<   2012年 03月 ( 74 )   > この月の画像一覧

「宮越屋珈琲 THE CAFE」からスタート

b0103470_22334083.jpg

明日4月1日から新しい仕事に就くことになりました。
この一週間、新しい環境への不安ばかりで、ブログの更新どころではない毎日が続いていました。
何をしていても、仕事のことばかり考えていました。

部屋に閉じこもっていても憂鬱なだけだったので、夕食後に近所の喫茶店へ行きました。
藻岩山ロープウェー乗り場の下にある「宮越屋珈琲 THE CAFE」です。

このエリアには、徒歩10分圏内に「ろいず珈琲館 旧小熊邸」「CAFE BLANC」、そして「宮越屋珈琲 THE CAFE」と、人気カフェが密集しています。
ちなみに、「斎藤珈琲」や「ユメネコカフェ」「こうひいはうす」なども、同じエリアです。

季節外れの吹雪の中、お店に到着すると、駐車場にはパラパラと自動車が止まっていました。

このお店は、1階がカウンターとボックス席、2階が広いホールにテーブル席となっています。
1階のボックス席が空いていたので、珍しく1階に落ち着きました。

この喫茶店の良いところ、その1「雑誌が多い」こと。
男性客が多いと見えて、男性向け情報誌やカルチャー系雑誌が充実しており、コーヒー一杯で雑誌一冊読むにもぴったりです。

いつもの「マイルド」をオーダー。
この喫茶店の良いところ、その2「コーヒーがおいしい」。
まあ、喫茶店だから当たり前なのですが、すべての喫茶店のコーヒーがおいしいわけではないという実態がある中で、ここのコーヒーはやはり素晴らしいと思います。

オーダーを受けてから、豆を挽き、ネルドリップで一杯ずつ淹れていきます。
カップも、その都度、お湯の中から取り出して丁寧に拭いています。
ひとつひとつの動作に、コーヒーに対するこだわりが感じられます。

やがて、コーヒーが運ばれてきます。
この喫茶店の良いところ、その3「スタッフの姿勢が素晴らしい」。

いつ来ても、こちらのお店のスタッフは、プロらしさを見せてくれます。
お店だから当たり前なのですが、プロ意識に欠けるようなスタッフを見かけるお店も少なくないですよね。
それだけに、このお店では、スタッフの姿勢に、いつも感心してしまうのです。

この喫茶店の良いところ、その4「落ち着いたインテリアが良い」。
喫茶店の雰囲気は、好みによって様々ですが、宮越屋珈琲は落ち着いた大人の雰囲気を漂わせており、どちらかといえば渋めです。
ある程度の年齢になったら、喫茶店も落ち着いたムードを楽しめるようになるみたいです。

そして、この喫茶店の良いところ、その5「BGMも洗練されている」。
BGMは基本的に「モダンジャズ」で、トータルで大人の雰囲気を演出してくれます。

部屋から近いこともあって、僕の場合は夜カフェとして使うことが多いのですが、静かに寛ぐことのできる喫茶店として重宝しています。
(なにしろ、夜1:00まで営業しています)

今日も、コーヒーを2杯飲んで、雑誌を2冊読み終える頃には、気持ちもずいぶん楽になりました。
コーヒーの効果なのか、BGMのおかげなのか、それとも、カフェ全体の雰囲気によるものなのか。
どうやら、僕にとっての最大の気分転換は、やっぱりカフェでの時間だったみたいです。

不安はいっぱいですが、明日からもどうやら頑張ることができそうです(笑)


宮越屋珈琲 THE CAFE
札幌市中央区南19条西16丁目6-8
011-562-3854
11:00-1:00


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-31 23:06 | カフェ・喫茶店 | Comments(6)

札幌駅探訪Vol.010「キュンちゃん」

b0103470_8174793.jpg

札幌駅で、時計台の着ぐるみ風のゆるキャラを発見しました。
よく見ると、時計台だけではなくて、いろいろな北海道観光地をイメージさせる着ぐるみ姿があるようです。
キャラクターの名前は「キュンちゃん」。
北海道デスティネーションキャンペーンの公式キャラクターだそうです。

ところで、「北海道デスティネーションキャンペーン」って、いったい何?

北海道デスティネーションキャンペーン「こころにくる旅。キュンと北海道」は、JRグループの協力のもと、北海道、北海道観光振興機構が中心となり、北海道の観光並びに農林水産関係団体・企業・マスコミ等が一体となって開催する大規模なキャンペーンです。

今回のキャンペーンでは、ここでしかできないもの、ここにしかないものをテーマに、地元の食や体験を通して「北海道にしかない、新しい発見の旅」を提案します。

イメージキャラクターは、エゾナキウサギをモチーフにした「キュンちゃん」。
キュンちゃんと共に、ゆったりとした時間を過ごすスローステイの旅をお届けします。

公式サイトより

本キャンペーンは、昨年の夏に終わっているようなのですが、「キュンちゃん」は今もこうして観光客をお出迎えしているようです。

ちなみに、「キュンちゃん」について詳しい紹介も見つけました。

キュンちゃんはエゾナキウサギ。
まあるい耳とつぶらな瞳が特徴の
北海道にしかいない、たったひとつのキャラクターです。
見るもの・触れるものの気持ちを「キュン」と感動させること。
それが、キュンちゃんの名前の由来です。

エゾナキウサギをベースに、
エゾシカのかぶりものをしたフォルムが基本形です。
北海道にしか生息していない、エゾナキウサギ。
そして北海道全域に生息し、北海道を代表するエゾシカ。
この2つの動物を組み合わせることで、
「北海道でしか」味わうことのできない、観光の魅力を伝えていきます。

キュンちゃんはもともと大雪山に暮らしていました。
涼しい空気と、澄みわたるおいしい水に恵まれた大雪山。
キュンちゃんはそのゆっくりと流れる時間のなかで、静かな暮らしをつづけていました。
でも、もっと北海道のいろんなところを見てみたい、 とも思っていました。

ある日、キュンちゃんは思い立ちます。
北海道を旅してみよう。
そこで、キュンちゃんは小心者の自分を ちょっとだけ隠すために、変装してみようと考えました。
思いついたのは、エゾシカ。
北海道のいろんな場所にいて、そこに「しか」ない景色やおいしいものを 知っていると考えたからです。

そうして、エゾシカのかぶりものを身につけ
キュンちゃんはその小さな足で、一歩ずつ山をおりていきました。
北海道の魅力を発見する旅が、はじまったのです。

「北海道ぐるり旅-北海道公式観光情報サイト」より

作者はイラストレーターのそらさん。

北海道各地の観光スポットのキュンちゃんと一緒に、記念撮影はいかがでしょうか(笑)



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-31 08:32 | 札幌のこと | Comments(0)

ランナー、今も

b0103470_1723850.jpg

ノイズの向こう側で、あいつの声がした。
「離婚したんだってな」
僕が言うと、あいつは、へへっと笑って、「まあね」と言った。
相変わらず軽いヤツだと、内心僕は思った。

大学を卒業した同期の中で、一番最初に結婚したのが、あいつだった。
社会人になって、就職したその夏休みにハネムーン。
「いくら何でも、早すぎんじゃね?」
僕が言うと、あいつは、へへっと笑って、「まあね」と言った。
いつでも、あいつは「軽いノリ」だったのだ。

出会いは、卒業旅行でヨーロッパへ行ったときだったという。
偶然にも、イタリアのローマで、同じ街に住む、同じ年齢の男女が巡り会い、恋に落ちた。
どちらかの親が重い病気ということで、少しでも早く式を挙げたいらしいよと、誰かが言った。
ハネムーンは、思い出のヨーロッパ旅行。
それがちょうど1年前のことだ。

酔っ払うと、爆風スランプの「ランナー」を絶叫しながら歌った。
そう言えば、結婚式の2次会のときにも、あいつは叫びながら、
「♪走るゥ、走るゥ、オレたちィ~」と歌っていたものだ。
「走り続ける俺たち」とは、一体、誰のことだったんだろうと、僕はふと思う。
あいつとあいつの嫁さんのことだったのか、
それとも、卒業して社会の中でゼエゼエ弱音を吐き始めている、僕らのことだったのだろうか。

ノイズの向こう側で、「じゃあ、そのうち」とあいつが言った。
珍しく寂しそうなあいつの声。
「まだ、走り続けてるんだろう?」
僕が言うと、あいつは、へへっと笑って、「まあね」と言った。

僕らは今も走り続けている。
by kels | 2012-03-30 17:03 | Snap Short Stories | Comments(0)

「松尾ジンギスカン南1条店」の食べ飲み放題

b0103470_2222176.jpg

久しぶりに、「マツジン南1条店」へ行ってきました。
さすが北海道人、定期的にジンギスカンが食べたくなるようです(笑)

僕が子どものころに食べていたジンギスカンは、まさしくこの「松尾ジンギスカン」だったので、未だにマツジンは定番ジンギスカンとなっています。
(お店によってジンギスカンも様々なのです)

日本生命ビルの地下にある「札幌駅前店」のような大きなホールではなく、さりげなく仕切られたテーブルで落ち着いて食事をすることができます。
少人数でゆったりと楽しむのであれば、「南1条店」の方がお勧め。

奥にはボックス席もありますが、この日は予約でいっぱいでした。
人気店なので、確実に利用するには事前の予約が安心です。

b0103470_22221711.jpg

出てきました、久しぶりのマツジン。
単品メニュー、セットメニューなどいろいろありますが、この日は食べ飲み放題コースをチョイス。
まあ、ジンギスカンを食べに来ているので、他の食べ物はいらないやーという方にお勧め(笑)

絶対、元は取れていないような気がしますが、ビール好きな人はビールだけで稼げそうですね。
食べ飲み放題は、元を取るとか考えずに、気楽に食べ飲みするのが良いと思いますが。

などと言いつつ、この日も食べ過ぎてしまいました(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-28 22:33 | 食べ物 | Comments(0)

札幌駅探訪Vol.009「赤い脚・旅人の残像」

b0103470_202748.jpg

西コンコースの白い石に対して、札幌駅東コンコースの定番待ち合わせ場所といえば、赤い足です。
まるで、歩いているかのような2本の脚が、駅にあるというのがとてもユニークですよね。

正式名称は「Legs“旅人の残像」。
タイトルを聞くと、どうしてこれが駅構内に設置されているのかが理解できるような気がします。

浅見和司 Kazushi ASAMI
Legs“旅人の残像” Legs-Afterimage of a Traveler
ステンレス、塗装 250×310×95cm
それぞれの想いを抱きながら目的地に向かって歩みつづける、
何千何万という旅人の姿を表現した作品です。
(2003年設置)
●デザイナー 1962年リオ・デ・ジャネイロ生まれ

JRタワーアートガイド」より

赤い色が、鮮烈な記憶として残りそう。
まさしく、「旅人の残像」ですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-28 20:20 | 札幌のこと | Comments(0)

札幌駅探訪Vol.008「安田侃の妙夢」

b0103470_19471678.jpg

札幌駅「西コンコース」の定番待ち合わせ場所といえば、穴のあいた白い石。
超有名な待ち合わせスポットで、休日の午後ともなると、たくさんの人たちで賑わっています。
(写真は、午前中の人が少ない瞬間に撮影)

正式名称は「妙夢」で、国際的に著名な彫刻家である安田侃さんの作品です。

この白い石は、西改札口から南口まで直線に続く「西コンコース」のほぼ中央に設置されています。
つまり、駅を利用する人たちの動線を妨げるように置かれているわけで、公共空間のモニュメントとして、これは異例のことだそうです。

安田侃 Kan YASUDA
妙夢 Key of dream
イタリアカラーラ産白大理石260×400×80cm
夢がごとし。穴から見える向こうが夢か現実か?
こちらにいる自分が夢か現実か?
はて!
(2003年設置)
彫刻家 1945年美唄生まれ

JRタワーアートガイドより


大丸百貨店で買い物する人たちにとっても、便利な待ち合わせ場所ですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-28 20:00 | 札幌のこと | Comments(0)

ブラウンブックスカフェ「ジプシージャズライブ」

b0103470_2119131.jpg

土曜日の夜、ブラウンブックスカフェで開催された「ジプシージャズライブ」を観てきました。
かつて、「はろー書店」で開催されていた「ジプシージャズの夜」を思い出させるイベントです。
っていうか、完全に「ジプシージャズの夜」の再現ですよね。

階段を上ったところが受付になっていて、店長さんが慌ただしく動き回っていました。
ライブは3部制で、1公演ごとに料金+ドリンクオーダーが必要というシステムです。

夜のライブということもあって、ドリンクはアルコール類が豊富。
いずれにしても、気軽に楽しむのが、こうしたライブのスタイルだと思います。

予約の必要なしということで、気軽にフラッと立ち寄ってみたのですが、店内には既にたくさんの人が座っていました。
テーブルのない席も多いので、コーヒーカップなんかは不便かもしれません。
缶ビールや缶ジュースで、ラフに音楽を聴く方が良いみたいです。

お客さんは、やっぱり女性が多いですが、男子もちらほら。
多くは、一人でやってきている人たちという印象です。

演奏は「Maris & Gillie(マリス・エ・ギリー)」。
ギター2本+バイオリンで、軽快なジプシージャズを楽しませてくれました。

古いビルの3階で、古い音楽が流れている。
そのシチュエーションは、まさしく春の夜の夢という感じでした(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-27 21:43 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

札幌駅探訪Vol.007「わたしの旅スタンプ台」

b0103470_20111948.jpg

観光拠点でもある札幌駅だけあって、構内には記念スタンプが常設されています。
名づけて「わたしの旅スタンプ台」。

「わたしの旅」は、1980年から始まった国鉄キャンペーンのことで、全国の駅に、このスタンプ台が設置されたそうです。
もっとも、ずいぶん昔の企画であることから、近年は撤去されているところも多いみたいです。

駅舎が新しくなって、JRタワーが登場した後も、国鉄時代の企画がまだ残されているなんて、けっこう凄いことかもしれませんね。
さすが、札幌駅(笑)

b0103470_20215927.jpg


スタンプノートがないので、パンフレットの裏面に押してみました。
ちなみに、専用のスタンプノートは、今でも書店などで市販されているそうです。
知らなかった(笑)
鉄道の世界は、やっぱり奥が深いですね~。

b0103470_20213257.jpg

ちなみに、スタンプのモチーフは時計台。
「時計台の鐘が聞こえる駅」だそうです。

札幌駅って時計台の鐘の音が聞こえるんでしょうか。
夏になったら、試してみたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-27 20:26 | 札幌のこと | Comments(0)

札幌駅探訪Vol.006「ちびまる子ちゃん感謝祭」

b0103470_19595323.jpg

札幌駅東コンコースにて、「ちびまる子ちゃん感謝祭」なるものが行われていました。

今年2月で放送1000回を迎えたアニメ「ちびまる子ちゃん」が、イベントを札幌で開催します!
札幌ロフトでは、ちびまる子ちゃんグッズの特別販売を行います。
ぜひ遊びにきてくださいね。

さくらプロダクションの公式サイトより

週末には、握手会やサイン会なども行われているみたいです。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-27 20:07 | 札幌のこと | Comments(0)

札幌ラーメン共和国の「白樺山荘」

b0103470_204485.jpg

札幌エスタ10階「札幌らーめん共和国」にある「白樺山荘」へ行ってきました。
最近は、ススキノの「ラーメン横丁」でも「白樺山荘」の行列ぶりは凄くて、昼時には順番待ち必死の超人気店です。

でも、並んでまでラーメン食べたいとは思わないので、並ばなくても良いように、開店直後の11時過ぎに店に入りました。
そこそこテーブルは埋まっていましたが、ちゃんと席を確保することができて一安心(笑)

一応、4人掛け用テーブルに2人で座ったのですが、ここは相席とかないんですね。
おかげで落ち着いて食事することができて良かったです。
(それだけでも高評価だと思います)

b0103470_20442392.jpg

定番の「味噌ラーメン」を注文しました。
特に、辛口を注文したわけでもなかったのですが、ちょっとピリピリする辛さが美味しかったです。

ただ、最近の札幌ラーメンは、すっかりと「こってり系」が主流となっているみたいで、もはや何が正統派の札幌ラーメンなのかは分からなくなったのだなあと実感しました。
普通に美味しい味噌ラーメンですが、昨今は「普通に美味しいラーメン」を探すことさえも、意外と難しかったりするんですよね。

食べ終えて店を出るときには、案の定、長い行列ができていました。
並ばないで食べられる、美味しいラーメン屋さんがほしいですね(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2012-03-26 20:57 | 食べ物 | Comments(0)