<   2010年 01月 ( 128 )   > この月の画像一覧

恵方巻き

b0103470_22262881.jpg

本日の地元紙朝刊の読者アンケートコーナーは、「恵方巻き、食べますか?」だった。
「恵方巻き」とは、節分の日に太巻きを食べる風習のことで、特に恵方を向いて食べることから、この名前があるという。

手元にある「日本民俗事典」(平成6年版)で調べてみると、「恵方」という項目はあるものの、「恵方巻き」という項目は見つからない。
少なくとも、この時点では「恵方巻き」は民俗学の基本的な用語としては一般的ではなかったようである。
ちなみに、「恵方」とは歳神が司るめでたい方角のことで、中国伝来の十干十二支の思想に基づくものとのこと。

民俗学の事典にも載っていないような風習が全国的に大流行したのは、全国に販売網を持つコンビニエンスストアがキャンペーン的に太巻きを売り出したためである。
先駆けとなったのは、1989年のセブンイレブンで、この年には広島県内でのみ販売された。
その後、1996年から西日本全域で発売開始、1998年には全国での発売を開始している。
「恵方巻き」の言葉が大きく定着したのは2004年のことで、以来現在に至っているということらしい。

そもそも「恵方巻き」がどの地方の風習だったのかを明らかにすることは難しいらしいが、江戸時代の大阪船場地方辺りの商人に伝わっていたとの説がある。
ただ、明治の頃には既に廃れていた風習らしく、これを伝承していたというものではないらしい。
廃絶していた儀式が復活するのは昭和50年代に入ってからのことで、海苔業界が活性化のために仕掛けたイベントが始まりだったという。
このイベントにコンビニが乗っかり、現在のブームがあるということなのだろう。

ちなみに、北海道の「恵方巻き」といえば、北海道神宮で無料配布する「恵方巻き」が有名で、近年では1,000本もの太巻きが無料配布されている。
北海道でもっとも最初に「恵方巻き」を発売したのは「すし善」で、1989年のことだという。
これは、大阪の寿司業界の動きに合わせたものだったが、特にキャンペーンもなかったため、売れたのはたったの5本だけだった。

1997年になって、「北海道鮨商生活衛生同業組合」と「北海道海苔問屋同業組合」が提携する形で、北海道神宮で「恵方巻」の無料配布を開始、この頃には「恵方巻き」はコンビニのキャンペーンのおかげでメジャーになりつつあったから、北海道での「恵方巻き」は順調に定着していった。

また、すし飯には早くから北海道米を使うなど、道庁の道産米キャンペーンにも一役買っているそうだ。
海苔業界に寿司業界、道産米業界、スーパーやコンビニなどの小売業界など、多くの業界が節分のこの「恵方巻き」に群がっている様子は、まさしく、様々な業界の様々な思惑が太く巻かれた「恵方巻き」と言えるだろう。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-30 22:38 | 食べ物 | Comments(2)

さっぽろ雪まつり

b0103470_21394526.jpg

大通公園を通りすぎるとき、雪まつり会場では雪像作りが賑やかに進められているのを見た。
もう、雪まつりの季節なんだなと思った。

雪まつりは真冬のイベントだけれど、どういうわけか、僕にはそれは冬の終わりの予兆みたいなものを感じさせる。
雪まつりが終われば、3月はもうすぐ目の前であり、そしてそれは、やがて来る春の訪れの兆しでもあるのだ。
だから、旅行の人達が北海道の真冬を精一杯楽しんでいる間、僕は雪像のひとつひとつに、どこか春の予兆みたいなものを探して歩く。

ところで、雪まつりは、いよいよ来週の金曜日からスタートだけれど、雪像作りはこれからが本番らしい。
毎年のことだけれど、ちゃんと開始に間に合うのかなと思うのだけれど、毎年ちゃんと期日前には完成しているのだから、日本人ってさすがだなと思う。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-30 21:46 | 冬のこと | Comments(0)

人に見せる

b0103470_21261485.jpg

もっと極端なことを言えば、はっきり言って人のものなんか見なくてもいいんだよって。
自分が作って、どうだ、見ろよって見せればいいんです。
いやぼくらお勉強中ですって言われてしまえばもう言うことはないんだけど、実際、人のものなんか見たがっている場合じゃないだろうって言いたくなります。
学生たちには、まあ他を見ることもいろいろな経験や勉強にならないこともないかもしれないけれど、正直に言えば、人の写真を見ている時間があったら、一枚でも多く撮って人に見せることを真剣に考えた方が遙かにいいぞって思う。

「昼の学校夜の学校」森山大道(2006)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-30 21:33 | 写真・カメラ | Comments(0)

ロスマリン

b0103470_213226.jpg

昭和の香りを強く残す喫茶店「カフェクラブ ロスマリン」。
店内の壁に飾られた、懐かしいハリウッド映画のポスターが、ますます昭和を懐かしくさせる。
ビジネス街にあるだけに、平日はスーツ姿の客でいっぱいになるが、さすがに土曜日の午後とあって店内は静か。

きちんとした喫茶店は朝早くから営業していて、モーニングコーヒーを飲ませるもの。
「ロスマリン」も、平日は朝7:30から営業していて、モーニングセットも人気があるらしい。
個人的に、喫茶店のメニューには、懐かしき「アメリカン」があってほしいもの。
そして、ここ「ロスマリン」にも「アメリカン」はきちんとあって、正しき「アメリカン」を飲むことができる。

店内は広くて、とにかく落ち着けるのが良い。
なにより、昭和時代のあの喫茶店の雰囲気を今も楽しめるというのが、最大のポイントだ。
三本コーヒー直営店だけあって、コーヒー一杯380円でくつろげるというのも嬉しい。

ところで、店名の「ロスマリン」は、やっぱりクライスラーの「美しきロスマリン」に由来しているのだろうか。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-30 21:25 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

筋肉痛

b0103470_2039067.jpg

午後からカメラを持って街に出る。
珍しく青空が広がる土曜日。
いつもより気合を入れて、あちこちをフラフラした。
1月とは思えない暖かさだったのも幸いした。

狸小路を西から東まで直進。
狸小路西側は、すっかりとアジアの国々からの観光客の観光名所となっているらしく、いつでも異国の言葉が飛び交っている。
ゆっくり見て歩くと、狸小路の店もいろいろと入れ替わっているらしい。

狸小路を見た後は、北へ向かって札幌時計台へ。
記念撮影をする観光客を撮ってから、そのまま札幌駅まで進む。
札幌駅では地下に入り、パセオをウロウロ。
パセオはあまり来ない場所なので、イマイチ不案内な感じがいい。

札幌駅を出て、喫茶「ロスマリン」で一休み。
正式名称は「カフェクラブ ロスマリン」らしいが、その名称も含めて、ここは昭和時代の旧き良き喫茶店が今に残る店だ。

一休みした後は、札幌駅前通りをひたすら南下。
途中、「ピヴォ」の「NEW STYLE」に寄って、カメラのフィルムを補充。
アグファとソラリスを2本ずつ購入。
ヴィレヴァンの雑貨店というだけあって、トイカメラの品揃えも充実している。

ススキノに入る頃には、日も暮れかけ、マジックアワーのネオン街を撮り歩く。
古書の「北海堂」に立ち寄り、店主としばし立ち話。

カメラを持って、ススキノを歩いていると、完全に観光客に間違われる。
呼び込みのオジサンに声をかけられ、
「お兄さん、ラーメンだったら、あっちが横丁だよ」
こっちも調子に乗って、
「札幌のラーメンって本当に美味しいの?」と返すと、
「まー、好みだからね」と口を閉ざした。

すっかりと暗くなったネオン街を撮り歩き、狸小路へと戻る。
帰り道に「十一月」に顔を出すと、珍しい時間に来たと驚かれた。
お店も珍しく客もなく、しばし世間話に花が咲く。
昭和時代の牛乳瓶を買って帰る。

一日歩き回って、さすがに太腿が痛い。
なにしろ、氷の上を転ばないように注意しながらソロソロ歩いているから、なおさら筋肉が疲れるのだ。

今日はハーフサイズカメラで24枚撮り2本と、デジカメで400枚。
フィルムは、明日にでも現像に出しに行こう。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-30 21:00 | 随想・日記 | Comments(2)

薔薇

b0103470_11402726.jpg

久しぶりの朝焼けの空を見ながら朝食を食べた。
今日は結石の検査のため、病院へ行かなければならない。
石の痛みなんて、もう遙か昔のことのような気がするが、あれはつい先月の話。
まさしく、喉元を過ぎればなんとやらだ。

朝イチで病院へ行き、石が出たことなどを説明した上で、CTスキャンを受ける。
腎臓には相変わらず2つの石が入ったままだそうだ。
いつ落ちてくるとも分からないので、とりあえず半年後に再度検査を受けることとする。

半年後というと、8月上旬、真夏だ。
早く夏が来ないかなーなどと、余計なことを考えたりしてみる。
いや、その前に、まずは桜だ。
桜の季節こそ、長い冬の終わりを告げる、最大のタイミングなのだ。

午後まで出かけられないので、仕方なく、部屋の中で花の写真なんかを撮ったりしてみる。
花にはトイデジがよく似合う。
久しぶりに、kenkoのDSC517を取り出して、窓辺の赤い薔薇なんか撮ってみたりする。
こうして部屋の中で花の写真なんか撮っていると、まるで冬みたいだなあと思ったりもする。

早く春が来ないかな~。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-30 11:48 | 随想・日記 | Comments(0)

流氷

b0103470_7244180.jpg

真冬のスナップ撮影は、とにかく手が冷たくて痛いのが最大の悩み。
手袋を付けると、小さなカメラが持ちづらかったり、シャッターを押しづらかったりなりそうで、感覚的に避けたい。
といって、氷点下の街で、何時間もカメラを握りしめていると、やがて手の感覚がなくなって、シャッターボタンさえ押せなくなってしまう。

流氷の写真を撮っていた頃は、よく何ともなかったなあと思い、よくよく考えてみると、あの頃はレリーズケーブルを使っていたから、寒さなんて全然なんともなかった。
当時、岸から流氷が見えるようになると、毎朝のようにカメラを持って海辺に出て、流氷の向こう側に昇る朝日の写真を撮った。
それなりに撮りやすいスポットは何カ所かあって、大抵の場合は数人のカメラマンが三脚を並べていたものだ。

僕は、知り合いの写真屋から借りていた外国製のバカデカい三脚を自動車に積みっぱなしにして、それに一眼レフカメラを載せていた。
日が昇る30分くらい前から撮影開始、空のグラデーションの変化を楽しんだ後で、いよいよメインディッシュの太陽となるわけだが、太陽が必ずいつも水平線に顔を見せるというわけではなかった。
水平線びっしりに厚い雲が覆っていることもあったし、太陽が顔を出すその瞬間に、流れてきた雲が邪魔をするなんてこともあった。
もっとも、毎朝撮っていれば、きれいな水平線に出る太陽よりも、微妙な雲との変化を楽しむようになってしまうのだが。

気温は氷点下20度前後だから、当然に完全防寒で撮影に臨む。
僕は露出とピントを合わせてしまった後は、ケーブルレリーズでシャッターを切りまくった。
フィルム交換するのが大変なので、毎朝1本と決めて、それなりに計算しながら撮る。
思いがけず素晴らしい朝日が出たときには、フィルムを交換することもあった。
三脚とカメラを2台用意できれば良かったのだけれど、もちろんそんな経済的余裕はなかった。

毎日通えば、それなりに楽しい写真は撮れるわけで、海上に浮かぶ蜃気楼や四角い太陽、ワイングラス状の太陽なんかも撮った。
コンテストに参加して、賞をもらったりしたのもこの頃のことだ。
当時の写真は、大きなパネルにして持っていたりするけれど、あの頃は迷いもなく、「写真=ネイチャーフォト」だと思っていた。
実際、まっさらな自然を撮るのは心から楽しかった。

今、街でスナップを撮るのに、三脚もケーブルレリーズも使うことはない。
カメラ1台、できれば小さなコンパクトカメラ1台で街をフラフラしたいと思っている。
日の出前の海岸で流氷を撮っていた頃の方が、今よりも寒くなかったなあと、なんとなく思い出すのである。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-30 07:41 | 音楽 | Comments(2)

物草太郎

b0103470_782829.jpg

夏目漱石がロンドン留学から帰国した後、東京大学の英文学の講師として勤めていたことは有名な話であるが、東大英文科の前任者は、お雇い外国人のラフカディオ・ハーン(小泉八雲)だった。
ハーンが突然に解雇されて、その後任として、無名の漱石が着任したものだから、当時は相当の騒ぎとなったらしい。

当時の漱石の俳句のひとつに、こんなのがある。

楽寝昼寝われは物草太郎なり 夏目漱石
いかにも、無気力な感じがよく出ている句だが、これは当時の大学勤務に満足しない、漱石の気持ちが反映されたものだと言われている。
学生達は、まだハーンへの執着を捨てきれずにいて、当然、後任の漱石との感情的な壁もあっただろうから、そのときの漱石の立場や気持ちには、非常によく共感できるものがある。

能もなき教師とならんあら涼し 夏目漱石
どこか開き直った漱石の態度には、逆になにか強いものを感じる。
短い俳句だからこそ表現することのできる力強さもあるわけだ。

参考 「漱石俳句探偵帖」半藤一利(1999)


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-30 07:22 | 文学 | Comments(0)

昔の僕

b0103470_21581268.jpg

オッサンに支持されるより、それはずっと嬉しいですよ。
そう言っては悪いけど、オッサンのファンというのは、やはり昔の僕しか見えていないんだよ。
だから、今の写真を見て「やっぱり昔の方がよかった」なんて言われても困るんです。
いまの若い人の感覚でもし何か感じてくれて面白いと思ってくれれば、それはやはり嬉しいよね単純に。
でも、そんなに支持してくれているなんて分からないし、それでいい気になっていたら馬鹿みたいだよね。

「昼の学校夜の学校」森山大道



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-29 22:04 | 写真・カメラ | Comments(0)

アルバイト

b0103470_21452770.jpg

高校生バンドで思い出したけれど、この間の夜に、札幌駅近くのある飲食店で夕食を食べたときの話。
仕事仲間の先輩達とビールを飲んでいたのだけれど、この先輩達には酔っぱらうとみんなの出身地の話を聞きたがるという、おかしな癖があった。
「オマエの出身はどこだ~?」みたいな感じで話が始まって、その街についての話題がどんどん膨らんでいく。

なにしろ、酔っぱらっているから、ビールや食事を運んでくる店員さん達にも故郷を訊ねまくる。
それも、女の子ばかりに声をかけるのではなくて、男の子にもちゃんと出身地を訊いている。
こういうとき、案外女の子の方が酔っ払いのあしらい方を心得ていて、適当に聞き流しているのだけれど、男の子達はそれなりに真面目に質問に対応しているから、端から見ていておもしろかった。

「兄ちゃん、アルバイトか?」
「そうです」
「というと、大学生だな?」
「いえ、高校生です。高3です」
「なんだ、高校生か。そうすると、そろそろ進学か」
「はい。大学への進学が決まりました」
「というと、推薦だな」
「はい、自分は陸上をやっているので、そちらで」
「なに、陸上? ということは、兄ちゃん、女の子にモテるだろう?」
「はい、いえ、自分は女性の前に出ると、うまく話ができないので、彼女とかはまだいません」

と、こんな調子で会話が延々と続いていく。
仕事中のバイト相手に世間話するなよ(笑)

でも、このとき、高校生っていいなって思った。
そして、男の子っていいな、とも。
そういう純情で半熟卵みたいな若さへの憧れを、自分がまだ持っているということに、少し驚いた。
いつまでも固まりきらない卵みたいに、生々しくありたいものだ。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします。
by kels | 2010-01-29 21:56 | Snap Short Stories | Comments(0)