<   2014年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

年末恒例「会員限定先行セール」の街を歩く

b0103470_6572363.jpg

年の暮れだというに、パンツを2本新調しました。
別に、年末に合わせて購入したわけではなくて、サイズを取り寄せて、試着して、お直ししてとやっているうち、この時期になってしまっただけなのですが。
全国的な悪天候のおかげで、配送が予定より遅れたことも大きかったみたい。

さすがに、あと2週間もすればセールが始まるとあって、お店の人もちょっと心配そうでした。
「実は、セールの開始予定が、、、となっておりまして。よろしいでしょうか?」
よろしいでしょうかと言われても、セールの日程は僕が決めるわけじゃないですからね(笑)

ついでに、「ユナイテッド・アローズ」や「ビームス」などをフラフラしてきました。
会員限定の先行セールが始まっているとあって、いつもはガラガラの店内にたくさんのお客さんがいます。
消費者っていうのは、やっぱり正直なんですね。

せっかくだから、何か買おうと思ったけれど、特に欲しいものが見つかりませんでした。
毎年のことなのですが、この季節になると、さすがに冬物に対する関心が薄れてきます。
秋のうちから冬物衣料のことばかり考えてきたのだから、それももっともな話。

なにしろ、僕が今年最初のコートを買ったのは、まだ10月始めのことです。
夏の間に予約していた商品で、入荷が予定よりも2週間くらい早かったように思います。
それから3か月近くの間に、冬物衣料をコツコツと買い足してきたわけですから、いささか食傷気味になってしまうのも当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

正直に言って、そろそろ春物を探したいくらいです、マジで(笑)
北海道の冬は、これからが本番ですから、もちろん、そんなことやってられないんですけれど。
しばらくは、黙って静かにしているしかないですね。

と言っても、セールで何も買わないのも、何だか寂しいのも確か(仲間外れみたい気持ちになる)。
まあ、小物でも買って、新春気分を味わいたいと思っています。
鞄とか靴とかアクセサリーとか。

セールでも何でも、街が元気になるのっていいですよね☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-30 07:50 | ファッション | Comments(0)

中島公園「キタラ」で札幌交響楽団の「第9」を聴いてきました

b0103470_2238278.jpg

朝イチでユニクロに行きました。
正確に言うと、朝イチでスーパーへ買い物に行った際に、隣にあるユニクロを覗いてみたのです。
驚きました、はっきり言って。

開店直後からレジに行列ができるくらいの混雑ぶりなのです。
みんな、どれだけユニクロ好きなんだよ、、、と思いながら、限定価格のニットを買い足してきました。
せっかくだから、何か買わないとね(笑)

だけど、この時期になるとセーターの類って、サイズ欠け、色欠けがハンパないです。
わざわざ「限定価格」うたう必要あるのかなって感じる商品も多いですよね。
やたらと大きなサイズの服ばかり売れ残っているし。

ユニクロのメンズのSサイズは女子にも人気なので、発売直後にSサイズだけ姿を消すことも珍しくないみたい。
サイズ欠けしてるやつは、チラシに載せないでほしい(ぽつり)。
それにしても、朝イチからの賑わいぶり、みんな何を買っていたんだろう。

ユニクロ後に、ラルズストアに行くと、こちらも凄い混雑。
お正月の食材の買い物が、もう始まっているんですね。
ちょっとお昼ごはんの材料を買いに行っただけなのに、えらい目に遭いました。

という前振りはさておき、今日は年末恒例の「第9」を聴きに出掛けてきました。
ベートーベンの「第9」を聴くと「今年も終わりだなあ」と、しみじみ感じます。
もう、風物詩ですよね、こうなると。

札幌には「札幌交響楽団」という地元のオーケストラがあります。
そして、コンサートホールも「キタラ」という立派な施設が整っています。
「第9」も、このキタラで、札響の演奏のものを聴くのが、札幌市民の楽しみです。

日程は毎年変わりますが、今年は27日(土)と28日(日)の2日間でした。
比較的、遅い時期のような気がします。
早い年だとクリスマス前ということもあったような(未確認ですが)。

開演は14時。
これも毎年変わるのですが、平日なんかだと19時開演なんていうこともありました。
休日の午後の公演だと、かなりゆっくりと出かけることができていいですね。

今日は市電に乗って中島公園まで移動し、20分前に会場に到着。
クロークにコートを預けて、15分前には着席していました。
仕事帰りだと、こんなにのんびりしていられません(笑)

席は9列目のセンターあたりで、ちょうど目線が演奏者と同じくらいです。
目の前が通路なので、前の席の人を気にしないで、演奏に集中することができます。
そして、いよいよ開演です。

ちょっと気になったのは、空席が意外に多いなと感じたこと。
こういう季節のイベントものは、満席になってほしいところですが。
当日券の枚数も多いような気がしていたのですが。

既に年末の休暇に入っていて、おでかけした人も多いのかもしれませんね。
風物詩として楽しむには、このくらいの時期でも全然いいと思うのですが。
公演の日取りって難しいなと思います。

何はともあれ、今年も無事に「第9」を聴いて、いよいよ僕も年末モードに突入です。
正月休みに何をするか考えないと(笑)
いい大人なんだから、せっかくの休みを有効に使いたいと思います。

それでは、また☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-28 23:21 | 冬のこと | Comments(0)

【まとめ】札幌年末年始のイベント情報2014-2015

b0103470_186764.jpg

クリスマスが終わると、新年ってあっという間なんですよね。
街の美容室へ髪を切りに行ったら、ものすごい賑わいぶりで、早速年末気分を味わいました(笑)
このワタワタした暮れの雰囲気が好きで、意味もなく街をフラフラしています。

さて、今回は、札幌の年末年始のおでかけガイドをまとめてみました。
旅行もいいけれど、地元・札幌のお正月も悪くないもの。
札幌市内のおでかけで、正月気分を満喫しましょう!

◆年越しカウントダウン
 ・JRタワー「そらの年越し@T38」NIKIIE弾き語りライブ、スパークリングワイン乾杯。
 ・札幌市時計台 時計台おみくじ、お土産の進呈、地下鉄ドニチカキップ配布(すべて先着)。

◆初日の出(札幌は7:06)
 ・JRタワー「そらの初日の出@T38」FM NORTH WAVEによる新春特番の公開生放送。
 ・札幌もいわ山ロープウェイ 山頂駅レストランでは元旦特別メニューも。
 ・サッポロテイネスキー場 6:00から山頂行きリフト運行、豚汁、餅まき。
 ・旭山記念公園 5:00から駐車場・レストハウスを開放。

◆初売り(元旦営業)
 ・JRタワー(アピア、エスタ、パセオ、札幌ステラプレイス)10:00-18:00
 ・札幌パルコ 9:30-18:00
 ・4丁目プラザ 9:30-17:00
 ・ピヴォ 9:30-17:00
 ・札幌ナナイロ 10:30-20:00
 ・サッポロファクトリー 10:00-18:00
 ・マルヤマクラス(スタバは元旦の朝3:00まで営業)
 ・アリオ札幌 9:00-21:00
 ・イーアス札幌 10:00-19:00
 ・サンピアザ、デュオ 10:00-18:00
 ・カテプリ新さっぽろ 9:00-20:00
 ・三井アウトレットパーク北広島 10:00-20:00
 ・サッポロビール園(サッポロビール博物館は年末年始休業)

◆初売り(1月2日)
 ・大丸百貨店 9:00-20:00
 ・さっぽろ東急百貨店 9:00-19:00
 ・丸井今井札幌本店 9:00-19:00
 ・札幌三越 9:00-19:00
 ・IKEUCHI GATE,ZONE 9:00-19:00
 ・さっぽろ地下街(ポールタウン、オーロラタウン) 10:00-18:00
 ・東急ハンズ札幌店 10:00-18:00
 ・ススキノラフィラ 10:00-19:00

◆札幌市円山動物園
 ・元旦~3日までは入園無料、羊の毛のキーホルダー配付(先着100人)。

◆さっぽろ羊ヶ丘展望台
 ・元旦~3日までは限定キーホルダー、日本酒等をプレゼント。

◆札幌国際スキー場
 ・無休。2日と3日には甘酒とココアの無料サービス。

◆地下鉄
 ・元旦は午前2:20まで運行。

◆北海道神宮
 ・元旦の午前0:00開門。午前2時までシャトルバス運行(地下鉄円山公園駅まで)。


気が付いたものについては、随時追加していく予定です。
年末年始も札幌で楽しみましょう!


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-27 18:20 | 冬のこと | Comments(0)

「北海道冬の外出あるある」について考えてみました

b0103470_21363461.jpg

札幌では連続真冬日が続いています。
思うに、瞬間的な記録的寒さよりも、こういう連日の真冬日の方が堪えますね。
街がすっぽりと冷凍庫の中に放り込まれたみたいなんだから。

さて、今回は「北海道冬の外出あるある」について考えてみました。

冬の北海道は天候が極めて不順です。
さっき晴れていたと思っても、数分後には吹雪になっているなんてこともざら。
急激な天候の変化に対応できる服装と心構えが必要ですね。

冬の北海道は公共交通機関の時間が読めません。
はっきり言って、ダイヤなんてあってないようなものなので、行動には相当の余裕が必要です。
交通機関が遅れても文句や苦情を言わない広い心がないと、冬の北海道では生きていけないことでしょう。

冬の北海道では、交差点を渡るときに十分な注意が必要。
凍っていないように見えて路面が凍結しているブラックアイスバーンが、とにかく怖い。
横断歩道の白いラインは、特に滑りやすくて危険なので要注意です(横断歩道が一番危ないくらい)。

冬の北海道では、住宅やビルの壁近くを歩いてはいけない。
上を見ると分かるけれど、屋根に積もった雪がせり出していて、いつ落下してくるか分からないから。
屋根の雪はただの雪ではなく氷の塊である場合が多いので、下手をすると死傷事故につながる恐れあり。

冬の北海道では、ビルの中に入った瞬間が危ない。
靴に雪が付いたままになっていると、そのまま滑って転ぶ可能性が高いから。
デパートやオフィスビルに入る際には、靴の雪をしっかりと落とした上で、慎重に一歩を踏み出しましょう。

とりあえず、思いつくままに並べてみました、冬の北海道外出あるある。
冬の北海道は、とにかくあちこちにトラップがあると思って慎重に行動するのが一番。
足元の凍結にも屋根の雪にも気をつけなくちゃいけないんだから、とてものんびり歩いてなんかいられませんね(笑)

まあ、それも北海道の真冬の醍醐味ということで☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-25 21:46 | 冬のこと | Comments(2)

【札幌カフェ】大倉山月見想珈琲店の夜カフェ

b0103470_2125435.jpg

クリスマスイブの今日、札幌にはたくさんの雪が降りました。
まさしく、ホワイト・クリスマスイブ(笑)
思わぬ交通渋滞の罠にハマった人も多かったのではないでしょうか。

さて、今回はクリスマスにふさわしく、恋人同士で行きたい夜カフェの御紹介です。
店名は「大倉山月見想珈琲店」。
名前からして、めっちゃいい感じですよね。

実はこのお店、かなりの人気店なので、既に御存知の方も多いと思います。
特に、夜のドライブコースに組み込むと、なかなか最高です。
人気のない山の中に自動車を走らせていくと、緊張感たっぷり(笑)

店は古い民家を喫茶店にリノベーションしたもの。
店内は凝った造りになっているので、初めてのときは店内をウロウロしてみましょう。
かなり暗い店なので、ムードもたっぷり。

メニューは、ドリンク・フードともに充実しています。
意外と雰囲気だけじゃなくて、本当にコーヒーを楽しめるお店です。
とは言え、多くのお客さんのお目当ては、やっぱり、このロマンチックな雰囲気だと思いますが。

こんなふうに紹介すると、いかにもカップルだらけのお店みたいですが、決してそんなことはありません。
女子二人が普通におしゃべりしていたり、若者グループが盛り上がっていたりすることもあります。
もちろん、一人でフラっとコーヒーを飲みに来る人も。

僕は、静かな夜カフェとして利用することが多いです。
休日の昼などは、かなり賑やかなので、夜にぼんやりしたい店かと。
お酒を飲まないので、夜はコーヒーで過ごすことが多いんですよね。

コーヒーの好きな人だったら、夜カフェのお店をいくつかチェックしておくと、絶対いいです。
一人でフラリとコーヒーを飲むのもいいし、いざというときにも使えます(いざって何だ?)
札幌には意外と多いんですよ、素敵な夜カフェのお店って。

ということで、クリスマスらしく、たまにはカフェの紹介などしてみました。
気が向いたら、またやります。
ではでは、メリー・クリスマス!

追伸

11月以降クリスマスソングばかり聴いていたら12月に入ってさすがに飽きちゃって、最近はルチアーノ・パヴァロッティの古いオペラばかり聴いています。
「アベ・マリア」なんて、クリスマスにぴったり。
いいですね、こんな静かなクリスマスも☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-24 21:54 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

寿司屋体験の黒歴史【札幌、小樽、釧路】

b0103470_19303690.jpg

いよいよ明日はクリスマスイブですね。
夕方の街は、たくさんのカップルたちで賑わっていました。
そういえば、クリスマスツリー、飾ってないなあ。

さて、今回はクリスマスと関係なくお寿司ネタです(笑)

これまでに、いろいろなお寿司屋さんに行っては、実にいろいろな体験をしました。
今日はその中でも、僕のお寿司の黒歴史をご紹介したいと思います。
お寿司って難しいですよね、ほんと。

◆釧路の寿司屋

釧路って港町だから、魚介類が美味しい。
札幌の人間にとっても、釧路はやっぱり魅力的な街で「釧路に行ったら美味しい魚を食べたい」と思うものです。
そのときも、とにかくお寿司を食べたくて、ほとんどお寿司目当ての旅みたくなってました。

観光シーズンだったためか、知っている寿司屋はどこも予約でいっぱい。
雑誌で紹介されている店にも、行列ができていました。
とても空腹だったので「とりあえず飛び込みで入っちゃおう」と考えたのが大間違い。

比較的こぎれいな店を選んで入ってみると、店内はガラガラ。
今にして思うと、このとき止めておけばよかったのに(笑)
出てきた寿司はおにぎりみたいにコロコロと丸いお寿司で、泣きましたね、ほんと。

◆有名百貨店の老舗寿司屋

デパートの寿司屋って事故が多いような気がします(札幌だけか)。
関西の有名百貨店が札幌に初出店したとき、札幌の有名老舗店がテナントを出しました。
本店は超高級店ですが、さすがにデパートではリーズナブルです。

混雑する前にと考えて、開店直後の時間帯に入店。
せっかくなので、一番上等のお決まりを注文したのですが、今にして思うと、これが間違いでした。
確かに地元の貴重なネタを使った寿司なのですが、シャリがものすごく冷たい。

一口目を食べたときに驚愕の冷たさでした。
開店直後だったから、前日の残ったシャリで握ったのではないかと思ったくらい。
一番安いお決まりにしておけば、後悔も少なかったのに。

◆小樽の寿司屋

雑誌で紹介されていたお寿司屋さんの話も一つ。

僕は雑誌で紹介されたお店を巡るのが好きです。
新しいお店を開拓できるし、その雑誌の信頼度を知ることもできる。
そのときは小樽特集で「格安でたくさんのお寿司を食べられるお店」を紹介していました。

2人前料金で50貫!とか、そういう感じのやつです。
本当にそんな寿司屋があるのか確認しようということで、行きましたよ、小樽まで。
今にして思うと、止めておけばよかったのに、そんなバカなこと。

予想以上に大きくて立派な店の中、出てきた50貫の寿司は、かつて見たことのないミニチュアサイズ。
握りが小さいとかじゃなくて「これ、寿司のミニチュアなんでしょう?」って、本当に訊きたかった。
1人25貫食べて、ちょうど1人前のお寿司でした(しかも同じネタばかり)。

ということで、寿司屋での恥ずかしい失敗体験を少し紹介させていただきました。
今にして思うと、どの事例も「自分にも非があるなあ」と感じられるものばかりです。
寿司はやっぱりちゃんとした店で、王道の食い方をすべきなんですね、絶対。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-23 19:47 | 食べ物 | Comments(2)

北星学園女子中学高等学校、クリスマスの校舎ステンドグラス

b0103470_5184479.jpg

札幌市中央区南4条西17丁目にある北星学園女子中学高等学校。
ミッションスクールであるこの学校では、毎年クリスマスになると、校舎の窓ガラスをステンドグラスに見立てて装飾します。
すごくいい伝統ですよね~。

今年も北星女子高校の校舎は、美しいステンドグラスに彩られています。
例年は、中庭に入らなければ見ることができませんでしたが、今年は装飾の場所が変わったみたい。
西17丁目の通りを歩いているだけで、校舎に浮かび上がる美しいアートを鑑賞することができるのです。

僕は、毎年クリスマスの季節になると、三浦綾子の「ひつじが丘」という小説を思い出します。
札幌のミッション系の女子高校を卒業した女性たちと母校の教師、その友人との複雑な恋愛関係を描いた物語です。

教会の娘である奈緒実は、恩師の友人で画家を志す良一と結婚しますが、良一は女や酒に溺れる生活。
ようやく愛人と手を切って、まともな暮らしに戻ろうと決心した良一は、愛人に別れ話を切り出したものの睡眠薬を盛られてしまい、帰り道の雪の中で凍死してしまいます。
クリスマスイブの夜でした。

この奈緒実の卒業したミッションスクール「北水女子高校」のモデルになったのが、もちろん北星女子高校です。
本物の学校名が美しすぎるので、小説の中の学校名が地味に思えてしまいますね。
さすがは新渡戸稲造!(学校名の名付け親と言われています)。

ところで、僕の友人にも北星女子高校の卒業生が何人かいますが、このステンドグラスの作成は、なかなか大変らしいです。
確かに、これだけの規模のものを、これだけのクオリティで完成させるのって難しいだろうなあ。
こういう伝統って、いつまでも続けていただきたいものです。

暗い世にあって星のように輝く。
現代の日本って、まさしくそういう精神が求められているような気がします。
一人一人が星のように輝こうとする志を抱くことで、いつか、この日本を輝かすことができるということを信じて。

最後にいいこと言った!(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-23 06:06 | 冬のこと | Comments(0)

北海道の冬を乗りきるための「靴選び」の極意3か条

b0103470_2014332.jpg

昨日の札幌はひどい凍結路面で歩くだけでも大変でした。
新聞報道によると、凍結路面で滑って転んで救急車の出動を要請した件数が、とても多かったそうです。
昨日一日だけで、昨シーズン全体の1割以上って、かなり異常ですよね。

そこで今回は、北海道の冬道を歩くための「靴」について考えてみたいと思います。
長年北海道で暮らしていても、毎年悩むんですよね、冬靴問題(笑)
ま、永遠に解決しない問題とも言われていますが。

さて、北海道の冬を過ごすための靴対策には、次の三つの方法があります。

(1) 冬用(雪道用)靴を買う。
(2) 冬用ではないけれど、ゴム底の靴を買って、注意して歩く。
(3) 冬用ではない靴を買って、冬用の靴底に張り替えてもらう。

基本的には、冬用(雪道用)の靴を買って履いている人がほとんどだと思います。
北海道では、冬になると、この手の靴が大量に登場して、靴屋さんの店頭に並びます。
オシャレブランドのものは少ないので、値段も安いものが多いです。

値段は安くても、雪道用なので安心感はあります。
ただ、デザイン的にはちょっとどうかなというものが多いことも確かですが(笑)
まあ、見た目よりも実用重視ですね。

強力なやつだど、可動式のスパイクが付いていたりします。
子供用の長靴だと、このスパイクが特に重要なギミックになっていて、子供同士で競い合ったりします。
ビジネスシューズにもスパイク付きのものがあるからすごい。

若者は、雪道用ではないけれど、しっかりとしたゴム底のブーツなんかを履いています。
有名ブランドのオシャレなブーツでも、意外といけます。
っていうか、普通のスニーカーを履いている人も少なくないです。

靴屋さんでも「気をつければ大丈夫ですよ」って勧めてきますから、スニーカーの秋冬モデル。
「デザートブーツのクレープソールでも大丈夫」だって、その靴屋さんは言ってました。
僕は全然試す気にはなれませんが(だって、やっぱり怖いし)。

お気に入りの革靴を履きたい人は、靴底を雪道用に張り替えるしかありません。
靴修理の店では雪道用の靴底を用意しているので、簡単に張り替えしてくれます。
オリジナルが損なわれるような気がするので、苦手な人も多いみたいですが(僕もそうです)。

さて、僕の具体例で言いますと、普段の通勤用には、雪道用の革靴を履いています。
雪の降った日には、ショートブーツ(もちろん雪道用)にすることも多いです。
値段の高い靴は、滑りにくいし、足元も暖かいです(絶対に値段は大事)。

外勤のない日は、ムートンブーツを履いて出勤することも多くなりました。
ミニ丈の黒を履いているので、スーツにもジャケパンにも全然いけます。
リアルなシープスキンのブーツは、やっぱり暖かくて快適ですが、張り替えたソールでも滑るときは滑りますね。

休日は、雪道用のボアブーツがメインです。
アウトドア用なので全然滑らないし、暖かいです。
ボアブーツに慣れると、ボアなしが非常に苦痛になってしまうという欠点がありますが。

街に出かけるとき用に、お気に入りの革靴の底を張り替えたやつを、何足か用意しています。
何だかんだ言っても、やっぱり革靴が一番落ち着きますから。
ひどい雪道を歩くのでなければ、ほとんど困ることはありません。

がっつり雪道を歩き回って写真を撮るときには、ダンロップのスノーブーツを履いています(タイヤかよ!)。
絶対に滑らないし、絶対に濡れたりしません。最強です。
「南極越冬隊か!」ってくらいにゴツイですが、絶対の信頼感があります。

冬の北海道では、その日の天候やTPOに合わせた靴が必要なので、どうしても靴の数が多くなってしまうんですよね。
不便ですが、その分いろいろな靴を楽しめると前向きに考えたりして。
(1)転ばない、(2)寒くない、(3)おしゃれ、が北海道の冬を乗りきるための靴選びの極意だと思います。

転ばない工夫とオシャレとのバランスを考えながら、厳しい冬を乗り切りましょう☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-22 20:34 | 冬のこと | Comments(2)

【日記】クリスマス直前の札幌JRタワー買い物日記

b0103470_1850898.jpg

今日は、クリスマス直前のJRタワーで買い物をしてきたので、日記を書きます。

JRタワーへ買い物に行くときは、自動車で行くことが多いです。
で、タワーの駐車場に車を止めるのですが、今日のJRタワーは、かなりの混雑でした。

開店時間の10時前から、屋内駐車場は既に満車。
いつもの週末とは全然違いますね、やっぱり。
いよいよクリスマスが近いんだなあと感じました。

ところで、クリスマスってプレゼントをもらうイベントのように思いますが、実際はもらうよりもあげることの方が重大な問題です(特に、世の男性にとっては)。
毎年この季節になると、妙に女子ブランドや女子アイテムに詳しくなるような気がするんですよね~。
男子と違って、女子のブランドは数が多いので覚えるのが大変(笑)

そして今日の僕も、大丸札幌店の「サマンサタバサ」で、お店の女の子を相手に悪戦苦闘をしていました(笑)
すごく丁寧な店員さんに対応していただけたので良かったです。
おかげで、自分納得のプレゼントを買うことができました。

ついでに、自分の休日用の靴下を買い足そうと靴下売り場に行くと、ここも大混雑。
小さな子がお母さんと一緒に、プレゼント用の靴下を探しているようです。
靴下って気軽なプレゼントにいいんでしょうね、実用的だし。
自分用には「マッキントッシュフィロソフィー」のカジュアルソックスを数点お買い上げ。

ハンカチ売り場を覗くと、やたらと羊のイラストの入ったハンカチが並んでいます。
そっかー、来年の干支なんですね、ヒツジ。
それにしても、おしゃれブランドのヒツジのハンカチっておもしろいですね。

僕のハンカチは「ブルックスブラザーズ」ばかりなので、すべてヒツジマーク入りです。
僕の隣でハンカチを探していたどこかのお母さんは、小さな娘さんに「ヒツジの絵が入っていると来年しか使えないねー」と言っていました。
僕のハンカチは去年も今年もヒツジ入りです(笑)

駐車場が混雑していただけあって、食事処もすごい混雑です。
僕は、札幌駅の近くにある居酒屋まで移動して、お刺身の定食を食べました。
札幌駅を出ると、全然空いていました(笑)

ただし、今日の札幌はひどい凍結路面で、本当に歩きにくかったですね。
歩道と言っても、デコボコの氷の上を歩いているようなものなので、かなり危険です。
冬靴もさすがに氷の上では無力だし。

僕は普通の革靴を買ってきて、靴修理の店でソールの張り替えをしてもらって、冬専用の靴にして履いています。
と言っても、氷の上では、やっぱり滑りますけどね。
真冬の北海道って、どうしても暮らしにくいんだなあと思いました。

さて、今年も残り10日間ですね。
氷で滑って転んで怪我をしたりしないように、気を付けて頑張りましょう☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-21 19:40 | 日記 | Comments(0)

【札幌カフェ】森彦本店「玄米餅の白いおしるこ」冬季限定

b0103470_516534.jpg

円山にあるカフェ「森彦本店」に、冬季限定メニューとして「玄米餅の白いおしるこ」が登場しました。
白餡と豆乳仕立てのやさしいお汁粉です。
この冬の定番になりそうです。

お汁粉って、ものすごく甘いイメージがあります。
「甘味物は一杯で満足させられるくらいに甘くなければいけない」って、山岡さんも言ってたじゃないですか(by 美味しんぼ)。
だから、実はちょっと恐る恐る食べてみたんですよね(笑)

正直、甘いものは、あんまりたくさん食べられないのですが、これは大丈夫でした。
甘さ控えめです。
ちゃんと甘いんだけれど、やさしい甘さというか。

ボリュームもコーヒーのおともに、ちょうどいいです。
お餅って食事みたいイメージがあるのですが、全然軽いです(笑)
ケーキよりも軽いんじゃないかと思ったくらい。

食べながら、すごく懐かしい気持ちになりました。
いろいろな豆がたくさん入っているからなのかもしれません。
何だか昔の北海道を連想しちゃいました(関係ないかもしれないけど)。

ということで、個人的に、この冬の定番メニューにしたいなと思ったので、ブログでも紹介させていただきました。
お汁粉のレビューって初めて書いたな、きっと(笑)
世の男性にも食べてほしいです、コーヒーと一緒に(すごく合いますよ)☆


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2014-12-20 05:53 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)