<< ドイツの時計 サンセベリア >>

一杯の珈琲を飲むためだけに

b0103470_18525813.jpg

昨日買ってきた沼田元気「一杯の珈琲を飲むためだけに行きたくなる札幌・小樽カフェ喫茶店案内」小樽文学館バージョン。
何年か前に、小樽文学館では喫茶店の企画展みたいなものを開催したけれど、この本はそのときの図録として販売された。
内容は、一般販売のものとまったく同じだが、表紙がハードカバーでイラスト・デザインもオリジナル。
小樽文学館でしか手に入らないが、通信販売もできる。
一般販売バージョンが入手困難になった今、こちらを入手する方がいいかもしれない。

b0103470_18531221.jpg

こちらが一般販売バージョンのもの。
表紙の写真も沼田元気さんで、やはり落ち着きがある。
札幌と小樽市内のムードある喫茶店を写真で紹介。

あくまで写真集なので、喫茶店に関する紹介文などは一切ない。
(住所など、簡単な営業案内はあり)
北海道のかわいいお土産の紹介コーナーなどもあり、「東京スーベニイル手帖」など一連のガイドブック・シリーズに位置づけられるようだ。

さらに、既に絶版となって久しい「札幌喫茶界昭和史」(和田義雄)も復刻版として収録。
札幌のカフェの歴史を知るための資料としても、非常に貴重な1冊だ。

b0103470_18532495.jpg

ちなみに、こちらが和田義雄「札幌喫茶界昭和史」。
札幌市内の喫茶店のマッチラベルでデザインされた装幀が素晴らしい。
さすがに、内容はかなりディープで、業界人ならではのエピソードも多い。

絶版だが、札幌市内の古書店では比較的簡単に手に入る。
相場は3,000円程度。

一時期のブームが落ち着いて、静かだといわれる札幌カフェ業界だけれど、こういったガイド本を片手に、ムード溢れる喫茶店を回ってみたいものだ。
流行に流されないお店だけが、そこにはあるはずだから。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2008-11-24 19:09 | カフェ・喫茶店 | Comments(2)
Commented by ヘルソン at 2008-11-24 20:43 x
こんにちは、久しぶりにコメントさせていただきます!
和田さんの本、そうなんですかー!
まだ、札幌で探せばあるということなんですね?
・・・・・・・・
あ、ほんとだ「日本の古本屋」のサイトで探したら札幌の古本屋さんが1500円の美品で出品してました!
探しもしないでハナっから諦めていましたが、良い情報をありがとうございました。
Commented by kels at 2008-11-26 00:03
ヘルソンさん、こんにちは。
1,500円は安いなあ、というのが率直な感想でした(笑)
ネットの古本屋さんは本当に便利ですよね。
どこか寂しいのも確かなんですが☆
<< ドイツの時計 サンセベリア >>