カテゴリ:日記( 546 )

おめでたいことがあったので、仲間を集めて近所の焼き肉屋へ行った

b0103470_05473960.jpg


夏休みになると、市電(後の都電)に乗って、東京の諸方を見物するのが、私の楽しみだった。
その頃の東京人は、自分が住む町内から、めったに外へ出ない。
どの町にも鮨屋があり、蕎麦屋・洋食屋・中華料理から寄席・映画館も、ところによっては芝居小屋まであった。
全てひとつの町の中で、用が足りたのである。

「私の夏」池波正太郎(1980年)


おめでたいことがあったので、昨夜、仲間を集めて近所の焼き肉屋へ行った。
個室を予約しようと思ったけれど、既にいっぱいだという。
店へ行くと、果たして満席で少し待たされることになった。

金曜日とはいえ、どうして、こんなに混雑しているのだろうと思った。
客を眺めていると、家族連れが多い。
リラックスした父親の姿が、やけに目に付く。

そうか、世の中のお父さんたちは、今、お盆休みなのだと、そのとき気が付いた。
8月15日でお盆は終わったと思っていたけれど、世の中的には、お盆休みはまだ続いていたのだ。
職場で予定を調整して休んでいる場合も多いに違いない。

お祝いだから、普段は注文しないような贅沢な肉ばかり食べた。
普段から贅沢していては、このような感動はないだろう。
つつましい生活の中に、小さな幸せがあるのだと思った。
by kels | 2017-08-19 06:54 | 日記 | Comments(0)

復活するなら、やはり、この季節しかないと思った

b0103470_17180713.jpg


昨日の土曜日からずっと天気が悪い。
雨が降ったりやんだりの微妙な天候である。
気温も20℃を下回ったままだ。

旭ヶ丘のスタバで簡単な朝食。
店を出る頃には、雨が強くなっていた。
たまに写真でも撮ってみようかと思うと、この悪天候である。

街をあきらめて、部屋で本を読んで過ごす。

午後から「花と雑貨ひととき」。

いつの間にか雨が上っているので、そのまま写真を撮りに出かけた。
大通公園から南に向ってブラブラと歩く。
こんなふうに写真を撮るために歩くのは久し振りのことだ。

「ブラウン・ブックス・カフェ」でひとやすみ。

天気が良くないなりに、街は多くの人で賑わっている。
なにしろ、もう6月で、札幌は少しずつ夏の気配を強くしているのだ。
個人的には、今が札幌でいちばん良い季節だと信じている。

復活するなら、やはり、この季節しかないと思った。

by kels | 2017-06-11 16:43 | 日記 | Comments(0)

八紘学園のソフトクリーム~poolのパスタランチ~無印良品の洗濯ハンガー

b0103470_09433591.jpg
世の中、大型連休の後半などと言っているけれど、自分にとっては今日からがゴールデンウィークである。
休日があるだけマシだと思わなければいけないが。
もっとも、特別の予定があるわけでもないので、連休のありがたみも薄い。

連休初日の今日は大変な晴天だった。
おまけに気温も高くて25℃近くになったらしい。
昨日まで15℃程度だったから極端な気候である。

この春は、グズグズと寒い日が続いていたから、ようやく本当の春がやってきたような気がする。
よく言われるように、北海道の春と初夏は一緒にやってくる。
まさしく、そんな言葉どおりの5月だ。

天気が良いので、久しぶりに八紘学園まで出かけて、ソフトクリームを食べた。
開店の少し前に到着して、写真を撮ったりしているうちに、次々に人が集まってくる。
さすがにすごい人気である。

昼に、創成川イーストにある喫茶店「pool」に行ってランチを食べた。
ベーコンと春キャベツのアンチョビパスタ。
美味しすぎてリピートしたいと思った。

食後にアイスクリームを食べたら、こちらも滅法美味しかった。

午後は、無印良品に行って生活雑貨などを物色する。
洗濯用のハンガーをまとめて購入して、総入れ替えした。
無印良品週間なので、少しだけお得に購入できたらしい。

円山公園は、花見客でかなりの賑わいだったらしい。
明日も晴天・高気温の予想。
桜の開花も進むだろうから、写真でも撮りに行きたいものだ。


by kels | 2017-05-03 18:30 | 日記 | Comments(0)

運転手は余裕の笑みを浮かべながら、「何年、この商売をやっていると思ってるんですか」と言った

b0103470_6581962.jpg

小樽駅前からタクシーに乗った。
「商大まで」と言うと、運転手は笑って「すぐに分かりましたよ」と言った。
僕はまったく驚いてしまった。

「どうしてですか?」と、思わず僕は言った。
運転手は余裕の笑みを浮かべながら、「何年、この商売をやっていると思ってるんですか」と言った。
「学生さんは、見ればすぐに分かりますよ」

中国人観光客で溢れる街をタクシーは軽快に走った。
「もうすぐ卒業式ですね」と、大学の話題が続く。
あくまでも、この運転手は、僕を商大生だと信じ込んでいるらしい。

どうしようもなくなって、僕は「僕は学生じゃなくて、今日は仕事で来たんですよ」と言った。
微妙な沈黙が、狭い車内に漂った。
タクシー運転手が長年積み重ねてきた職業的勘が崩れた落ちた瞬間だった。

タクシーは次々と学生たちを追い越しながら、地獄坂を上った。
大学生に間違われるのも、これが最後かもしれない。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2017-02-05 07:07 | 日記 | Comments(2)

仕事をするほどに仕事が増えていくというデフレスパイラル

b0103470_722342.jpg

少し心の余裕があるので、たまには仕事の記録など(笑)

先週の土曜日は、予定のない休みだったので朝から喫茶店巡り。

朝一で昭和42年創業の老舗喫茶「わらび」へ。
続いて、「キング5」まで移動して、簡単な朝ごはんを食べる。
街の写真を撮り歩いて、「喫茶ロア」でひとやすみ。

コーヒーを注文したところで仕事の呼び出しが入る。
慌ててコーヒーを飲み干して、オフィスまで移動。
結局、翌朝5時まで仕事をして解散。

1時間眠って、日曜日の朝は9時に集合。
隙間を見つけて一瞬オフィスを抜けだし、ステラプレイスまで注文しておいた靴を取りに行く。
翌朝5時に解散、タクシーを拾うと「おはようございます」と声をかけられたとき初めて、もう朝なんだと気が付いた(笑)

月曜日はいつもどおり朝7時に出社、いつもどおりの一週間のはじまり。
午前3時、少しだけ早上がり。
しばらく夕食らしい夕食を食べていないことに気が付く。

火曜日、朝7時に出社。
疲れが溜まっているので終電に間に合うように解散。
結局、夕食を食べることはできなかった。

水曜日、朝7時に出社、仕事が難航して、翌朝6時に解散。
一度帰宅して風呂に入り、いつもより少し遅めの7時30分に出社。
帰る時、ものすごい雷雨で驚いた。

木曜日、完徹の疲れを感じるままもなく、豪雨の中を走り回る。
仕事が落ち着いてきたので、終電に間に合うよう午前0時に解散。
久しぶりにゆっくりと眠ることができた。

金曜日、朝7時に出社。
デスクワークと外回りのデフレスパイラル。
仕事をするほどに仕事が増えていくんだから(笑)

土曜日の今日は休日だけれど、仕事の呼び出しありの待機休日。
どこまで続くかなあ。
by kels | 2016-10-22 07:45 | 日記 | Comments(2)

本業が落ち着くことはしばらくないと思いますが、ブログはいつまでも続けていくつもりです

b0103470_2113217.jpg

珍しく本業多忙のため、なかなかブログを更新する時間が取れません。
人は年齢を重ねると、それなりに社会的責任を負うことになっているようです。
好むと好まざるとにかかわらず(笑)

一方で、最近は街に出て写真を撮る機会も大きく減りました。
以前は何を見ても興味深かったのに、最近は何を見てもカメラを向ける気になれません。
ビジネスにばかり気持ちが向いているせいかもしれません。

何でもいいから写真を撮って文章を書くという方法もあります。
けれど今は少し時間を置いて、写真を撮りたい気持ち、文章を書きたい気持ちが戻ってくるのを待とうと思っています。
明けない夜はないことを、僕は知っているからです。

このブログは、ほとんど僕の人生の記録みたいなものです。
ブログを更新することを仕事のようにはしたくないと、ずっと思っていました。
書きたいと思う気持ちがあるときに、好きなことを好きなように書いていきたいのです。

実は今日、久しぶりにオリンパスペンにフィルムを入れました。
シャッターを切ったのは数枚だったけれど、撮りたい気持ちは少しずつ戻ってきているような気がします。
なにしろ、芸術の秋ですからね(笑)

新しい企画も、いろいろと温めています。
本業が落ち着くことはしばらくないと思いますが、ブログはいつまでも続けていくつもりです。
時々、冬の訪れのような静寂があるかもしれませんが。
by kels | 2016-10-02 21:28 | 日記 | Comments(6)

りたる珈琲~ジェラテリア クレメリーチェ~RIN COFFEE~BROWN BOOKS CAFE

b0103470_2055653.jpg

彼女の髪はぞんざいに膨らんで、化粧気はまったくなかった。
ローブのほかにはほとんど何も身につけず、むき出しの脚の先には緑と銀のスリッパがあった。
瞳には表情がなく、唇はいかにも高慢そうだった。

「リトル・シスター」レイモンド・チャンドラー/訳・村上春樹(1949年)

「Pokémon GO」で遊んでいるうちに、今日一日で10km以上も歩いた。
真夏のように暑い日で、汗をかき、喉も渇いた。
水分補給のために何度もカフェに入った。

朝一番で「りたる珈琲」。
しばらく歩いて「ジェラテリア クレメリーチェ」。
午後一番で「RIN COFFEE」。
そして、夕方に「BROWN BOOKS CAFE」。

どこの店でも冷たい飲み物(あるいはジェラート)をオーダーし、渇いた喉を癒した。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-23 21:14 | 日記 | Comments(0)

土曜日の今日は「Pokémon GO」で遊びながら、札幌の街を歩いた

b0103470_20102774.jpg

観光地化したといえば、札幌観光で一番有名なのは時計台である点、これは二十余年たっても変わらないようだ。
ただし、関心を持つのは道街の観光客ばかりで、道産子は時とともに無関心になっているのではなかろうか。

「北海道探検記」本田勝一(1979年)

昨日の昼休みに配信されたばかりの「Pokémon GO」をダウンロードした。
相当アクセスが集中していたのだろうか、インストールされるまで1時間近く待った。
帰宅してから、ゲームを開始して、最初のポケモンには、ピカチューを選択した。

そして、土曜日の今日は「Pokémon GO」で遊びながら、札幌の街を歩いた。
もともと週末の散策は、自分の趣味である。
カメラを持つ代わりに、スマホを持って街を歩けばいい。

先週に続いて、街まで歩いた。
ただし、写真を撮りながらではなく、ポケモンを探しながらである。
さすがに、山鼻の住宅街では「ポケストップ」は少ない。

電車通りから中島公園に入ると、突然に「ポケストップ」が現れ始めた。
同時に、スマホを見ながら歩いている人たちの姿が、少しずつ増えていく。
みんが個々にゲームを楽しんでいるのに、何となく不思議な連帯感がある。

中島公園からススキノを抜けて、札幌の中心部へと入っていく。
もはや誰もが「Pokémon GO」の参加者のように見えてくる。
もちろん、実際にはそんなことはないのだろうけれど。

ところで、「ポケストップ」は、記念碑や路上アートなどに設定されていることが多いらしい。
中島公園内のいくつかの記念碑も「ポケストップ」に設定されていた。
日頃見過ごしていた札幌の文化と向き合う良い機会になるのではないだろうか。

ちなみに、写真は 札幌西高出身の彫刻家・山内壮夫による「森の歌」である。
昭和34年、中島公園で開催された北海道博覧会を記念して建立された。
スマホを持った多くの若者たちに囲まれている場面を見るのは、もちろん今日が初めてのことだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-23 20:51 | 日記 | Comments(2)

悪くないものだ。何の予定もない三連休というやつも。

b0103470_22141247.jpg

「そのとおり」と私は言った。
「私はしゃべりすぎる。孤独な人間はいつもしゃべりすぎる。しゃべりすぎるか全然しゃべらないか、どちらかだ」

「リトル・シスター」レイモンド・チャンドラー/村上春樹・訳(1949年)

世の中的に三連休の始まりを告げる土曜日だ。
夏の、上機嫌な気候の、三連休の始まり。
どおりで札幌の街にも、自動車や買い物客の姿が少ないはずだ。

もちろん、三連休だからといって、特別に予定のない者にとっては、いつもの土曜日と何も変わりはない。
つまり、僕だ。

スターバックスコーヒー、バリスタートコーヒー、プランテーション。
カフェまで出かけて本を読み、本を読むために、またカフェまで出かける。
それだけで、一日は十分に忙しいし、十分に充実した気持ちになる。

悪くないものだ。何の予定もない三連休というやつも。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-16 22:21 | 日記 | Comments(0)

スタバ~ホールステアーズカフェ~紅虎餃子房~味覚園すすきの本店~パフェ、珈琲、酒 『佐藤』

b0103470_21101519.jpg

「それでは、そういうことに決めよう」と、ジョーが言った。
「離婚を成立させよう。もめごといっさいなしで、すっぱりときれいにいこう」
夏の雨雲の上を飛行機で飛んでいる間ずっと、ふたりは、かねてより進行中の別れ話を続きをおこなった。

「いい旅を、と誰もが言った」片岡義男(1980年)

朝イチで札幌グランドホテルの「スターバックスコーヒー」へ。
サンドイッチとブラックコーヒーの簡単な朝ごはん。
スタバのフードは、大抵の場合、どれを食べても美味しいと思う。

札幌パルコの裏にある「ホールステアーズカフェ」で、お代わりのコーヒー。
本当に美味しいコーヒーを飲むのであれば、やはり安心できる喫茶店へ行った方がいい。
深煎りのフレンチコーヒーを、やはり砂糖とミルク抜きで。

午前10時、いつものヘアサロンで髪を切ってもらう。
春から少しずつ伸ばしてきて、ようやくちょうどよい長さになったような気がする。
しばらくは現状維持といこう。

札幌パルコの中華料理店「紅虎餃子房」でランチ。
中華料理なんて実に久しぶりに食べた。
美味しくてご飯をお代わりした。

街は歩行者天国で賑わっている。
7月。
夏は、まだまだこれから、とても良い季節だ。

麦わら帽子を探して「ビームス」を覗いてみるも、好みのものは見つからず。

夕方、ススキノにある「味覚園すすきの本店」で夕食。
七論の焼き肉は、意外と久しぶりかもしれない。
常連客で、店はあっという間に満席となる。

「パフェ、珈琲、酒 『佐藤』 」で締めパフェ。
メロンとライムミントの贅沢なパフェで一日を締めくくる。
あ、最後にアイスコーヒーをオーダーしたので、本当の締めはやっぱりコーヒー。

仕事のストレスを一気に発散したかのような土曜日の一日。
明日は、もう少し静かにしていよう(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑
「にほんブログ村」に参加をしてみました。
1日1回のクリックをお願いいたします!
by kels | 2016-07-09 21:33 | 日記 | Comments(0)