カテゴリ:日記( 543 )

八紘学園のソフトクリーム~poolのパスタランチ~無印良品の洗濯ハンガー

b0103470_09433591.jpg
世の中、大型連休の後半などと言っているけれど、自分にとっては今日からがゴールデンウィークである。
休日があるだけマシだと思わなければいけないが。
もっとも、特別の予定があるわけでもないので、連休のありがたみも薄い。

連休初日の今日は大変な晴天だった。
おまけに気温も高くて25℃近くになったらしい。
昨日まで15℃程度だったから極端な気候である。

この春は、グズグズと寒い日が続いていたから、ようやく本当の春がやってきたような気がする。
よく言われるように、北海道の春と初夏は一緒にやってくる。
まさしく、そんな言葉どおりの5月だ。

天気が良いので、久しぶりに八紘学園まで出かけて、ソフトクリームを食べた。
開店の少し前に到着して、写真を撮ったりしているうちに、次々に人が集まってくる。
さすがにすごい人気である。

昼に、創成川イーストにある喫茶店「pool」に行ってランチを食べた。
ベーコンと春キャベツのアンチョビパスタ。
美味しすぎてリピートしたいと思った。

食後にアイスクリームを食べたら、こちらも滅法美味しかった。

午後は、無印良品に行って生活雑貨などを物色する。
洗濯用のハンガーをまとめて購入して、総入れ替えした。
無印良品週間なので、少しだけお得に購入できたらしい。

円山公園は、花見客でかなりの賑わいだったらしい。
明日も晴天・高気温の予想。
桜の開花も進むだろうから、写真でも撮りに行きたいものだ。


by kels | 2017-05-03 18:30 | 日記 | Comments(0)

運転手は余裕の笑みを浮かべながら、「何年、この商売をやっていると思ってるんですか」と言った

b0103470_6581962.jpg

小樽駅前からタクシーに乗った。
「商大まで」と言うと、運転手は笑って「すぐに分かりましたよ」と言った。
僕はまったく驚いてしまった。

「どうしてですか?」と、思わず僕は言った。
運転手は余裕の笑みを浮かべながら、「何年、この商売をやっていると思ってるんですか」と言った。
「学生さんは、見ればすぐに分かりますよ」

中国人観光客で溢れる街をタクシーは軽快に走った。
「もうすぐ卒業式ですね」と、大学の話題が続く。
あくまでも、この運転手は、僕を商大生だと信じ込んでいるらしい。

どうしようもなくなって、僕は「僕は学生じゃなくて、今日は仕事で来たんですよ」と言った。
微妙な沈黙が、狭い車内に漂った。
タクシー運転手が長年積み重ねてきた職業的勘が崩れた落ちた瞬間だった。

タクシーは次々と学生たちを追い越しながら、地獄坂を上った。
大学生に間違われるのも、これが最後かもしれない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2017-02-05 07:07 | 日記 | Comments(2)

仕事をするほどに仕事が増えていくというデフレスパイラル

b0103470_722342.jpg

少し心の余裕があるので、たまには仕事の記録など(笑)

先週の土曜日は、予定のない休みだったので朝から喫茶店巡り。

朝一で昭和42年創業の老舗喫茶「わらび」へ。
続いて、「キング5」まで移動して、簡単な朝ごはんを食べる。
街の写真を撮り歩いて、「喫茶ロア」でひとやすみ。

コーヒーを注文したところで仕事の呼び出しが入る。
慌ててコーヒーを飲み干して、オフィスまで移動。
結局、翌朝5時まで仕事をして解散。

1時間眠って、日曜日の朝は9時に集合。
隙間を見つけて一瞬オフィスを抜けだし、ステラプレイスまで注文しておいた靴を取りに行く。
翌朝5時に解散、タクシーを拾うと「おはようございます」と声をかけられたとき初めて、もう朝なんだと気が付いた(笑)

月曜日はいつもどおり朝7時に出社、いつもどおりの一週間のはじまり。
午前3時、少しだけ早上がり。
しばらく夕食らしい夕食を食べていないことに気が付く。

火曜日、朝7時に出社。
疲れが溜まっているので終電に間に合うように解散。
結局、夕食を食べることはできなかった。

水曜日、朝7時に出社、仕事が難航して、翌朝6時に解散。
一度帰宅して風呂に入り、いつもより少し遅めの7時30分に出社。
帰る時、ものすごい雷雨で驚いた。

木曜日、完徹の疲れを感じるままもなく、豪雨の中を走り回る。
仕事が落ち着いてきたので、終電に間に合うよう午前0時に解散。
久しぶりにゆっくりと眠ることができた。

金曜日、朝7時に出社。
デスクワークと外回りのデフレスパイラル。
仕事をするほどに仕事が増えていくんだから(笑)

土曜日の今日は休日だけれど、仕事の呼び出しありの待機休日。
どこまで続くかなあ。
by kels | 2016-10-22 07:45 | 日記 | Comments(2)

本業が落ち着くことはしばらくないと思いますが、ブログはいつまでも続けていくつもりです

b0103470_2113217.jpg

珍しく本業多忙のため、なかなかブログを更新する時間が取れません。
人は年齢を重ねると、それなりに社会的責任を負うことになっているようです。
好むと好まざるとにかかわらず(笑)

一方で、最近は街に出て写真を撮る機会も大きく減りました。
以前は何を見ても興味深かったのに、最近は何を見てもカメラを向ける気になれません。
ビジネスにばかり気持ちが向いているせいかもしれません。

何でもいいから写真を撮って文章を書くという方法もあります。
けれど今は少し時間を置いて、写真を撮りたい気持ち、文章を書きたい気持ちが戻ってくるのを待とうと思っています。
明けない夜はないことを、僕は知っているからです。

このブログは、ほとんど僕の人生の記録みたいなものです。
ブログを更新することを仕事のようにはしたくないと、ずっと思っていました。
書きたいと思う気持ちがあるときに、好きなことを好きなように書いていきたいのです。

実は今日、久しぶりにオリンパスペンにフィルムを入れました。
シャッターを切ったのは数枚だったけれど、撮りたい気持ちは少しずつ戻ってきているような気がします。
なにしろ、芸術の秋ですからね(笑)

新しい企画も、いろいろと温めています。
本業が落ち着くことはしばらくないと思いますが、ブログはいつまでも続けていくつもりです。
時々、冬の訪れのような静寂があるかもしれませんが。
by kels | 2016-10-02 21:28 | 日記 | Comments(6)

土曜日の今日は「Pokémon GO」で遊びながら、札幌の街を歩いた

b0103470_20102774.jpg

観光地化したといえば、札幌観光で一番有名なのは時計台である点、これは二十余年たっても変わらないようだ。
ただし、関心を持つのは道街の観光客ばかりで、道産子は時とともに無関心になっているのではなかろうか。

「北海道探検記」本田勝一(1979年)

昨日の昼休みに配信されたばかりの「Pokémon GO」をダウンロードした。
相当アクセスが集中していたのだろうか、インストールされるまで1時間近く待った。
帰宅してから、ゲームを開始して、最初のポケモンには、ピカチューを選択した。

そして、土曜日の今日は「Pokémon GO」で遊びながら、札幌の街を歩いた。
もともと週末の散策は、自分の趣味である。
カメラを持つ代わりに、スマホを持って街を歩けばいい。

先週に続いて、街まで歩いた。
ただし、写真を撮りながらではなく、ポケモンを探しながらである。
さすがに、山鼻の住宅街では「ポケストップ」は少ない。

電車通りから中島公園に入ると、突然に「ポケストップ」が現れ始めた。
同時に、スマホを見ながら歩いている人たちの姿が、少しずつ増えていく。
みんが個々にゲームを楽しんでいるのに、何となく不思議な連帯感がある。

中島公園からススキノを抜けて、札幌の中心部へと入っていく。
もはや誰もが「Pokémon GO」の参加者のように見えてくる。
もちろん、実際にはそんなことはないのだろうけれど。

ところで、「ポケストップ」は、記念碑や路上アートなどに設定されていることが多いらしい。
中島公園内のいくつかの記念碑も「ポケストップ」に設定されていた。
日頃見過ごしていた札幌の文化と向き合う良い機会になるのではないだろうか。

ちなみに、写真は 札幌西高出身の彫刻家・山内壮夫による「森の歌」である。
昭和34年、中島公園で開催された北海道博覧会を記念して建立された。
スマホを持った多くの若者たちに囲まれている場面を見るのは、もちろん今日が初めてのことだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-23 20:51 | 日記 | Comments(2)

悪くないものだ。何の予定もない三連休というやつも。

b0103470_22141247.jpg

「そのとおり」と私は言った。
「私はしゃべりすぎる。孤独な人間はいつもしゃべりすぎる。しゃべりすぎるか全然しゃべらないか、どちらかだ」

「リトル・シスター」レイモンド・チャンドラー/村上春樹・訳(1949年)

世の中的に三連休の始まりを告げる土曜日だ。
夏の、上機嫌な気候の、三連休の始まり。
どおりで札幌の街にも、自動車や買い物客の姿が少ないはずだ。

もちろん、三連休だからといって、特別に予定のない者にとっては、いつもの土曜日と何も変わりはない。
つまり、僕だ。

スターバックスコーヒー、バリスタートコーヒー、プランテーション。
カフェまで出かけて本を読み、本を読むために、またカフェまで出かける。
それだけで、一日は十分に忙しいし、十分に充実した気持ちになる。

悪くないものだ。何の予定もない三連休というやつも。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-16 22:21 | 日記 | Comments(0)

スタバ~ホールステアーズカフェ~紅虎餃子房~味覚園すすきの本店~パフェ、珈琲、酒 『佐藤』

b0103470_21101519.jpg

「それでは、そういうことに決めよう」と、ジョーが言った。
「離婚を成立させよう。もめごといっさいなしで、すっぱりときれいにいこう」
夏の雨雲の上を飛行機で飛んでいる間ずっと、ふたりは、かねてより進行中の別れ話を続きをおこなった。

「いい旅を、と誰もが言った」片岡義男(1980年)

朝イチで札幌グランドホテルの「スターバックスコーヒー」へ。
サンドイッチとブラックコーヒーの簡単な朝ごはん。
スタバのフードは、大抵の場合、どれを食べても美味しいと思う。

札幌パルコの裏にある「ホールステアーズカフェ」で、お代わりのコーヒー。
本当に美味しいコーヒーを飲むのであれば、やはり安心できる喫茶店へ行った方がいい。
深煎りのフレンチコーヒーを、やはり砂糖とミルク抜きで。

午前10時、いつものヘアサロンで髪を切ってもらう。
春から少しずつ伸ばしてきて、ようやくちょうどよい長さになったような気がする。
しばらくは現状維持といこう。

札幌パルコの中華料理店「紅虎餃子房」でランチ。
中華料理なんて実に久しぶりに食べた。
美味しくてご飯をお代わりした。

街は歩行者天国で賑わっている。
7月。
夏は、まだまだこれから、とても良い季節だ。

麦わら帽子を探して「ビームス」を覗いてみるも、好みのものは見つからず。

夕方、ススキノにある「味覚園すすきの本店」で夕食。
七論の焼き肉は、意外と久しぶりかもしれない。
常連客で、店はあっという間に満席となる。

「パフェ、珈琲、酒 『佐藤』 」で締めパフェ。
メロンとライムミントの贅沢なパフェで一日を締めくくる。
あ、最後にアイスコーヒーをオーダーしたので、本当の締めはやっぱりコーヒー。

仕事のストレスを一気に発散したかのような土曜日の一日。
明日は、もう少し静かにしていよう(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-09 21:33 | 日記 | Comments(0)

夏はこれから始まるんだし、僕は僕の夏を僕なりに過ごそう。

b0103470_20592850.jpg

夏だ、と僕は思った。
「これからどうするつもりなの?」とユキが訊いた。

「ダンス・ダンス・ダンス」村上春樹(1988年)

夕方、すすきのに出かけて食事をしてきた。
味覚園すすきの本店。
すすきのでも老舗の焼き肉屋になるだろう。

開け放した戸口から気持ちの良い夕風が入ってくる。
七輪の焼き肉をつつきながら、僕は夏を感じた。
おそらく、今年初めての。

考えてみると、ここ数週間はまったく余裕がなかった。
部屋で過ごす時間がほとんどなくて、仕事以外のことを考える暇もなかった。
夏が近づいていることにさえ、僕は気が付かなかったのかもしれない。

でも、大丈夫。
夏はこれから始まるんだし、僕は僕の夏を僕なりに過ごそう。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-09 21:08 | 日記 | Comments(0)

早朝の街をタクシーで帰宅し、風呂に入り、新しいシャツに着替え、再びタクシーで街に戻った

b0103470_4451864.jpg

顔は横を向いていたが、眼は明るく輝いていた。
しかし、愛らしく、無邪気な女であるかどうか、それは私にはわからない。
美しいことは確実で、たしかに男たちに騒がれたであろう。
ただ、その美しさは平凡な美しさで、オフィス街の昼休みの時間に、いくらでも見られる顔だった。

「さらば愛しき女よ」レイモンド・チャンドラー/訳・清水俊二(1940年)

先週の土曜日の記録。

その日は、午後から急な仕事が舞い込んできた。
別に、よくある話で、不思議なことではない。
淡々と仕事をこなすだけだ、と、そのときは思っていた。

それは、実にやっかいな仕事だった。
札幌市内ではどうしても片が付かない仕事のように思えた。
やむを得ず、僕は帯広行きの最終列車に飛び乗る羽目になった。

列車の中で書類を作成し、帯広のホテルに到着したのは午前0時だった。

日曜日は、まさしくめまぐるしい一日だった。
帯広駅構内で帯広名物の豚丼のランチを食べたのは、午後3時だ。
札幌行き15時20分の列車に、文字どおり飛び乗った。

列車の中で、仕事の成果をまとめたが、札幌までの移動時間はあっという間だった。

本当の勝負は、札幌に戻ってからだった。
月曜日が訪れるまでに、決着を付けなければいけない仕事だった。
ようやく、決着の姿みたいなものが見え始めのは夜明けの頃だった。

寝ている時間はなかったが、着替えをしたかったし、風呂にも入りたかった。
早朝の街をタクシーで帰宅し、風呂に入り、新しいシャツに着替え、再びタクシーで街に戻った。
いつもより1時間早い、午前6時の出勤だった。

そして、それが、本当に長い一週間の始まりだった。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-02 05:04 | 日記 | Comments(0)

4月下旬とは思えないくらいの寒さで、とてもお花見どころではない

b0103470_4423269.jpg

酒はあるけれど飲まなかつた、
飲みたいのを飲まないのではない、飲みたくないから飲まなかつたのである、
私は昨日までしば/\飲みたくない酒を飲んだ、
酔ひたいために飲んだのである、
むろんにがい酒だつた、身も心もみだれる酒だつた。……

一切我今皆懺悔、そして私は新らしい第一歩を踏み出さなければならない。――

・山から白い花を机に
・春寒い夢のなかで逢うたり別れたりして
・ひつそりさいてちります
・機音とんとん桜ちる
・さくらちるビラをまく

「其中日記(八)」種田山頭火(1935年)


昨日の日記。

いつものように午前5時に起床。
ゴールデンウィークだからといって、特別の予定もない。
いつもの週末と同じように、カフェへ行って、本を読むだけの連休。

札幌ステラプレイスにある「1LDKテラス」のカフェがオープンしたらしい。
文房具を買うついでもあったので、札幌駅まで出かける。

4月下旬とは思えないくらいの寒さ。
朝から雨が降っていて、とてもお花見どころではない。
桜の写真は、天候が回復してから撮りに出かけよう。

札幌駅をウロウロして写真を撮る。

改札口から出てくる人たちは、みな一様に厚着だ。
真冬のダッフルコートを着ている女の子も、一人や二人ではない。
道東では雪が降っていたことを、後になって知った。

朝早くから中高生の姿が多いのは、部活動の大会でもあるからだろうか。

「1LDKテラス」で、お茶を飲む。
大きなガラス窓から大量の光が射し込む明るい店内。
清潔感溢れていて、気持ち良く利用できそうなお店だ。

「スミス」で必要な文房具をまとめ買い。

それにしても、さすがにゴールデンウィークだ。
お客さんが多い。
そう言えば、開店前からたくさんの人たちが並んでいたような気がする。

午後から図書館へ行く。
せっかくの連休なので、普段は読めないような本を読んでおきたい。

「たべるとくらしの研究所」でお茶を飲む。
窓際のカウンター席に座るなり、ストーブを持ってきてくれた。
本当に珍しいよね、こんなゴールデンウィークも。

夕方、「フルーツケーキファクトリー」で、不知火のタルトを買って帰る。
最近は、柑橘系のお菓子が大好きになったらしい。
「たべるとくらし」でも、はっさくのタルトを食べたばかりだというのに。

夜のテレビでは、道東の雪のニュースばかり。
観光地では大変だろうな。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-04-30 05:18 | 日記 | Comments(0)