<   2016年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

北海道新幹線の開業は、北海道に莫大な恩恵をもたらすことだろう

b0103470_5481056.jpg

じいさんに続いて降りた者が四人ほどあったが、入れ代って、乗ったのはたった一人ひとりしかない。
もとから込み合った客車でもなかったのが、急に寂しくなった。
日の暮れたせいかもしれない。
駅夫が屋根をどしどし踏んで、上から灯のついたランプをさしこんでゆく。
三四郎は思い出したように前の停車場(ステーション)で買った弁当を食いだした。
車が動きだして二分もたったろうと思うころ、例の女はすうと立って三四郎の横を通り越して車室の外へ出て行った。
この時女の帯の色がはじめて三四郎の目にはいった。
三四郎は鮎の煮びたしの頭をくわえたまま女の後姿を見送っていた。

「それから」夏目漱石(1908年)

昨日、とうとう北海道新幹線が開通した。
こんなに大騒ぎするのかと思うくらいに、北海道では大騒ぎだった。
初めて新幹線が来るときというのは、どこでもこんなものなのかもしれない。

はじめに、その朝の朝刊を受け取ったとき、その重さに驚いた。
戦争が始まったって、こんなに重い新聞はないだろうと思うくらいに厚くて重い。
新幹線特集の別冊が付いているのだ。

札幌駅では、新幹線開業のイベントを始めようとしているところだった。
道行く人たちに、記念の何かを配っている。
新しい時代が到来するという、その瞬間の火花みたいなものを確かに感じた。

テレビニュース風に言えば、「新幹線フィーバーに沸く地元」といったところだろう。

一方で、札幌の街は案外と静かだ。
新幹線が通るのは札幌ではなくて函館までである。
多くの市民にとっては、300キロメートルも離れた遠い街のニュースの一つに過ぎないのかもしれない。

それにしても、と僕は思う。

昭和を振り返るとき、新幹線の誕生は間違いなくひとつの時代の節目だった。
文明がひとつの階段を上ったと思わせてくれる歴史的な事件だった。
鉄道の旅は、新幹線の登場によって新しい時代を迎えた。

同時に、失われていくものの多さを、人々はちゃんと知っていた。
それは、昭和への懐旧の気持ちというだけではなかったような気がする。
うまく説明することは難しいけれど。

なにはともあれ、北海道は新しい時代の幕を開けた。
北海道新幹線の開業は、内地と北海道との距離を縮め、北海道に莫大な恩恵をもたらすことだろう。
(と新聞に書いてあった)

北海道開拓の歴史のページが、またひとつ追加されたということか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-27 06:18 | 随想 | Comments(2)

桜が咲くまでのあと1か月は、しばらく冬を引きずって生きていくのかもしれない

b0103470_5195091.jpg

街の大きな道はほとんど路面を現わしていたが、それでも北側の軒端や、小路には凍った雪がなお冬の名残をとどめていた。
白一面だった校庭も急速に雪を失い、かつては人一人通れるだけだった雪の近道が、まっさきに黒々とした地肌を現わしていた。

「阿寒に果つ」渡辺淳一(1973年)

3月も終わりだというのに、あまり春らしい感じがしない。
寒の戻りというやつらしいが、そろそろ春らしさを感じさせてはくれないものか。
街は、中途半端な季節のままで時間を止めてしまったかのようだ。

寒いなあとは思っても、もう冬のコートは着れない。
多少厚着をしても、頑張って春のコートを着て出かけるようにしている。
季節は、意外とこんなところから移り変わっていくのかもしれない。

もちろん、気温的にはまだまだ冬のコートが活躍する時期である。
多くの人はウールのコートを着こんでいるし、ダウンコートさえまだまだ少なくない。
冬と春とが中途半端に混じり合う季節なのだ。

寒がりの人間にとって、この季節は、喫茶店に入るのもためらわれる季節である。
どの店に入っても、真冬のように暖房がガンガンと入っているわけではない。
最初のうちは暖かいと思っても、コーヒーを飲んでいるうちに底冷えがやってくる。

桜が咲くまでのあと1か月は、しばらく冬を引きずって生きていくのかもしれないな。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-27 05:44 | 春のこと | Comments(0)

テレビニュースを見ると、「カフェ・ランバン」の隣の建物が燃えていた

b0103470_2040413.jpg

23日午前11時35分ごろ、札幌市中央区南3西5、金物販売業「米山商店」から出火、木造一部鉄骨造り3階建て延べ約500平方メートルを全焼した。
男性社員(58)が煙を吸って病院に搬送されたが命に別条はない。
当時、隣接する雑居ビルでは解体工事が行われており、札幌中央署は、作業中に出た火花が同店の壁などに引火したとみて調べている。

札幌中央署によると、店内には搬送された男性のほかに従業員5人がいたが、避難して全員無事だった。
解体工事では、作業員がガスバーナーを使って鉄骨を切断しており、同署は解体業者から事情を聴いている。

現場は 札幌市営地下鉄 南北線すすきの駅から約300メートルの繁華街。
消防車両37台が出動し、8時間半後に鎮火した。
周辺に消火活動を見守る通行人ら数百人が集まって騒然となった。

北海道新聞2014年3月23日付け

会議中、窓の外がやけに騒がしかった。
何台もの消防車がサイレンを鳴らして通り過ぎて行く。
ついに札幌でもテロが発生したんじゃないかと思ったくらいだ。

実際は、中央区で発生した火災への対応だったらしい。
解体工事中のビルが燃えたらしいが、テレビニュースを見ると「カフェ・ランバン」の隣の建物が燃えていた。
「串かつ千里」や「ラーメン空」が入る古い建物が並んでいる一帯だ。

戦前の古い建物に、よく延焼しなかったものだと思う。
あまり知られていないかもしれないが、「カフェ・ランバン」の店舗は、1997年に札幌市都市景観賞も受賞している。
火災の恐ろしさを改めて思い知らされるニュースだと思った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-26 20:57 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

「カフェクラブ ロスマリン」が3月いっぱいで閉店するらしい

b0103470_19521754.jpg

ロスマリン
8:00-21:00 無休
コーヒー300円(モーニングコーヒー200円)
コーヒー30種類以上、紅茶は全種類ある。コーヒー豆も販売している。
フードはプールグラタンセット(500円)がおすすめ。

「札幌便利帳」より(1989年)

「カフェクラブ ロスマリン」が3月いっぱいで閉店するらしい。
札幌では貴重な純喫茶だっただけに残念である。
昭和がまたひとつ遠くなったような気がするのは、自分だけではないはずだ。

スタートは昭和51年で、当時は三本コーヒーの札幌直営店だった。
ビジネス街の喫茶店として、ランチタイムには大変な賑わいぶり。
もちろん、朝のモーニングセットもあって、朝から夕方までお世話になったというビジネスマンも少なくないだろう。

自分にとっての「ロスマリン」は、やはり壁に並んだ映画ポスターである。
黄金時代のオードリー・ヘップバーンの輝きは、そのまま「ロスマリン」の輝きでさえあるかのようだ。
客に媚びるわけでもなく、ただ凛として、「ロスマリン」はビジネス街の喫茶店であり続けた。

モーニングコーヒー300円は、まさにビジネス街の喫茶店の証だ。
コーヒー一杯を飲むために通う喫茶店と言ってもいいだろう。
ビジネスマンにとっての憩いの場のような喫茶店が、札幌では本当に少なくなっていく。

今日、僕は、最後のモーニングセットを食べた。
ハムのサンドイッチと卵のサンドイッチ。
ブレンドコーヒーと一緒に食べると、それはまさしく昭和の純喫茶の味だったような気がする。

毎週通う店ではなかったけれど、何年も通い続けることのできる喫茶店だった。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-26 20:39 | カフェ・喫茶店 | Comments(5)

「ブラウンブックスカフェ」が10周年を迎えている

b0103470_5375136.jpg

2 お気に入りのカフェが十軒以上ある
6 今のカフェブームには乗れないが、悪くは思っていない
7 ある特定の店の常連にはならない
8 客として、自分からマスタアやマヌカンと親しくならない
9 珈琲一杯でシアワセな気持ちになれる

「喫茶人宣言50箇条(抜粋)」沼田元気(2001年)

「ブラウンブックスカフェ」が10周年を迎えている。
古いファンであれば、円山時代の思い出を持っている人もいるかもしれない。
「森彦本店」のすぐ近くに「ブラウンブックスカフェ」があった時代。

僕はそれほど古い客ではなかった。
初めてこの店を訪れたのは、多分、6年か7年くらい前のことだと思う。
当時、札幌のカフェ好きの間で、もうこの店は話題の店になっていた。

古いアパートの2階の部屋がカフェになっていた。
冬には寒すぎる店だったけれど、その割には寒い日を選んで喜んで出かけた。
コーヒーからモクモクと立ち昇る白い湯気を見ると、ブラウンブックスカフェに来たなあという気持ちになったものだ。

今、「ブラウンブックスカフェ」は、すっかりと都会のカフェになった。

10周年を記念して、各店舗では「10thアニバーサリーブレンド(150gパック)」を限定販売中。
また、1,000円以上の飲食・お買い物で、オリジナルステッカーをプレゼント。
ちなみに、両方ゲットしてきました(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-26 06:16 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)

ブラウンブックスカフェ4プラ店で、古本と珈琲豆を交換してみた

b0103470_1916179.jpg

ブラウンブックスカフェが10周年ということで、BBCに関する記事をいくつか書いておこうと思う。

現在、BBCは、南3条屋根裏店のカフェと、4プラ店の古本屋がある。
このうち、4プラ店では、開店当初から古本の買い取りを行っているけれど、その方法が変わっている。
現金ではなく、珈琲豆と古本とを交換してくれるのだ。

もっとも、自分では今までこのサービスを利用したことがなかった。
何しろ、本はため込む一方で、処分することなどなかったからだ。
いつか、本を処分することがあったら、いずれ利用してみたいと、ずっと考えていた。

そして、今回、断捨離の一環で大量の蔵書を処分することとしたから、これはちょうどよいチャンスである。
蔵書全部を珈琲豆に替えるわけにはいかないから、とりあえず手ごろな本を10冊みつくろってみた。
相場が分からないけれど、本10冊あれば、珈琲豆100グラムくらいにはなるかもしれない。

どんな本が手ごろなのか、全然分からなかった。
とりあえず、カフェに置いていそうなオシャレな本をチョイスする。
それも、できるだけマニアックな古いものを持っていってみようと思った。

昭和30年代の児童書全集の半端ものとか、暮しの手帖社の単行本みたいなやつである。
結局、予備も含めて11冊の本を抱えて、いざ4プラへ。

店員さんに声をかけると、すぐに査定がスタート。
査定を待っている間に、店内をフラフラと物色。
外人の若者が、興味深そうに店内の商品を品定めしている。

そう言えば、いつの間にか、古本以上に雑貨が多くなっているような気がする。
4プラの自由市場には、こういう何でもありの雰囲気が似合うのかもしれない。
商品ひとつひとつを丁寧に見ていたら、すごく時間がかかりそうだ。

などと考えていると、「珈琲豆230グラムでも良いですか?」と声がかかる。
予想の100グラムを大きく超える査定だ(笑)
もちろん、大納得で珈琲豆をもらって店を後にした。

何となくだけれど、本5冊で珈琲豆100グラムくらいを目処にしてもいいのかもしれない。
もちろん、本によって査定に差が出るのは当然だけれど。

ちなみに、珈琲豆は定番人気の「BBCブレンド」。
澄み切った味が都会的で、すごく飲みやすいオーガニックコーヒーである。
当分は、BBCブレンドでコーヒー生活を楽しめそうだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-21 19:41 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)

「セイコーマート」が「セコマ」に社名変更するらしい

b0103470_7473951.jpg

道内コンビニエンスストア最大手のセイコーマート(札幌)は25日、会社名を4月1日から「セコマ」に変更すると発表した。
同社は近年、「物流・サービス」と「原料・製造」両部門の成長が著しく、主力のコンビニを加えた3本柱による新事業体制を社内外に示すため、社名を変更することにした。コンビニの店舗名は変更しない。 

同社によると、新しい社名はセイコーマートの略称として広く使われている「セーコマ」も検討したという。
ただ、トヨタ、イオン、ネスレなど著名な企業ブランドにはカタカナ3文字が多いことから「セコマ」にした。
本社ビルの看板や名刺に付ける企業ロゴマーク、プライベートブランド(PB)名も「Seicomart」などから「Secoma」に改める。

セイコーマートはここ約10年ほど、コンビニ各店に商品を供給するための物流システムや厨房(ちゅうぼう)機材の開発に力をいれてきた。
グループ企業の工場で和菓子やアイス、総菜などの食品も製造しており、既にメーカーとして道外小売りへの販売にも力を入れている。
今後、これらの事業をコンビニ事業と並列に置き、新規事業を開拓しながら会社の柱に据える方針だ。
セイコーマートは道内と関東に計1183店(1月末現在)を展開している。

北海道新聞2016年2月26日付け

同じような社名変更の話題がセイコーマートでもあった。
こちらは「セイコーマート」の社名を、愛称である「セコマ」に変更するというもの。
もっとも、店舗名は変更しないらしいから、一般利用者への影響は少ないのかもしれない。

子どもの頃、僕は「セーコーマート」だと信じて疑っていなかった。
「セイコーマート」が真実なのだということを知った時、自分の中で、何だかがっかりしたものだ。
勝手に裏切られたような気持ちになっていたのかもしれない。

「セイコーマート」の略称が「セコマ」だと知った時も、僕はやっぱりがっかりした。
だって、「セイコーマート」に略称があるなんて、僕は全然知らなかったのだ。
「セイコーマート」は「セイコーマート」でしかありえなかったから。

もっとも、「セイコーマート」の略称には「セイコマ」とか「セーコマ」とかもあるらしい。
広域な道内で根付いてきたコンビニだから、地域差みたいなものも大きいような気がする。
愛称というのは、やっぱり文化のひとつだから。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-21 08:02 | 随想 | Comments(0)

「マツジン」が「松尾ジンギスカン」に店名変更するそうだ

b0103470_733128.jpg

ジンギスカン製造販売のマツオ(滝川)は4月から、道内外の直営店に使っている「まつじん」の店名を「松尾ジンギスカン」に統一する。
2005年から新規出店する際の店名を「まつじん」としていたが、道民におなじみの味付け羊肉の商品名とそろえることで、あらためてブランド力を強化したい考えだ。
松尾ジンギスカン名の店としては各地にフランチャイズ店もあるが、今回は「まつじん」名の直営6店舗の名称を変え、4月1日までに看板を付け替える。

05年から直営店に採用した「まつじん」は、もとは本店がある滝川の高校生らが使っていた愛称。
同社はこの頃から札幌や東京への出店を加速し、競争が激しい地域で認知度を上げるため、ひらがな4文字の親しみやすい店名に着目した。
マツオによると、各店の売り上げが落ち込んでいたわけではないが「店と商品の名称が違うことで戸惑う来店客もいた」という。
今月1日で創業60周年の節目を迎えたこともあり、再び名称を松尾ジンギスカンに統一することにした。

北海道新聞2016年3月13日付け

つまり、愛称は愛称のままでよかったということだろうか。
自分的には、子どもの頃から親しんできた「松尾ジンギスカン」が、未だにピンとくる。
「マツジン」は、やっぱり俗名みたいに軽いものなのだ。

それにしても、店名を変更するということは、からり大きな決断である。
顧客認知の問題もあるし、相当の経費負担も生じる。
そういったリスクを考えても、このタイミングで変更すべし、ということなんだろうな。

関係ないけれど、送別会シーズンに入って、ジンギスカンを食べる機会が増えた。
たまたま、ジンギスカンの好きな知人が多いということなのかもしれない。
先々週などは二晩続けてジンギスカンでのお祝いとなった(メンバーが異なるので)。

まあ、松尾ジンギスカンに関しては、少し寄り道をして、また戻って来たということだろうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-21 07:45 | 食べ物 | Comments(0)

はっきり言って、芸能人の誰に似ているという話ほど胡散臭いものはないと、僕は思う

b0103470_21224662.jpg

私には、男がどういうことを心得ている必要があるかということがわかっています。
たとえば、女なんて思っているほど男にうるさくないこと。
みんながみんな彼氏がいるなんてことはありえないこと。
少しくらいドジだって、女性はそれほど気にしないこと。
男の方が考えているほど、女性の方は外見にこだわらないこと。
会社のかわいい女の子が、今晩楽しいパーティが四つもあるなんてことは絶対になく、むしろ家で、ああ、早くいい人が現れないかなあ、と考えていること。

「女の子の引っかけ方」ボブ・グリーン/井上一馬・訳(1985年)

はっきり言って、芸能人の誰に似ているという話ほど胡散臭いものはないと、僕は思う。
「有村架純に似ている女子が出席するらしいよ」という合コンに、もう50回以上参加したけれど、未だに有村架純が現れたことは一度もない。
おかしな事前情報を流された女の子が、一番迷惑だよなあと、いつも思う(笑)

そして、こういう話というのは、世界中のどこにでもある。
大抵の場合は、男女の関係に類する話を延長線上で、「誰かに似ている誰か」は登場する。
話は伝聞によって、次から次へと発展していく。

つまり、人はとかく「イメージ」を欲しがるものなのだ。
不確かでもいいから、何かとっかかりとなる事前情報がほしい。
そして、その不確かな情報は、やがて期待と妄想とを膨らませていくことになる。

誰に似ていようが、自分は自分でしかないって、みんな分かっているんだけれど。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-19 21:40 | 随想 | Comments(0)

だから、僕はずっと石田純一が好きだった。不倫を文化とは認められないけれど(笑)

b0103470_21591.jpg

とにかく私たちの世代は、大人になることにまったく不熱心な世代だった。
年上の人間を驚かせ、年下の人間をまごつかせた。
燃え上がった青春の思い出にこだわっている。
ただ、うまく言えないが、確かなのは、大人になってしまってからの私たちの体験は、もうそれ以前に生きた人々のそれと、何の変わりもないということだ。

「ジョン・レノンが死んだ日」ボブ・グリーン/井上一馬・訳(1985年)

自分に似ている俳優がいるというので、インターネットで調べてみた。
それは地元・北海道のOFFICE CUEに所属している俳優だった。
少なくとも僕自身には、どう考えても似ていないとしか思えなかった(笑)

芸能人の誰に似ているのか、という話は万人が好むものらしい。
僕自身の話をすると、これまでたくさんの人に言われたのが「石田純一に似ている」だった。
世代が離れすぎていると思うのだけれど、多くの人が言うのだから、何かしら共通点はあるのかもしれない。

だから、僕はずっと石田純一が好きだった。
何となく勝手な親近感を抱いていたのかもしれない。
不倫を文化とは認められないけれど(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-03-19 21:21 | 随想 | Comments(2)