カテゴリ:札幌 1957(岩波写真文庫)( 2 )

「札幌1957」の表表紙と裏表紙には、札幌中心部の空撮写真が見開きで使われている

b0103470_06484688.jpg



札幌を北海道の首都にする考えは既に江戸時代の探検家たちの脳裏にうかんだ。
建設は明治二年からはじまり、担当者は島判官、岩村判官、さらに西村権監事へと移ったが、その間に都市計画の輪郭は固まった。
開拓使次官黒田清隆が米国からつれてかえったケプロンをはじめ、雇外人76人が都市建設に加わり、当時としては類のないモダンな都市ができた。

「札幌1957」岩波写真文庫(1957年)

「札幌1957」の表表紙と裏表紙には、札幌中心部の空撮写真が見開きで使われている。
写真の左手に大通公園が東に向かって走っている。
キャプションには「西から見た札幌市街」とある。

大通公園の南側に札幌三越と札幌丸井今井の二大百貨店がある。
その向こう側に創成川が南北に走っているのが見える。
西一丁目にある高いタワーは、三岸好太郎の作品にも登場する消防望楼だ。

特徴的なのは、平屋建ての建物がびっしりと建ち並んでいることである。
三越や丸井今井のような大規模なビルはともかく、ビルらしいビルというものは決して多くない。
この時代、中心部の建物は、商家であってもまだ平屋建が普通だったらしい。

おもしろいのは、札幌中心部に札幌駅周辺が入っていないことである。
札幌中心部と言えば、長く大通公園周辺の一帯を差していたからだろう。
現代であれば、札幌駅から南に向かって臨む風景が札幌中心部と紹介されるかもしれない。


by kels | 2017-05-14 05:51 | 札幌 1957(岩波写真文庫) | Comments(0)

今年、僕は「札幌 1957」を持って、60年後の札幌の街を歩いてみたいと思う

b0103470_06483346.jpg



岩波写真文庫に「都会の記録シリーズ」がある。
戦後の都会の風景を写真として記録しておこうというものだろう。
現在となっては、まさしく貴重な記録である。

このシリーズに我が街「札幌」も含まれている。
「札幌 1957」とあるから、昭和32年当時の札幌を記録したものだろう。
現代の札幌とは異なる風景が、そこにはある。

今年2017年は、この1957年からちょうど60年である。
遥か60年前なのか、たった60年前なのか、僕には分からない。
ただ事実として、60年という時間は札幌の街を大きく変えた。

今年、僕はこの本を持って、60年後の札幌の街を歩いてみたいと思う。
60年間で何が変わり、何が変わっていないのか。
自分の生きる街が、どのように成長してきたのかを確かめるために。



by kels | 2017-05-13 07:06 | 札幌 1957(岩波写真文庫) | Comments(0)