過ぎている。
店に入る時、男性の一人客が店を出て行くところとすれ違った。

b0103470_20490489.jpg
店内には、年老いた夫婦らしき客が一組。
そろそろ食事も終わりかけというタイミングだ。
なるべく入口のドアから離れたテーブル席を選んで座る。

間髪入れずに、女性の一人客登場。
続いて、男性の一人客が来店し、店内はなかなか盛況の感じだ。

メニューにラーメンは3種類。
すなわち、ラーメン、小ラーメン、カレーラーメンだ。
醤油だの味噌だの塩だの、面倒くさいことを考える必要もなくラーメンを注文する。

やがて、老夫婦が席を立った。
店の亭主と奥さんに声をかけているから、昔からの知り合いなのかもしれない。
下町的な雰囲気が店内に漂っている。

b0103470_20490548.jpg
ほとんど待つ間もなくラーメンが運ばれてきた。
昔懐かしい、いわゆる食堂のラーメンだ。
頭で考える必要なく、ただ空腹のままに食せばいい。

熱々のラーメンは身体に沁みた。
旨いラーメンというのは、北の街で食べるラーメンのことなのかもしれない。
そう思った。



by kels | 2017-12-02 21:04 | 旧・札幌散策 | Comments(4)

今年の11月は、まるで冬みたいに寒い11月だった

b0103470_05260139.jpg
今年の11月は、まるで冬みたいに寒い11月だった。
なにしろ、真冬日が5日もあったくらいだ。
11月に真冬日が5日あったのは、大正元年(1912年)以来105年振りなんだとか(笑)

当時の記録を見てみると、この時代の11月は寒いことが珍しくなかった模様。
11月に最も真冬日が多かったのは、1912年(8日)、続いて、1884年、1903年、1910年(いずれも5日)となっている。
つまり、今年はおよそ100年以上前の水準に達しているということになるらしい。

ただでさえ長い北海道の冬が、この寒さでさらに長くなってしまった。

写真は、11月20日に道庁赤れんが前庭で撮影したもの。
秋と冬が重なる札幌の11月らしい風景だなあと思った。


by kels | 2017-12-02 05:37 | 旧・札幌散策 | Comments(0)

こだわりの札幌シティライフを実現するために実践している100のこと


by kels