<< 西岡八幡宮のおまつり 旧北海道庁立図書館 >>

林檎倉庫の喫茶店

b0103470_17532873.jpg

西岡は林檎倉庫の多い土地でした。
特に、赤レンガで作られた倉庫が多く、喫茶店「ろいず珈琲館」も昭和27年に建てられた林檎の保管用倉庫を喫茶店として再利用したものです。
「札幌の建築探訪」によると、西岡、福住、清田辺りの赤レンガ倉庫の制作者は、そのほとんどがれんが職人・長浦数男によるものだということです。
どうして、林檎の保管倉庫として赤レンガが使用されたのかというと、中空層を持つ二重壁構造が内部の気温を一定に保つのに向いていたためだとか。

現在でもこの辺りには当時の赤レンガ倉庫がたくさん残っているので、札幌ウォーカーには楽しいテーマですね。

b0103470_17534087.jpg

ということで、今日のお昼ご飯は、林檎倉庫の喫茶店で。
クッペのバタートースト・セットは、パンにコーヒーがセットになっています。
今日は暖かい1日だったので、リキッド・コーヒーをアイスで頂きました。

ちなみに、この「ろいず珈琲館・西岡店」は、札幌市内各地にある「ろいず」の第1号店で、1984年に開店したお店です。
店内は、林檎倉庫のイメージを上手に活用して、静かで落ち着ける雰囲気になっています。
BGMはモダンジャズ。

最近は、こうした古い倉庫を店舗として再利用する例も多くなりましたが、その先駆けともいえるお店かもしれませんね。
by kels | 2006-09-15 18:14 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)
<< 西岡八幡宮のおまつり 旧北海道庁立図書館 >>