<   2012年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧

ライラックのうた

b0103470_2184373.jpg

この季節になると、聴きたくなる音楽のひとつが、「ライラックのうた」です。

うすむらさきの はなぶさは
きたのおとめの ゆめににて
うれいほのかに たびびとの
おもいでにさく ライラック

うすむらさきの はなの香は
きたのおとめの ほほえみか
ひとみすずしく きよらかに
あこがれにおう ライラック

うすむらさきの はなかげは
きたのおとめの よろこびを
ひそかに告げて まちにさく
あいのすがたの ライラック

作詞=鵜沼光(更科源蔵 補作)
作曲=飯田三郎


こういう郷土に根ざした音楽は、いつまでも受け継がれていってほしいものです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-31 21:30 | 音楽 | Comments(0)

ひらめき

b0103470_2015262.jpg

シャッターを押す行為自体が持つ意味よりは、そこまでにどれだけのことを考えて、どれだけの準備をしておけるかの方が大事だと思います。
それには、機材に関する知識以上に、ひらめき、想像力、予想することなどが重要です。

「ライカの写真術」内田ユキオ(2001)





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-30 20:10 | 写真・カメラ | Comments(0)

リラ冷えの街 その4

b0103470_2314873.jpg

この花冠の先が、五つに切れているのがたまにあります。
その五裂の花は、ラッキーライラックと言って、その花を呑み込んでしまうと、愛する人は永久に自分に対する愛を変えない、という言い伝えがあるのです。

「リラ冷えの街」渡辺淳一(1971年)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-28 23:04 | 夏のこと | Comments(6)

リラ冷えとはいえ

b0103470_224642100.jpg

いくらリラ冷えとはいえ、あまりにも寒すぎるのではないだろうか。
仕事帰りの夜道には、本当にコートが欲しいと思える寒さだった。
まあ、北海道なので、夜の底冷えというのは、いつの季節にもあることなんだろうけれど。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-28 22:56 | 随想 | Comments(0)

リラ冷えの街 その3

b0103470_22255087.jpg

「ライラックの花言葉は、紫は"初恋の感動・情熱"で、白は"若さの喜び"あるいは"幼い無邪気さ"だ」と、有津は言った。
いずれにせよ、リラは若さが主題らしい。
見詰めると、たしかにリラのパステル・カラーは、一種独特の淡い色を持っていた。
これが"青春"の喜びと苦しみであろうか。

「リラ冷えの街」渡辺淳一(1971年)


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-27 22:31 | 夏のこと | Comments(0)

リラ冷えの街 その2

b0103470_2221212.jpg

ライラックが北海道にもたらされた明治中期は、いろいろなものが北海道に持ち込まれた時代であった。
ポプラ、アカシヤ、ドイツトウヒ、リンゴ、鉄道、馬、、、そして人々。
およそ、当時日本という国へ入ってきた新しいもののほとんどが、この新しい島へも同時にもたらされた。

すべてが他国から来た者同士のサッポロの街に、ライラックはよく似合う。
それは菊でも桜でもいけない。
明治に築かれたサッポロは、紫色の冷え冷えとしたリラでなければ似合わない。
ライラックを見ながら、有津はそんなふうに思う。

「リラ冷えの街」渡辺淳一(1971年)


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-27 22:24 | 夏のこと | Comments(0)

リラ冷えの街 その1

b0103470_229487.jpg

ライラックは日本原産の木ではない。
原産地はトルコ半島からヨーロッパ南東部のバルカン半島にかけての一帯である。
ライラックは英語名で、リラはフランス語である。
日本名はムラサキハシドイということになるが、これではいかにも味気ない。
札幌の人達はこの木をライラックかリラとしか呼ばない。

「リラ冷えの街」渡辺淳一(1971年)


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-27 22:16 | 夏のこと | Comments(0)

2012年5月27日(日曜日)

b0103470_21321118.jpg

早朝、花火の音で目を覚ます。
小学校の運動会開催を知らせる合図の花火だろう。
窓の外を見ると、昨日よりも天気が良くないような気がした。

朝イチで図書館で借りていた本を返却。

フジフィルムの「Pfoto is」の作品応募手続きを済ませる。
今年は、台紙だけは早い時期に購入しておいたのだ。
なんだかんだ言って、毎年ギリギリになってしまっている。

auショップまで出かけて、携帯電話の機種交換手続きをする。
電波の都合により、今使っている携帯電話は7月から使用できなくなってしまうという。
自分的には、今の機種で何も困っていることはないのだけれど、地デジ化と同じでなんだか振り回されているような気分だ。

どうせ機種変更するならということで、スマートフォンへ替えることにした。
電話やメールなんて、ほとんど使わないのだけれど、ネット環境があれば仕事でも便利だろうと思っていたのだ。
電波の都合による乗り換えなので、実質負担額は0円との説明だった。

ただし、希望の機種は系列店にも在庫がないため、要予約。
まあ、7月になって今の携帯電話が使えなくなるまでに、入手できれば別に困らないので、気長に待つことにして、店を出た。

昨日に続いて、大通公園のライラックまつりの写真でも撮りに出かけようかと思ったけれど、あまりに寒いので、とてもそんな気持ちになれなかった。
夕方、ようやく青空が広がっていたけれど、風が強く、気温もほとんど上がらなかったようだ。
電車通り沿線の小学校では、運動会をしていたみたいだけれど、こんな寒さでは子供も親も大変な思いをしたのではないかと、気の毒になった。

「ブックオフ」にて、文庫本のセール開催中だった。
350円以上の文庫本が250円均一という、ささやかなセール(笑)

・「ポートレイト・イン・ジャズ」村上春樹&和田誠
・「ティファニーで朝食を」カポーティ(村上春樹・訳)

「ポートレイト・イン・ジャズ」は、ハードカバーが出版されたときに、すぐ購入しているのだけれど、ここ数年は姿を見かけていないような気がする。
何度も部屋の片づけをしては、書籍類も整理しているので、どこかで処分してしまったのかもしれない。

「ティファニーで朝食を」の村上春樹版は、読みたいと思っていたものだったので、ちょうど良かった。
古い名作というのは、歴史的な翻訳者のイメージが強いので、新訳というのは、なかなか難しい部分がある。
この作品にしても、龍口直太郎による訳のイメージが定着しているので、村上春樹版をどのように感じることができるのか、楽しみだ。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-27 21:54 | 日記 | Comments(0)

懐かしきホームページ

b0103470_085456.jpg

ツィッターやフェイスブック全盛の時代になって、ようやくブログへの愛着が強くなってきた。
ブログが時代遅れの時代となって、ますます、htmlによるホームページが欲しいと思うようになった。
自分の好きなことだけをまとめた、懐かしき個人ホームページ。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-27 00:13 | 随想 | Comments(2)

2012年5月26日(土曜日)

b0103470_23233488.jpg

天気予報では、午前中から雨が降るという予報だったらしいが、札幌は朝から気持ちの良い青空が広がった。
朝イチで髪を切る予約を入れていたので、夏向きに少し短くカットしてもらう。

そのまま大通公園まで出かけて、「さっぽろライラックまつり」の写真を撮って歩いた。
空の青い部分は少しずつ広がっていて、昼過ぎには完全なる快晴。
ライラックには、やはり青空が良く似合う。

真冬からこっち側、まともに写真を撮っていなかったけれど、今日は久しぶりに楽しみながら写真を撮った。
春に買ったGRD4が、ようやくまともに働いたと言って良い。
これまでは、カフェやレストランなどの写真ばかりで、別にGRDである必然性は何もないような写真ばかりだった。

5月に入って以降は、仕事で忙殺される毎日。
昼間は出張に出かけて、夜中にデスクワークに追われている。
ブログ更新どころか、自宅でパソコンを起動させる気持ちにさえならなかった。

週末は、何もする気になれずに、部屋でゴロゴロしているのだろうかと想像していたけれど、やはり休みとなると、体がじっとしていられないらしい。
結局、午後までカメラを持って、あちこち歩き回っていた。

丸井今井で「羊羹フェア」開催中。
身内の誕生日のお祝いに、宮内庁御用達という「青柳正家」の羊羹をセットで購入。
これだけ高級な羊羹を買ったのは、生まれて初めてのことだ(笑)

夕方、我が家に客を招待しての誕生日のお祝い。

フジフィルム「Photo is」の写真を、ようやくプリントした。
台紙は、ずいぶん前に購入してあるので、写真を貼り付けて応募するだけだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-05-26 23:57 | 日記 | Comments(0)