<   2011年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

大倉山月見想珈琲店で午後カフェしてみた

b0103470_219418.jpg

大倉山月見想珈琲店というと、その店名からどうにも夜カフェのイメージが強くて、実際夜にしか行ったことがなかったのだけれど、昼間の月見想はどんなものなのだろうかということで、日曜日の午後、久しぶりに大倉山まで出かけてみた。

さすがに人気カフェ、日曜日の午後という時間帯もあってか駐車場も満車、タイミング良くちょうど一台が出て行こうとしていたところだったので、滑り込みでセーフ。

一階はカウンターのみで、二階に上がると、いろいろなタイプのテーブル席が用意されている。
階段を上がって右側の部屋に、先ほど駐車場から出て行った人たちが座っていたのだろう窓際のテーブル席がひとつ、幸運にも空いたばかりだった。

月見想珈琲店は民家を喫茶店へと改装したいわゆるリノベーション古民家カフェで、普通の住宅が持つ静けさが心地よい。

大きな窓がある部屋には、ソファ付きのテーブル席がふたつで、反対側のテーブルでは、やはり今来たばかりらしいカップルが、顔を突き合わせてメニューを見ている。
ここは、珈琲店といってもサイドメニューのフードがなかなか充実しているので、ドリンクと一緒に注文してみた方が良い。
ちょっと一仕事してありますというよというスィーツが、大きめのプレートで運ばれてくることだろう。

都心の喫茶店でないから、もっと家庭的な喫茶店だろうと思っていたら、店内はかなり洗練された都会の雰囲気。
スタッフの動きもスマートで、ドライブ途中のカップルにも人気があるはずである。

会計は1階のカウンターで。
夜の神秘的な雰囲気と違って、大倉山の静かな自然を感じることのできる、月見想の午後カフェ。
正解だったな。

b0103470_2195510.jpg

今回は懐かしの「ウィンナーコーヒー」を注文。
メニューにも「懐かしい」と書かれていた。
さすが(笑)

<関連記事はこちらです>

大倉山月見想珈琲店
http://poros.exblog.jp/14568519/

大倉山月見想珈琲店
http://poros.exblog.jp/14198672/

大倉山シャンツェ
http://poros.exblog.jp/5428130/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
   ↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!

by kels | 2011-03-31 21:20 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

経王寺(豊平小学校・消防署・出張所・交番跡)

b0103470_1832737.jpg
 
昭和初期くらいの新聞を読むと、豊平といえば貧民の街というくらいに、生活困窮者の多い地域であり、特に、その中心は経王寺の裏手あたりだったらしい。
高度経済成長の時代を経て、そうした歴史の痕跡は、ほぼ何も残されていない。
ただ、古くから豊平地区の中心的存在であった経王寺の広い境内を歩いてみると、豊平地区が歩いてきた歴史の痕跡が随所に残されていた。
経王寺の公式サイトには、開拓当時の話についても触れられているので、要旨だけ引用してみよう。

松井寛義上人が開拓が始まって間もない札幌豊平の地に立ち、ここで法華経の教えと、お題目の声を響かせた。
松井寬義上人は、天保元年(1830)、(和歌山県)徳川藩士松井嘉禄の三男として生まれ、幼少より学問に親しみ、大阪堺市の興覚寺で出家、京都鷹ヶ峰、西谷飯高で学び、江戸に出て深川浄心寺の塔頭である宣明院に住した。

明治維新直後、北海道開教を志し北海道に渡り、函館に滞留するが、当時開拓使の所在地であった札幌に注目、妙見山本龍寺に留錫した。
当時は本龍寺で一時世話になり、札幌近郊へ布教活動に出るという習慣があったという。
開拓御用請負師の大岡助右衛門、開拓御用料理屋(東京庵)の後藤彦右衛門、素封家中村甚五兵衛ら熱心な法華経信奉者の支援を得て、現在の豊平の地にお堂を建立。
明治8年(1875)、寛義上人46歳、日持上人が北海道を開教して以来、10番目の日蓮宗寺院だった。

当初45件のお檀家数から始まり、北海道発展の中心地が札幌に移るに従い、その開拓の歴史と共に、その数も次第に増え、境内には行政機関や治安維持等の機関が設置され、まさに教育・文化の中心として歩み、また開教の中心地として発展した。
寛義上人が開いた寺子屋は、現在の豊平小学校にその歴史を引き継いでいる。

経王寺
http://keiouji.or.jp/


b0103470_18322278.jpg

北海道開拓の中で、宗教団体が地域の中心的な存在となった事例は各地で確認されているが、ここ豊平地区においては、日蓮宗がその役割を担ったということらしい。
境内には、小学校のほか、消防署や交番などが設置されるなど、まさに地域行政の重要な機能が託されていた。

境内には、豊平の歴史に因む記念碑なども設置されており、豊平散策では欠かすことのできないスポットである。

b0103470_18324042.jpg

「とよひらふるさと再発見」のプレート設置あり。

明治8年、松井寛義上人により開山。本尊は一塔両尊四土。北海道と樺太の宗門行政、布教の拠点として明治15年本堂を建立。寺号公称は明治13年である。正式名:日蓮宗北海身延妙法華山。また、経王寺の境内には、豊平小学校、消防署、交番などが置かれ、豊平地区の文化・行政の中心地としても重要な場所であった。


<関連記事はこちらです>

水車町の難得神社
http://poros.exblog.jp/5698372/

遠友夜学校
http://poros.exblog.jp/5716583/

東京の下層社会
http://poros.exblog.jp/8916877/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
   ↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!

by kels | 2011-03-30 19:14 | 札幌のこと | Comments(4)

室蘭街道

b0103470_22343992.jpg

札幌から北広島・恵庭・千歳とたどり、苫小牧・白老を抜けて室蘭へと向かう国道36号線。
室蘭街道の名前のとおり、開拓期の札幌と室蘭を結ぶ、貴重な道路だった。

敗戦後、進駐軍はこの道路を渡って、札幌の市街地へ入って来たという。
戦後の混乱を知る者にとっては、占領軍の道路でもあったわけである。

「弾丸道路」と呼ばれたのは、自動車が弾丸のように飛ばして走ったからとも、進駐軍がトラックで弾丸を運んでいたからとも言われており、正式な根拠は不明。

「とよひらふるさと再発見」のプレート設置あり。

国道36号。
開拓使は、明治5年、札幌本道として室蘭~札幌間の工事に着手し、同6年6月、室蘭から豊平橋まで完成。
後に室蘭街道と呼ばれて親しまれた。
昭和28年に本道初の本格的な舗装道路となり、弾丸道路とも称された。


<関連記事はこちらです>

旧北部軍司令官官邸
http://poros.exblog.jp/5315012/

旧豊平駅前の風景
http://poros.exblog.jp/7246869/

アンパン道路
http://poros.exblog.jp/11759819/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
   ↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!

by kels | 2011-03-28 23:00 | 札幌のこと | Comments(6)

サッポロ珈琲館 月寒店

b0103470_2145665.jpg

その建物が、「とよひらふるさと再発見」にも指定されている「サッポロ珈琲館 月寒店」。
市内にいくつもある「サッポロ珈琲館」なので、カフェとしても安心して利用することができる。
月寒店では、やはりその個性的な建築物を楽しまない手はない。

駐車場は店舗の前に数台分のスペースあり。
あまり広いわけではないので、満車だったら近くのコインパーキングを利用した方がいい。

1階はコーヒー豆の販売スペース。
まずは、2階への階段を上っていく。

スタッフは、2階のカウンターで喫茶業務をこなしている。
2階はカウンターとテーブルの「禁煙席」。

さらに、階段を上って3階へ上がると、テーブル席のみの「喫煙席」がある。
上の写真は3階席で、他に客がいなかったので、結局貸切の「禁煙席」状態だった。
こういうときって、とても感じる小さな幸せ(笑)

b0103470_2151114.jpg

カフェというよりは、正統派の喫茶店と呼びたい雰囲気の「サッポロ珈琲館」。
こだわりのコーヒーを飲みたい人にもお勧め。


<関連記事はこちらです>

旧たくんち(サッポロ珈琲館月寒店)
http://poros.exblog.jp/15116030/

円山茶寮
http://poros.exblog.jp/11270354/

FAB cafe
http://poros.exblog.jp/14295106/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
   ↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!

by kels | 2011-03-27 21:22 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)

旧たくんち(サッポロ珈琲館月寒店)

b0103470_19161913.jpg

「とよひらふるさと再発見」に指定されている建物、「旧たくんち」。
「さっぽろ再生建物案内第2版」札幌建築鑑賞会(2003年)でも紹介されているので、ちょっと引用してみよう。

建築家・倉本龍彦さんの自宅として、1972年に建てられた。
外壁に下見板が張られていて一見木造に見えるが、実は鉄筋コンクリート造である。
当初はコンクリートの打放しだったという。
1983年に、当時としては斬新な外断熱工法を用いて下見板張りに改築した。
倉本さんの設計事務所を経て、現在は喫茶店に再利用されている。
比較的新しい建物だが、切り妻屋根と下見板張りに札幌らしさと温かみが感じられる。

「さっぽろ再生建物案内第2版」


確かに、一瞬古そうな建物に思えるのだけれど、ちょっと?状態になってしまうという、ちょっと不思議な建築物だ。
これを「とよひらふるさと再発見」に指定した、豊平区もエラいと思う、ほんと。

現在は、「サッポロ珈琲館 月寒店」として活躍しているので、ぜひ内部も見学してみよう。

b0103470_19163422.jpg

「再発見」指定のプレートの設置あり。
雪の向こう側、喫茶店の窓と一緒にかろうじて姿を見せていた。

建築家倉本龍彦氏の設計による第1作。昭和47年、自宅として建築され子息(倉本琢)の名にちなんで、「たくんち」と名づけられた。同58年に増改築。3階建てで木製の下見板を使った独特な外観がおもしろい。現在は喫茶店。


<関連記事はこちらです>

まだ吹雪
http://poros.exblog.jp/15108235

珈房 サッポロ珈琲館 北円山店
http://poros.exblog.jp/6258133

喫茶店
http://poros.exblog.jp/10172456


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2011-03-27 19:35 | 建築 | Comments(0)

南一条休憩施設

b0103470_18433864.jpg

現在、完成に向けて工事が完成しつつある、創成川公園の中にある「南一条休憩施設」。
赤レンガを使い、どこか懐かしい雰囲気を漂わせているが、この施設はかつてこの付近に実際にあった、ある建物をイメージとして作られている。
今は北海道開拓の村へと移築されている「 旧札幌警察署南一条巡査派出所」だ。
細部のデザインやレンガ積み手法まで、当時のままで再現しているというからすごい。

b0103470_1844536.jpg

b0103470_1844357.jpg

レンガに刻まれたたくさんの年号。
まるで時間を遡る、タイムマシンみたいな休憩施設だ。

b0103470_1845081.jpg

施設の中には、当時の札幌を知るための資料が展示されている。
また、床面には、当時の南一条交番の間取りが再現されているなど、遊び要素も多い。
交番の影までちゃんと再現されていたりして。

b0103470_18451867.jpg

公園全景。
休憩施設の向こう側に、大友亀太郎の像、その向こう側にさっぽろテレビ塔。
まさしく、新しい都心部の公園が、もうすぐ誕生しようとしている。


<関連記事はこちらです>

創成川公園の完成間近
http://poros.exblog.jp/15108875/

近藤医院の冬
http://poros.exblog.jp/7899449

札幌まちめぐりパス
http://poros.exblog.jp/7035031


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2011-03-27 19:03 | 札幌のこと | Comments(0)

隠れ家カフェ「MINGUS COFFEE」

b0103470_7101418.jpg

札幌テレビ塔からすぐ近くにある、ビルの中のカフェ、「MINGUS COFFEE(ミンガス・コーヒー)」。
オフィス街の中のカフェなのに、全然オフィス街を感じさせないという、不思議な喫茶店だ。

まずは、カフェが入っている大沢ビルの雰囲気がいい。
いわゆる古ビルというやつで、昭和時代のビルが持つ静かな雰囲気が、たっぷりと溢れている。
しかも、かなり規模の小さなビルだから、ビルの中の静けさが、いやでも胸の中に突き刺さってくる。

それから、カフェはビルの最上階にあるから、オフィス街とはいっても、街から遠く隔絶された感じがある。
もちろん、地上階にカフェの案内はまったくないから、初めてのときには、本当にこのビルで良いのだろうかと不安になるくらい、そこは「街から遠い」のだ。

そのくせ店内はやけにこざっぱりとしていて、店名どおりモダンジャズのBGMが流れ、作り上げられた都会の雰囲気で満たされている。
スタッフの対応はあくまでも丁寧で、癖のある個性派カフェを感じさせることはない、普通の都会派カフェだ。
ただし、店内は店のコンセプトに沿った最低限のインテリアで完璧に作り上げられているから、決してどこにでもあるカフェということにはならない。
遠い街にある、そこにしかない空間を手に入れるために、人はこの古いビルの7階へと訪れるのだろう。

この古いビルのもつ、ちょっと乾いたような静寂は、昔の「古物・喫茶 十一月」の喫茶で感じたものと似ているような気がした。
人気カフェとなった今でも、やっぱり「ミンガスコーヒー」は隠れ家カフェのままだ。


<関連記事はこちらです>

喫茶店
http://poros.exblog.jp/12366113

斎藤珈琲
http://poros.exblog.jp/6464735

「FAB CAFE」+「十一月」
http://poros.exblog.jp/6107331


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2011-03-27 07:40 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

創成川公園の完成間近

b0103470_2055841.jpg

札幌駅前地下通路が開通して、新たな街へのスタートを切った札幌市だが、次に待つのは、創成川公園の完成だ。
創成川沿いに走る石狩街道のアンダーパス工事に伴って、公園化が進められている創成橋周辺では、工事がいよいよ完成に近付いている。

創成川の西岸には、懐かしき大友亀太郎の像が復活。
この亀太郎像、創成川公園の工事に伴って、札幌村郷土記念館へと避難していたもので、いよいよ故郷の創成川へ戻ってきたらしい。

亀太郎の隣には、かつての創成橋の親柱が設置されている。

b0103470_20552346.jpg

東岸には、「北海道里程元標」と「札幌建設の地碑」が設置されている。
「札幌建設の地碑」は「さっぽろふるさと・文化百選」にも指定されているものだが、百選の記念碑の姿が見えず。
公園が完成してから、改めて探して見た方が良さそうだ。

b0103470_20554892.jpg

ところで、この間まで、「札幌建設の地碑」が設置されていたビルの一画は、ご覧のとおりの空き地に。
このままじゃ、オープンスペースというよりはトマソンといった感じだ。

何はともあれ、新しい公園の完成が楽しみだ。
正式オープンは4月1日の予定。


<関連記事はこちらです>

札幌の源「創成橋」
http://poros.exblog.jp/5240476

札幌建設の地
http://poros.exblog.jp/11782182


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2011-03-26 21:14 | 札幌のこと | Comments(2)

まだ吹雪

b0103470_18431455.jpg

先週に続いて、「とよひらふるさと再発見」巡りで、中の島、平岸、豊平、月寒と自動車を走らせる。
とはいえ、いつも走っている道ばかりだが(笑)
いつも見過ごしているものも、こうしてきちんと見ながら歩いてみると、ちゃんと新しい発見があるからすごい。

美しが丘の「ブックオフ」まで行ってから、Uターン。
月寒の「サッポロ珈琲館月寒店」で一休み。
こういうカフェでの一息が、まさしく小さな幸せだ。

午後から街に出る。
大沢ビルの「ミンガス・コーヒー」で一休み。
なんだか一休みしてばかりみたいだ(笑)

カフェを出ると、外はすごい吹雪。
もうすぐ4月なんだから、雪はもういいよ~という感じ。

狸小路のラルズプラザで骨董市が始まったので、顔を出してみる。
「懐古堂」にて、昭和レトロな雑貨を少し買い物。

帰り道、再び大沢ビルに立ち寄り、「ザ・ワールド・ブックス・カフェ」を覗いてみるが、どうやら満席の感じ。
しかも、女子率ほぼ100%で、とても空席を探すような気にもなれなかった。

夕方、久しぶりに近所の居酒屋チェーン「いろはにほへと」で夕食。
まだまだ温かいものが恋しい季節だ。

<関連記事はこちらです>

「とよひらふるさと再発見」
http://poros.exblog.jp/15082147/

「結婚式」
http://poros.exblog.jp/15077470/

地下街散策
http://poros.exblog.jp/15073665/

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
by kels | 2011-03-26 18:57 | 日記 | Comments(0)

骨董の値段☆1,000円札で買う骨董

ブログ増殖計画第1弾。

骨董の値段☆1,000円札で買う骨董
http://kels.blog70.fc2.com/

開設しました。
by kels | 2011-03-26 07:53 | 雑貨・アンティーク | Comments(0)