<   2013年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

啄木が滞在した明治時代と比べて、札幌の街は大きく変わった

b0103470_20573915.jpg

札幌市内には、石川啄木に関わる記念碑みたいなものが、数箇所にある。
啄木が明治時代、札幌に滞在したことは有名な話だが、滞在期間はわずか2週間だった。
2週間しか滞在していないにも関わらず、啄木が札幌に残した文化的な影響は非常に大きいらしい。
そうでなければ、こんなにも市内のあちこちに、啄木にまつわる記念碑なり説明版なりが、設置されたりはしないだろう。
札幌市民は石川啄木のことが大好きだし、たった2週間の滞在を誇りに思っている。
そして、啄木もまた、きっと札幌のことを住みよい街だったと懐かしく思っていたに違いない。

啄木の記念碑で最も有名なのが、大通公園にある啄木像である。
なにしろ、大通公園の中という、とても良い設置場所にあって、多くの観光客が一度は見かけることができる。
そして、刻まれた作品が、かの有名な「玉蜀黍」の歌だったことも、この像の人気を一層強いものにしている。
誰もが知っている啄木の、誰もが知っている作品が刻み込まれているのだから、通りすがりの旅人にだって印象深いものとなる。

しんとして幅廣き街の
秋の夜の
玉蜀黍(とうもろこし)の焼くるにほいよ

この歌は、札幌の焼きトウキビを全国的に有名なものにしたし、この歌があったからこそ、大通公園の焼きトウキビが今に伝えられているとも言える。
経営難にあった大通公園のトウキビワゴンが、苦難を乗り越えながらも今に至っている、その要因の一つは、きっとこの歌にあるのだと僕は考えている。
札幌と焼きトウキビとの強い結びつきは、啄木のこの作品によって、永遠に分かちがたいものとなったのだ。

実際、秋の大通公園のベンチに座って、焼きトウキビにかじりついていると、啄木がこの作品を読んだときの気持ちが、何となく分かるような気がしてくるから不思議だ。
文学を理解するために実体験が必要だという、一つの実例になっている。
これで大通公園のとうきびが廃れてしまっていたら、啄木の作品も、さぞかし味気ないものになっていたことだろう。

観光客は、この啄木像と一緒に記念写真を撮っている。
意外なことに、記念撮影をしているのは若い人たちの方が多いような気がする。
国語の教科書にも作品が掲載されている啄木は、若い人たちにも人気の文学者なのだろうか。

啄木が滞在した明治時代と比べて、札幌の街は大きく変わった。
啄木の見た札幌の風景の面影は、ほとんどないと言ってもおかしくはないくらいに、札幌の街は激変した。
今の札幌を見て、啄木は何と詠うのだろうか。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-30 21:04 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

街に残る古い歴史の断片を拾い集めて、昔の札幌のパズルを完成させよう

b0103470_21243458.jpg

中央図書館の向かい側、ちょうど電車通りを挟んだ正面のところに、古くて大きな建物がある。
見るからに時代のありそうな古い家で、しかもなかなか大きな作りとなっている。
一般の住宅というよりは、アパートか下宿屋ではないかと思えるくらいに大きい。

考えてみると、中央図書館辺りは、かつて北海道教育大学があった場所であり、そのためか、この界隈には古くて小さなアパートが今も多く残っている。
この木造建築の建物も、そうした時代の下宿屋の一つではないかと見当を付けているのだけれど、特に調査してみるわけでもないので、今も謎のままだ。

ここに教育大学があった時代に、実際に大学生だった人は、昔は大学の真向かいに喫茶店があったと言う。
今はそれらしき建物がないように思えるから、あるいは、この古い建物の前に広がっている空き地が、かつて喫茶店だった場所なのかもしれない。

先日、JRの隣の席に座った老女は「札幌は移り変わりが激しすぎる」と嘆いていた。
かつて札幌に住んでいて、今は東京暮らしをしているらしいが、久しぶりに札幌を訪れてみて驚いたと言っていた。
偶然にも、山鼻の電車通りのそばに住んでいたというから、ついつい昔の札幌の話を、あれこれと聞かせてもらった。

他の地方都市に比べても、札幌という街の景観の移り変わりは激しいらしい。
昔の時代を偲んで訪ね歩く散策というのは、そんなわけで、札幌では意外と難しい。
断片的に残されている手がかりを求め歩きながら、10年前、20年前の札幌を空想するのも、札幌では立派な歴史散策になっている。

本当に古い街というのは、古い景観が多く残りすぎていて、いじりようがなかったのだろうけれど、新しい街・札幌では、いとも簡単に街並みが塗り替えられてしまう。
街並みを貴重だと思う気持ちが醸成されていないのだ。
古いものより新しいものの方が価値があると考える発想は、あまり都会的ではないし、現代的でもないけれど。

まあ、札幌はそんな街だけれど、それだけに新しい街並みの中に残る古い建物というコントラストがはっきりしている。
僕らにできることは、街に残る古い歴史の断片を拾い集めて、昔の札幌のパズルを完成させることくらいだ。
昔の建物を見つけると、そんなパズルのピースを見つけたような気持ちになってうれしくなる。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-29 21:32 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

長年使い込まれたコートとバッグは、ビジネスマンの勲章みたいなものだ

b0103470_2185712.jpg

通勤にもコートを離せない季節となった。
近年はダーク系のコートが主流だから、朝夕の街には黒いビジネスマンが大量にうごめいている。
スーツも鞄も黒いから、みんな本当に黒色が好きらしい。

今日の朝、僕の前を歩いていたビジネスマンはベージュのコートを着ていた。
50代後半だろうか。
後姿からも、そのコートが長年彼の相棒であり続けたことを感じさせる。

鞄はあまり大きくない、黒色のビジネスバッグ。
コート以上に、長年使われてきたと思われる渋みが、革の鞄からにじみ出ていた。
決してピカピカで美しくはないコートと鞄に、僕はなぜか彼の誇りみたいなものを感じ取っていた。

ある程度の年齢になったら、ピカピカのものを身に付けることがためらわれるようになる。
体に馴染んでいないものを身に付けることが、なんだか恥ずかしいような気持ちがしてくる。
ピカピカの部分だけが浮き上がって、まるで自分のものではないような気がしてくる。

だから、昔の人は、新しいものをわざと使い込んだような状態にしてから、自分の身に付けたという。
新品のハリスツイードを雨風にさらす勇気はないけれど、その気持ちは理解できる。
いや、最近になって、ようやく理解できるようになったのかもしれない。

長年使い続けられたコートとビジネスバッグは、彼にとって勲章みたいなものだ。
家族のために、あるいは日本のために、長い時間働き続けてきたのだという、ビジネスマンの証。
多少傷だらけになって、擦り切れてしまっても、それはまごうことなき彼自身なのだ。

そう考えると、コートやビジネスバッグを買い換えるという行為は、ある意味恐ろしいなと思う。
使い捨てのものを頻繁に買い換えるという発想では、社会人としての誇りのようなものは積み重ねられないような気がしてくる。
いつか引退するときがあるとしたら、誇りを持って見せられるような、ボロボロのコートとビジネスバッグを持っていたいなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-29 21:15 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

「PHOTO IS」絆ポスト投函メッセージが届きました

b0103470_21393632.jpg

富士フィルムから封書が届いた。
「PHOTO IS」に参加した写真にメッセージが届けられているという。
忘れていたころに届くメッセージ、なんかいいな。

いただいたメッセージは、全部で6通。
中には、ブログの読者らしき方からのものも。
ブログを観ていてくれる方が本当にいるんだなあと実感が(笑)

コミュニケーションは得意じゃないけれど、メッセージがあると、やっぱりうれしい。
それは、ブログのコメントも同じで、反応があるから書き続けられ、撮り続けられるのだと思う。
明日もブログを更新しようという気持ちになることができるのだと思う。

メッセージを書いてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

※ちなみに、上の写真は、「PHOTO IS」に参加した作品です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-28 21:50 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

「やまはなサンパーク」と新しい札幌の歴史

b0103470_2124521.jpg

中央図書館の裏に回ると広い公園のような空間がある。
「やまはなサンパーク」という名前が付いているから、公園であることは間違いないらしい。
遊具のようなものは特になく、広い芝生とベンチが並んでいる。

早朝の散歩でここに立ち寄ると、犬の散歩をしている人たちの集会所みたいになっている。
とても広い空間だから、犬を遊ばせるにも、ちょうどよいものらしい。
早朝の犬の散歩の時間帯に、ここは一番賑わっているような気がする。

休日の午後には、親子連れがキャッチボールやサッカーなどを楽しんでいる。
この周辺で思い切り体を動かして遊べる場所というのは、なかなか見つからない。
山鼻地区では、かなり貴重なオープンスペースだと思われる。

もともと、この場所には北海道教育大学があった。
大学が現在地のあいの里に移転したのは、1987年のこと。
広い大学跡の敷地には、中央図書館のほか、山鼻中学校やマンションや東急ストアなどが次々と誕生した。
バブル経済の中で、山鼻地区も大きな変貌を遂げたわけだ。

「やまはなサンパーク」は、そんな時代に生まれた、街の中のゆとりの空間だ。
春には桜の花が舞い散り、秋には落ち葉がベンチを埋める。
ベンチに座れば、季節の移り変わりを見せる藻岩山が、美しく広がっている。

図書館で本を借りた後に、ここでぼんやりと本に親しんでいる主婦がいる。
高校の制服を着た恋人同士が、幼い恋を語り合っている。
何かを思い出しているかのように、ただ、ぼんやりと藻岩山を眺めて老人が座っている。

たくさんの人が、それぞれの思いを胸にして、このベンチに座り、芝生を走り、藻岩山を仰いだ。
たった20数年という年月の中で、もう無数の小さな歴史が刻まれているらしい。
新しい街には歴史がないなんて嘘だと思った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-28 21:30 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

ジャーナル・スタンダードのパンケーキ・カフェでテイクアウト

b0103470_2045585.jpg

ジャーナル・スタンダードの「パンケーキ・カフェ」で、パンケーキとメイプルシロッブをテイクアウトしてきた。
オープンしたばかりのカフェは大変な賑わいぶりで、パンケーキ人気がうかがえる。
店内でのお召し上がりは、次の機会にしよう。

テイクアウトのパンケーキは5種類。
店名が焼かれているのがプレーン。
その他、チーズとパンプキンとクランベリー、あと、何だっけ(笑)

よく分からないので、とりあえず5種を各一つずつ購入。
ついでに、オリジナルのメイプル・シロップも。
日曜日の3時のおやつに、ちょうどいい感じだ。

「森彦」のコーヒーを淹れて、3時のおやつ。
好きなドリンクを合わせられるのが、テイクアウトのいいところだ。
その日の気分に合わせて、コーヒーも変えられる。

さて、そういえば、パンケーキなんて食べるのは、随分久しぶりのような気がする。
メイプル・シロップを口にするのも、一体いつ以来のことなのだろう?
全然思い出せないくらいに昔のことだったのだろうか。

考えてみると、そもそも、甘いものがとても好きというわけではなかった。
どちらかというと、甘いものが苦手な方だった。
強いコーヒーを飲むようになってから、甘いものも合わせられるようになったのだ。

サラサラとしたメイプルシロップは甘すぎず、しっとりとパンケーキに沁み込んだ。
そして、パンケーキもまた、予想したように甘すぎはしないものだった。
それでも、それぞれ一片ずつのパンケーキを食べたところで、僕はもう満足したような気持ちになった。

パンケーキという言葉は、僕に、何だか暖かいものをイメージさせる。
休日の午後の優しい時間を思い出させるような。
懐かしいものに触れたような気がして、僕はちょっと幸せな気持ちになった。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-27 21:11 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(2)

札幌ステラプレイスのイースト3Fをブラブラした

b0103470_18431959.jpg

コーヒーのペーパーフィルターを買うために、札幌駅のステラプレイスまで出かけた。
週末は大通地区に出かけることが多いので、休日の札幌駅はむしろ新鮮な感じがする。
開店時刻より少し早く到着したが、既にたくさんの客が開店を待っているところだった。

まだゆっくりと見ていなかったイースト3階を、ゆっくりと見て歩く。
文房具や雑貨なんかを見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。
一輪挿しの良いやつをずっと探しているのだけれど、今日も見つからなかった。

ジャーナル・スタンダードの「パンケーキ・カフェ」は、すぐに満席状態だったらしい。
仕方がないので、パンケーキとメイプルシロップをテイクアウトで購入した。
オープン・スタイルのカフェが、今後の主流になるのだろうか。

大丸百貨店の紳士服売り場をブラブラする。
「J.PRESS」の新作コートが気になったけれど、衝動買いするわけにはいかない。
コートはやっぱり定番デザインの方が安心感がある。

いつまで見ていてもキリがないので、適当なところで切り上げる。
コーヒーのペーパーフィルターを買って、札幌駅を後にした。
なんだか、あっという間に冬のセールがやってきそうな気がした。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-27 19:11 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

10年後に後悔しないように、今も残る古い建物を記憶しておこう

b0103470_7132629.jpg

山鼻の住人となって10年が過ぎた。
古い街だから、10年住んだくらいでは、まだまだ新参者である。
もっとも、再開発が進んで次々にマンションの建っていく地域だから、新しい住民はどんどん増えている。

もはや、古い住民とか新しい住民とかいう区分が意味を成さないのが、現代の札幌らしい。
古い建物を探して歩くのが好きで、引っ越してきたばかりの頃、この辺りを散策しては古い建物の写真を撮って歩いた。
古い街には付き物の古い木造住宅が、この辺りにもたくさんあって、さすがに山鼻は古い街だと実感させられた。

その古い建物は、10年の間に少しずつ新しい建物へと姿を変えていき、いつの間にか随分と少なくなってしまった。
こういう住宅街は短期間に激変するというよりは、長い時間をかけながら、ゆっくりと景観を変えていくものなのかもしれない。
そう考えてみると、20年前、30年前には、戦前・昭和初期の建物が、もっとたくさんあったのだろうという推測ができる。

角砂糖がコーヒーに溶けて少しずつ消えていくようにして、この地域の古い建物も、少しずつ消えていったのだ。
コーヒー色に染まって崩れ残った角砂糖の残骸みたいなものが、今も残る古い住宅ということなのかもしれない。
そして、かろうじて今も残る古い建物は、これから先の10年間で、さらに姿を消してしまうだろうことも、想像に難くない。

砂糖はコーヒーの中に溶けていく運命にあるように、建物は時代の流れの中で消えていく運命にあるのだ。
10年後に後悔しなくてもいいように、僕は今も残る古い建物をきちんと記憶しておこう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-27 07:17 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)

日本で一番空いているスターバックスコーヒー

b0103470_4134061.jpg

「とっても空いてるスターバックスコーヒーを知ってる?」
そう言って笑ったのは、仕事で知り合った彼女だった。
「大抵のものは、そこに残っているんだから」

だけど、僕は彼女のそんな言葉を長い間忘れていた。
病院の中のスタバへ、わざわざ訪れる必要もないし、それに、その店は決して便利な場所にあるわけでもなかったからだ。
何かのついででもなければ行くことはないだろうと、僕は思っていた。

土曜日の午後、食後のコーヒーを飲みたいなと思った時、僕は彼女のことを思い出した。
僕は、ちょうど、札幌医科大学の前を歩いていた。
休日の、こんな昼過ぎでも空いているスタバがあるのだったら、ちょっと寄って行こう。
そう思った。

札幌医大を訪れたことは、実はほとんどない。
この周辺は、それなりに散策したりして知っていたつもりだけれど、考えてみると、医大の中に入った記憶はほとんどなかった。
南一条通りから敷地に入って、しばらく直進した後で病院の建物が現れた。

土曜日は休診なのだろう。
敷地内にもほとんど人影はなく、時折、見舞客か学生がすれ違うくらいだった。
街路樹は、秋の深まりを示すように落ち葉を急いでいる。

病院に入ると、スターバックスコーヒーはすぐに見つかった。
ロビーの一画に、見慣れたロゴが大きく示されている。
しかし、そこは静かすぎるくらいに静かで、実際、一人の客もいなかった。

店では、新しい店員が研修を受けているところらしかった。
作業の手順などを、いろいろと教え込まれている。
少しの間、僕は店の様子を眺めていたけれど、客が訪れる気配はなかった。

土曜日の昼過ぎに、客が一人もいないスターバックスコーヒー。
今この瞬間、この店は、日本で最も空いているスタバだったに違いない。
入院患者は、ロビーの椅子に座って、ぼんやりと外の様子を眺めていた。

熱い「ロースト・アーモンド・ラテ」を手にして、僕は病院の外に出た。
北風は一層強くなり、遊歩道の枯葉が、風の渦にくるくると舞っている。
なんだかやり切れないような気持ちに、僕はなって、落ち葉の舞う道を歩いて行った。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-27 04:32 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(4)

札幌の街は、いつの間にか秋が深まっていた

b0103470_20334887.jpg

街へ買い物に出たとき、いつの間にか、秋が深まっていて驚いた。
僕は先週も街に出てきている。
デパートで冬用のスーツを新しく誂えたのだ。

だけど、そのときには、秋がこんなにも深まっていたなんで、全然気が付きもしなかった。
あるいは、秋は、この一週間で急速に深まってしまったのかもしれない。
考えてみれば、もう10月も終わりなのだ。

久しぶりに大通公園を歩くと、これ以上ないくらいに寒々しい景色が広がっている。
街路樹はみな赤や黄色に色付いているし、舗道では落ち葉が風に舞っている。
道行く人たちは、既に厚いコートを身にまとっていた。

特に赤く色づいた街路樹の前では、誰もが立ち止まり写真を撮った。
携帯電話やスマートフォンの普及によって、誰もが気軽に写真を撮ることができるようになった。
本当の写真の時代というのは、実は現代のことなのかもしれない。

時折、強い風が吹いて、枯れ葉が空を飛んだ。
ジャケットをはおっただけでは、風邪をひいてしまいそうな寒さである。
冬は確実にすぐそこまで近づいているようだった。

ゆっくりと写真でも撮ろうと思ったものの、北風はあまりにも冷たすぎた。
本当に厳しい季節は、これからやってくるというのに。
大通公園の噴水も、残り数日で終わりだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2013-10-26 20:45 | 旧・札幌日和下駄 | Comments(0)