<< 大通公園のビアガーデン 共和町の「かかし古里館」 >>

東小樽海水浴場

b0103470_1752186.jpg

朝の天気予報で、今日は久しぶりに28℃になるという予報だったので、朝食も摂らずに、遊び道具を積み込んで海へと向かいました。
札幌から近い海水浴場というと、石狩あそびーち(昔の石狩大浜)か、小樽ドリームビーチ(昔の銭函海水浴場)が中心になるのですが、のんびりとくつろぎたいときには、東小樽海水浴場を利用しています。
あんまり有名ではないので、地元の人たちばかりのような気もしますが、こういう気楽なビーチもいいものです。

b0103470_17522957.jpg

空は青空を見せたり曇ったりの繰り返しでしたが、潮風に当たりながらうとうとするにはちょうど良い感じ(笑)
朝食を食べていなかったので、現地に到着して、すぐに焼肉の準備をします。
ちなみに、ここは駐車場も無料で、一切お金がかからないというリーズナブルな仕組みです。
砂浜ではなく岩浜で、小粒の石がゴロゴロしているので、寝転がっても大丈夫。
海の家で、ゴザを無料で借りることができるので、特に準備がなくてもオーケーです。

b0103470_17523937.jpg

遊泳区間はかなり狭くて、たっぷりと泳ぎたい人には不満だと思われます。
逆に、家族連れには安心して遊べる空間ということになります。
防波堤のため、波はほとんどありません。
利用客が限られているためか、札幌に近いというのに水はかなりきれいな方だと思います。
僕は、遊泳区間の隣にあるテトラポットで、魚釣りやカニ釣りをして遊ぶのが楽しみのひとつ。
魚釣りといってもウグイ釣りですが、魚肉ソーセージを餌にして、水中のウグイを見ながら釣りをするのは、なかなか楽しいものです。
同じく魚肉ソーセージを針金に付けて、テトラポットの隙間に落とすと、磯ガニが寄ってきます。
できれば、網を用意しておいて、この網の中にカニを落とすようにすると逃げられません。
こうして遊んでいるうちに、時間はあっという間に過ぎていってしまうんですよね~。

b0103470_17525177.jpg

海の家の前で海水浴をしていたロシア人の一行。
小樽にはけっこうロシアの人たちがいるのです。
女性の白い肌が印象的でした。

b0103470_1753215.jpg

東小樽海水浴場は、国道と鉄道に隣接する海水浴場です。
札幌と小樽を行き来する列車が次々に現れるので、浜辺で寝転がっているだけで、なんとなく旅情を感じられます。

札幌近郊のちょっとした穴場的海水浴場、今度お試しください☆

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
↑↑↑↑↑↑
「ブログ村」への参加を始めました。1日1回、クリックをお願いします☆
by kels | 2007-07-22 18:07 | 旅行 | Comments(0)
<< 大通公園のビアガーデン 共和町の「かかし古里館」 >>